2013年10月アーカイブ

英雄として帰還した米海兵隊員と、その男がテロの先鋒ではないかと疑いの目を向けるCIA捜査官をめぐる大人気サスペンスドラマ『HOMELAND/ホームランド』。9月29日より本国アメリカでスタートしたシーズン3は、早くも今シーズン最高視聴率を獲得し、その人気はとどまるところを知らない。

【関連特集】賞レース総ナメの超話題作、『HOMELAND/ホームランド』に迫る!

米Inside TVによると、今シーズン最高の視聴率を記録したのは、10月27日日曜日に放映されたエピソード5。同時間帯には、MLBワールドシリーズ第4戦やアメリカン・フットボールの試合など、人気番組が放映されていたのにもかかわらず、米ケーブル局Showtimeが放映した『HOMELAND』は平均200万人の視聴者数を獲得したという。また、再放送2回を含む当日の合計視聴者数は、273万人となった。これは、前週と比べて9%のアップだという。

放送開始直後から重厚でスリリングなストーリーが話題沸騰となり、エミー賞のドラマ部門作品賞を始め米TV界のアワードを総なめにしている『HOMELAND』。しかし、シーズン3は当作品において転機となる、と語る批評家もいるように、シーズン3の数エピソードはかなりひねったプロットとなっているという。

この製作の方向性を心配する声もあったようだが、視聴率は週を追うごとにアップ。どうやら視聴者は新たなプロットを受け入れ、視聴率という形で人気を証明したようだ。

すでにシーズン4の製作も決定している『HOMELAND/ホームランド』。日本でも今年10月よりTBSやRKB毎日放送を始め、各放送局で地上波放送がスタートしている。(海外ドラマNAVI)


Photo:『HOMELAND』
(C) 2013 Showtime Networks, Inc., a CBS Company. All rights reserved.

ゾンビがもたらした終末世界を描き、世界中に大旋風を巻き起こした米AMCの大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』。同シリーズのシーズン5更新が決定した。

【関連動画】『ウォーキング・デッド』ノーマン・リーダス インタビュー その1

AMC代表のチャーリー・コリアー氏は29日、シーズン5の制作を発表し「これほどシーズン更新を予測しやすい例もめずらしいのではないでしょうか」と胸を張ってみせた。シーズン4が絶好調のスタートを切ったことを受け、早々にシーズン更新を決定したものとみられる。10月中旬に放送されたシーズンプレミアは、前シーズンプレミアの全視聴者数(1090万人)を大きく上回る1610万人を獲得。シーズン3フィナーレで記録したシリーズ過去最高の視聴者数(1240万人)に比べ、視聴者獲得率が30%アップするなど、驚異的な人気の高さを裏づけた。

同氏はさらに「この作品はケーブル局とネットワーク局の従来の垣根を取り払ってくれました。熱狂的なファンの層がシーズンごとに拡大しつつあります。最近のめざましい例としては、今月放送されたシーズンプレミアがシリーズ視聴率記録を更新し、ケーブル史上、スポーツ番組を除く最大の人気番組となりました。番組の素晴らしいキャストとスタッフ一同に代わり、ファンに御礼を申し上げます」と喜びのコメントを発表。快進撃を続ける大ヒットシリーズに高い期待を寄せた。

また、ショーランナー交代が相次いだ同シリーズだが、新シーズンではシーズン4を率いて高視聴率をもたらしたスコット・ギンプルが、引き続き製作総指揮にあたるという。

保安官リックと仲間たちが築いた安住の地に新たな脅威が迫り、ますます目が離せない『ウォーキング・デッド』。シーズン4はFOXチャンネルにて毎週日曜22:00より最速放送中。またHulu ではTV放送の4日後に最新エピソードが随時配信されるほか、シーズン1〜3も配信中。(海外ドラマNAVI)


Photo:『ウォーキング・デッド』
(c)TWD productions LLC Courtesy of AMC

デヴィッド・フィンチャー監督×ケヴィン・スペイシーが贈る本格派政治サスペンス『ハウス・オブ・カード 野望の階段』。エミー賞では、ネットドラマで史上初となるドラマ部門監督賞(デヴィッド・フィンチャー)ほか全3部門を受賞した。米Netflixにて2014年からシーズン2がスタートするが、その前にシーズン3製作の話が早くもささやかれ始めている。

【関連特集】『セブン』のデヴィッド・フィンチャー監督が手掛けた超大作ドラマシリーズ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』

Netflixのチーフ・コンテンツ・オフィサー(コンテンツマーケティングの総責任者)であるテッド・サランドス氏が、10月26日、米Deadlineに同シリーズの展望について語った。

「同社は、このシリーズの続行を希望しています。現在のところ26話(2シーズン分)の契約ですが、2シーズンで終了することは私たちの意向ではありません」とNetflix側はさらにシーズンを重ねていきたい考えを表明した。さらにサランドス氏は、「現在、話し合いを進めています。ですので、ぜひ、引き続きご注目を」と付け加え、シーズン3更新に向けて動いていることを明かした。

オリジナルドラマに力を入れているNetflixは、他にも新ドラマを展開している。『ハウス・オブ・カード』に続いて打ち出した、女性刑務所を舞台にしたコメディ『Orange Is the New Black』も評価が高く、人気を集めている。ますますネット発のドラマの行方に注目が集まりそうだ。(海外ドラマNAVI)

『Orange Is the New Black』のこんな仮装も?!
<W流動画>ハリウッドではハロウィンムード満開!セレブたちの仮装姿を激写!

話題のドラマ『ハウス・オブ・カード』は、イマジカBSで放送中!
■エピソード5
10月31日(木) 13:30~14:30
11月05日(火) 深夜00:00~深夜01:00

■エピソード6
11月06日(水) 23:00~深夜00:00

シーズン1は、毎週水曜日23:00~


Photo:『ハウス・オブ・カード』
(c)2013 MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved

大人気ドラマ『フレンズ』のフィービー役で知られるリサ・クドローが、高校生という若さで鼻を美容整形していたことを明かした。

【関連記事】『フレンズ』のフィービー、再び!?新しいフォーマットのシットコム『Web Therapy』(from NY)

鼻整形で「人生が変わった」というリサは、米The Saturday Evening Postのインタビューで「自分の中では、"ものすごいブス"から"ブスじゃない子"に変わった」と明るくコメント。「高校に入る前の夏に手術を受けたから、以前の私のドブスぶりを知らない人もたくさんいたの。とにかく、本当にすっごくいい変化だったわ」と語った。

さらにリサは、中学時代に受けたイジメについても告白。当時親しかった友人2人に突然、仲間はずれにされてしまったのだという。「金魚のフンみたいについて回る私に嫌気が差したのね。『あなた自身のためにも、私たちがいなかったらどうなるか知っておいた方がいいわ』と言われたの。ひどいわよね。すごくつらかった」と振り返った。

しかし、こうした経験が『フレンズ』で風変わりなフィービーを演じるのに役立ったそうで「フィービーは基本、天然ボケで、どんなに憂鬱なことがあろうと誰よりも明るく生きてた。それこそ当時の私が決意したことだったの」と説明。現在、ツイッターやFacebookで若い少女たちが「私も他の人と違うからフィービーに親近感を覚える」とコメントしているのを目にすると、周囲に溶け込めない人たちの励みになっているようでうれしいと語っている。自由奔放でエキセントリックなフィービー誕生の裏にこんな経験があったとは驚きだ。

リサは現在、政治ドラマ『スキャンダル 託された秘密』シーズン3にグラント大統領の新たなライバルである女性国会議員、ジョセフィン役で複数話にわたって出演中。(海外ドラマNAVI)


Photo:リサ・クドロー
(c)Yoko Maegawa/www.HollywoodNewsWire.net

人気コメディ『NYボンビー・ガール』(以下『NY~』)で、マックス役を演じるカット・デニングスが、マーベル・コミックのアクション大作映画『マイティ・ソー』シリーズでのナタリー・ポートマンとの共演について語った。

【関連コラム】日本に上陸してほしいコメディ! 気軽に楽しめる30分シットコムのススメ

米contactmusic.comによると、10月22日(火)にロンドンで行われた『マイティ・ソー』の続編となる『マイティー・ソー ダークワールド』のプレミア上映会のインタビューで、カットは「ナタリーといつか一緒に仕事がしたいって話していたんだけど、『マイティ・ソー』でやっと実現したの。彼女との共演は、期待していた以上に最高だったわ」とコメント。大作映画シリーズで、長年の親友であるナタリーとの共演の機会が持てたことを大興奮で語っていた。

また『マイティ・ソー』の撮影後、振り付け師のベンジャミン・ミルピエと結婚し長男アレフ君を出産したナタリーについて、「家族と一緒にいるナタリーを見るのは素晴らしいわ」と語るカット。母になったナタリーの変身ぶりを見るは楽しかったようだ。カットが主役の一人を務める『NY~』で、ナタリーにゲスト出演してもらえば? との質問には、「まだナタリーには出演してもらえるか聞いてないんだけど、でも『NY~』のゲストにしては豪華すぎるかもね」と、遠慮がちに答えたカット。映画だけでなくテレビシリーズでの二人の豪華共演もぜひ実現してほしいものだ。

『マイティー・ソー ダークワールド』は日本で来年2月1日(土)より全国ロードショーの予定。(海外ドラマNAVI)


Photo:カット・デニングス
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

このほどアメリカの調査会社Q Scoreがアメリカで人気のイギリス人俳優のランキングを発表した。1位に輝いたのは、アカデミー俳優であり、初代ジェームズ・ボンドを演じたショーン・コネリー。イギリスでナイトの称号を獲得しているショーンは、アメリカでも大御所中の大御所と見なされ、依然として高い人気を誇っているようだ。

【関連コラム】 イングリッシュマン・イン・アメリカ 英国俳優の勢いがとまらない!

ショーンに次いでランクインしたのは、アンソニー・ホプキンスとリーアム・ニーソン。アカデミー俳優のダニエル・デイ=ルイスやジュディ・デンチ、6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグらも高い人気を得ており、上位入選者は映画界をメインに活躍する俳優が目立つ。しかしトップ20までのランキングを見ると、テレビに登場する俳優が数多く選ばれている。

例えば、4位には『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』で検視官ダッキーを演じるデビッド・マッカラムが選ばれ、7位に入ったマギー・スミスはアカデミー女優でありながら、現在は『ダウントン・アビー』でTVでも活躍中。また、『Dr.HOUSE』のハウス役で有名になったヒュー・ローリーや、今年の新作『ザ・フォロイング』でジョー・キャロルを演じるジェームズ・ピュアフォイもランクイン。ちょっと意外なのは、『SHERLOCK シャーロック』のベネディクト・カンバーバッチが11位に入ったものの、トップ10入りを果たしていないことだ。

Q Scoreは半年ごとにメディアに登場する有名人の人気調査を行っており、1998年からアメリカで人気のあるイギリス人俳優についても調査してきたが、一般にランキングを公表するのは今年が初めてだという。
アメリカで人気のイギリス人俳優トップ20は以下のとおり。

1. ショーン・コネリー
2. アンソニー・ホプキンス
3. リーアム・ニーソン
4. デビッド・マッカラム
5. ダニエル・デイ=ルイス
6. ジュディ・デンチ
7. マギー・スミス
8. ダニエル・クレイグ
9. ヒュー・ローリー
10. ジェームズ・ピュアフォイ
11. ベネディクト・カンバーバッチ
12. ロバート・カーライル
13. イーモン・ウォーカー
14. コリン・ファース
15. ジョニー・リー・ミラー
16. ジェーン・リーヴス
17. キーファー・サザーランド
18. ジェラルド・バトラー
19. ルーシー・パンチ
20. ダニエル・ラドクリフ


Photo:(左から)ショーン・コネリー、アンソニー・ホプキンス、リーアム・ニーソン
(c)Jun Matsuda/www.HollywoodNewsWire.net
(c)Manae Nishiyama/www.HollywoodNewsWire.net
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

『PAN AM/パンナム』などで知られる女優クリスティーナ・リッチが、以前より交際が伝えられていた撮影スタッフで婚約者のジェームズ・ヘーアデーゲンさんと結婚したことがわかった。

【関連動画】パンナムガール姿の芹那が登場! 『PAN AM/パンナム』DVD-BOXは、9月28日(金)発売!

米Zap2itによると、結婚式は10月26日の夜、ニューヨークのアッパー・イースト・サイドにあるハロルド・プラット・ハウス&ピーター・ホールで行われた。クリスティーナはジバンシィ・オートクチュールのハイネックのドレスに身を包み、家族や親しい友人らに囲まれ温かく祝福されたという。

クリスティーナとヘーアデーゲンさんの出会いは、2011年の米ABCドラマ『PAN AM/パンナム』でのこと。1960年代のパンアメリカン航空を舞台にしたこのドラマで、主人公のマギー役で出演していたクリスティーナが、カメラ技術者のヘーアデーゲンさんと出会い、交際に発展。『PAN AM~』は視聴率が低迷し、シーズン1で打ち切りとなってしまったが、二人はその後も順調に交際を続け、今年2月には婚約を発表していた。

幸せいっぱいのクリスティーナの今後の活躍に期待したい!(海外ドラマNAVI)

Photo:クリスティーナ・リッチ
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

日本でも11月からシーズン4が放送スタートするハートウォーミングな法廷ラブコメディ『私はラブ・リーガル』。現在、アメリカではシーズン5を放送中の同シリーズだが、米Lifetimeが早くもシーズン更新を決定したとEntertainment Weeklyが報じている。

【関連特集】海外ドラマNAVI的"ポジティブ系"パワープッシュドラマ! 『私はラブ・リーガル』リリース記念特集!!

同シリーズは、交通事故で亡くなったモデル志望のブロンド美人デビーが、無理やり地上に舞い戻り、心肺停止状態にあったビッグサイズの女弁護士ジェーンに乗り移ってしまう、というストーリー。不慣れな体型に戸惑いながら、自己チューだったデビーが逆境の中を前向きに生きていく姿は観る者の共感を呼び、同作はファンタジーとラブコメディの要素を兼ね備えた法廷ドラマとして人気を博している。

また、同シリーズは今年春、シーズン4でキャンセルが決定するという大ピンチに陥ったが、その後、見事シリーズ継続を勝ち取ったことは、これまでもNAVIでお伝えしてきた。今回さらに、シーズン5の終了を待たずしてシーズン更新が決定したことで、番組の復調を改めて印象づけた形だ。シーズン6は13話編成で、来年6月に放送される見通しだ。

『私はラブ・リーガル』は11月21日(木)夜11:00よりWOWOWプライムにてシーズン4(二ヶ国語版)が放送スタート。字幕版は11月22日(金)深夜0:10より放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『私はラブ・リーガル3』
(c) 2011 CPT Holdings, Inc. All Rights Reserved.

『デスパレートな妻たち』でガブリエル役を演じたエヴァ・ロンゴリアが、元恋人で歌手のエドゥアルド・クルスとニューヨークのレストランでランチを共にする姿をパパラッチされ、またもや復縁したのでは!? とウワサが立っている。

【関連特集】海外ドラマNAVIが『デスパレートな妻たち』を丸裸にしちゃいます!

