今見るべき一押しドラマ!
『キャプテン・マーベル』ブリー・ラーソン、60年が舞台のApple TV+新作ドラマに主演

『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞に輝き、マーベル映画『キャプテン・マーベル』でタイトルロールを務めるブリー・ラーソンが、Apple TV+の新シリーズへの出演契約を交わしたことがわかった。英Digital Spyが報じた。

ブリーが主演を務める『Lessons in Chemistry(原題)』は、今後出版予定の同名小説が原作。Apple TV+が公式に発表している概要では、「1960年代初頭が舞台の『Lessons in Chemistry』は、科学者になるという夢を抱いているものの"女性は専門家になるのではなく家庭に入るべき"と考えられている社会に抑制されているエリザベス・ゾット(ブリー)を中心に描きます」と紹介されている。

エリザベスはシングルマザーとなったことで研究者の道が断たれてしまうが、料理番組のホストの仕事を始め、科学の道への復帰を夢見ながら世の主婦や男性に料理のレシピ以上のことを教えていくのだという。

『エリン・ブロコビッチ』でアカデミー賞にノミネートされ、2019年には監督・脚本・製作総指揮を務めた『アンビリーバブル たった1つの真実』が話題を呼んだスザンナ・グラントが脚本を手がける。

ブリーはマーベルのスーパーヒロイン、キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルに扮する『キャプテン・マーベル』の2作目が2022年に公開を控えている。続編となる『Captain Marvel 2(原題)』ではニア・ダコスタ(『ヘヴィ・ドライヴ』)が監督に起用されたが、マーベル・シネマティック・ユニバースの映画でアフリカ系の女性がメガホンを取るのは初めてのこと。

TVシリーズとしては、2009年から2011年まで続いた米Showtimeの『ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ』で多重人格者である母親(トニー・コレット)に振り回される娘役を好演。その後、『コミ・カレ!!』にゲスト出演していたが、TVドラマで主演を務めるのは初となる。(海外ドラマNAVI)

★今すぐ『キャプテン・マーベル』を見る★

Photo:

ブリー・ラーソン©FAM008/FAMOUS