2013年12月アーカイブ

2014年にシーズン6をもって放送を終了することが決まっている、大人気ミュージカルドラマ『Glee/グリー』。クリエイターのライアン・マーフィーはフィナーレの構想を温めていたが、フィン役を演じていたコーリー・モンテースの突然の死に見舞われ、当初のプランは大きく変更を余儀なくされた。そしてこのほど、この実現しなかったエンディングの内容が明らかにされた。

【関連コラム】〈コーリー・モンテース追悼〉『glee』撮影現場、ある1日の回想...

このオリジナル・プランでは、レイチェルがブロードウェイで大成功を収め、ミュージカル界のスターになることを想定していたという。一方、地元オハイオに残ったフィンは、母校マッキンリー高校の教師となり、グリークラブ顧問として充実した日々を送っている。地元を愛する大人へと成長し、自分の生き方に自信を見出したのだ。そんな彼が率いるグリークラブにレイチェルが、ある日突然姿を現す。人生の夢を叶えたにも関わらず、レイチェルは何かしら満たされない思いを抱いていたのだ。「こんなところで何してるんだ?」と驚くフィンに、「私、帰ってきたの」とつぶやくレイチェル。2人がフェードアウトし、物語は終わる...という感動的な内容だ。

このエンディングはマーフィーがコーリー追悼の挨拶の中で参列者に明らかにしたもので、今回、その追悼文が初めて公にされた。その中でマーフィーは、フィナーレをフィンとレイチェルのドラマで締めくくるつもりだったと明かし、この構想がいつも自分を「北極星のように」導いてくれたと述べている。

コーリーが急逝したことにより、急きょ別のエンディングを考案したマーフィーだが、来年オンエアされる新しいフィナーレはコーリーを称賛する内容になるとされ、本人も「とても満足のいくものになる」と自信を見せている。

世界中で愛されたハッピーなミュージカルドラマ『Glee』。コーリーの死を乗り越え、どのような幕引きを見せてくれるのか、来シーズンに大きな期待がかかる。(海外ドラマNAVI)

Photo:コーリー・モンテース
(c)2012-2013 Fox and its related entities. All rights reserved.

今年も残すところあとわずかとなったところで、米TV Guideは、毎年恒例の「来年その姿をTVで見たくない人」リストを発表した。

【関連記事】清純派時代のマイリー・サイラスが見れます『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』作品情報

リストには、毎年おなじみの人、今年ならではの顔などさまざまな名前が笑えるコメントとともに挙がっているので、ここでいくつか紹介しよう。

☆マイリー・サイラス:
「全裸ミュージックビデオや衝撃的な写真投稿など、とどまることを知らないマイリーの過激パフォーマンス。清純派だったあの頃はどこに行ったの? もういい加減やめて!」

☆ビヨンセ:
「事前の予告やプロモーションなしに、突然新作アルバム「ビヨンセ」をリリースした彼女。告知は画像共有アプリ「Instagram」でのみだったため、ファンも騒然! 今後はこんなやり方が流行るのかと思うとうんざりする」

☆キム・カーダシアン&カニエ・ウエスト:
「6月に長女が生まれ、10月には婚約とふたりにとっては幸せいっぱいだった今年。しかし、カニエの新曲『Bound 2』のミュージックビデオに、トップレスのキムが登場するなど、やりすぎ感も。『Bound 3』『Bound 4』まで続いたら恐ろしい!」

☆英国ロイヤルファミリー:
「ウィリアム王子とキャサリン妃の第一子、ジョージ王子が誕生したのはおめでたいが、いつまで続けるの? エリザベス女王やチャールズ皇太子まで3世代分報道しなくても...」

その他の候補者には、おなじみジャスティン・ビーバー、破局と復縁を繰り返すケイティ・ペリーとジョン・メイヤーのカップルなどが選ばれており、これから読者からの投票でワースト1が決まることになる。また、ファンからのカキコミでは、当リストの常連リンジー・ローハンが今年は選出されていないことを残念がる声もあり、番外編(?)も楽しい。

はたして今年は誰が不名誉なリストの1位に選ばれるのだろうか?(海外ドラマNAVI)

Photo:残念ながらリストに名前が載ってしまいました ビヨンセ
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

ニューヨークのセレブな若者たちの恋愛模様を赤裸々に描いた『ゴシップガール』で、チャック役を演じたエド・ウェストウィックが、本作終了後の生活の変化を語った。

【関連フォトギャラリー】シャイで才能のあるダンと結婚したい!? 『ゴシップガール』特別展覧会にすみれが登場!