エヴァとエドゥアルドは2011年2月に交際を開始後、2012年3月に破局。その直後に二人は復縁したと伝えられたが同年6月に再び破局している。

米E!Onlineが、エヴァとエドゥアルドが食事をしたレストラン関係者から得た情報によると、二人は楽しそうに過ごし、手を握ったりキスしたりとかなり親密な様子で、人目につくテーブルだったにも関わらず周囲の目を気にする様子はなかったとのこと。同日の夜、再び同じレストランでディナーをとったあとタイムズスクエア近辺へ向かった二人について、情報筋は「とても微笑ましかったですよ。エヴァはご機嫌で嬉しそうでした。レストランのスタッフにも親切でしたよ」と語っている。エヴァの代理人から今のところコメントは発表されていない。

"もう結婚したくない"と以前インタビューに答えていたエヴァだが、引っ付いたり離れたりを繰り返した元恋人との関係はカジュアルなものなのだろうか? 今後の二人の関係から目が離せない。(海外ドラマNAVI)

セクシーな善の魔女姉妹が活躍する人気番組『チャームド ~魔女3姉妹~』。そのリメイク作品として、米CBSがパイロットの脚本をオーダーしたことがわかった。

【関連コラム】『GRIMM/グリム』日本上陸記念! 童話ベースのファンタジードラマが今注目のワケ

アメリカで1998年から2006年にかけて放送された『チャームド』は、『チャーリーズ・エンジェル』『ビバリーヒルズ高校白書』『メルローズ・プレイス』と、ヒットを立て続けに放ったアーロン・スペリングが製作総指揮を務めた作品。アリッサ・ミラノ、ホリー・マリー・コームズ、シャナン・ドハーティ(1~3シーズン)、ローズ・マッゴーワン(4~8シーズン)のほか、『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛放送』で現在大人気のケイリー・クオコもシーズン8に出演していた。今でも人気は根強く、アメリカの動画配信サービス"Netflix"では昨年、マラソン視聴における人気番組として第2位にランクインしている。

今回のリメイクにあたっては、『サンフランシスコの空の下』の製作者クリス・ケイザーとシドニー・シドナーが共同で脚本を執筆。立ち上げの初期段階のため詳細は不明だが、VultureやThe Hollowood Reporterが、関係筋の情報として伝えたところによると、オリジナルシリーズの"リ・イマジン(再創造)"として位置づけられているという。

ホラーやファンタジーが活況を呈している今のアメリカTV。魔女ものも勢いがあって、FX局では『アメリカン・ホラー・ストーリー』のシーズン3にあたる『American Horror Story: Coven』、Lifetime局ではベストセラー小説をドラマ化した『Witches of East End』が放送中のほか、WGN Americaではセーラムの魔女裁判を題材にした『Salem』のシリーズ製作が決まったところ。『チャームド』はまだ視聴者にとってオリジナルシリーズの記憶が新しい作品だと思われるが、こうした最近の流行を踏まえてリメイクされるのかどうか、気になるところだ。(海外ドラマNAVI)


Photo:『チャームド ~魔女3姉妹~』
(c)パラマウント ジャパン

大ヒットサスペンスドラマ『HOMELAND/ホームランド』で、主役のニコラス・ブロディの妻ジェシカを演じるモリーナ・バッカリンが第一子を出産したことがわかった。

【関連記事】ハマるとヤバイ! でも観ちゃう! 中毒性タップリの問題作『HOMELAND』に業界関係者から絶賛の声!!

米Hollywood Lifeによると、モリーナは監督で脚本家でもあるオースティン・チック(『Girls Against Boys 』)と2011年に結婚。今月22日(火)に生まれた約3600グラムの男の子をジュリアス君と名づけた。モリーナは、逆子だったジュリアス君を無事に自然分娩で出産し、「逆子の出産は大変だったけど、ウー先生のおかげで望んだ通りの出産経験ができたわ」と、ジュリアス君を取り上げた医師に感謝の意を述べている。

モリーナは、先月22日に開催された第65回エミー賞授賞式にゴージャスな赤のドレスを着てレッドカーペットに登場。今にもはち切れんばかりの大きなお腹を見せていたが、授賞式後に米トーク番組『Jimmy Kimmel Live』に出演した際、「授賞式の最中に陣痛が始まっても最後まで座っているつもりだったのよ! 4時間半ほどの授賞式の間に生まれることはないでしょ」と、エミー賞をどうしても見とどけたかったと冗談交じりに語っていた。

今年度のエミー賞で助演女優賞にノミネートされていたものの、惜しくも受賞を逃してしまったモリーナだが、『HOMELAND』のシーズン4の製作も発表され、公私ともに充実した彼女のますますの活躍に期待したい。(海外ドラマNAVI)


Photo:モリーナ・バッカリン
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

聖なる夜を迎える前の12月22日(日)に「FOXクリスマス・スペシャル」として、FOX選りすぐりのクリスマスのエピソードを盛り込んだタイトルが一挙放送されることが決定した。

【関連コラム】"スーパー詐欺師"たちの座談会!? 日本語版キャスト陣が《『レバレッジ』愛》を語りつくす!

選出されたタイトルは全部で6本。『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン10』からは、第10話の「クリスマスの贈り物」が放送される。謎の100ドル札を持った海軍中佐の男性の遺体が見つかる。その紙幣は、外部に出回るはずのない未発行の新札であることがわかり、ギブスらは、殺人と新札の流出の真相に迫っていく。その一方で、トニーとクリスマスを過ごすため、ディノッゾ・シニアがDCにやってきて、トニーは捜査の傍らでシニアに振り回されてしまうという、クリスマスにリンクしたストーリーとなっている。

ほかにも、『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班 シーズン4』『レバレッジ ~詐欺師たちの流儀 シーズン5』『Glee シーズン4』『モダン・ファミリー シーズン3』『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士 シーズン2』のクリスマスエピソードが放送される。

なお、全て一話完結のストーリーなので、シリーズを見たことなくても楽しめる内容となっている。

「FOXクリスマス・スペシャル」は、FOXチャンネルにて12月22日(日)13:00~18:00まで放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Glee』
(c)2012-2013 Fox and its related entities. All rights reserved.

『glee』『NIP/TUCK』のクリエイター、ライアン・マーフィーがアメリカの都市伝説をベースにつづる、米FXの新感覚ホラー『アメリカン・ホラー・ストーリー』。現在、本国アメリカではシーズン3を放送中だが、本作でシーズンごとに異なる役を演じてきたアカデミー賞女優ジェシカ・ラングが、シーズン4をもって降板するつもりであることを明らかにした。

【関連フォト】スタイリッシュ・ホラー第2弾! 『アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟』

これは数週間前、マーフィーが米The Hollywood Reporterに対し「同シリーズを10年~15年の長寿番組に育て、ジェシカに続投してもらいたい」と発言したことを受けたものとみられる。マーフィーによると、アメリカでは怪奇事件が数多く、番組のネタは無尽蔵にあるらしい。

しかし米BuzzFeedのインタビューに応じたジェシカは「あともう1シーズンはやるつもり。それでおしまいよ」と断言し、降板の意思が固いことを明らかにした。

『アメリカン・ホラー・ストーリー』は主要キャストを継続させつつ、シーズンごとに配役&ストーリーをがらりと変えるという、斬新なスタイルが見どころだ。その中で、2度のアカデミー賞に輝く演技力を遺憾なく発揮したジェシカ。シーズン1『呪いの館』では、ロサンゼルス郊外の古い屋敷に入居した一家の隣人、コンスタンスを怪演し、2012年のゴールデングローブ賞&エミー賞助演女優賞をダブル受賞している。続くシーズン2『~精神科病棟』では1960年代のおぞましい精神病院を支配する修道女に扮し、再び高い評価を受けた。この10月からスタートしたシーズン3『~魔女の集会』では、魔女狩りから300年たった今もニューオーリンズに君臨する最高位の魔女を演じている。

『アメリカン・ホラー・ストーリー』に欠くことのできない存在だけに、マーフィーは「毎年彼女はこれが最後って言うんだよ」とジェシカの降板宣言を取り合おうとしないが、本人の意志は固そうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェシカ・ラング
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

先週、クリエーターのライアン・マーフィーによって、シーズン6で終了することが発表された大ヒットミュージカルドラマ『glee/グリー』。最終回は、亡くなったコーリー・モンテースに敬意を表したエピソードになるという。いよいよフィナーレへと向かう同作について、サンタナを演じるナヤ・リヴェラがその思いを明かしていたことがわかった。

【関連コラム】〈コーリー・モンテース追悼〉『glee』撮影現場、ある1日の回想...

米Access Hollywoodのインタビューに応じたナヤは、「本当にすばらしいドラマシリーズだったと思う」と振り返ると、「どんなにいいものでも、いつかは終了しないと。だからフィナーレを迎えようとも、私はただこの作品に出演できたことに感謝するだけだわ」と充実の胸中を語ったという。

さらに、先日アメリカで放送されたシーズン5の第3話「The Quarterback」の撮影時のことも語ったというナヤ。コーリーへの追悼エピソードとして制作された同話では、ザ・バンド・ペリーの「イフ・アイ・ダイ・ヤング(訳:もし私が若くして死んだら)」を歌ったナヤだが、その時のことについて、「すごく辛くて、涙が溢れて...」と思い出し、「ものすごく大変だったけれど、かけがえのない素晴らしいエピソードになったと思う。(作品にかかわった)全員をとても誇りに思うわ」と明かした。

ドラマ終了はさみしい限りだが、最後まで素晴らしいエピソードが紡がれていくに違いない。(海外ドラマNAVI)

Photo:ナヤ・リヴェラ
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

E.L.ジェームズの世界的ベストセラー官能小説『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(以下『フィフティ~』)の映画版の主役クリスチャン・グレイ役からチャーリー・ハナムが降板して以来、新たに誰がキャスティングされるのか、連日様々な名前が浮上し話題となっていた。

【関連特集】ジェイミー・ドーナン出演の『ワンス・アポン・ア・タイム』作品紹介!

最有力候補として、犯罪サスペンスドラマ『THE FALL 警視ステラ・ギブソン』(以下『THE FALL』)で殺人鬼ポール・スペクターを演じるジェイミー・ドーナンの名前が急浮上していることを先日お伝えしたばかりだが、ついにジェイミーの抜擢決定が明らかとなった。

米E!Onlineが情報筋から得た情報によると、今月18日(金)、ジェイミーとアナスタシア役を演じるダコタ・ジョンソンが脚本の読み合わせを行い、結果は上々だったとのこと。しかしスタジオ側は、ダコタとグレイ役の俳優との相性よりも、11月上旬に始まる撮影に間に合わせるために、とにかくグレイ役を埋めることを急いでいたという。「スタジオ側はダコタを信用しています。彼女なら相手役が誰であろうと、うまく演じられると思っているようです」と情報筋は語っている。

『フィフティ~』の映画化にあたり、グレイ役にチャーリーが決定した際には原作ファンが猛反発。マット・ボマー(『ホワイトカラー』)をキャスティングするよう署名運動を開始し騒動になっただけに、ほぼ無名に近いイケメン俳優ジェイミーの大抜擢に、ファンがどう反応するのか気になるところだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェイミー・ドーナン
(c)ABC Studios

現在、Dlife<ディーライフ>にてシーズン2を放送中のミュージカルドラマ『SMASH』。惜しくも本国ではシーズン2で番組終了したが、同シリーズでカレンを演じたキャサリン・マクフィーが番組ディレクターのマイケル・モリスと、どうやら不倫交際をしているようだ。米TMZが報じている。

【関連特集】どうしてもつかみたい夢がそこにある ドラマSMASHに迫る!

これはキャサリンとマイケルが先週末、ハリウッド界隈で白昼堂々とキスする姿をパパラッチされ、明らかになった。二人はそれぞれ別々に家庭を持っているが、この日は仲良く手をつないでランチ・デートを楽しんだようで、カメラマンの視線を気にする様子はまったく見られなかったという。

マイケルは人気シリーズ『ブラザーズ&シスターズ』の監督・プロデュースで知られる44歳。キャサリンの主演ドラマ『SMASH』では、シリーズフィナーレを含める7エピソードの監督を担当している。2003年に『ザ・プロテクター/狙われる証人たち』の主演女優メアリー・マコーミックと結婚しており、夫妻の間には9歳、6歳、2歳の3人の娘がいる。

一方、今年29歳となるキャサリンは、米人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』出身の新進女優。『SMASH』の主役に抜擢され、一躍その名を世に知らしめたシンデレラ・ガールだ。5年前、俳優・プロデューサーのニック・コカスと結婚しているが、彼女のマネージャーに転向した47歳の夫とは半年前から別居中だという。キャサリンに子どもはおらず、今回の写真では結婚指輪も外している様子。なお、マイケルの家庭状況は不明だが、彼の方は結婚指輪をはめたままだという。この件に関して関係者は公式声明を出していないが、ショービズ界の愛憎劇を描いた『SMASH』さながらの展開となりそうだ。

『SMASH』シーズン2はDlife<ディーライフ>にて、字幕版が10月26日(土)深夜3:30から、吹き替え版が10月27日(日)夜11:00から放送予定。(海外ドラマNAVI)


Photo:キャサリン・マクフィー
©Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

全米で新作ドラマ視聴率No.1(※2012年 米ニールセンTV視聴率調査)を記録したSFアクション『REVOLUTION』。レギュラー放送に先駆けて、FOXにて12月7日・8日(土・日)の2日間にわたり全話一挙放送されることが決定した。

【関連記事】J・J・エイブラムス製作総指揮のSFドラマ『Revolution』が、だめだめネットワークNBCに視聴率革命を起こす?

