スター・ウォーズ最新作『マンダロリアン』悪役とダース・ベイダーの共通点とは!?

世界中で“完璧な『スター・ウォーズ』”と称賛された、マンダロリアンとグローグーの冒険を描く『マンダロリアン』のシリーズ最新作、シーズン3が3月1日(水)よりDisney+(ディズニープラス)独占で日米同時配信開始となる。シーズン1から登場する冷静沈着で知的な悪役〈モフ・ギデオン〉と、世界中から愛され続ける悪役レジェンド〈ダース・ベイダー〉との共通点を紹介!

『マンダロリアン』とは?

『マンダロリアン』概要

空前のエンターテイメント『スター・ウォーズ』。2019年にシーズン1、2020年にシーズン2が配信されるや、世界中で“完璧な『スター・ウォーズ』”と大絶賛された、賞金稼ぎ“マンダロリアン”とフォースの力を秘めた子ども“グローグー”の冒険を描く実写オリジナルドラマシリーズ。『スター・ウォーズ』愛に溢れるジョン・ファブローとルーカスフィルムからの信頼が厚いデイブ・フィローニら製作陣が、「ジョージ・ルーカスがもし今、続編を作るとしたら」という発想のもと丁寧に作り上げた作品で、SWファンから広く愛される作品だ。

『マンダロリアン』あらすじ

『マンダロリアン』の舞台は『スター・ウォーズ エピソード 6/ジェダイの帰還』の5年後の世界。ルークやレイアら反乱軍の活躍により、恐怖で銀河を支配していた帝国が崩壊するも、いまだ平和は訪れず、帝国の残党が暗躍していた。そんな帝国軍の残党を指揮する冷静沈着で知的なリーダーのモフ・ギデオン。シーズン1で登場して以来、フォースを秘めたグローグーをしつこく追い求め、利用しようと企んでいる。

悪役モフ・ギデオンとは?

マンダロリアン(以下マンドー)の天敵で、帝国残党を指揮する悪役。モフ・ギデオンは、ダース・ベイダーやパルパティーン皇帝などと同じく、物語に強烈なスパイスを加える『スター・ウォーズ』の悪役キャラクターに仲間入りを果たしただけでなく、ダース・ベイダーと共通する片鱗をいくつも見せている。

人の心を支配するカリスマ性

モフ・ギデオンを演じるジャンカルロ・エスポジートは「帝国が崩壊し、ダース・ベイダーという指導者もいなくなり、すべてが崩れていく帝国軍には新たなリーダーが必要だったんだ。モフ・ギデオンは残党をまとめていく中で、自分がふさわしい存在だと気づく。彼は、ダース・ベイダーと同じく人の心を支配するカリスマ性と自分たち(帝国軍)がどうあるべきかのビジョンを常にもっているリーダーだと思う」と明かしている。

優秀な技術力

さらに、「モフ・ギデオンは万能で、策士として頭がいいだけでなく、ダークセーバーを操る技術もあるんだ」と、かつてマンダロリアンのジェダイが作ったとされる黒いライトセーバーの“ダークセーバー”も巧みに使いこなすと明かし、元々ジェダイとして優秀なライトセーバーの使い手であったダース・ベイダーにその姿を重ねる。

今後の動きは?

モフ・ギデオンは、シーズン2で、グローグーを連れ去ることに成功するも、マンドーやルークの登場によりグローグーのフォースを利用する前に逆襲にあってしまった。ジャンカルロは、今後のモフ・ギデオンの動きについて「彼は超悪党だからね、またすぐ戻ってくるよ、すぐにね…」と語り、シーズン3での登場を示唆した。マンドーの過去にも大きくかかわっていたとされるモフ・ギデオン。果たして彼は新シーズンにも再び登場するのか、マンドーのまだ語られぬ過去は明らかになるのか、ルークとダース・ベイダーのような銀河を巻き込んだ壮絶な戦いが待っているのか?

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のその後を舞台に完璧な『スター・ウォーズ』の世界観は広がり続け、『スター・ウォーズ』の新たなる歴史が今幕を開ける。全世界待望の『マンダロリアン』シーズン3は2023年3月1日(水)よりディズニープラスにて日米同時配信開始。シーズン1~2は、ディズニープラスにて独占配信中。(海外ドラマNAVI)

\月額990円~/

\ドコモユーザーはこちら/

 

海外ドラマ好きにディズニープラスがおすすめな理由

Disney+

こんな記事も読まれてます

Photo:『マンダロリアン』©2023 Lucasfilm Ltd.