米Refinery29のインタビューに応えたイギリス人のエドは、「アメリカのテレビドラマに出るのは初めてだったし、6年間も『ゴシップガール』に出演できて素晴らしい経験だった。今は映画出演が続いて、様々な役を演じるのを楽しんでいるよ。でもアメリカのドラマは真価を発揮してきているから、テレビ出演に魅力を感じる俳優は多いと思う。本当にクオリティーが高いからね」と、アメリカのテレビドラマをベタ褒め。好きなドラマは『HOMELAND/ホームランド』で、エドが出演した映画『Romeo and Juliet』で共演したダミアン・ルイス(『HOMELAND』のブロディ役)に、大ファンであることを伝えたという。

そして今年1月に、『ゴシップガール』のロケ地だったニューヨークから、ロサンゼルスへ移り住んだばかりのエド。しかし夏の間はイギリスに戻っていたため、まだロスには数ヶ月しか住んでいないとのこと。"ロスは楽しいけど、永住することはないね"と語るエドの心は、いつも家族がいるロンドンにあるようだ。

エドが出演する『ゴシップガール』はスーパー!ドラマTVにて、1月29日(水)よりシーズン1からアンコール放送される予定。(海外ドラマNAVI)


Photo:エド・ウェストウィック
(c)Thomas Lau/www.HollywoodNewsWire.net

ケヴィン・ベーコン主演のサイコサスペンスドラマ『ザ・フォロイング』のファースト・シーズンのブルーレイ&DVDが2014年2月5日(水)に発売される。本日、本作の日本公式イメージソングに、ロックバンド黒夢が歌う新曲「BLACK HOLIDAY」が決定した。

【関連記事】「自分の信奉者(フォロアー)に...されたい!?」山路和弘&東地宏樹が語る『ザ・フォロイング』の魅力とは!? アフレコ取材に突撃!

黒夢は清春と人時で構成されるロックバンド。「BLACK HOLIDAY」は、2014年1月29日(水)に発売されるアルバム「黒と影」に収録される楽曲だ。スリリングでスピード感あふれるドラマの世界観と楽曲の世界観がマッチしたこと、また日頃より海外TVドラマのファンでもある清春の快諾もあり、今回のタイアップが実現した。2014年でデビュー20周年を迎える黒夢が、ハリウッド作品に楽曲を提供することはデビュー以来初となる。

『ザ・フォロイング』は、ケヴィン・ベーコンが初めてTVドラマシリーズに主演を果たした作品。ケヴィン演じる元FBI捜査官と、"フォロワー=洗脳された殺人集団"を操るカリスマ殺人鬼が死闘を繰り広げる本作は、全米ではネット視聴もあわせると2,340万人の視聴者数を記録し、セカンド・シーズンの制作も早々に決定している。イメージソング「BLACK HOLIDAY」は、ブルーレイ&DVD発売のTVCM、WEB広告や店頭プロモーションなどで使用されることになるので、ドラマ・楽曲共に注目してもらいたい。

『ザ・フォロイング』は、2014年2月5日(水)、ブルーレイ&DVDが発売される。また同日よりレンタル・オンデマンド配信も開始される。そして、「BLACK HOLIDAY」を収録したアルバム「黒と影」は、1月29日(水)avex traxより発売。また同日、日本武道館でのライブ公演も決定している。※12月28日(土)チケット一斉発売。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ザ・フォロイング』と黒夢
(c)2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

大人気青春ミュージカルドラマ『Glee』で、おしゃれなゲイのカート役を演じるクリス・コルファーが、人気子ども番組『セサミストリート』に出演し、いじめ反対のメッセージを訴えていたことがわかった。

【関連コラム】今、ゲイ度の高い海外ドラマが熱い!

米wetpaintによると、今でこそ人気俳優の仲間入りを果たし、ベストセラー作家にもなったクリスだが、子どもの頃は学校でいじめられていたという。クリスは、何とかいじめに対処する方法を自分で編み出したものの、やはり辛い思いをしたとのこと。

『Glee』でも、オタクでギークなグリー部のメンバーは、いつもアメフトチームの人気選手やチアリーダーたちのいじめの的で、カートはゲイであるが故に、特にひどいいじめを受けていた。そんなクリスが、『セサミストリート』で人気キャラクターのエルモ&チキンと共演。チキンがいじめられているのを見たエルモが、どうしたら良いのかカートに相談したところ、カートが「いじめるなんて本当にひどいね! 誰かがいじめられて怖がったり悲しんでいたら、すぐに大人に相談しないとダメだよ。それが一番いい方法なんだ」とアドバイスをするスキットを演じた。