映画『スター・トレック』シリーズや『LOST』、『FRINGE/フリンジ』を手掛ける大ヒットメーカー、J・J・エイブラムスと『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』のエリック・クリプキが製作総指揮を務める本作。さらに、第1話の監督は『アイアンマン』のジョン・ファブローが務めるなど、これ以上にない強力な布陣で、衝撃のストーリーを紡ぎだしていく。

ある日、全世界で突如ブラックアウト(大停電)が発生し、15年の月日が経過。現代テクノロジーの全てを失い崩壊した社会では、ミリシア(軍閥)が世を支配し、逃れたわずかな人々は、街を去って小さな田舎の村で静かな生活を送っていた。そんな中、ブラックアウトに関して何らかの秘密を知るベン(ティム・ギニー)は、ミリシアの襲撃を受け命を落とす。ベンの息子ダニー(グラハム・ロジャーズ)は身代わりとして捕らえられ、残された娘のチャーリー(トレイシー・スピリダゴス)は、父の遺言の元、シカゴにいる叔父マイルズ(ビリー・バーク)の助けを求めて村を後にするが...。

暗く荒廃した世界で、一体誰が敵で誰が味方なのか? 家族や仲間の信頼と裏切りが交差する中、徐々に明らかになっていくブラックアウトの謎。果たして、誰が何のためにこの事態を引き起こしたのか? エネルギー復元への鍵を巡り、様々な思惑と闘いが繰り広げられていく! 先が読めない展開から目が離せない2日間になることだろう。

『REVOLUTION』は、FOXにて、12月7日・8日(土・日)11:00~21:00に全話一挙放送。(海外ドラマNAVI)


Photo:『REVOLUTION』
(c)Warner Bros. Entertainment, Inc..jpg

大人気コメディドラマ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』でペニー役を演じるケイリー・クオコが、イケメンテニスプレイヤー、ライアン・スウィーティングと電撃婚約したことはお伝えしたとおり。本作でシェルドン役を演じ、大のテニスファンであるジム・パーソンズは、"婚約を祝福しつつライアンにタカりたい!"とインタビューで語り、この件を米Peopleが伝えている。

【関連記事】 『ビッグバン★セオリー』『NUMB3RS』ジューイッシュ料理定番の味「ブリスケット」

今月 18日(金)、ビバリーヒルズで開催されたGLSEN(同性愛研究教育ネットワーク)リスペクト賞の席で、ライアンについて聞かれたジムは、「ライアンは素晴らしい人だよ!僕は大のテニスファンなんだ。だからテニスプレイヤーである彼に試合のチケットを取ってもらったり、大いにこの関係を利用させてもらうつもりだよ。セリーナ・ウィリアムズのサインが欲しい!」と、冗談交じりに答えていたとのこと。

また同作でエイミー役を演じるメイエム・ビアリックは、同イベントのインタビューで、「私たちキャストは一緒にいる時間も長いし、お互いのことをよく分かっているの。みんな彼女の婚約を心から祝福しているわ。ケイリーもライアンも本当に幸せそう!」と答え、二人の婚約を心から喜んでいることを語った。

ジムとケイリー、メイエムの絶妙アンサンブル演技が満喫できる『ビッグバン★セオリー』のシーズン7は、米CBSにて毎週木曜20:00から放送。日本ではシーズン5が、スーパー!ドラマTVにて毎週金曜20:00より放送中。(海外ドラマNAVI)


Photo:ジム・パーソンズ
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

現在開催中の第26回東京国際映画祭で特別招待作品に選ばれた『マラヴィータ』の上映にあたり、主演のロバート・デ・ニーロが来日を果たし、10月22日(火)、六本木ヒルズアリーナで開催されたジャパン・プレミアに登場した。

【関連記事】イタリアンマフィア IN USA ~生い立ちと追憶の場所の巻~

『グッド・シェパード』以来、6年ぶりの来日となるデ・ニーロは、夫人のグレイス・ハイタワーとグリーン・カーペット上に姿を現し、会場に集まったファンが見守る中、握手やサインになど、笑顔でファンサービスに応じた。

本作は、FBIの証人保護プログラムによって家族と共に保護された元マフィアの、トラブル続きの潜伏生活と、現役マフィアとの仁義なきバトルを描いた痛快エンターテインメント。製作総指揮はデ・ニーロと共に『タクシードライバー』など数々の傑作を生み出してきたマーティン・スコセッシ、監督は『レオン』のリュック・ベッソンが務め、映画界の超大物3人による初のコラボレーションとなる作品だ。

"ハリウッドの黄金コンビ"とも謳われるスコセッシについて尋ねられると「(スコセッシとの仕事は)いつも、とても楽しいよ。実は、また一緒にやる企画も持ち上がっているんだ」とコメント。今後の再タッグを示唆する発言に、会場からは歓声の声が上がった。また、本作で初共演となるトミー・リー・ジョーンズについては「ベテラン同士だから気楽にできた。とても楽しい時間だったよ。脚本が良くて、とても助けられた」と振り返った。

最後には、来場したファンについて「こんなに若い人たちが来てくれるなんて」と感激した様子を見せ、「日本のファンは本当に行儀がいいね。これまでプロモーションでいろいろなところに行ったけど、他の国だとみんなもっとギャーギャー叫んだりすごいんだ...」と日本のファンのマナーの良さを称賛し、笑顔で会場を後にした。

本作には、他にも『恋の行方/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』のミシェル・ファイファーや、海外ドラマファンには『glee/グリー』のクイン・ファブレ役でおなじみディアナ・アグロンなど豪華なキャストが出演している。

『マラヴィータ』は11月15日(金)TOHOシネマ図有楽座、他全国にてロードショー。
(海外ドラマNAVI)


Photo:ロバート・デ・ニーロ
©EUROPACORP- TF1 FILMS PRODUCTION - GRIVE PRODUCTIONS

『ARROW/アロー』で影のあるヒーローを演じ、人気急上昇のスティーヴン・アメルがパパになった。10月15日、妻カサンドラ・ジーンさんが無事、第一子となる女児を出産。セレブ情報サイトJustJared.comがスターの吉報を伝えた。カサンドラさんは、オーディション型リアリティ番組『America's Next Top Model』に出演していたモデル。二人は2012年末に結婚し、今年6月に妊娠を発表していた。

【関連記事】 海外ドラマスターを追え! » スティーヴン・アメル(Stephen Amell)

スティーヴンは代理人を通じて「火曜日の午後、マヴィ・アレクサンドラ・ジーン・アメルが生まれました。みんな喜び、母子ともに健康です」と喜びのコメントを発表。19日には、生まれたばかりの娘をだっこして病院でテレビドラマを見る写真を公開した。そのテレビ画面に映っているのは、スティーヴンのいとこ、ロビー・アメルが出演する米CWの新ドラマ『The Tomorrow People』!「ほら、ロビーおじちゃんだよ」と娘に教えるようなそぶりからも、スティーブンの喜びが伝わってくる。

赤ちゃんができたと知った時も、大興奮だったスティーヴン。これは娘にメロメロになりそうだ。(海外ドラマNAVI)


Photo:スティーヴン・アメル
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

現代イギリスを舞台に名探偵ホームズが活躍する、英BBCの大人気ミステリー『SHERLOCK』。現在シーズン3を製作中の同シリーズで、マーティン・フリーマン演じるワトソンの妻メアリー役を、マーティンの実生活上のパートナーである女優アマンダ・アビントン(『恋愛上手になるために』)が演じることがわかった。アマンダは3月から同シリーズの撮影に入っており、今回初めて英紙The Scotsmanのインタビューで役柄を明らかにした。

【関連フォト】来日時のマーティン・フリーマンと愉快なホビット御一行様の様子はこちらでチェック!

アマンダによると、マーク・ゲイティスらの番組クリエイターたちは、このキャスティングを以前から決めていたが、本人がそれを知ったのは今年1月、関係者たちがゲイティス邸に集った時のこと。一同はシーズン2のエピソード「バスカヴィル家の犬」をテレビで観た後、キッチンで新しいキャラクター、メアリーについて討論を始めた。そこでアマンダがふと、「メアリー役はだれがやるの?」とたずねたところ、「君さ」とこともなげに告げられ、仰天したそうだ。アマンダは「与えられたチャンスに驚いて、大喜びしたわ」と当時を振り返った。

アマンダは、結婚こそしていないが、12年連れ添うマーティンと二人の子どもをもうけ、今も仲睦まじく暮らしている。そんなアマンダでも、撮影現場でマーティンとベネディクト・カンバーバッチ(ホームズ役)の間に入っていくのは難しかったという。「二人は本当に相性がいいの。読み稽古でも素晴らしい化学反応を起こしてみせる。そこには美しい友情があって、割り込むには勇気がいったわ。メアリーはおじゃま虫みたいな存在なのね」とアマンダ。しかも彼女によれば「メアリーにもとびきりの秘密がある」とのこと。「きっと皆に好かれるキャラクターになるわ」と語った。

『SHERLOCK』シーズン3は英国で2014年初頭に放送される見通しだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:マーティン・フリーマン

神の血を引くヒーロー、パーシー・ジャクソンが、ついに帰ってきた! ギリシャ神話の世界と現代アメリカを融合させ、大ヒットを記録した奇想天外なアドベンチャー映画巨編の第2弾『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』のジャパンプレミアが開催された。

【関連記事】AKB48篠田麻里子がスパイに!? 人気ドラマ『コバート・アフェア』CM撮影&会見

昨日、10月21日(月)に東京・品川アクアスタジアムで催された本作のジャパンプレミアにまず姿を現したのは、本作でゆるキャラとしては史上初の声優デビューを果たした、船橋市非公認のご当地キャラ・ふなっしーが、本作にちなんで"ふなっ神"として登場。映画のシンボルでもあるトライデント(三つ又のやり)を手に、「出でよ! ひゃっはー!」とテンション高く叫ぶと、日本語吹き替えキャストを務めた声優・宮野真守(パーシー・ジャクソン役)とAKB48の渡辺麻友(アナベス・チェイス役)が"召還"された。

作品にちなんで、「もし自分がハーフゴッドだったら何をしたい?」と言う質問に対し宮野は「パーシーは海神であるポセイドンの息子なんですが、僕自身は、苦手ではないですが泳げないんですよね。水を操る力があったら、泳ぐどころか水の上をすいすいと...、水と戯れる感覚を味わいたい」とコメント。さらに「ポセイドンの息子なのに...、すみません」と謝る宮野に、ふなっしーは「本当に泳げないなっしー? ふなっしーは泳げるなっしー!」とプールに飛び込もうとするパフォーマンスを披露。渡辺と宮野が慌てて「変なニュースになっちゃう!」と止め、会場の笑いを誘った。

一方、渡辺は「アナベスは知恵の神アテナの娘なので、知恵と機転がすごく利くんですよね。様々なピンチを切り抜けて、一気にいろんなチャンスにつなげられたら」と、笑顔で答えた。

主人公のパーシー役を演じるのは『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』でダルタニアン役を演じた、ローガン・ラーマン。アナベス役は、海外ドラマファンには『ホワイト・カラー』のケイト役で知られる、アレクサンドラ・ダダリオが演じている。

映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』は、11月1日(金)全国にてロードショー。3D/2D、字幕/吹替版も同時公開される。(海外ドラマNAVI)

Photo:渡辺麻友&宮野真守&ふなっしー
(c)2013 Twentieth Century Fox

『CSI:科学捜査班』のニック役でお馴染みのジョージ・イーズ。レギュラー出演者として同シリーズに長年貢献してきた彼が、突然、番組を一時降板するというニュースが8月に報じられ、多くのファンを驚かせた。2000年のパイロット版からずっとニック役を演じ続けてきたジョージだが、9月25日からアメリカでスタートした最新シリーズでは、10月9日の第3話を最後に番組から姿を消していた。

【関連記事】野島昭生×銀河万丈×中村秀利×石塚運昇、そして関根勤が『CSI:』愛を語りまくる!

しかし、このたび、再びジョージが復活するという朗報が飛び込んできた。米Entertainment Weeklyが明らかにしたところによると、ジョージは11月20日に放送予定の第9話から再び返り咲くという。

8月に彼の一時降板が報じられた時、CBS Television Studiosは「ジョージは最新シリーズの前半には出演しない。前半はしばらく姿を消すことになるだろうが、彼はすぐに『CSI』に戻ってくれるだろうから、楽しみにしてほしい」と、ジョージの復帰を望むような発言をしていた。ようやく脚本家との折り合いがついたということだろうか。詳細は明らかにされていないが、オリジナルメンバーが復活し、ファンも一安心といったところだろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョージ・イーズ
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

ベストセラーのアメコミを原作にしたパニック・サバイバル・ドラマ『ウォーキング・デッド』の最新シーズンであるシーズン4が明日10月24日(木)からHuluより配信されることが決定した。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』ダリル役:ノーマン・リーダスに突撃インタビュー!

本作は、"ウォーカー"と呼ばれるゾンビがはびこる黙示録的なアメリカを舞台に、保安官リック率いる生存者たちが、安住の地を求めて恐怖に立ち向かう姿を描くヒューマン・ドラマ。アメリカをはじめ世界中で絶大な人気を誇り、日本でも安倍首相がファンだと公言している程の話題作だ。

前シーズンで、敵対していた総督を退け、刑務所で新たな仲間たちとの生活を始めたリックたち。住環境も整い、快適な暮らしを得始めたものの、平和な共存への道のりはまだまだ遠く...。内乱の予兆が見え隠れする中、ウォーカーのさらなる脅威がリックたちに襲い掛かる! 行方をくらました総督は、どのような行動に出るのか? 新シーズンも、一瞬たりとも気の抜けない展開が待ち受けている!

シーズン4の第1話は、本作で特殊効果メイクとしてリアルすぎるウォーカーを生み出している、グレッグ・ニコテロが再び監督を務める。ゾンビメイクの第一人者が手がけるエピソードに注目したい。

Huluの『ウォーキング・デッド』シーズン4初回配信は日本国内でのテレビ放送(FOXチャンネル)の4日後の10月24日(木)から。また、同作のシーズン1~3も配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』
(c)TWD productions LLC Courtesy of AMC.

************************************************
『ウォーキング・デッド』シーズン4
FOX HD
10月20日(日)夜10:00~放送スタート
毎週日曜夜10:00~ 他
http://www.myjcom.jp/tv/channel-list/foxjapan.html
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。

おとぎ話と現実の世界が交じり合う人気ファンタジードラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』の"白雪姫"ことジニファー・グッドウィンと、"チャーミング王子"ことジョシュ・ダラスが婚約したことが明らかになった。

【関連特集】大人のためのファンタジードラマいよいよ日本上陸!『ワンス・アポン・ア・タイム』

最初にこのニュースを報じた米People誌によると、ジョシュはLAで現地時間の10月9日(水)にプロポーズ。二人は「婚約を発表することができ、とても感激しています。友人たちや家族、そして第2の家族である『ワンス・アポイン・ア・タイム』の仲間たち一緒に祝うのが待ちきれません」とコメントを発表している。

本作を通じて出会ったという二人は、2012年の春 から交際が明らかになり、様々なイベントのレッド・カーペットでカップルとしての姿を見せてきた。仕事が二人の恋愛の妨げになることもなかったようで、ジョシュはたびたび、ジニファーには俳優としてもインスパイアされていると語っていた。

交際が明らかになる以前のインタビューで、ジョシュは理想の女性像について「面白くて賢くて、...ウィットに富んだ、強くセクシーな女性を求めているんだ」と語っていた。彼にとってジニファーは理想どおりだったのか、二人の恋の始まりについて「目がくらむような光に打たれたような気持ちだったよ。「ああ、まいったな」って思った」と振り返っている。

ジニファーは2010年に俳優のジョーイ・カーン(映画『キャビン・フィーバー』)と婚約していたが、2011年5月に破局。一方、ジョシュは2007年から2011年まで女優のララ・パルヴァー(『SHERLOCK シャーロック』)と結婚しており、2度目の結婚となる。

式の日取りなどは明らかになっていないが、"おとぎの世界"のカップルがリアルライフで結ばれる、ファンにとっては喜ばしいニュースとなった。

『ワンス・アポン・ア・タイム』は本国では、米ABCにてシーズン3を放送中。そして日本では、シーズン1がNHK BSプレミアムにて毎週木曜日23:15~放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:衣装のまま挙式でも全く問題なし!おめでとう! ジニファー・グッドウィン、ジョシュ・ダラス
(c)ABC Studios

「白雪姫」や「赤ずきん」などの童話のキャラクターたちが登場するファンタジー・ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』。現在アメリカでシーズン3が放送中だが、このドラマにロック・シンガーのマリリン・マンソンの出演が決まった。

【関連特集】大人のためのファンタジードラマいよいよ日本上陸!『ワンス・アポン・ア・タイム』

米Hollywood Reporterによると、マリリンは声のみの出演になるという。彼が担当するのは、ミステリアスな"影"の声で、このキャラクターはシーズン2に登場している。マリリンが出演するエピソードは、11月にアメリカで放送される。
『ワンス・アポン・ア・タイム』の製作総指揮者エディ・キッツィスとアダム・ホロウィッツは「私たちはずっとマリリンの大ファンで、ドラマを見る人をゾッとさせるような声の持ち主を探していたんだ」と共同声明を発表した。

なお、『ワンス・アポン・ア・タイム』シーズン1は、現在NHK BSプレミアムにて毎週木曜23:15から放送中。(海外ドラマNAVI)


Photo:マリリン・マンソン
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

ニューヨーク上流社会の若者たちのセレブな恋愛とライフスタイルを描いたドラマ『ゴシップガール』で、ネイト役を演じたチェイス・クロフォードが、中国で障害を持つ子ども達を訪問していたことがわかった。

【関連動画】「あっちゃんはずっと『ゴシップガール』見てる」AKB小嶋陽菜が語る!

