今見るべき一押しドラマ!
コリン・ファースらの声が届く!英BBCが番組の多様化に1億ポンド出資

伝記映画『英国王のスピーチ』でアカデミー賞主演男優賞に輝いたコリン・ファースをはじめとする著名人たちの声が届き、『SHERLOCK/シャーロック』『ドクター・フー』『Killing Eve/キリング・イヴ』など様々な人気ドラマを生んできた英BBCが、番組の多様化のために1億ポンド(約134億円)を支出することが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

2021年からの3年間にわたって割り当てられる、番組を多様化するためのこの資金はBBCの既存コンテンツ予算から捻出され、英国のTV業界において番組の多様化のために出資されるものとしては最高額だという。

この多様化には、BBCの番組に携わる"才能"のうち20%は、黒人やアジア系といったマイノリティの背景を持つ人々を起用するという取り決めが入っているとのこと。

今回の決定には、イギリスの映画とTV業界に変化を求める団体BAME Creativesが発行した2つの書簡も影響した。そのうちの一つはコリンのほか、Netflixのコメディドラマ『チューインガム』で脚本・主演を務めるミカエラ・コール、奴隷にされた黒人男性の数奇な運命を描く映画『それでも夜は明ける』に主演したキウェテル・イジョフォーといった著名人3500人が署名。もう一つの書簡には、黒人やアジア系のTV関係者の団体に属する700人の個人が署名している。

BBCは「外側だけでなく内側から変革していきたい」と述べており、今後はストーリーと劇中の描写に多様性を出していくとともに、多様な製作チームとキャスト、マイノリティが率いる製作会社と積極的に仕事をしていくことを約束している。

トニー・ホール局長は、「ジョージ・フロイドさんの死(5月にアメリカで白人警官に首を押さえつけられて死亡した黒人男性)、および体制的に植えつけられた人種差別が伝えるメッセージが、私たちに大きな影響を与えました。人種差別への取り組みを支援するために、そして私たちの組織内と社会全体を前進させるために、自分に何ができるか、疑問を投げかけてきました。これがその答えです。私たちが生み出すものと、それを作る人に変化をもたらすでしょう」と、番組の多様化に対する意気込みを語った。

この変革の成果は年次レポートで発表していくと、BBCは約束している。(海外ドラマNAVI)

Photo:

コリン・ファース
(C)MAURICE CLEMENTS/FAMOUS