今見るべき一押しドラマ!
犯罪アクションドラマ『ZeroZeroZero 宿命の麻薬航路』の配信・放送が決定!先行無料放送も

世界3大陸にまたがるコカイン密輸に関わるイタリアマフィアとメキシコ麻薬カルテル同士の権力抗争を、壮絶かつリアルに描く犯罪アクションドラマ『ZeroZeroZero 宿命の麻薬航路』が、10月12日(火)よりBS10スターチャンネルにて日本で独占初配信! スターチャンネルEXでも同日より配信開始となる。放送・配信に先駆け、予告映像も解禁となった。

第76回ヴェネツィア国際映画祭でもプレミア上映された話題作『ZeroZeroZero 宿命の麻薬航路』がついに日本上陸! 南イタリアから始まり、メキシコのモンテレイ、アメリカのニューオリンズ、アフリカのセネガル、モロッコへと舞台が移り変わる本作だが、なんと実際の場所で撮影を敢行。5カ国、300箇所以上にも及んだというロケーション撮影ならではの迫力が堪能できる。

ストーリー
南イタリア、カラブリア州のマフィア組織のドン・ミーノは、組織の建て直しのために大がかりなコカイン買い上げを図る。一方、売り手のメキシコ人犯罪組織のレイラ兄弟は、メキシコ軍の軍曹マヌエルを内通者として雇い、当局の摘発を逃れてきた。買い手と売り手を繋いでコカインを搬送するのは、ニューオリンズで運送業を営むリンウッド家。大型貨物船を購入してコカイン密輸に備えようとするが...。

本作は、国際色豊かなキャスト陣にも注目だ。リンウッド一家の家長は、アイルランド出身のガブリエル・バーン(『ヘレディタリー/継承』『マニアック』)、その娘に同じくイギリス出身のアンドレア・ライズブロー(『ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷』)、息子役にはアメリカ人俳優のデイン・デハーン(『リーシーの物語』『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』)が抜擢。

メキシコ軍の軍曹マヌエルは、メキシコの大学で演劇を専攻した本格派ハロルド・トレス(『インゴベルナブレ』)が演じる。ほか、イタリアのベテラン俳優アドリアノ・キアラミダ(『ヤング・モンタルバーノ』)と新鋭ジュゼッペ・デ・ドミニコ(『幸せな感じ』)がイタリア人マフィアに扮し、フランスからはチェッキー・カリョ(『バティスト ~アムステルダムに潜む闇~』)が出演する。

『ZeroZeroZero 宿命の麻薬航路』(全8話)配信・放送情報

■放送
字幕版:BS10スターチャンネル【STAR1】にて10月12日(火)23:00より放送開始。
※10月10日(日)15:00には第1話先行無料放送あり

吹替版:BS10スターチャンネル【STAR3】にて10月15日(金)22:00より放送開始。
※10月15日(金)22:00は第1話初回無料放送

■配信
Amazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」にて10月12日(火)より配信開始

(海外ドラマNAVI)

Photo:

『ZeroZeroZero 宿命の麻薬航路』© 2019 Cattleya Srl - Bartlebyfilm Srl.