米E!Onlineによると、先週ビジネスで中国を訪れていたチェイスは、忙しい合間をぬって広東省広州市の特別教育センターで障害を持つ子ども達を訪ねた。歌や図工のクラスを訪れたネイトに、子ども達は歌を謡って絵をプレゼントし、彼の訪問を喜んでいたとのこと。チェイスが同センターにいるとのウワサがあっという間に広まり、彼を一目見ようと数百人のファンが押しかけたそうだ。チェイスは同市のショッピングモールの記念イベントにもゲストとして招待されていた。

『ゴシップガール』以降、特に目だった俳優活動がなかったチェイスだが、現在は野球選手アーサーを演じたインディー映画『Undrafted』が待機中。同作では『ゴシップガール』でトリップ役を演じたアーロン・トヴェイトと共演している。(海外ドラマNAVI)


Photo:チェイス・クロフォード
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

glee世界中で大ヒットしたミュージカルドラマ『glee/グリー』がいよいよフィナーレを迎える。番組クリエイターのライアン・マーフィーが、来年オンエアされるシーズン6で番組が終了することを確認した。

【関連特集】やっぱり『glee』は面白い! 海外ドラマNAVI的『glee』大特集!!

米TV Lineによると、今週水曜日、ロサンゼルスで開催された米FX局のイベントに参加したマーフィーは記者陣の前で番組終了を発表。「番組のフィナーレは来年になる。当初、エンディングはレイチェル(リー・ミシェル)とフィン(コーリー・モンテース)の物語しかないと思っていた。最後のショットにはコーリーがいて、最後のレイチェルのセリフも決まっていた。だけどコーリーの死によって、どうすべきか改めて考えているところだ」とコメントし、彼自身、エンディングの構想をずっと温めていたものの、今年7月にコーリーが急逝したことにより、新たに別のフィナーレを考案していることも明かした。

さらにマーフィーは、考案中のエンディングについて「いいアイデアがある」と明かす。「スタジオと放送局には(1週間以内に)番組をどのように終らせるかを伝える。とても満足のいくものになると思うよ。コーリーを称える内容にするつもりなんだ」とコーリーを称賛するエンディングを用意するつもりだと語った。(海外ドラマNAVI)

Photo:『glee』
(c)2012-2014 Fox and its related entities. All rights reserved.

HOMELAND昨年に続いて、今年も賞レースで圧巻の強さを見せた心理サスペンス、『HOMELAND』のシーズン3の日本放送が早くも決定した!

【関連特集】賞レース総ナメの超話題作、『HOMELAND/ホームランド』に迫る!

8年もの間、アルカイダに捕えられていたアメリカ兵、ニコラス・ブロディ(ダミアン・ルイス)が奇跡の生還。CIA局員のキャリー・マディソン(クレア・デインズ)は、彼がアルカイダに寝返ったテロリストであると確信し、執拗に追い回す。彼は英雄なのか、脅威なのか......。今シリーズは、911以降露呈した国家内の歪み、傷ついた人々、葛藤や苦悩を複雑かつ繊細に絡め、「真の正義とは何か?」をテーマに揺れ動く人間模様を描き、最高傑作と称賛されてきた。

(以下、シーズン2終盤のネタばれがあります。ご注意ください)


新シーズンは、シーズン2のラストで起こったCIA本部爆破テロ事件の2ヶ月後からスタート。219人の死者を出したこの事件は"第2の911"と呼ばれ、ニコラスは最重要指名手配犯に。キャリーも指名手配され、酒浸りの生活を送っていた。CIA副長官の後任となったソール・ベレンソン(マンディ・パティンキン)、海軍仲間から見捨てられたブロディ一家など、新たに襲い掛かる脅威と苦悩に再び目が離せなくなりそうだ。

今年はクレアだけでなく、ダミアン・ルイスにもゴールデン・グローブ賞とエミー賞で最優秀主演男優賞をもたらした今シリーズは、他出演者も皆、感情移入せずにはいられない名演技で応戦しているのも魅力だ。

新シーズンは、年末12月30日(月)に第1話を放送予定。うれしいことに、新シーズンの放送直前にはシーズン1と2の一挙放送が行われる。まだ観てない方は、ここで一気観するのがおススメ。『HOMELAND』で1年を締めくくり、2014年もエキサイティングなドラマ年にしよう。

『HOMELAND』シーズン3は、FOXCRIME PLATINUM他にて、12月30日(月)21時から、シーズン1&2はそれぞれ12月28日(土)と29日(日)の昼12時から放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:『HOMELAND』
(c)2011 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

10月20日(日)23:00からDlife<ディーライフ>にて放送がスタートする『SMASH 2』。アメリカでは惜しまれながらも、シーズン2をもって終了してしまった同シリーズ。シーズン1が放送された当時は、ドラマに登場する、マリリン・モンローの生涯を描いた架空のミュージカル『ボムシェル』を実際に舞台化しようという動きもあったが、シリーズが終了してしまったため、その企画も立ち消えとなっていた。しかし、このたび、シーズン2から『ボムシェル』のライバル作品として登場するオフ・ブロードウェイ・ミュージカル『ヒット・リスト』が、NYの有名クラブで上演されることが明らかになった。

【関連特集】どうしてもつかみたい夢がそこにある ドラマSMASHに迫る!

米ZAP2itによると、この劇中ミュージカルは、様々なライブやパフォーマンスが楽しめるNYのスーパークラブ、54 Belowにて12月9日に上演。『SMASH』のキャストも登場し、ドラマさながらのパフォーマンスを披露するそうだ。シーズン2から『ヒット・リスト』のメンバーとして出演しているジェレミー・ジョーダン、アンディ・ミエンタス、そしてクリスタ・ロドリゲスといった主要キャストの出演が決まっている。またシーズン2から同シリーズのショーランナーとなったジョシュア・サフランと脚本のジュリア・ブラウネルも、この舞台企画に関わっているという。

『ヒット・リスト』は、オフ・ブロードウェイの小さな劇場から出発する、名作ミュージカル『RENT/レント』を彷彿とさせる作品だ。シリーズが終了したにもかかわらず、NYで実際に上演されるということからも、『SMASH』の人気の高さをうかがわせる。

日本ではこれから放送がスタートする『SMASH』シーズン2。さらに新レギュラーとして加わったジェレミー、アンディ、クリスタのパフォーマンスをドラマで観れば、「ぜひ、生で観てみたい」という声が多いのも納得するだろう。華やかなブロードウェイの裏側で展開するサバイバル・ドラマは、シーズン2でますます盛り上がっていく。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SMASH 2』
(c)2012 Universal Studios. All Rights Reserved.

シリーズフィナーレで過去最高の視聴率を記録し、有終の美を飾った『ブレイキング・バッド』。同作で主人公ウォルターを演じたブライアン・クランストンのもとに、イギリス出身の名優、アンソニー・ホプキンスから番組を称賛する手紙が送られていたことがわかった。

【関連記事】超人気ドラマが大激突!!アメリカのTV業界最大の祭典第65回エミー賞

これは、クランストンと同じエージェンシーに所属するホプキンスが、事務所を通じて入手したクランストンのメールアドレスに送ったもの。スティーヴン・マイケル・ケサダ(DEA捜査官ゴメス役)がFacebookに投稿して、この手紙の存在が明らかになったが、当初、これはホプキンスのなりすましによるものではないかとの疑われ、削除されていた。しかし、このたび、ホプキンス本人が送ったものだということ米The Hollywood Reporterが確認した。

手紙によると、ホプキンスが『ブレイキング・バッド』を観たのはごく最近だという。Amazonからファイナルシーズンをダウンロードし、全シリーズを2週間かけて「中毒症にかかったように」鑑賞したホプキンスは、「こんな番組は今まで観たことがありません。素晴らしい!」と大絶賛。ウォルターを演じたクランストンについては「私の知りうる限り、最高の演技でした」と手放しの褒めようだ。さらに「胸が悪くなるような嘘っぱちと大ぼらばかりの作品が多いなかで、最近は何事にも信念を見いだせなくなっていた私でしたが、貴方の作品には目を見張りました――実に衝撃的でした」とホプキンス。「物語はブラック・コメディから始まり、やがて暴力、破壊と地獄の迷宮へと向かっていく。あたかもシェイクスピア晩年の悲劇や、ギリシャ悲劇のようです」と『ブレイキング・バッド』をシェイクスピア・ドラマになぞらえ、最大級の賛辞を並べた。そして最後に「製作チームの全員がむき出しのパワーを見せたことは特筆すべきこと」と関係者すべてに惜しみない称賛を送り、手紙を締めくくっている。

名優アンソニー・ホプキンスは、長年の功績によってナイトの称号を授けられたカリスマ的存在。そんな彼からの温かい手紙に、クランストンや関係者たちもさぞ報われた思いだろう。(海外ドラマNAVI)


Photo:アンソニー・ホプキンス(左)ブライアン・クランストン(右)
(c)Manae Nishiyama / www.HollywoodNewsWire.net
(c)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

大ヒットミュージカルドラマ『glee』のエマ先生役で知られるジェイマ・メイズが、今年7月に逝去した共演者コーリー・モンテースの追悼エピソードと米CBS新作『The Millers』についてインタビューに答え、英Huffington Postが伝えている。

【関連特集】LAスクリーニング2013 海外ドラマNAVI編集部が観た!最新&注目の海外ドラマまるごとご紹介!

全米で今月10日(木)に放送されたコーリー追悼エピソード(シーズン5第3話)について、ジェイマは「本当につらかった。これから先、誰かの追悼をせずに済むことを願うわ。唯一良かったのは、キャストやスタッフと会えたことね。本当に私たちは家族みたいだから」と、今までで最もつらい経験のひとつだったことを語った。追悼エピソード後の撮影スケジュールなどについては不透明の状態だが、今のところシーズン5で、エマは2、3話しか登場しないのではないかとのこと。それについては、「シーズン5でエマがどうなるかは知らされていないの。それに今の状態では、誰にとっても撮影は最優先ではないし...。でも5年もエマを演じたから寂しくなるわ。彼女は色んな側面があって面白かったから」と、エマ役に別れを告げる寂しさを覗かせていた。

一方でジェイマは、米CBSの新作シットコム『The Millers』でメインキャストのデビー役に決定し、すでにオンエアがスタートしている。本作は、デビーと兄ネイサン(ウィル・アーネット『30 ROCK/サーティー・ロック』)の両親が別居することになり、両親がそれぞれデビーとネイサンの家に居候することで二人の生活がかき乱されてしまう、というファミリーコメディだ。「(シットコムだから)観客からエネルギーを感じるし、観客を前に演じるのはドキドキして緊張するわ。それに親が家に転がり込んでくるなんて、普通の設定とは逆だから面白いって思う。私も自分の両親の前だと子どもになっちゃうし、この作品を通して家族への思いを伝えたいわ」。歌にダンスに、と様々な技量が要求された『glee』とは、ひと味違うチャレンジを楽しんでいるようだ。

『The Millers』は米CBSにて木曜20:30より放送中。(海外ドラマNAVI)


Photo:ジェイマ・メイズ
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

今までトラブルとは無縁と思われていた好青年スターのザック・エフロンが、薬物依存のためリハビリ施設入りし、先月タブロイド誌を賑わせたことは記憶に新しい。そんなザックが、昨年3カ月ほど付き合った女優のリリー・コリンズ(『白雪姫と鏡の女王』)とハリウッドで一緒に映画館から出て来るところをパパラッチされ、復活愛では!?とのウワサが立っている。

【関連記事】 映画『ニューイヤーズ・イブ』出演ザック・エフロン"ほぼまるごと"インタビュー

米E!Onlineによると、2012年6月に別れたとされているザックとリリーだが、二人に近しい情報筋によると、「二人は真剣に付き合あっていたわけではなく、関係はカジュアルなものだったから"別れた"という言い方は大げさかもしれない。何かが始まってたわけじゃないから、終わったわけでもない」とのこと。同年7月、リリーは映画『The Mortal Instruments: City of Bones』で共演したジェイミー・キャンベル・バウアーと交際を開始したが、今年8月に破局。フリーになったリリーとリハビリを終えてクリーンになったザックが、気心が知れた相手と出かけただけの可能性もあれば、"終わったわけでもない関係"が再燃した可能性もある!?

ローズ・バーン(『ダメージ』)、セス・ローゲン(『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』)らと共演したコメディ映画『Neighbors』とロマンティックコメディ映画『That Awkward Moment』が待機中のザックは、私生活のトラブルを乗り越えたばかり。仕事に専念したいと語っていたザックを応援しつつ、リリーとの関係も見守りたい。(海外ドラマNAVI)


Photo:ザック・エフロン(左)とリリー・コリンズ(右)
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

恋に仕事に全力投球の主人公が共感を呼ぶ、ハートウォーミングな法廷ドラマ『私はラブ・リーガル』。新シーズンとなるシーズン4がWOWOWプライムにて、11月21日(木)より放送スタートする。

【関連特集】海外ドラマNAVI的"ポジティブ系"パワープッシュドラマ! 『私はラブ・リーガル』リリース記念特集!!

