今見るべき一押しドラマ!
キャストが2分で解説!Amazonドラマ『アップロード』のここが面白い

5月1日(金)よりAmazon Prime Videoにて配信スタートしたドラマ『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』。自動車の自動運転はあたり前、料理は3Dフードプリンターで作ることができ、スマホは指を「L字」に広げるとホログラムとして現れる。そんな、現在よりもかなりテクノロジーの進化した未来を舞台にした本作は、SFものが苦手な人でも、いずれ訪れる未来はこんな感じかなと想像しながら、あながち空想とも思えない「仮想現実」の存在する世界を楽しめるSFコメディ『アップロード』のおすすめポイントを出演キャストたちが自ら解説してくれているのでご紹介しよう。

『アップロード』の舞台となっている2033年では、「死後の世界」についてのビジネス競争が激化。死が目前に迫った人々は、6つのテクノロジー企業が経営する仮想現実のホテルから予め選び支払いをしておいたひとつの施設に魂を"アップロード"することが可能となっている。アップロードされた魂は仮想現実の世界で永久に過ごすことができるのだ。

贅沢な死後の世界"レイクビュー"の顧客サービススタッフとして働くノラは、NYのブルックリンで暮らす非正規社員。ある日、L.A.に住むパーティー好きのプログラマーであるネイサンの乗る自動運転の車が事故を起こし、ネイサンはガールフレンドの家族が使っている死後の世界"レイクビュー"にアップロードされ、ノラと出会うのだった――。

20200707-upload4-dramanavi-1-00-view.jpg

英Amazon Prime VideoのYouTubeチャンネルで公開されている新予告編の動画のなかで、出演キャストが本作のおすすめポイントを話しているのでご紹介しよう。

交通事故にあったネイサンが送られたデジタル世界のあの世では、施設の中は常に清潔で綺麗な状態。ダイヤルひとつで天気や季節も選べれば、食事も時間制限はあるものの選び放題。

本作で指揮を執る、人気コメディドラマ『ジ・オフィス』でクリエイターを務めたグレッグ・ダニエルズが「おそらくいずれ可能になるだろうし、なったらこうなるだろう」と思って描いたという仮想現実の世界は、現在のスマホアプリのように、課金なしでは広告ばかりだったり、最低レベルの機能しか利用できない。それは未来の世界ではもっと顕著になっている。

そして"レイクビュー"のサービス係であるノラに扮するアンディ・アロー(『シカゴ・ファイア』)は、「意識だけでなく全ての記憶も死後の世界にアップロードされ、そこでは無限のサービスが利用できるのです」と述べている。

20200707-upload3-dramanavi-1-00-view.jpg

続けて、「『アップロード』が素晴らしいのは、(描かれる世界が)今現在と関連づけられていること」とアンディが指摘するように、夢のような未来だけでなく、非正規雇用で働くノラたち職員が向き合う厳しい現実が、"レイクビュー"を運営する会社の裏側として描かれている。ノラたち職員は消費者から「星の数」で評価され、業績によっては減給も有り得る。そんな金銭的に余裕のない日々を送るスタッフたちに対して、「無制限プラン」で"レイクビュー"を満喫できるリッチな人々。"レイクビュー"のなかでも貧富の差により、サービスを利用できる人とできない人が両方存在しているところも興味深い。

予告映像のなかでネイサンはアニマルセラピーを受けている。これも"レイクビュー"のスタッフが顧客サービスの一環としておこなっているものだ。人間の言葉を話す犬に違和感をおぼえるネイサンに対して「変だと思うから変なんだ」と犬に扮したサービススタッフが冷静に答えているが、夢のような世界から一気にに現実に引き戻されるような衝撃さえ受ける瞬間だ。

また、映像のなかでノラが搭乗する飛行機で利用する最も安価な「エコノミー・マイナス」という座席クラス。飛行時間が大幅に短縮された未来では、乗客を上下左右につめこんだ窮屈なシートが存在しているという発想に感心してしまう。

主人公ネイサンを演じるロビー・アメル(『THE FLASH/フラッシュ』)は、「きっと20年後はみんな"死ぬ"んじゃなくて"アップロードする"って言っているだろうね」と語るとおり、こんな未来があたりまえになるのかもしれない。

20200707-upload7-dramanavi-1-00-view.jpg

また、本作では突然の事故で思いがけず突然あの世に送られることになってしまったネイサンや彼をとりまく人々の感情もきちんと描いている。死んだことをなかなか受け入れられない自分や、この世でやり残したことへの想いというヒューマンドラマ的な要素と、交通事故をめぐる陰謀というサスペンス要素もプラスされ、SFコメディの枠にはおさまらない深みを物語に与えている。

20200707-upload8-dramanavi-1-00-view.jpg

死者が永遠に生きられるバーチャル天国を舞台にしたSFコメディ『アップロード』。ダニエルズは、「各企業がそれぞれ違う特色の死後の世界を用意している」と話しているが、シーズン1でも"レイクビュー"以外の会社の死後の世界が紹介されている。そしてこれから、さらなる死後の世界への広がりが期待できそうで、今後の展開が楽しみな作品だ。

20200707-upload6-dramanavi-1-00-view.jpg

シーズン2への更新も決定している『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』は、Amazon Prime Videoにてシーズン1が配信中。

Photo:Amazon Prime Video『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』