今見るべき一押しドラマ!
『サンダーバード』スタッフによる『ネビュラ75』独占日本初放送&配信決定

1966年に日本で放送が開始され、今なおスーパーマリオネーション/特撮人形劇の最高傑作として名高いTVシリーズ『サンダーバード』。その日本放送開始55周年を祝して発足した「サンダーバード55周年プロジェクト」の目玉企画として日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』が絶賛公開中。これにあわせてスターチャンネルでは「サンダーバード」長期特集放送を実施中だ。来る2月は、新作スーパーマリオネーション『ネビュラ75』の独占日本初放送および配信が字幕版と日本語吹替版でスタートする。

『ネビュラ75』は、新型コロナウィルスによりロックダウンしたイギリス・ロンドンのアパートで、『サンダーバード55/GOGO』のプロデューサー・監督を務めたスティーブン・ラリビエーを中心に同作のパペットや小道具、模型を使用し制作された。

また、限られた環境の中での撮影だったため、数少ないスタッフと監督自ら声優を兼任し、撮影はセンチュリー21・フィルムズのスタッフが遠隔操作で協力。当初は1作限りとしてWEBで公開されたが、高評価を受けてシリーズ化された。今回は、最新エピソード4話を加えた全11話が放送・配信となる。

日本語吹替版では、主人公のネプチューン船長の声を森川智之が担当するほか、主要およびゲストキャラクターに、羽佐間道夫、大塚芳忠、銀河万丈、高島雅羅、小山茉美、緒方賢一、影平隆一、早見沙織ら錚々たる顔ぶれの豪華声優陣を起用。公開中の日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』とあわせて楽しんでほしい。

20220107nebla01.jpg

新作スーパーマリオネーション『ネビュラ75』(全11話)

宇宙船「ネビュラ75」のクルーたちがミッションに臨んでいたが、故郷から何千万マイルも離れた場所に放り出されてしまう。宇宙の彼方に取り残された船長とその勇敢なクルーたちは、地球への帰還の道を模索する中で、宇宙の屑鉄商人から人類が知らない邪悪な生命体まで、様々なキャラクターと遭遇する。

放送(吹替版):【STAR1】 2月13日より毎週日曜日21:00~
放送(字幕版):【STAR1】 2月18日より毎週金曜日13:00~
配信:【スターチャンネルEX】 2月10日(木)~

(海外ドラマNAVI)

Photo:

『ネビュラ75』© COPYRIGHT MMXX CENTURY 21 FILM LTD.