交通事故死したモデル志望の主人公の魂が、ビッグサイズの女弁護士の身体に入ってしまった...! ファンタジーとラブコメディーの要素をふんだんに盛り込みながらも、アメリカの現代の司法事情をリアルに描く本シリーズ。観る者が共感し、涙し、元気をもらえるドラマだ。シーズン4での打ち切りの決定が覆り、晴れてシーズン5の制作が決定したことは以前NAVIでもお伝えしたとおり。本シーズンの最終回では、276万人もの視聴者数を記録し、全米中にドラマの人気を証明した。

デビーの元婚約者のグレイソン(ジャクソン・ハースト)とステイシー(エイプリル・ボールビー)のキスを目撃してしまったジェーン(ブルック・エリオット)は、すべてを投げ出しイタリアへ旅立った。ジェーンの恋人オーウェン(レックス・メドリン)も同行し、2人はイタリアで幸せな毎日を送っていたが、突然現われたアシスタントのテリー(マーガレット・チョー)から復帰を説得され、ロスに帰ることに。一方、ステイシーから「ジェーンはデビー」だと聞いたグレイソンは、ついにジェーンを意識し始める。ジェーンの帰りを待ち望み、空港に迎えに行くが、そこにはオーウェンとキスする幸せそうなジェーンがいた...。

登場人物の恋愛模様に加え、ジェーンの"魂"の行方も気になるストーリー展開から、最初から最後まで目が離せない。なお、お騒がせセレブのキム・カ―ダシアンが恋愛教祖役としてゲスト出演することにも注目だ。

『私はラブ・リーガル』シーズン4(二カ国語放送)は、WOWOWプライムにて、11月21日(木)23:00から第1話無料放送。(海外ドラマNAVI)


Photo:『私はラブ・リーガル3』
(c) 2011 CPT Holdings, Inc. All Rights Reserved.

失踪した少女アリソン(サーシャ・ピーターズ)の謎を追うガールズ・ミステリー『プリティ・リトル・ライアーズ』(以下『PLL』)のスピンオフ版『Ravenswood』が、今月から米ABC Familyにて放送スタートする。『PLL』のハンナ役でお馴染みのアシュレイ・ベンソンが、このスピンオフ版にゲスト出演することがわかった。

【関連特集】『プリティ・リトル・ライアーズ』特集・BSの新チャンネル、「Dlife」の魅力を大解剖!

『Ravenswood』は、『PLL』の舞台となるローズウッドからそれ程遠くない、何世代にもわたり破壊的な呪いに苦しめられてきた街Ravenswoodを中心に描かれる超常現象ドラマだ。物語の主要人物となる5人が、命が犠牲になりかねない呪いによってお互いが結び付き、それぞれ危険から逃れるためには街の謎と暗い歴史を探る必要があることを知る...。

米The Hollywood Reporterによると、本作の第5話でハンナは、Ravenswoodにいる彼女の恋人ケイレブ(タイラー・ブラックバーン)と電話で話をするシーンに登場することのこと。『PLL』のシーズン4第6話で、スペンサー(トローヤン・ベリサリオ)とトビー(キーガン・アレン)がアリソンの手がかりを追うシーンでRavenswoodがすでに登場しており、10月22日(火)に放送予定の『PLL』ハロウィン特別エピソードでも、ケイレブがRavenswoodへ向かい、スピンオフ版の舞台が紹介される予定だ。

『Ravenswood』は、米ABC Familyにて10月22日(火)20:00にオンエアされる『PLL』ハロウィン・エピソードのあと、21:00より放送がスタート。(海外ドラマNAVI)


Photo:アシュレイ・ベンソン
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

ジュディ・ガーランド主演のミュージカル映画『オズの魔法使』(1939年)が製作75周年を迎えたことから、アメリカのTV業界では四つの「オズ」関連ドラマ企画が動いていることはすでにお伝えしたとおり。驚いたことに、さらに五つ目の企画の存在が明らかになった。

【関連記事】<アメリカのTV局に潜入!企画>まさに女性のためのTV局、LifetimeTV

米Lifetime局が立ち上げた、この『Red Brick Road』という企画は、『デクスター 警察官は殺人鬼』にプロデューサーとして携わったティモシー・シュラットマンが脚本を手がけている。映画『オズの魔法使』では、主人公のドロシーがエメラルド・シティに向かうため"黄色いレンガ道"をたどっていたが、その足下には"赤いレンガ道"も隣り合って存在していた。誰も目に留めなかったその道をたどったらどこに通じるのか...?というアイデアが、発想のもとになっている。行方知れずとなった友人たちを探しに再び旅に出たドロシーは、最も歴史が古く、ダークで危険な領域にいざなわれていくことに。『ゲーム・オブ・スローンズ』のように、エッジの立った作風で描かれるということだ。

なお、これまでに明らかになっている企画としては、「オズ」の物語をやはりダークにリメイクする米NBCの『Emerald City』、医療メロドラマにアレンジする米CBSの『Dorothy』、未来の終末世界が舞台となる米Syfyのミニシリーズ『Warriors Of Oz』、ドロシーが絶対君主としてオズの世界に君臨する『Dorothy Must Die』がある。そして今回の『Red Brick Road』は決して新参ではなく、上記の企画が明らかになった今年の夏よりもずっと前、すでに2月の時点で、アーティストのロブ・プリオーなどにより発案されたものだったとか。

今年2月に公開されたディズニー映画『オズ はじまりの戦い』がヒットしたことにくわえ、11月には『オズの魔法使』3D版がリリースされるなど、これからも「オズ」世界への関心は高まっていきそうだ。(海外ドラマNAVI)

アメリカでシーズン4がスタートしたばかりの『ウォーキング・デッド』。同シーズンに、新しいレギュラーキャラクターが二人加わることになった。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』シーズン4に新たな女性レギュラーを投入か

オタクの祭典「ニューヨーク・コミコン」のパネルトークで明らかにされたところによると、その新キャラクターとは、スポーツコーチで元陸軍軍曹の〈エイブラハム・フォード〉と、元高校教師の〈ユージン・ポーター博士〉。それぞれ、マイケル・カドリッツ(『バンド・オブ・ブラザース』『サウスランド』)と、元コメディアンのジョシュ・マクダーミットが演じる。パネルトークでは、エイブラハム役のマイケル本人が登場するというサプライズも用意された。

これらのキャラクターは、原作コミックでは第53号で初登場している。女性のロシータと三人でワシントンDCに向かう途中、リック率いる生存者たちと遭遇し、エイブラハムはのちにリックの右腕となることに。また、ユージンは自称・科学者で、ゾンビの発生原因を知っていると言い張っている、という設定だった。

なお、すでにお伝えしたように、準レギュラーキャラクターとなるロシータは、『トワイライト』シリーズのアンジェラ役で知られるクリスチャン・セラトスが演じることになっている。

ショーランナーのスコット・ギンプルは、三人のキャラクターについて、「コミックで描かれた物語の一つのバージョンをやることになる。僕は彼らが大のお気に入りなんだ。番組で今までやってきたのとは趣きがかなり違っているからね」と話している。

また、エイブラハムを演じるマイケル本人によれば、撮影ロケ地付近で姿を見られたら何の役を演じているのか容易に推測されてしまうため、ホテルの近くに滞在し、共演者とは一緒にいないようにしていたのだとか。いずれにせよ、番組に新風を吹き込む三人の登場を楽しみに待ちたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:マイケル・カドリッツ
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

米Lifetimeの人気法廷コメディ『私はラブ・リーガル』でグレイソン役を演じているジャクソン・ハーストが、先週の月曜日、交際中の女優ステイシー・スターツと婚約をしたと米Us Weeklyが伝えた。婚約直後に撮影された幸せいっぱいの二人の写真も公開し、ステイシーの左手の薬指にはラウンドカットのダイヤモンドの指輪が光っていた。婚約直後の二人は、現在ワシントンDCでの滞在を満喫中とのことだ。

【関連記事】お疲れ気味のあなたに・・・『私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva』に見る"ポジティブ系ドラマ"の条件

ジャクソンは、二人が初めて4年以上前にデートをした場所でプロポーズ。彼はツイッターで、「紳士淑女の皆さん、ここに発表できることを光栄に思います。彼女は"イエス"と言ってくれました!#luckiestguyintheworld(世界で一番ラッキーな男)」と喜びの報告をしている。それに対し、ステイシーは"#happiestgirlever(最高にハッピーな女の子)"とハッシュタグをつけて返信。「夢にまで見たすばらしい人であり、親友であり、ソウルメイトでもある彼と結婚するわ。心から愛してる」とツイートした。

実は、ステイシーは今週アメリカで放送された『私はラブ・リーガル』シーズン5第10話にゲスト出演を果たし、ジャクソンと共演したのだとか。グレイソンが弁護する男性の婚約者として出演した模様。日本でのオンエアが楽しみだ!(海外ドラマNAVI)

最近の海外ドラマでは『ザ・フォロイング』のケヴィン・ベーコンなど、ハリウッド映画俳優の出演が相次いでいるが、いよいよ、かつてのラブコメ女王であるメグ・ライアンまでもが、TV界に進出するようだ。

【関連記事】なぜ?映画界の大物がドラマ界へ進出する理由とは

米TV Guideによると、メグが出演するのは米NBCのコメディドラマ。かつてニューヨークで優秀な編集者だったシングルマザー(メグ)が、元の編集社に復帰しようと決意するが、こともあろうに上司は、かつて彼女の下でインターン(見習い)をしていた男性で......というストーリーになるらしい。

メグは製作総指揮も兼任し、『デンジャラス・ビューティー』の監督、マーク・ローレンスが脚本・製作総指揮者として参加する。

実はメグの出発点はTVドラマ。80年代にテレビドラマで活躍し、それから映画界に進出。1989年の映画『恋人たちの予感』がヒットして、『めぐり逢えたら』『ユー・ガット・メール』などに出演し、ラブコメ女王として不動の人気を得た。しかし最近では、なかなか作品に恵まれず、映画界では苦戦。存在感を失いつつあった。そこでテレビ界へと活動の視野を広げたようだ。TV界に出戻ってきたメグが、もう一度、一花咲かせることができるのか注目が集まる。(海外ドラマNAVI)

Photo:メグ・ライアン
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

『ビバリーヒルズ高校白書』『ビバリーヒルズ青春白書』のドナことトリ・スペリングと、ケリーことジェニー・ガースが、新たに製作されるコメディ・ドラマ『Mystery Girls』で再共演を果たすことが明らかになった。

【関連記事】【ゴシップ辛口ナナメ読み】祝! 表紙 トリ・スペリングのウフフな悩み

トリが演じるのは、90年代の人気ミステリー番組"Mystery Girls"のスターのホリー、そしてジェニーが演じるのはその元共演者のチャーリー。2人は、ある事件の証人が"Mystery Girls"のキャストにしか証言しないと言い出したことで事件に巻き込まれることになる。ホリーはかつての名声を取り戻すため、自分の演技力と犯罪に関する"経験"を生かして探偵事務所を開こうと考えるようになり、現在は主婦になったチャーリーはそんなホリーに巻き込まれていく。

2人は本作のパイロット版の製作総指揮も兼ねることになり、撮影は11月に始まる。米Us Weeklyによれば、トリはさらに、シェパード・バウチャー(『Men at Work』)とともに脚本も手がけているとのこと。

トリとジェニーは『ビバヒル』で10年間共演をしており、最近ではリブートされた『新ビバリーヒルズ青春白書』でも自身の演じていた、ドナとケリー役で共演を果たしている。

実際に『ビバヒル』の共演者だった2人が、"かつての共演者"という役どころで出演することになる本作が、どのような仕上がりになるのか楽しみだ。(海外ドラマNAVI)


Photo:トリ・スペリングとジェニー・ガース
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net
(c)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

アメリカで1974年から78年にかけて、5シーズンが放映された人気SFアクションシリーズ『600万ドルの男(サイボーグ危機一髪)』。その新シーズンと銘打ったコミックが、アメリカで刊行されることになった。

【関連記事】タイムマシンde過去ドラマ『地上最強の美女 バイオニック・ジェミー』

リー・メジャースが主演を務めた『600万ドルの男』は、テスト飛行中の事故で重傷を負い、左眼・右腕・両足を強化した改造人間となった主人公、スティーブ・オースティン(リー・メジャース)の活躍を描くドラマ。日本でも広川太一郎の吹き替えで人気を博した。また、スピンオフとして『地上最強の美女バイオニック・ジェミー』が生まれるなど、一大ムーブメントを引き起こしたことでも知られる。

その放映終了から35年の歳月をへて、『The Six Million Dollar Man: Season 6』と題したコミックが、米ダイナマイト・エンターテインメントから刊行されることになった。ライターのジェームズ・クホリックによれば、番組でお馴染みになったスローモーション効果や音響効果を含め、放送当時の雰囲気を再現するべく格別の努力を払っているとのこと。また、トイとして商品化されたにもかかわらずTVシリーズには登場しなかったキャラクターを悪役にすえる、といった工夫も凝らしているそうだ。

カバーアートは人気アーティストのアレックス・ロスが担当。番組生誕40周年を迎える2014年の2月から月刊ペースで、店頭販売とデジタル配信をおこなっていく。

これまでにも『Xファイル』や『バフィー ~恋する十字架~』、『ジェリコ 閉ざされた街』など、放映が終了したドラマの"新シーズン"という設定でコミックが刊行された例はあるが、今回は70年代ドラマを題材にしたとあって、注目を浴びそうだ。(海外ドラマNAVI)


Photo:主人公スティーブ・オースティンを演じたリー・メジャース&フェイス・メジャース夫妻
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

全米大ヒット・コメディ『シェイムレス 俺たちに恥はない』で問題児の美少女、カレン役を演じたローラ・ウィギンズが、来年2月から米CBSで放送開始予定の『Intelligence』に出演することが明らかになった。

【関連特集】いまさら!?これから!見ちゃえばいいじゃない!!CSI:シリーズNAVI的大解剖!

