今見るべき一押しドラマ!
ポルシェ爆走!ハンドルを握るのは8歳の少女?!『ガンパウダー・ミルクシェイク』本編映像が到着

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ドクター・フー』のカレン・ギランが主演を務める、シスター・ハードボイルド・アクション『ガンパウダー・ミルクシェイク』。3月18日(金)より公開となる本作より、ポルシェ爆走カー・チェイスシーンを捉えた本編映像が到着した。

ネオンきらめくクライム・シティにひっそりと佇む図書館。そこはジェーン・オースティン、ヴァージニア・ウルフの名を冠した数々の本が所蔵されている"武器庫"だった―。そんな奇想天外なアイデアを発端に、飛び交う銃弾、ほとばしる血しぶき、渦巻く硝煙の中に女たちの連帯と共闘を描いた『ガンパウダー・ミルクシェイク』。

今回、解禁となった本編映像は、殺し屋たちとの決死のカー・チェイスシーン。

ポルシェ爆走カー・チェイス場面の舞台となるのは、殺し屋ご用達の病院の地下駐車場。そこで真っ赤なポルシェのハンドルを握るのは...、なんと8歳と9ヵ月の少女エミリー(クロエ・コールマン)。彼女は殺し屋たちの策略により筋弛緩剤を打たれ、両手が不能になったサム(カレン・ギラン)の膝の上に座り、ハンドルとギアを担当。アクセルとブレーキを操るサムとのまさかの"操り人形状態運転"で、殺し屋たちの猛追を見事に交わしていく。

サムの膝の上でハンドルを握るエミリーが「運転している!」と無邪気な感想を漏らしたのもつかの間、ポルシェの前に現れたのは二台の黒塗りの車。組織の男たちが車窓から身を乗り出して一斉に射撃してくる。驚くエミリーにサムは「銃は気にしないで!」「リバースに入れて!」「左にハンドルを切って!」「ドライブ!」「また左!」などとテキパキと運転指示。エミリーもその通りに実行していく。激しいクラッシュを挟みつつ、真っ赤なポルシェは見事なまでに追手の敵車の目を欺いていくが......。

運転席。エミリーの手元。ボンネット。敵車の追走。目まぐるしい視点の変化とアグレッシブなカッティング編集が生む迫力度は、"操り人形状態運転"という特異な状況も相まって、冒頭から沸点に達している。

この斬新カー・チェイスについてナヴォット・パプシャド監督は、「駐車場での追跡シーンは、『ブリット』や『フレンチ・コネクション』のような1970年代のカー・チェイス映画へのオマージュにしたいと思った」と不朽の名作への愛着を口にしている。

映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』は、2022年3月18日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『ガンパウダー・ミルクシェイク』© 2021 Studiocanal SAS All Rights Reserved.