『セサミストリート』の視聴者は、『Glee』ファンよりはずっと年齢層が下だが、"いじめは良くない"という教訓を教えるのに早過ぎることはない。カートのメッセージが、小さな子どもたちの心に響き、成長してからも忘れないことを願いたい。

『Glee』のシーズン5は、米FOXにて毎週木曜21:00に放送中。(海外ドラマNAVI)


Photo:クリス・コルファー
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

ヴァンパイアと人間の美少女との禁断の愛を描いた『ヴァンパイア・ダイアリーズ』で、主役のエレナを演じるニーナ・ドブレフが、クリスマスプレゼントとして母親をホワイトハウスへ招待していたことがわかった。

【関連特集】禁断の恋はじめませんか!? NAVI的『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のススメ!!

ニーナは、チャーター機に乗り込みワシントンDCに向かった後も、母親のミカエラさんを驚かせるために、どこへ連れて行くかは内緒にしていたとのこと。ホワイトハウスに到着したミカエラさんは、思いがけないプレゼントに驚きを隠せず、オバマ大統領とミッシェル夫人を目の前にして大興奮だったという。

米ZAP2itによると、ニーナは、ホワイトハウスの一室に飾られたクリスマスツリー前で撮った母親とのツーショット写真を添えて、「ママをホワイトハウスに連れて行ったの!大統領夫人にも会ったのよ!」とツイートしている。ミカエラさんは、娘からのプレゼントについて、「本当に夢の中にいるような気分だったわ。信じられないぐらい素晴らしい経験だった!140文字でこの気持ちは表現できないわ!」と喜びをツイート。ホワイトハウス訪問後は、ニューヨークのロックフェラーセンターも訪れ、母娘で素敵な時間を過ごしたようだ。

母親想いのニーナが出演する『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のシーズン5は、中休みを終えて米CWにて1月23日(木)20:00に放送開始。日本ではシーズン3が、スーパー!ドラマTVにて毎週木曜22:00より放送中。(海外ドラマNAVI)


Photo:ニーナ・ドブレフ
(c)Manae Nishiyama/www.HollywoodNewsWire.net

演劇が盛んなお国柄や冗談好きな国民性によるのか、イギリスではアメリカとは一味違う重厚で見応えのあるドラマや、ブラックユーモア満載のコメディが好まれている印象がある。実際、イギリスではどんなドラマが人気なのだろうか!? このたび英Digital Spyが2013年のベストTVキャラクターを発表。今年イギリスで人気を博したTVドラマの登場人物、全8キャラクターをドラマの内容と共に、4回に分けてご紹介しよう。

【関連記事】『ハウス・オブ・カード 野望の階段』シーズン1は、12月27日(金)イマジカBSで一挙放送! 詳しくは年末年始カレンダーでチェック!

英国では主役よりも、ともすれば見逃しがちな脇キャラについ目がいってしまうようだ。今回は、そんな姿勢で選ばれた二つのキャラクターをピックアップ「そこですかっ! 確かにそう言われると...」と思わせるようなマニアな姿勢が面白い。ちょっとドラマの見方が変わるかも!?

■『Brooklyn Nine-Nine』 レイ・ホルト署長
本作は、米テレビ批評家協会(TCA)の投票で「この秋もっとも有望な作品」の一つに選ばれた米FOXの新作コメディ。すでにシーズン1の放送が終了し、シーズン2の更新も見込まれている作品だ。物語の舞台はニューヨークのブルックリン99分署。主演を務めるアンディ・サムバーグ(『サタデー・ナイト・ライブ』)が、有能だが問題行動の多いジェイク・ペラルタ刑事を演じている。しかしDigital Spyが選ぶ人気キャラは、ペラルタではなく、アンドレ・ブラウアー(『ラスト・リゾート 孤高の戦艦』)扮する署長のレイ・ホルト。感情を抑え、揚げ足を取られないよう断固たる姿勢を貫く生真面目なホルトの姿が最高に愉快で、本作で大きな役割を担っていると評価している。ゲイであることを公表しながら警察組織で出世を目指す実直さも人気の理由だという。また、クリスマスエピソードでは、メンバーに負けないお茶目な一面も披露したのだとか。