本作は、脳に特殊なマイクロチップを埋め込んだエージェント、ガブリエル・ヴォーンを中心とした、NSA(アメリカ国家安全保障局)のサイバー部隊の活躍が描かれたアクション・スリラー。主人公ガブリエルを演じるのは『LOST』のジョシュ・ホロウェイ、そしてその上司リリアン役として『CSI:科学捜査班』のマージ・ヘルゲンバーガーが出演している。

ローラの演じる役どころは、リリアンの娘レベッカ。2人の母娘関係はあまり上手くいっておらず、リリアンは何とかして娘とかかわりを持とうと努力している、という設定のようだ。さらに、マージによれば「レベッカと私の演じるリリアンはまったくの正反対のキャラクター」になるとのこと。

マージは、これまでにレギュラー出演してきたドラマ・シリーズ『CSI』と『チャイナ・ビーチ』で娘を持つ母親役を演じてきている。これについては、マージ自身も「なぜだか、いつも娘がいるのよね」と、不思議に思っているようだ。

ローラが演じるレベッカが、今後どの程度シリーズに登場するのかは明らかになっていないが、マージも「(製作陣が)どの程度、ローラを登場させる予定かはわからない。けれど、彼女はとても可愛い女優さんで、共演するのはとても楽しいわ」と再登場を期待していること認めている。

『Intelligence』は米CBSにて、2014年2月24日放送予定となっている。(海外ドラマNAVI)


Photo:ローラ・ウィギンズ
(c)Manae Nishiyama/www.HollywoodNewsWire.net

米NBCがスウェーデンの人気コメディシリーズ『Welcome to Sweden』の放送権を獲得したと米Deadlineが伝えた。

【関連特集】超人気ドラマが大激突!!アメリカのTV業界最大の祭典第65回エミー賞

『Wecome~』は、スウェーデンのネットワーク局で初めて放送された英語のシリーズ番組。人気コメディ『Parks and Recreation』で主演兼プロデューサーを務めるエイミー・ポーラーが弟グレッグと初めて姉弟で共同製作した。物語は、グレッグの半自伝的ストーリーで、グレッグ自身が主演している。

グレッグ演じるブルースは、ニューヨークで会計士として働いている。ある日、スウェーデン人のエミーを好きになり、スウェーデンまで彼女を追ってやって来るのだが――。

同作では、ジェニファー・ガーナ―主演の大ヒットドラマ『エイリアス』でイリーナ・デレフコを演じたレナ・オリンが、エミーの母親役を務め、ブルースの両親役を、ドラマ『アグリー・ベティ』や映画『グッドフェローズ』のイリアナ・ダグラスとドラマ『ダラス』のパトリック・ダフィーが演じた。

アメリカ放送では、エイミーのカメオ出演も予定され、他にも人気コメディ俳優のウィル・フェレル(映画『俺達ステップ・ブラザーズ』『プロデューサーズ』他)や米大御所ハード・ロックバンド、KISSのジーン・シモンズなどが登場するという。(海外ドラマNAVI)


Photo:エイミー・ポーラー
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

新米医師の成長を描いたドラマ『ハート・オブ・ディクシー ドクターハートの診療日記』でレモン役を演じるジェイミー・キングが、10月6(日)に第一子となる3265gの男の子を出産したことがわかった。

【関連特集】完全無料のBSテレビ局、それがDlife。海外ドラマの人気ジャンル「医療モノ」に注目! メディカル・ドラマ大特集

米E!Onlineによると、ジェイミーは、映画『ファンボーイズ』を監督したカイル・ニューマンとセットで出会い、2007年11月に結婚。今年5月に妊娠を発表し、赤ちゃんはジェイムズ・ナイト・ニューマンと名づけられた。

ジェイミーは、画像共有サイトInstagramに、アニメ映画『ライオン・キング』の有名なシーン、謎めいたヒヒのラフィキがプライド・ロックの上でシンバを掲げるシーンをアップし、ユーモアたっぷりに、「これが初めての赤ちゃんの写真よ!」とコメントを入れ、ベイビー誕生を報告している。夫のカイルは、「初めましてだね!妻も無事だし、本当に最高の気分だ!」とコメント付きで、赤ちゃんが自分の指を握っている写真をInstagramに載せ、夫婦そろって喜びでいっぱいの様子だ。

ロバート・ロドリゲス監督の映画『Sin City: A Dame to Kill For』も待機中のジェイミーが出演する『ハート・オブ・ディクシー』は、米CW局にてシーズン3が毎週月曜20:00から放送中。ママになったジェイミーのますますの活躍に期待したい!(海外ドラマNAVI)


Photo:ジェイミー・キング
(c)Manae Nishiyama/www.HollywoodNewsWire.net

スーパーマンの青春時代を描き大ヒットシリーズとなった『ヤング・スーパーマン』でスーパーガールのカーラ役を演じた、ローラ・ヴァンダーヴォートがスーパーパワーを持つ少女の新作ドラマ・シリーズを製作することが明らかになった。

【関連記事】『ヤング・スーパーマン』ってどんなドラマ!? 詳しくはココでチェック!

ドラマのタイトルは『Super Duper Deelia』(以下『Super~』)で、誕生日にスーパーパワーを手に入れたディリアという10歳の少女の冒険を描いた作品になるという。ディリアは新たに見つけた自分の能力をどのように利用するか、そして友だちや祖母、ペットのしゃべる犬のアドバイスをどのように受け止めるか悩むことになるという。

製作総指揮にも名を連ねることになるローラは、「私はおてんば娘で、お姫様もポニー(小馬)もピンク色も好きじゃなかったの。"スーパーガール"を演じた経験やファンたちの存在を考えると、私みたいな女の子たち向きのドラマを作るのは素晴らしいことだと思うわ」とコメントしている。

カナダの製作会社Shaftesbury(『リスナー 心を読む青い瞳』)が製作を行い、ローラの他には、ジョン・メイとスザンヌ・ボルシュ(カナダのドラマ・シリーズ『Connor Undercover』)、そしてクリスティナ・ジェニングス(『リスナー~』)が製作総指揮に携わることになる。(海外ドラマNAVI)

Photo:ローラ・ヴァンダーヴォート
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

『スタートレック:ヴォイジャー』のセブン・オブ・ナイン役で一躍有名になり、『ボストン・パブリック』『ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言』など出演を重ねてきたジェリー・ライアン。その彼女が、米Syfyで2014年1月にスタートするSFダークスリラー『Helix』に出演することになった。

【関連動画】『リベンジ』エミリー・ヴァンキャンプ来日&真田広之トークイベント!

『Helix』は、米疾病管理センターの科学者チームが、疫病発生の可能性を調査するため北極地方の研究施設を訪れ、人類絶滅を未然に食い止めるべく奮闘するというストーリー。ビリー・キャンベル(『4400 未知からの生還者』『THE KILLING ~闇に眠る美少女』)が科学者チームのリーダー〈アラン・ファラガット博士〉を、また、真田広之がウィルス研究計画の主任〈ヒロシ・ハタケ博士〉を演じる。

ジェリーが本作で演じるのは、研究施設を所有する企業の最高経営執行者で、美貌とカリスマ性に恵まれた〈コンスタンス・サットン〉。魅力と機知に富み、目的のためならどんな犠牲もいとわないという女性だ。ジェリーはこの役で複数回にわたり出演するという。

豪華な出演陣に加えて、『バトルスター・ギャラクティカ』のロナルド・D・ムーアが、久々に製作総指揮を務めるドラマということでも期待を集めている『Helix』。どんな仕上がりになるのか楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェリー・ライアンと真田広之
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

ユネスコによって毎年10月5日に認定されているWorld Teacher's Day(世界の教師の日)は、教育発展に対する教師の貢献への理解と認識を高めるために設けられたものだ。この日を記念して、"2013年の海外ドラマ界の最優秀教師TOP13"が発表され、1位に『ブレイキング・バッド』のウォルター・ホワイト先生が輝いた。

【関連記事】 第65回エミー賞、結果発表<ドラマ、コメディシリーズ部門>

トップ13は以下のとおり。

1.『ブレイキング・バッド』ウォルター・ホワイト先生(ブライアン・クランストン)

肺ガンを宣告された温厚な元化学教師ウォルターが、家族に遺産を残すべくドラッグの精製に手を染める。元化学教師だけに、ウォルターが化学の専門知識を披露するシーンが多い。

2.『glee』ウィル・シュースター先生(マシュー・モリソン)

スペイン語の先生なのにスペイン語を話さないシュースター先生は、授業シーンよりもグリー部を指導しているシーンが圧倒的に多い。

3.『glee』フィン・ハドソン(コーリー・モンテース)

正式な教師ではないが、ウィルの不在中にグリー部の顧問を引き受けたフィンは、教師の資格を取得するために大学へ進学する。

4.『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』ジェス・デイ先生(ズーイー・デシャネル)

小学校教師だったジェスは、シーズン2では失業してしまったがシーズン3で代理教師として再スタートを切ることになる。

5.『Community』クレイグ・ペルトン学部長(ジム・ラッシュ)

コミュニティ・カレッジの先生なのに授業のシーンがほとんどないペルトン先生は、派手な衣装やカツラが大好き。周りで起こる騒ぎの処理に長けている。

6.『ヴァンパイア・ダイアリーズ』アラリック・サルツマン先生(マット・デイヴィス)

ミスティック・フォールズで歴史教師として高校で勤務していたアラリックは、ヴァンパイア・ハンターでもある。

7.『ママと恋に落ちるまで』リリー・アルドリン先生 (アリソン・ハニガン )

現在はアートバイヤーだが、元は幼稚園の先生だった。

8.『Hannibal』ウィル・グラハム教授(ヒュー・ダンシー)

連続殺人犯を追いかけていない時、ウィルは大学の教授だ。

9.『モダン・ファミリー』キャメロン・プリチェット(エリック・ストーンストリート)

専業主夫だったキャメロンは、元アメフト選手だった経験を生かして、アメフトコーチか体育教師の仕事を求職中。

10.『The Michael J. Fox Show』アニー・ヘンリー先生(ベッツィ・ブラント)

夫マイクがパーキンソン病のためニュースキャスターの仕事を退職して以来、アニーが高校の国語教師として家計を支えてきた。

11.『ワンス・アポン・ア・タイム』メアリー・マーガレット先生(ジニファー・グッドウィン)

メアリーは、魔の手から世界を救っていない時は小学校の担任教師。

12.『Sleepy Hollow』イカボッド・クレーン教授(トム・マイソン)

250年の時を経て過去から現代社会に蘇る前、イカボッドはオックスフォード大学の教授だった。

13.『アメリカン・ダンシングスター』ビル・ナイ

90年代にテレビ科学番組で人気を博したビルは、『アメリカン・ダンシングスター』でも踊るだけでなく科学の知識も披露している。

よくよく見ると、教師の仕事よりそれ以外のほうが熱心な方もいるような...!? ともあれ、選ばれた皆さん、おめでとうございます。(海外ドラマNAVI)


Photo:1位ブライアン・クランストン(左)、4位ズーイー・デシャネル(右)
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net
(c)Yoko Maegawa/www.HollywoodNewsWire.net

7月に急逝したコーリー・モンテース(フィン)の死を悼み、シーズン5の第3話で追悼エピソードが放送される『glee/グリー』。このエピソードで、私生活でも恋人だった共演者のリー・ミシェル(レイチェル)が歌う曲が明らかになり、その歌声がオンラインで丸ごと公開された。

【関連記事】〈コーリー・モンテース追悼〉『glee』撮影現場、ある1日の回想...

(以下、本エピソードでの楽曲について触れています。オンライン公開されてはおりますが、一応ネタばれとさせていただきました。)


リーがカバーする曲は、ボブ・デュランの「Make You Feel My Love」。ビリー・ジョエルやアデルもカバーしているこの曲を、コーリーを失った深い悲しみをぶつけるように歌っているリー。涙なくしては聞けない彼女の歌声は、放送に先がけて、現在YouTubeに「Make You Feel My Love (Glee Cast Version)」と題したフルバージョンがアップされている。

この追悼エピソードのタイトルは「The Quarterback」。リーの他にも、コーリーの死を心から悼むパフォーマンスが盛りだくさんだ。ナヤ・リヴェラ(サンタナ)はザ・バンド・ペリーの「If I Die Young」を、コード・オーバーストリート(サム)とケビン・マクヘイル(アーティ)はジェームス・テイラーの「Fire & Rain」、マーク・サリング(ノア)はブルース・スプリングスティーンの「No Surrender」をカバーする。

クリエイターのライアン・マーフィーは、各パフォーマンスには演技を超えた本物の悲しみが詰まっているという。「このエピソードのほとんどすべてが、それぞれのパフォーマンスのファーストテイクを使用したものだ」と明かしたマーフィー。出演者にとっても、スタッフにとっても、つらい撮影となったそうで、涙が止まらず、撮影が中断される場面もあったとのこと。

コーリーへ愛を捧げ、冥福を祈るために、出演者とスタッフが深い悲しみを乗り越えて作り上げたエピソードは、アメリカで10月10日に放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:リー・ミシェル
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

"宇宙の賞金稼ぎ"を主人公とした新作ドラマ『Killjoys』の製作に、カナダのSpace局がゴーサインを出した。

【関連記事】『Killjoys』の製作をテンプルストリートはこの作品も手掛けています!『Orphan Black』

『Killjoys』は、はるか彼方の銀河系を舞台に、指名手配犯を追跡する「キルジョイ」と呼ばれる賞金稼ぎの活躍を描く作品。トップクラスの賞金稼ぎでダッチと呼ばれる女性と、争い事を好まないパートナー、ジョン・ザ・バスタードがメインキャラクターとなる。宇宙を舞台にする一方で、ストーリーや会話シーンを重視し、恋の三角関係も織り交ぜたキャラクタードラマに仕上げることで、SFファン以外にもアピールしていくという。

クリエイター/脚本家は、米Syfyでも人気を集める『Lost Girl』を手がけたミシェル・ロブレッタ。さらに、製作を担うインディペンデント系の製作会社テンプルストリートは、クローンを題材にした現代サスペンスドラマ『Orphan Black』で今年話題を巻き起こしている。

10話編成のシーズンが2014年に放映される予定。北米で久々に作られる宇宙SFドラマの新作が、どのような仕上がりになるのか楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

犯罪捜査ミステリー『THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル』で、ウェイン・リグスビーを演じるオーウェン・イオマンが、先月結婚していたことが明らかとなった。

【関連特集】パトリック・ジェーンvsレッド・ジョン 直接対決記念!『メンタリスト』3rd SEASON

オーウェンは、イギリス版本家の『The Office』に出演していたルーシー・デイヴィスと4年間の結婚生活の後、2011年に離婚。今回が2度目の結婚となる。

米E!Onlineによると、9月7日(土)、オーウェンはジュエリーデザイナーの恋人ジジ・ヤロウズさんとカリフォルニア州マリブで結婚式を挙げた。昨年10月、ジジさんにプロポーズしたオーウェンは、愛犬のキャッシュに"結婚してくれますか?"と書いたカードを下げさせて、プロポーズを手伝ってもらったことを明かしている。プロポーズのみならず、結婚式でもオーウェンと共にヴァージンロードを歩いて大活躍したキャッシュは、オーウェンよりも注目を浴びていたそうだ。

同サイトのインタビューでオーウェンは、「ジジは最高のパートナーだ。僕の親友ですごく楽しい人だし、本当に優しくて才能に溢れているんだ。(僕が)厳しい業界にいるから、論理的で穏やかな性格な彼女と一緒にいるとバランスが取れるんだよ。彼女は僕のソウルメイトさ」と妻について語っている。

残念ながらオーウェンは、『メンタリスト』のシーズン6でリグズビー役を降板することになってしまったが、私生活で新しい門出を迎えた今、キャリアにおいても新境地を開いて活躍することを期待したい。おめでとう、オーウェン!(海外ドラマNAVI)

Photo:オーウェン・イオマン
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

『ザット '70s ショー』のエリック役で知られるトファー・グレイスとアメリカで大人気のコメディエンヌのサラ・シルバーマンが、米HBOのパイロット『People in New Jersey』で共演することが明らかとなった。

【関連記事】日本に上陸してほしいコメディ! 気軽に楽しめる30分シットコムのススメ

米TV Lineによると、『People in New Jersey』は、ニュージャージーに住む姉弟の目を通して、おかしくも辛口な切り口で人生が語られる30分枠のコメディだ。トファーが演じる鍵屋カール・レヴィンは、愛想は良いが物事や人に対して固定観念を持ち、世間と自分の世界観が合わないと激しく反発してしまう性格だとのこと。サラが演じるデパート勤務の姉メラニーは、"野心的な隠れ楽観主義者"で、ある男性と中途半端な恋愛関係にある。そして夫を亡くして以来、心の行き場を失った二人の母親レイチェルをブロードウェイの大女優パティ・ルポーンが演じ、全く落ち着く気配のない息子と娘の心配ばかりしている...と、コメディタッチでかなり複雑な家族模様が描かれるようだ。

本作の制作総指揮には、脚本のブルース・エリック・カプラン(『シックス・フィート・アンダー』)とローン・マイケルズ(『サタデー・ナイト・ライブ』)、監督のポール・フェイグ(『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』)らが名を連ねるという。

女優としても活躍するサラは、『名探偵モンク』や『The League』などのドラマにゲスト出演し、トファーはロバート・デ・ニーロ、スーザン・サランドンら大物俳優と共演したコメディ映画『グリフィン家のウエディングノート』が11月29日(金)から日本で上映される。(海外ドラマNAVI)

Photo:トファー・グレイス
(c)Manae Nishiyama /www.HollywoodNewsWire.net

ABCの人気サスペンス『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き』で主人公リック・キャッスルを演じるネイサン・フィリオンが、NBCのシットコム『Community』シーズン5にゲスト出演することがわかった。Deadline Hollywoodが報じている。

【関連特集】作品を愛してやまない"キャサリン"が教える、『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿』の面白さ!

