ライアン・マーフィー新作ドラマに『ホワイトカラー』マット・ボマーらが出演!

ヒットメイカーのライアン・マーフィー(『Glee/グリー』『9-1-1:LA救命最前線』)が米Huluで手掛ける新作シットコムに、マーフィーと以前も仕事をしたことのあるドラマスターたちが出演することが分かった。米Varietyが伝えている。

『グッド・ワイフ』キャストや『フレンズ』スタッフも参加

『フュード/確執 カポーティ vs スワンたち』日本上陸を控えるマーフィーは、『The Golden Girls(原題)』のようなシットコムを新たに手掛けるという。『The Golden Girls』は米NBCで1985年から1992年にかけて放送されたシットコム。マイアミを舞台に、夫に先立たれたり離婚をして独りになったりした年配の女性4人のシェアハウス生活を描き、批評家から高い評価を得た。エミー賞とゴールデン・グローブ賞の作品賞も受賞しており、今なおTV史に残る傑作ドラマの一つに挙げられることも。

マーフィーが製作総指揮を務める新作のタイトルは『Mid-Century Modern(原題)』。公式あらすじによると、「ある程度の年齢に達したゲイの親友3人が、ある人の予期せぬ死をきっかけに、黄金期を一緒に過ごすことを決意。裕福なバニーが母シヴィル、Z世代の家政婦とともに住むパーム・スプリングスの家に一緒に住むことになる」という。

クリエイターとして、人気コメディドラマ『ウィル&グレイス』のデヴィッド・コーハンとマックス・マッチニックも参加。マルチカメラ形式のシットコムには、『ホワイトカラー』のマット・ボマーと『グッド・ワイフ』のネイサン・レインがキャスティングされた。

『ノーマル・ハート』『ボーイズ・イン・ザ・バンド』『アメリカン・ホラー・ストーリーズ』といったマーフィー作品に出演してきたマットは、『The Golden Girls』でベティ・ホワイト(『ボストン・リーガル』)が演じた天然キャラ、ローズのようなキャラクターのジェリー・フランクを演じるとのこと。『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』『ダーマー モンスター:ジェフリー・ダーマーの物語』でマーフィーと組んだネイサンは、成功したビジネスマンで愛を探し求めるバニー・シュナイダーマンという役どころ。彼らのほかには、リンダ・ラヴィン(『The O.C.』)がバニーの母親で頭はいいものの独特観念の薄いシヴィルを演じる。

舞台はゲイのメッカとして知られるカリフォルニア州のパーム・スプリングス。第1話の監督は『フレンズ』などで知られるジェームズ・バロウズが担当する。

これまでにも素晴らしい相性を発揮してきた俳優たちとの再タッグでますます期待が高まるマーフィーの新作。一流キャスト、スタッフによるコメディの日本上陸に期待したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:マット・ボマー ©NYKC/FAMOUS