今見るべき一押しドラマ!
『スペース・プレイヤーズ』ドン・チードルが語る[役者レブロン・ジェームズ]

誰も観たことのない壮大な《無限バーチャル・ワールド》で繰り広げられる[eスポーツバトル]を描いた映画『スペース・プレイヤーズ』。本作で《無限バーチャル・ワールド》の支配者アル・G・リズムを演じるドン・チードルが役者レブロン・ジェームズを語った。また、本編映像も到着!

NBA史上最強のプレイヤーと呼び声の高いバスケットボール選手レブロン・ジェームズを主演に迎え、1923年の創立以来数々の名作を世におくり出してきたワーナー・ブラザースの歴代の作品/キャラクターが垣根を超えて怒涛の如く登場する話題作『スペース・プレイヤーズ』。

20210813-00000006-dramanavi-1-00-view.jpg

バスケ界のスーパースター、レブロン・ジェームズと息子ドムはある日、映画会社のAIスーパーサーバー"ワーナー3000"に吸い込まれてしまう。そこはキングコング、バットマンやジョーカー、『マッドマックス』や『マトリックス』に登場するキャラクターたちが住む"バーチャル・ワールド"だった―。

そして、その世界の支配を目論む男アル・G・リズムは、システムに迷い込んだドムを誘惑し、父親レブロンと試合で戦うよう仕向ける。息子を助けるにはアル・G・リズムが揃えドムが作り出したゲームキャラクターのグーンスクワッド【最強の殺し屋軍団】に勝たなくてはいけない。負ければ二度と元の世界には戻れなくなってしまう極限のゲーム...。

本作で《無限バーチャル・ワールド》の支配者アル・G・リズムを演じるのは、映画『アベンジャーズ』シリーズや『オーシャンズ』シリーズなどに出演するドン・チードル。

彼は『アベンジャーズ』シリーズで共演したトニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jr.と、本作の主演レブロン・ジェームズの共通点を<仕事をする準備ができていること>だと語る。普段はバスケ選手としての試合や練習に打ち込んでいるレブロンだが、撮影の前には一人の俳優としてロバートと同等な準備を行っていたのだ。

さらにドンはバスケ選手/役者としてのレブロンの超ハードスケジュールを明かす。

「レブロンはたくさんの仕事をしないといけなかった。セットにいるときだけではなくセットにいないときも、ずっとね。そして僕たちが長時間の撮影を終えた時、彼はまだ終わりじゃなかった。ワークアウトやチームのミーティング、時には練習に行かないといけなかったんだ」

俳優としてベテラン俳優と同じ準備をこなしながら、バスケ選手としても一切手を抜かず練習に励むレブロンの忙しさはロバートを超えるものであろう。そんな忙しい日々を送るレブロンは4分の3くらい撮影を終えたタイミングで、「俺は一体何をしてしまったんだ? 一体どうしてこの映画をやることにイエスと言ったんだろう?(笑)」と冗談交じりで、ドンに明かしたという。

あわせて到着した本編映像には、レブロンのシリアスな演技やバスケ界のキングとしての風格が映し出されている。

レブロンの妻で3人の子どもの母親カミヤ役で出演するのは、『スター・トレック:ディスカバリー』のマイケル・バーナム役や『ウォーキング・デッド』のサシャ役で知られるソネクア・マーティン=グリーン。息子を取り戻すためレブロンを支える。

『スペース・プレイヤーズ』は、8月27日(金)より字幕/吹替同時公開。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『スペース・プレイヤーズ』© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
配給:ワーナー・ブラザース映画