『Community』は、コミュニティ・カレッジを舞台に風変わりな生徒たちが繰り広げる群像コメディ。ネイサンが演じるのは用務員のボブ役で、エピソードはおそらく2014年初め頃にオンエアされる模様だ。

ネイサンはかねてより『Community』が大好きで、去年はついに念願のスタジオ訪問も果たしたほどの熱心なファン。訪問の当日、ネイサンはSNSサイトにキャストとのグループショットを投稿し、「コミュニティ・ファンの夢がかなったよ!」と大はしゃぎだったという。またネイサンは、1998年から4年続いたコメディ『ふたりの男とひとりの女』を振り出しにTV界に進出しただけに、軽妙なコメディ・センスには定評があるとされている。

現在、ネイサンが主演する『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き』は、お茶目なミステリー作家が美人刑事と犯罪捜査に挑む人気サスペンス。同シリーズはアメリカでシーズン6が放送中。日本でもFOXチャンネルにてシーズン4(字幕版)をほぼ連日、深夜に放送中だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ネイサン・フィリオン
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

モンスターハントの能力を持つグリム一族の末裔が、現代の世界で活躍するダーク・ファンタジー・ドラマ『GRIMM/グリム』。まもなく米NBCにスタートするシーズン3に、映画『ドリームガールズ』のシャロン・リールが出演することが決まった。

【関連特集】グリム童話をベースにした、新感覚ダーク・サスペンス!「GRIMM/グリム」の魅力に迫る!

(以下、シーズン2のネタばれが含まれます。ご注意ください)


米TV LINEによれば、シャロンが演じるのは才色兼備でミステリアスな女性ズーリ・エリス。ハンク(ラッセル・ホーンズビー)の恋のお相手候補でもあるという。ハンクは、シーズン2で休暇中に元妻のナディアとの旅行先でアキレス腱を傷めてしまっていた。ズーリはその治療に、約2か月間付き添うことになる理学療法士という役どころになるようだ。

製作総指揮のデヴィッド・グリーンウォルトとジム・カウフによれば、ハンクはシーズン3ではおとぎ話の生き物と関わることになるというが、シャロン演じるズーリが"魔物"の一人なのだろうか? グリーンウォルトによれば「ハンクにはどこかロマンティックなところがあるんだ。それが"魔物"の恋人ということになるのかどうかは、まだわからないけれど...」とのこと。

『GRIMM/グリム』シーズン3は、米NBCにて10月25日(金)にスタート。日本では、シーズン1がスーパー!ドラマTVにて毎週火曜22:00~放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:シャノン・リール
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

コーエン兄弟(ジョエル&イーサン・コーエン)が1996年に監督した映画『ファーゴ』が、全10話のTVドラマシリーズとして製作されることは、先日お伝えしたとおり。出演はビリー・ボブ・ソーントン、『SHERLOCK シャーロック』のマーティン・フリーマンなど個性派俳優の出演が決まり、期待が高まるなかで、さらに今回、コリン・ハンクスの出演が決定した。

【関連特集】コリンも出演していた『デクスター ~警察官は殺人鬼』はこんなドラマです!!

米Hollywood Reporterによると、コリンが演じるのはガスという警察本部長補佐役。シングルファーザーという設定で、殺人犯と直面しながら、自分の身の安全か、それとも警察官としての職務を遂行するか選択を迫られることになるという。

コリンはトム・ハンクスを父に持つ俳優で、『デクスター ~警察官は殺人鬼』や『MADMEN マッドメン』『ロズウェル/星の恋人たち』などのドラマに出演している。

ドラマの撮影は10月の終わりから始まり、来年の春に米FXで放送される予定。コーエン兄弟は製作総指揮を務め、第1話の監督は『ブレイキング・バッド』など数多くのドラマを手がけたアダム・バーンスタインが担当する。(海外ドラマNAVI)

Photo:コリン・ハンクス
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

つい2日前の10月5日(土)、第2子となる男児を出産したアカデミー賞女優ハル・ベリーが、スティーヴン・スピルバーグ製作の新作SFドラマシリーズに出演することになった。

米Entertainment Weeklyによると、ドラマのタイトルは『Extant』で、ハルは宇宙飛行士を演じる。単独で1年間を宇宙で過ごした宇宙飛行士(ハル)が地球に帰還し、夫と息子との生活を再開する。しかし宇宙での体験が、人間の歴史を変える出来事につながっていくというストーリーだ。

スピルバーグは「この役を演じられるのは、ハルだけだ。彼女が自身の輝かしいキャリアに、新たに『Extant』を選んでくれて光栄だ。ハルの演技は、キャラクターに深い信憑性を与える。一緒に仕事をするのが、とても楽しみだ」とコメントを発表した。

そしてハルも「常に素晴らしい役を探していた。このドラマは傑作になると強く感じさせ、精緻で複雑な内容でもある。メディアの反応がどうであっても、出たくなった。これから1年のうち5か月間は、とても知的で繊細な女性を演じる。残りの7か月は、今回のように魅力のある役を探すわ」と声明を出した。

『Extant』は来年の夏に米CBSで放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:Wで素敵なニュースですね! ハル・ベリー(写真はまだお腹に赤ちゃんがいた頃です)
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

壮大な大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』でティリオン・ラニスター役を演じているピーター・ディンクレイジが、マーベル・コミック映画のシリーズ最新作『X-Men: Days of Future Past(原題)』に悪役として出演することがわかった。初のアメコミ映画に臨む思いをピーターが語った。

【関連記事】お子様は対象外! ついに日本初上陸する『ゲーム・オブ・スローンズ』は大人がじっくり楽しめる重厚なファンタジードラマ

ピーターが演じるのは、強大なロボット軍団「センチネル」を開発する科学者、ボリバー・トラスク。ミュータントたちを人類への脅威とみなすトラスクは、センチネルを開発してミュータント・チーム「X-メン」の撲滅を図る。

ピーターは米Entertainment Weeklyに対し、「トラスクを悪役に仕立て上げたくなかった」と役について語っている。「彼は科学者であり、発明家として名を成した人物。自分の行いを正しいと信じて行動したはずだ。もちろん野心家だし、傲慢な人間だよ。でも彼は生涯、ある種の名声と注目を求めていたんだと思う」と熱弁。トラスクは"人類をミュータントから守った英雄"になりたかっただけだと自身の解釈を展開した。すでに『X−メン』の撮影はスタートしている。

『ゲーム・オブ・スローンズ』では貴公子ティリオンに扮し、慈悲深さと残虐性を併せ持つキャラクターを見事に演じるピーター。一癖も二癖もある実力派俳優がアメコミ・ヒーロー映画にどのような深みをもたらすのか、今から楽しみだ。

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン4は2014年春より米HBOにて放送予定。また『X-Men: Days of Future Past』は2014年5月23日に全米公開予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ピーター・ディンクレイジ
(c)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

米国にて9月中旬にシーズン1プレミアが放送されたばかりの米FOX『Sleepy Hollow』が早くも3回オンエアでシーズン2製作が決定した。

【関連記事】LAスクリーニング2013 海外ドラマNAVI編集部が観た!最新&注目の海外ドラマまるごとご紹介! 

好調な滑り出しをみせた『Sleepy Hollow』は作家ワシントン・アーヴィングの短編小説『スリーピー・ホロウの伝説』をもとに脚色したドラマ。
トム・マイソン(『砂漠でサーモン・フィッシング』)演じるイカボッド・クレインが250年の時を経て過去から現代社会によみがえり、ニコール・ベハリー(『42~世界を変えた男』)演じる警部補アビー・ミルズとミステリーを解決していくストーリーで、ファンタジー、アドベンチャー、アクションすべての要素を楽しめる作品だ。

米FOX TV社長のケヴィン・ライリーは「すばらしい出演者たちと創造性あふれる脚本すべてが一緒になってTV史上、他に例を見ない衝撃的なドラマとなっている。今後放送のシーズン1の残りのエピソードももちろん、来年放送のシーズン2もファンに盛り沢山の内容を提供できることを待ち切れないよ」と語っている。

シーズン1および2ともに全13話製作を予定している『Sleepy Hollow』は、シーズン1プレミアで視聴者数1360万人を記録して、FOX TVにとって2001年放送の『24 -TWENTY FOUR-』シーズン1プレミア以来の高視聴率となり話題になっている。(海外ドラマNAVI)

大人気シリーズ『24 -TWENTY FOUR-』の続編として製作中の『24: Live Another Day』がヨーロッパを舞台に英国ロンドンで撮影されることが決定した。

【関連記事】【『TOUCH/タッチ』主演 キーファー・サザーランドに突撃インタビュー!】

主役ジャック・バウアーを演じ、製作総指揮者のひとりでもあるキーファー・サザーランドは「『24 -TWENTY FOUR-』はいつだって国際感覚あふれるドラマだった。視聴者を興奮させる独特な『24』形式のストーリー進行に合わせて、美しいヨーロッパの歴史と建造物を背景にすることで、さらに皆を魅了させるドラマとなるよ。この続編もファンが毎回観終わったときに、手に汗を握るワクワク感でいっぱいになることを希望しているよ」と語っている。

そして同じく製作総指揮者でショーランナーのエヴァン・カッツは「続編で再び戻ってくることを"ひとつの大事なイベント"として考え、ジャック・バウアーを今までとは全く違う立場に置きたかったんだ。『24 -TWENTY FOUR-』シリーズ・フィナーレでジャックは逃亡者となったが、4年後となる今回はロンドンで彼が生息しているという設定だ」と語り、さらにショーランナーのマニー・コトも「今まで『24 -TWENTY FOUR-』はニューヨーク、ワシントンD.C.、ロサンゼルス、南アフリカ共和国のケープ・タウンでロケ撮影してきた。今度はロンドンが舞台だ。ジャックは悪者を追跡して、彼自身も追跡されることになるよ」と話している。
『24: Live Another Day』全12話は米国にて来夏放送を予定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:キーファー・サザーランド

イギリスの映画雑誌Empireが「最もセクシーな映画スター」の投票を男女別に行い、男優の1位にベネディクト・カンバーバッチ(37)が、女優の1位にはエマ・ワトソン(23)が輝いた。

【関連フォトギャラリー】ベネディクト・カンバーバッチ初主演作! 『僕が星になるまえに』10月26日公開!

このランキングでは、読者の投票により男女それぞれ上位50名の映画スターを選出。このたび世界中から寄せられた票の総数は、23万票を超えたという。

男性部門の1位となったベネディクトは、2010年に放送が始まったドラマ『SHERLOCK シャーロック』で主人公シャーロック・ホームズを演じて大ブレイク。今年公開された映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』では悪役ジョン・ハリソンを好演し、人気実力ともに名声を確固たるものにしている。

女性部門の1位となったエマ・ワトソンは、10歳の時に『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)のハーマイオニー・グレンジャーで女優デビュー。『ハリポタ』シリーズで注目を浴びてきた。2011年に同シリーズが終了した後は、映画『ウォールフラワー』『ブリングリング』など、幼いイメージを一新する役どころに挑戦している。

二人ともイギリス人。男優ではトップ3をイギリス人が占めるなど、英国人俳優が人気を集めた一方で、女優ではエマがトップ10の中では唯一のイギリス人。次に上位に来るイギリスの女優は17位のキーラ・ナイトレーで、上位はほぼハリウッド勢が占めている。

他に、ランキングの特徴として現れたのは、最近の流れにあるアメコミやスーパーヒーローものの大作に出演した俳優が上位に並んでいるという点。男優では、トップ10のうち6人がスーパーヒーローものに出演。女優でも、トップ10のうち5人が該当する。

なお、映画界でセクシーの称号をほしいままにしてきたジョニー・デップやブラッド・ピットは、同ランキングではそれぞれ13位と19位でトップ10圏外。ベネディクトが、ライアン・ゴズリングやブラッドリー・クーパーなどを抑えてトップになり、エマがアンジェリーナ・ジョリーやスカーレット・ヨハンソンらの上に立ったことでも、同ランキングは大きな話題となっている。

ランキングのトップ10は以下のとおり。

【男優部門】
1位 ベネディクト・カンバーバッチ
2位 トム・ヒドルストン
3位 ヘンリー・カヴィル
4位 ライアン・ゴズリング
5位 ロバート・ダウニー・Jr
6位 クリス・ヘムズワース
7位 ロバート・パティンソン
8位 マイケル・ファスベンダー
9位 ヒュー・ジャックマン
10位 ブラッドリー・クーパー

【女優部門】
1位 エマ・ワトソン
2位 スカーレット・ヨハンソン
3位 ジェニファー・ローレンス
4位 クリステン・スチュワート
5位 アン・ハサウェイ
6位 エマ・ストーン
7位 ミラ・クニス
8位 ナタリー・ポートマン
9位 アンジェリーナ・ジョリー
10位 ゾーイ・サルダナ

(海外ドラマNAVI)

Photo:ベネディクト・カンバーバッチ
エマ・ワトソン
(c)Kazuki Hirata / www.HollywoodNewsWire.net

イギリスで来年に撮影が始まる新作映画『スター・ウォーズ エピソード7』(J・J・エイブラムス監督)。その出演者にまつわるウワサが次々と浮上している。

【関連記事】『フリンジ』『LOST』『スター・トレック』..."現象"を生み出すヒットメーカー、J・J・エイブラムスを読み解く。

例えば、Sky Newsが伝えたところによると、映画『ハンナ』『ザ・ホスト』で主演を務めたアイルランド出身の女優シアーシャ・ローナンは、『エピソード7』のオーディションを受けたことを認めたとか。本人は「他にもオーディションを受けた人は大勢いるけどね」と謙虚にコメント。映画の内容について問われると、「これ以上話したら、ライトセーバーで首をちょん切られちゃう」と、回答を避けている。

さらに、Latino Reviewによれば、映画『300 〈スリーハンドレッド〉』の続編である『300: Rise of an Empire』(2014年公開予定)に出演することになっているサリヴァン・ステイプルトンも、オーディションを受けたとか。

そして、同じくLatino Reviewの記者は、映画『リンカーン』のダニエル・デイ=ルイスが、ジョージ・ルーカス、ならびに、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長と昼食をともにしたと伝えている。

いずれも出演を確定するニュースではないが、ディズニー/ルーカスフィルムの公式発表がなかなか出ないなか、こうしたウワサが目を引いてしまうのは致し方のないところか。(海外ドラマNAVI)

Photo:
サリヴァン・ステイプルトン
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net
シアーシャ・ローナン
(c)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net
ダニエル・デイ=ルイス
(c) Richard Buxo/www.HollywoodNewsWire.net

クライム・コメディ『サイク/名探偵はサイキック?』で、アビゲイル役を演じたレイチェル・リー・クックが第一子となる女の子を出産したことが明らかとなった。

【関連特集】禁断の恋はじめませんか!? NAVI的『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のススメ!!

