今見るべき一押しドラマ!
【今週のおすすめ最新海外ドラマ】『デス妻』クリエイター新ドラマ、『ダイナスティ』最終章がスタート!

9月19日(月)から9月25日(日)に配信・放送がスタートする最新のおすすめ海外ドラマをご紹介!今週は、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の5年前が舞台の『キャシアン・アンドー』や、ボクシングチャンピオンの悲劇的な人生を描いた『マイク・タイソン』の配信がスタート!『ダイナスティ』シーズン5など、人気シリーズの続編もついに日本に上陸。

『Why Women Kill ~ファビュラスな女たち~』(Hulu)

9月20日(火)よりHuluにて独占配信スタート。

カリフォルニアにある1軒の豪邸で幸せな⽣活を送る1960年代の専業主婦、1980年代の社交家、2010年代の弁護⼠の3人はある⽇、夫の不倫を知り、周囲を巻き込みながら夫への復讐を企てていくが、想定外に起こるハプニングによって計画は掻き乱されていくことに…。『デスパレートな妻たち』や『デビアスなメイドたち』を手掛けたマーク・チェリーが新たに放つ注目ドラマ! 時代に合った衣装や家具の色使いにも注目。

主人公3人を演じるのは、ジニファー・グッドウィン(『ワンス・アポン・ア・タイム』)、ルーシー・リュー(『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』)、カービー・ハウエル=バプティスト(『キリング・イヴ/Killing Eve』)。

『キャシアン・アンドー』(Disney+)

9月21日(水)16時よりディズニープラスにて独占配信スタート。

舞台は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の5年前。冷静沈着な反乱軍の将校<キャシアン・アンドー>の知られざる物語を描くオリジナルドラマシリーズ。すでにシーズン2の制作も決まっており、期待が高まっている。

『ローグ・ワン』でキャシアンを演じたディエゴ・ルナ、反乱軍のリーダー、モン・モスマを演じたジュネヴィーヴ・オライリーが同役でカムバック。

『DEVS/デヴス』(Disney+)

9月21日(水)よりディズニープラスにて独占配信スタート。

サンフランシスコに拠点を置くIT企業Amayaで働くリリーは、自分の恋人が死んだ背後にAmayaの秘密の開発部門が関与していることを疑い、調査を開始するが…。映画『エクス・マキナ』で監督・脚本を手掛けたアレックス・ガーランドが手掛け、主演は映画『ラ・ラ・ランド』に出演して話題となった日系イギリス人のソノヤ・ミズノ。

『若き光の拡散』(Amazon Prime Video)

9月21日(水)よりアマゾンプライムにて独占配信スタート。

イタリア発の青春ドラマ。ラツィオ州の小さな町ラティーナに住む双子の兄弟マルコとアンドレア。人生に対する考え方は全く異なっている二人が、アイデンティティ、願望、外見、性的指向など複雑な問題に向き合いながら、常に変化する世界の中で自分の居場所を模索する。

主人公の双子は一人二役で、新人のマッティア・カラノが演じる。ほかにはロレンツォ・ズルゾロ(『Baby/ベイビー』)ら若手俳優が出演。

『マイク・タイソン』(Disney+)

9月21日(水)、ディズニープラスにて独占配信スタート。

スポーツ文化において最も異彩を放つボクシング界伝説のヘビー級チャンピオン、マイク・タイソンのダイナミックかつ悲劇的で、物議を醸す人生を描いた全8話の伝記的ダーク・コメディシリーズ。

マイク・タイソン役は『ムーンライト』のトレヴァンテ・ローズ。タイソンをスーパースターにした敏腕プロモーター、ドン・キング役に『GRIMM/グリム』のラッセル・ホーンズビー、ベテラン演技派ハーヴェイ・カイテル(『レザボア・ドッグス』)やローラ・ハリアー(『スパイダーマン:ホームカミング』)らが脇を固める。

『イージーマネー: 新たな時代』(Netflix)

9月22日(木)より独占配信スタート。

スウェーデンにて製作されたドラマの第2シーズン。ベンチャー業界で最も注目されるスウェーデンの起業家の一人であるレヤ。自身の事業ターゲットコーチの新規株式公開も間近に迫り、かつてないほど成功を収めているように見えるが、サリムとの出来事に苦しめられている。原作はベストセラー小説で、3度も映画化するほどの人気作。

『ハッシュ ~秘密の塔~』(Amazon Prime Video)

9月23日(金)アマゾンプライムにて独占配信スタート。

インド発のヒューマンドラマ。5人の女性の人生が思いもよらない形で交差し、不測の事態が彼女たちの人生を紐解いていく。主演のジューヒー・チャーウラーは、『Qayamat Se Qayamat Tak(原題)』で『きっとうまくいく』のアーミル・カーンと共演し、一躍有名となったインドを代表する大女優の一人。その他、ベテラン女優たちが集まっており、演技力にも注目が集まる。

『ファーストレディ』(U-NEXT)

9月23日(金)より、U-NEXTにて独占配信スタート。

ホワイトハウスの東棟では、大胆でカリスマ的な魅力を持つファーストレディたちによって、歴史に影響を与え、世界を変える決断がなされていた。3人の個性豊かな女性たちが、いかにワシントンへと辿りつき、どのような日々を送ったのかが描かれる。

アカデミー賞、エミー賞、トニー賞の全ての受賞者であるヴィオラ・デイヴィス(『マ・レイニーのブラックボトム』)がミシェル・オバマ前大統領夫人役を、アカデミー賞とエミー賞にノミネート経験のあるミシェル・ファイファー(『フレンチ・イグジット さよならは言わずに』)がベティ・フォード役を、エミー賞と映画俳優組合賞に選ばれたジリアン・アンダーソン(『ザ・クラウン』)がエレノア・ルーズベルト役と、ハリウッドが誇る3人の女優達が、高い演技力で実在するファーストレディを体現している。

『最後列ガールズ』(Netflix)

9月23日(金)、Netflixにて独占配信スタート。

30歳になった5人の女性の物語。学生のころからの親友である彼女たちは、毎年必ず5人そろって1週間のバケーションに出かけるのが決まり。しかし今年は、一人がガンの診断を受けたことでいつもとは違った旅の計画になることに…。

『9月の朝 ~カサンドラの物語~』シーズン2(Amazon Prime Video)

9月23日(金)よりアマゾンプライムにて独占配信スタート。

ブラジル発。トランスジェンダーのカサンドラの人生は、息子が来てから一変した。シーズン2では、10年ぶりに過去を振り返ったり、人間関係で問題を抱えたり、経済的な困難に直面するなど、カサンドラは自分の限界に挑んでいく。

『ダイナスティ』シーズン5(Netflix)

9月24日(土)、Netflixにて独占配信スタート。

1981年から1989年にかけて9シーズンにわたって米ABCにて放送され大ヒットした『ダイナスティ』を、米CWが舞台を現代に移してリブート。シーズン5が最終章となる。

大富豪一家であるキャリントン家の愛憎劇を描いたオリジナル版に対し、リブート版では、キャリントン家の家長だったブレイクの娘ファロンと、彼女の義理の母親であるクリスタルの確執を中心に、キャリントン家と対立するコルビー家との間で繰り広げられる複雑な人間関係が描かれる。

(海外ドラマNAVI)