今見るべき一押しドラマ!
【プレゼント】トニ・コレット出演『マダムのおかしな晩餐会』試写会に5組10名様をご招待

上流階級たちの豪華な暮らしとスキャンダラスなゴシップを覗きながら、階級社会や夫婦の問題にさらりと直面させる、パリを舞台にした大人のロマンティックコメディ『マダムのおかしな晩餐会』が11月30日(金)よりTOHO シネマズ シャンテほかにて全国公開となる。この度、公開を記念して下記の日程で試写会が開催されることになった。

【関連記事】トニ・コレット出演『マダムのおかしな晩餐会』予告編はこちら

エレガントなパリの都に越してきた裕福なアメリカ人夫婦のアンとボブ。セレブな友人たちを招いてとびきり豪華なディナーパーティーを開こうとするが、手違いで出席者が不吉な13人であることに気がつく。大慌てでスペイン人メイドのマリアを"ミステリアスなレディ"に仕立て上げ、晩餐会の席に座らせる。ところが、緊張のあまり飲みすぎたマリアはお下品な"ジョーク"を連発。逆にこれが大ウケしてダンディな英国紳士から求愛されてしまう。今更正体を明かせないアンとマリアたちのから騒ぎの行方は?

多重人格を抱える主婦とその家族を面白おかしく、感動的に描いたファミリードラマ『ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ』でエミー賞コメディ部門主演女優賞に輝いたトニ・コレットと、軍隊からセールスマン、そして刑務所の速記係から舞台俳優と、異色のキャリアを持つハーヴェイ・カイテルの二人が裕福なアメリカ人夫婦に扮する。晩餐会をハチャメチャにしてしまうメイドを、世界一美しい鷲鼻を持つと言われる超個性派女優ロッシ・デ・パルマ(『ジュリエッタ』)が演じる。3人は本作出演を決めた理由を「脚本がすばらしかったから」と揃ってコメントしており、脚本も担った監督のアマンダ・ステールは「人生は白黒つけられることばかりではありません。笑っている最中に涙が溢れたり、泣いている時に笑いがこみ上げたり...この映画もコメディにもドラマにもなるでしょう」と語っている。

豪華個性派俳優が贈る、パリを舞台にした大人のためのロマンティックコメディ。ハイブランドのドレスやジュエリーに絵画、ビュランの円柱をはじめ通好みのパリの名所の数々が目にも美味しい、人生を楽しみたいすべての人に贈る最高のごちそう映画だ。

<『マダムのおかしな晩餐会』一般試写会>
【日時】11月22日(木)18:30開場/19:00開映<上映時間:113 分>
【会場】キノフィルムズ(港区六本木 7-8-6)
【招待客数】5組10名様
【応募締切】11月14日(水)23時59分まで
【応募方法】下記の応募フォームからお申込みください。
【応募フォーム】https://goo.gl/forms/CmAnTdIhmbjC4OpD2

『マダムのおかしな晩餐会』は11月30日(金)より、TOHO シネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。

Photo:『マダムのおかしな晩餐会』
© 2016 / LGM CINEMA - STUDIOCANAL - PM - Tous Droits Réservés