レイチェルは俳優のダニエル・ギリス(『ヴァンパイア・ダイアリーズ』)と2004年に結婚し、今年5月に妊娠を発表。米Peopleによると、6月号の同誌のインタビューで、「私たちは交際5ヶ月で婚約して、数ヶ月後には結婚したの。だから二人でしたいことがたくさんあったのよ。旅行もしたかったし、仕事で達成したいこともたくさんあったの」と、最近になってようやく子どもを持つ心の準備ができたと語ったレイチェルは、しばらくは夫婦の時間を楽しみたかったことを明かしている。

ダニエルは娘の誕生について、「女の子だよ!この子は小さなお姫様で僕にとっての全てだ。娘は非の打ちどころがなくて、妻も僕も天にも昇る心地だよ!」とツイート。最初は赤ちゃんの性別を知るつもりはなかったという二人だが、赤ちゃんを迎える準備をきちんと整えるためにも、知っておいたほうが何かと便利だということで性別を教えてもらったのだそうだ。

今月からアメリカで放送開始される『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のスピンオフ版『The Originals』にイライジャ役で出演するダニエルは、娘のためにも、ますます仕事を頑張れるに違いない。レイチェルとダニエル、本当におめでとう!(海外ドラマNAVI)

Photo:レイチェル・リー・クック
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

今年1月に開催されたゴールデン・グローブ賞授賞式で、同性愛者であることを公言したジョディ・フォスターに新恋人が現れたことが発覚した。

【関連記事】 【お先見!海外ドラマ日記】連続猟奇殺人犯ハンニバル・レクター博士の正体はいつFBI捜査官に見破られるのか!? 背筋が凍るサイコ・スリラー『Hannibal』

米E!Onlineによると、ジョディの恋のお相手は、日本でもトーク番組『エレンの部屋』の司会者として知られるエレン・デジェネレスの元恋人、アレクサンドラ・ヘディソン。アレクサンドラは、初めてレズビアンの世界を本格的に描いて話題となったドラマ『Lの世界』でディラン役を演じ、写真家としても活躍している。

情報筋によると、ジョディとアレクサンドラは真剣交際をしているようで、二人はお互いに夢中だとのこと。二人の関係が噂され始めたのは今夏からだが、今年4月ニューヨークで、アラン・カミングス主演の舞台『Macbeth』のオープニングに一緒にいるところを目撃されている。二人は、ロサンゼルスのFOXスタジオで開催されたテクノロジーセミナーに一緒に参加したり、友人を交えてディナーを楽しんだりと交際は順調のようだ。

ジョディは2008年に、20年来のパートナーだった映画プロデューサーのシドニー・バーナードとの関係に終止符を打っている。ゴールデン・グローブ賞のスピーチで、「実は私、独身なんです」と冗談交じりにカミングアウトの口火を切ったジョディ。アレクサンドラという新たなパートナーを得て、公私ともに充実したジョディのますますの活躍に期待したい!(海外ドラマNAVI)


Photo:ジョディ・フォスター
(c)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

『デスパレートな妻たち』でガブリエル役を演じたエヴァ・ロンゴリアが、米NBC向けとなる法廷ドラマの製作を手がけるという。

【関連インタビュー】「スーザンと一緒に歳を重ねてきました」萬田久子が語る『デスパレートな妻たち』ファイナルシーズン

米Deadlineによると、本作はエヴァが率いる製作会社UnbeliEVAable Entertainmentとワーナー・ブラザーズ・テレビジョンが共同で製作を担い、エヴァは製作総指揮を務めるとのこと。1時間もののドラマとなり、タイトルは『Vega v. Vega』。若くして成功を収める女性弁護士が、ひょんなことから母親と一緒に弁護士事務所を開くことになるが、母親とは愛憎渦巻く複雑な関係なのだとか。

本作は、実際に弁護士として活躍するエリザベス・ブラッドリーをプロデューサーに加えて製作される。彼女自身、母娘で弁護士事務所を立ち上げた経験を持つことから、『Vega v. Vega』はブラッドリー弁護士の実体験を交えた内容となるようだ。

実はUnbeliEVAable Entertainmentは、本作以外にも現在3本のテレビプロジェクトを抱えている。ABC向けに、コロンビアで人気のテレノベラ『Pura Sangre』をベースにしたメロドラマ『Trust』。CW向けには、『NIKITA/ニキータ』『レバレッジ ~詐欺師たちの流儀』 の脚本家アルバート・キムが脚本を手掛けるリーガルミステリー。さらに、NBC向けにもう1本、セックスセラピストのローラ・バーマンに着想を得たコメディを開発中だ。

プロデューサーとして大忙しの様子のエヴァだが、製作を手がける番組に出演する予定はないのかも気になるところだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:エヴァ・ロンゴリア
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

昨年9月、ライアン・レイノルズ(『グリーン・ランタン』)と結婚した『ゴシップガール』のブレイク・ライブリーが、女優復帰と新しく始めたビジネスについて語った。

【関連コラム】日本に上陸してほしいコメディ! 気軽に楽しめる30分シットコムのススメ

米E!Onlineが伝えたところによると、イギリス版VOGUEのインタビューに応えたブレイクは、多岐にわたる興味を満たせるライフスタイルブランド会社を設立したとのこと。「2、3カ月で始動する予定よ。他にはない選りすぐりのライフスタイルを達成して、その達成方法を伝えることを目的としているの。型にハマらない今までにないようなものになるわ」と、グウィネス・パルトロウ(『アイアンマン』シリーズ)が立ち上げた、ファッション、料理、インテリアなどを紹介するライフスタイルウェブサイト「goop」を連想させるプロジェクトのようだ。女優を休業していた一年間は、ライアンが購入したニューヨークの新居のキッチンデザインを手がけたり、ウェブ版VOUGEで料理の腕前を披露していたブレイク。両親、姉妹ともに俳優という環境で育ち、自然と女優の道を選んだブレイクだが、演技以外に情熱を燃やせることはたくさんあるそうだ。

気になる女優復帰については、「今冬に出演する映画にワクワクしているの!この作品の見どころは、時代が1900年代から現在に設定されているところよ。衣装が素晴らしくて、私が演じる役はあらゆる時代を経験して、ファッションを通してストーリーを語るの。ファッションについての映画ではないのだけど、ファッションがこの役と物語において重要な意味を占めるのよ」と、久々の女優復帰を待ち切れない様子だった。

一年間の充電期間を経て、いよいよ女優としてカムバックするブレイクの今後の動向から目が離せない!(海外ドラマNAVI)

Photo:ブレイク・ライブリー
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

ダークファンタジードラマ『GRIMM/グリム』のブルーレイ&DVDリリースを記念し、都内でPRイベントが催された。イベント会場には、レスリング界でその強さを発揮した浜口京子が本作の最強サポーター「ミス グリム」として、さらに「ミス グリム」をサポートする(?)父・アニマル浜口と、二人に対抗する狼モンスター軍団リーダー小島よしおが姿をあらわした。

【関連特集】グリム童話をベースにした、新感覚ダーク・サスペンス!「GRIMM/グリム」の魅力に迫る!

本作がモンスターハントの能力を持つグリム一族の末裔が主人公、ということから、モンスターを越えるほどの強さを持つ「ミスグリム」に就任した浜口京子は、赤ずきんちゃんをイメージした自らの姿に「普段は履かない赤いスカートがはけて嬉しいです」とコメント。そんな浜口京子に、狼男の格好をした小島よしおが「モンスターより強いだと!? 俺たちに勝ったら超えたと認めてやる!」と宣戦布告しながら襲いかかるも、浜口京子の見事なタックルをくらい、あっさり降参となった。

本作の魅力について、小島よしおは「『3匹の子ぶた』の童話が好きなんですが、(各童話が元ネタになっているので)その続編を現代に移して観ているような、そんな楽しみ方もできるので面白いです」とコメント。浜口京子は「家族3人揃って観たんですが、ちょっと怖かったです。でも、どの登場人物がモンスターなのか予想してみたり、実はいいモンスターもいたりする点など、予想を裏切る展開が面白いですね」と語っていた。ちなみにアニマル浜口は「主人公のニックがかっこいいんでね~。京子が惚れたんじゃないかと心配になりました」と、父親ならではの発言をして笑いを取っていた。

『GRIMM/グリム』は、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントから10月4日(金)にDVDvol.1が発売、また、DVD vol.1~6のレンタルが開始される。さらに11月6日(水)にはDVD-BOX、Blu-ray BOXが発売、DVD vol.7~11のレンタルも開始となる。(海外ドラマNAVI)

スピンオフ製作も決定し、ますます好調の米AMCの大人気サバイバル・ドラマ『ウォーキング・デッド』。本作のシーズン4に、『ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス』のアラーナ・マスターソンが加わることがわかった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】「ダリルグッズは○○の部屋に置いてるんだよ」『ウォーキング・デッド』ダリル役:ノーマン・リーダスに突撃インタビュー!

アラーナは、三人の兄も役者という俳優一家に育った、今年25歳のブルネット美人。アメリカの長寿メロドラマ『ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス』の子役でデビューし、これまで『天才少年 マルコム奮闘記』『グレイズ・アナトミー』などにゲスト出演している新進女優だ。

AMCは、アラーナが演じるキャラクターについて「新しい生存者」とだけ発表し、それ以上の詳細を明らかにしていないが、関係筋によれば原作コミックに登場する家族バンドのメンバー、タラ・チャーマーズに扮するのではないかとのウワサだ。アラーナはシーズン4の中盤に登場し、そのままシーズン5でレギュラーに昇格する可能性もあるという。本作は先日、準レギュラーに『トワイライト』シリーズのアンジェラ役で知られるクリスチャン・セラトスを投入することを明らかにしたばかり。フレッシュな新キャラクターたちが、保安官リック(アンドリュー・リンカーン)やダリル(ノーマン・リーダス)率いるチームにどのような新風をもたらすのかが楽しみだ。

『ウォーキング・デッド』シーズン4はアメリカで10月13日(日)より放送開始。日本でも第1話がわずか1週間後の10月20日(日)22:00から、FOX、FOX bs238、FOXCRIME、FOXムービープレミアム、ナショナルジオグラフィック チャンネル、ナショジオ ワイルドの6チャンネルで一斉放送される予定だ。※FOX、FOX bs238以外のチャンネルでは第2話以降は放送されないので注意。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』
(c)Gene Page/AMC

======
『ウォーキング・デッド』シーズン4
FOX HD
10月20日(日)夜10:00~放送スタート
毎週日曜夜10:00~ 他
http://www.myjcom.jp/tv/channel-list/foxjapan.html
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。

アメリカではAMC局で放送されている『ウォーキング・デッド』がヒットを続けるなか、"死者復活"を題材にしたドラマを、米A&E局も手がけることになった。

【関連特集】『The Returned』と混同しそうな『Resurrection』はLAスクリーニングで紹介されています!

『The Returned』とタイトルの付いたこの作品は、2004年のフランス映画『奇跡の朝(Les Revenants)』(ロバン・カンピヨ監督作)をベースに、フランスでヒットしたドラマをアメリカ向けにリメイクしたもの。山間の街で、ある日突然、数人の死者がよみがえった。当時の姿そのままで、自分が死んだことも知らない死者たちは、家族や恋人のもとに戻ろうとする一方、不思議な現象や、残酷な連続殺人事件も発生する...というストーリー。

フランス版は2012年秋にフランスの有料放送カナル・プリュスで放送され、高い評価を浴びた。これまでにベルギー、スウェーデン、イギリスなどで放送されたほか、カナダ、オーストラリア、アメリカでの放送も決定。シーズン2の製作も決まっている。

アメリカ版の脚本家はまだ決まっていないが、The Hollywood ReporterやDeadlineが伝えたところによると、『LOST』で製作総指揮者を務め、映画『サイコ』の前日譚ドラマ『Bates Motel』を現在手がけているカールトン・キューズが参加する可能性が高いという。

なお、やはり死者が復活する超常現象ドラマ『Resurrection』が、米ABCで2014年3月からスタートする予定。設定が似ているので混同しないように気をつけたほうがよさそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:脚本に参加する可能性大のカールトン・キューズ
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

映画『ホビット』3部作で主演を務め、『SHERLOCK/シャーロック』のワトソン役で人気のマーティン・フリーマンが、米FXのTVドラマ版『ファーゴ』に出演することが決まった。同作は、コーエン兄弟(ジョエル&イーサン・コーエン)の出世作となった映画をドラマ化したものだが、独特のブラックユーモアは踏襲しながらも、ストーリーはまったく新しい犯罪悲喜劇になるという。

【関連フォト】来日時のマーティン・フリーマンと愉快なホビット御一行様の様子はこちらでチェック!

すでに個性派俳優ビリー・ボブ・ソーントン(『アルマゲドン』)の出演が決まり、全10話での制作も確定している本作。米Deadlineによると、マーティンが演じるのは、小さな町の保険外交員で、妻の尻に惹かれる気弱な主人公だという。平凡な生活を送っていた彼だったが、ある日、ビリーが演じる流れ者と出会い、人生がおかしな方向に転じていくらしい。いかにもひと癖ありそうなビリーに、いかにも人のよさそうなマーティンを共演にあてるとは! まさにナイス・キャスティング! 二人とも演技力だけでなく、コメディセンスも抜群のため、これはかなり期待が高まる。

脚本は『BONES-骨は語る-』のノア・ホーリーが務め、コーエン兄弟とともに製作総指揮にも名を連ねている。

映画をリメイクするのではなく、世界観はそのままに新しいストーリーでよみがえらせるリブート作品として注目される本作。映画と同様、個性派俳優たちが楽しませてくれそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:また日本に来てほしいですね。マーティン・フリーマン

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。