今見るべき一押しドラマ!
『グレイズ・アナトミー』エレン・ポンピオ、最新シーズンでは出演回数が激減!?

米ABC製作による大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』シーズン19が今秋に放送開始されるが、主人公メレディス・グレイを演じるエレン・ポンピオの登場回数が激減するようだ。

出演は、わずか8話もしくは半分以下

ここ近年、エレンは番組降板の可能性について度々口にしていたが、2021年1月にシリーズの出演契約を延長している。しかし情報筋によると、シーズン19では“限られた範囲内”での出演に留まり、わずか8話、もしくは計20~23話で構成される新シーズンの半分以下のエピソードにしか登場しないとのこと。米TV Lineによると、出演回数は減るものの製作総指揮として残留し、引き続き全エピソードのナレーションは担当するという。

このニュースと同じタイミングで、エレンが主演&製作総指揮を務める米Hulu製作による新作ドラマ『Untitled Orphan Project(原題)』の製作が決定した。同作は、全8話構成となり、米中西部に暮らす夫婦が小人症を患う8歳の少女を養子に迎えた実話に着想を得ており、『グレイズ・アナトミー』以外の作品でエレンが主演を務めるのは実に約20年ぶりのこととなる。

シーズン19におけるエレンの出演回数激減は、シリーズの存続にも影響するものと見られる。今年5月にエレンは、「『グレイズ・アナトミー』はメレディスなくして成り立つのか?」という質問に、「たくさんの世代の医療従事者に影響を与えてきた。だから、若者にとってこれはすごくいいコンテンツだと思うし、私たちは若い人のために試し続けていくつもり。私が関わることは必ずしも必要ではなくて、私を超えて続いていくの」と回答。エレンの穴を埋める俳優を見つけられるかとの問いには、「おそらく誰かを見つけると思うし、見つけないかもね」と答えていた。

なお、シーズン19ではエレンの登場回数が減る変わりに、『Glee/グリー』のハリー・シャム・Jrが外科1年目のレジデント、ダニエル・“ブルー”・クワン役で、『REIGN/クイーン・メアリー』のアデレイド・ケインが外科研修医のジュールズ役で出演することが決定している。

果たして、『グレイズ・アナトミー』はシーズン20を迎えることができるのか、今後の動向に注視しておきたい。シーズン19はABCにて2022年10月6日(木)に放送スタート。日本では、シーズン17までがU-NEXTDisney+(ディズニープラス)Amazon Prime Videoなどにて配信中。(海外ドラマNAVI)

\『グレイズ・アナトミー』を観るならココ!/

U-NEXTで観る

 

Amazon Prime Videoで観る

 

(2022年8月時点での情報です)

Disney+ (ディズニープラス)

Photo:『グレイズ・アナトミー』(C) 2021 American Broadcasting Companies, Inc. All rights reserved.