■『ハウス・オブ・カード 野望の階段』 ピーター・ルッソ
日本でもイマジカBSとスマホ向け放送局NOTTVで放送された本作は、『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャー監督が初挑戦したドラマシリーズ。インターネット配信サービス、ネットフリックスで配信され、エミー賞3部門を受賞した話題作だ。主人公は政界でパワーゲームを繰り広げるケヴィン・スペイシー(『アメリカン・ビューティー』)演じるフランシス・アンダーウッド。しかしDigital Spyがベストキャラクターに選んだのは、コリー・ストール(『LAW & ORDER: LA』)扮する若手議員のピーター・ルッソ。シーズン1終了後も強い印象を残す登場人物だったと評している。当初は単なるイヤなヤツだと思われたが、物語が進行するにつれ、アルコール依存を初めとするスキャンダルにまみれて政治家生命が危うくなるルッソ。そこから知事選の選挙運動へ向かっていく姿に視聴者は釘づけにさせられる。問題を起こしながらも善悪をわきまえている男であることも人気の理由だと解説。結果的に、そんな一面がルッソに悲劇をもたらすことになるのだが...。真の政治家であり、情熱的な恋人、飲んだくれで父親でもある男の多面性を絶妙に演じたストールが、この役でメジャーな賞を授与されなかったのは犯罪だと言うほど大絶賛されている。(海外ドラマNAVI)

※【英国発2013年ベストTVキャラクター】の紹介はまだまだ続く! 次回もご期待ください。

Photo:コリー・ストール演じる『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のピーター・ルッソ
(c)2013 MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.

今までにない世界観でヴァンパイアを描いた『トゥルーブラッド』で、主役のスーキーを演じるアンナ・パキンが、映画『X-Men: Days of Future Past』の出演シーンをカットされてしまったことが明らかとなった。

【関連特集】オトナのための刺激的な官能の世界 海外ドラマ NAVIがご案内『トゥルーブラッド』3rd SEASON

アンナは今までに、オリジナル3部作である『X-MEN』、『X-MEN2』、『X-MEN:ファイナル ディシジョン』において、ローグ役を演じてきた。しかし、シリーズの最新作『X-Men: Days of Future Past』にも同役で出演したアンナだが、出演シーンをブライアン・シンガー監督の判断により、カットされてしまったのである。米Entertainment Weeklyのインタビューに応えたシンガー監督は、「編集の段階で、アンナの出演シーンが本筋と関係なくなってしまったんだ。でもすごくいいシーンだからDVDの特典映像に入るはずだよ。編集では、どんないいシーンでもカットせざるを得ない場合があって、残念ながらアンナの唯一の出演シーンがそのひとつだったんだ。アンナは素晴らしい仕事をしてくれて、最高の女優だ。また一緒に仕事をしたいね」と、アンナの演技は全く問題なかったことを釈明している。

アンナは、すでに自分のシーンがカットされたことを知らされており、映画製作において、今回のようなことが起こることを充分理解し納得してくれたとのこと。『X-MEN』シリーズで、ローグが登場するのは久々だっただけに、出演シーンがカットされてしまったのは残念だ。アンナとローグファンはDVDの特典映像も見逃せない!

『X-Men: Days of Future Past』は、2014年5月23日(金)に全米公開予定。(海外ドラマNAVI)


Photo:アンナ・パキン
(c)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

女優で歌手のセレーナ・ゴメスが、オーストラリアとアジアのコンサートツアーをキャンセルしたことが明らかとなった。

【関連動画】復縁したあの二人が有名スポーツブランドのイメージキャラクターにW起用

米US Weeklyによると、セレーナは今月19日(木)に、2014年1月16日(木)に東京からスタートし2月8日(土)にオーストラリアのメルボルンで終わる予定だった、アジア&オセアニアの「Stars Dance」ツアーのキャンセルを発表。セレーナは、「ファンのみんなは、私にとって大切な存在よ。だから、みんなの期待を裏切りたくなかった。でも、ここ何年も仕事を優先してきたから、最高の状態でいられるように自分と向き合う時間が必要だと思ったの。ファンの一人ひとりが、私にとって大切であることを分かってほしいし、ツアーのキャンセルを心からお詫びしたい」と、ファンへのお詫びと感謝の気持ちを述べている。

セレーナは6年間働きづめだったうえ、今年は彼女にとって特に大変な年だった。昨年末に、恋人だったジャスティン・ビーバーと破局し、失恋で新年を迎えることとなったセレーナ。春にはMTVムービー・アワードで、彼女が身に着けたインド風の衣装についてヒンドゥー団体から抗議を受け、今月はクリスマスコンサートでの口パク疑惑とFワード発言で叩かれてしまった。セレーナに近しい人物は、「彼女には休養が必要なんです。難しい決断でしたが、彼女はまず健康でいたいと思っているんです」と語っている。

セレーナの来日公演が中止となってしまい、ファンはがっかりしていることと思うが、セレーナにはