今見るべき一押しドラマ!
『モーリタニアン 黒塗りの記録』シャイリーン・ウッドリーのインタビュー映像が到着!作品の魅力や舞台裏を独白

第78回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞&助演女優賞にノミネートを果たし、ベネディクト・カンバーバッチやジョディ・フォスター、タハール・ラヒムら実力派が共演した話題作『モーリタニアン 黒塗りの記録』。10月29日(金)より公開となる本作よりシャイリーン・ウッドリー(『ダイバージェント』『ビッグ・リトル・ライズ』)が作品の魅力や舞台裏を独白するインタビュー映像が到着した。

『モーリタニアン 黒塗りの記録』は、2015年に出版された米政府による検閲で多くが黒く塗りつぶされた手記を映像化。監督を務めるのは映画『ラストキング・オブ・スコットランド』や『消されたヘッドライン』でメガホンとったケヴィン・マクドナルド。

2005年、弁護士のナンシー・ホランダーはアフリカのモーリタニア出身のモハメドゥ・スラヒの弁護を引き受ける。9.11の首謀者の一人として拘束されたが、裁判は一度も開かれていない。キューバのグアンタナモ収容所で地獄のような投獄生活を何年も送っていた。ナンシーは「不当な拘禁」だとしてアメリカ合衆国を訴える。

時を同じくして、テロへの"正義の鉄槌"を望む政府から米軍に、モハメドゥを死刑判決に処せとの命が下り、スチュアート中佐が起訴を担当する。真相を明らかにして闘うべく、両サイドから綿密な調査が始まる。モハメドゥから届く手紙による"証言"の予測不能な展開に引き込まれていくナンシー。ところが、再三の開示請求でようやく政府から届いた機密書類には、愕然とする供述が記されていた─。

今回解禁されたのは、ナンシー弁護士(ジョディ・フォスター)の右腕となるテリー・ダンカンを演じるシャイリーン・ウッドリーのインタビュー映像。

敏腕弁護士を演じたジョディのことを最も近くで見ていたシャイリーンは、「ジョディと共演して感銘を受けたのは彼女がプロだということ。映画製作に関して彼女は細部にまでこだわる。監督をして培ったものなのか、以前からそうだったのかは分からない。でもとにかくストーリーやキャラクターなど、作品全体への視点がすごく独特だった」と述べる。

また撮影前には、主役のモデルとなったモハメドゥ氏とオンラインで対面したという。「最初に話した時、彼は笑顔でこう言ったの。"映画化してくれてありがとう"って。その言葉に胸を打たれた。お礼を言うのは私のほうだったから。"私たちを信じ、物語を語らせてくれてありがとう"とね。モハメドゥは子どもたちが学校で習うべき人物だし、多くの人が彼の物語を読み、彼の言葉に耳を傾けるべき」と語る。

そのモハメドゥに扮したタハール・ラヒムについては、「モハメドゥという人物に命を吹き込む演技には心から感銘を受けた。本物のモハメドゥを見ているようだった。どのテイクもリアルで傷つきやすくて誠実。しかも常にエネルギーにあふれていた」と太鼓判を押している。

20211027-00000010-dramanavi-1-00-view.jpg

その他にも、ケヴィン・マクドナルド監督の手腕や、作品に込められたテーマ、本作を作る重要な意義などがじっくりと語られる。コメントの一つ一つが『モーリタニアン 黒塗りの記録』を深く読み解くための手引書のような役割を果たしている。

映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』は、10月29日(金)よりTOHO シネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『モーリタニアン 黒塗りの記録』© 2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.