今見るべき一押しドラマ!
忠誠なる執事の前日譚『Pennyworth/ペニーワース』がついに日本初上陸!

DCコミックスのスーパーヒーロー、バットマンことブルース・ウェインの執事を務めるアルフレッド・ペニーワースを主人公にしたDCドラマ『Pennyworth/ペニーワース』が、ついに日本上陸!

『ペニーワース』は、ロンドンの街を背景に、戦場でのトラウマやSAS(英国特殊空挺部隊)に入隊せざるを得なかった過去に立ち向かい、自らの正義に従って反政府組織と闘う青年を描くアクション・サスペンスドラマ。

SASを除隊した20代の青年、アルフレッド・ペニーワース。彼の父親は自らと同じく執事となることを望んでいるようだが、自立を目指すアルフレッドは警備会社を立ち上げ、クラブの用心棒として働いていた。

ある日彼は、クラブで姉を連れ帰りに来たトーマス・ウェインというアメリカ人と知り合う。裕福な会計士で医師でもあるトーマスは、実はCIAのエージェントとして英政府のクーデターをもくろむ組織"鴉の結社"を監視するという密命を受けていた。アルフレッドの腕を見込んだトーマスは、彼に警備を依頼する。アルフレッドとトーマスの長年に渡る絆、そして女王陛下の命をめぐる陰謀との闘いの幕開けだった。

主人公ペニーワースを演じるのは、映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などに出演するジャック・バノン。恋人エズメ役に『ザ・クラウン』でダイアナ妃役を演じるエマ・コリン、トーマス・ウェイン役を『フリーバッグ』や『トースト~幸せになるためのレシピ』のベン・オルドリッジ。その他、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のジェイソン・フレミングや、歌手で女優のパロマ・フェイスらが出演している。

製作総指揮は、『GOTHAM/ゴッサム』でタッグを組んだブルーノ・ヘラーとダニー・キャノン。イングランド出身の二人が送り出した本作は、「ジェームス・ボンドのようだ」と評され、米映画評論サイトRotten Tomatoesでは 94パーセントの高評価を獲得。すでにシーズン3の製作が決まっている。

20211217-00000010-dramanavi-1-00-view.jpg

『Pennyworth/ペニーワース』は、2022年2月23日(水)よりDVDレンタル開始。

発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント

(海外ドラマNAVI)

Photo:

『Pennyworth/ペニーワース』PENNYWORTH and all related characters and elements TM and © DC and Warner Bros. Entertainment Inc. Pennyworth © 2022 Warner Bros. Entertainment Inc.