今見るべき一押しドラマ!
『ボバ・フェット』第5話でマンダロリアンが舞い戻る!日本語版声優の阪口周平からコメントも

『スター・ウォーズ』シリーズ史上最強の賞金稼ぎボバ・フェットの真実が明かされるオリジナルドラマシリーズ『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』。本作の第5話「チャプタ―5」(マンダロリアンの帰還)〉に、『マンダロリアン』シリーズからマンダロリアンがついに登場! 同役の日本語版声優を務める阪口周平から喜びのコメントが解禁された(以下、『ボバ・フェット』第5話、および『マンダロリアン』シーズン2のネタバレを含みます)。

ボバ・フェットと同じくT字のマスクにシルバーのアーマーを身にまとうマンダロリアンことディン・ジャリン(ペドロ・パスカル)は、一匹狼の賞金稼ぎ。しかしフォースの力を持つ子供ザ・チャイルドこと"グローグー"と出会うことでその人生は一変する。『マンダロリアン』シーズン2の最終話では、グローグーを伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーに託し、二人は離ればなれになってしまった。

20220201-00000007-dramanavi-1-00-view.jpg

『ボバ・フェット』第5話では、マンダロリアンがグローグーと別れた後が描かれる。アーマー職人アーマラーと再会。船の修理や整備を請け負うペリ・モットーの元で新しい船を手に入れ、最後にはボバ・フェットの新たな相棒フェネック・シャンドと出会い、ボバたちの仲間に加わった。

実は、彼が手に入れた新しい船は、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でアナキン・スカイウォーカーがR2-D2を乗せ戦ったN-1スターファイター(通称ナブー・スターファイター)と同型のもの。映画シリーズとのつながりは世界中の『スター・ウォーズ』ファンを熱狂させ、SNS上でも盛り上がりを見せている。特に、マンダロリアンの「小さな友達に会いにいく」という台詞から、グローグーとの再会、さらには隠遁しているオビ=ワン・ケノービやルークの再登場を期待する声も。

20220201-00000006-dramanavi-1-00-view.jpg

マンダロリアンの日本版声優務める阪口周平のもとには、彼の登場を匂わせていた第4話の配信後から多くの反響が届いていたそう。阪口は「第4話のラストでマンダロリアンのテーマ曲が流れて、そのタイミングから僕のアカウントに『来週楽しみにしてます』などのメッセージが届きました」と語る。そして、第5話が配信されると「好意的な"いやもう『ボバ・フェット』ではなく『マンダロリアン』ですやん"との意見が多数届きありがたい!」と感謝を述べた。

本作には『スター・ウォーズ』シリーズではお馴染みのタスケン・レイダーやジャワ、ランコアやバンサなどが登場しており、シリーズとのつながりや今後の展開に期待が膨らむ。阪口は「『スター・ウォーズ』の世界に秘められたロマンには、無限の可能性があります。それらをどのようにして形にしていくのか楽しみでなりません。なので『どれだけワクワクさせてくれるのか』が僕の期待です!」と話す。マンダロリアンとボバ・フェットがこれからどんな活躍を見せてくれるのか楽しみだ。

そんな本作もいよいよ終盤を迎える。タトゥイーンの裏社会を舞台に、ボバとフェネックは<大名争い>に巻き込まれていく。果たしてボバ・フェットは一体どうやってタトゥイーンを支配していくのか? 最終回まで残る2エピソードとなった『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』はDisney+(ディズニープラス)にて独占配信中。(海外ドラマNAVI)

Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)

Photo:

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』(C)2022 Lucasfilm Ltd.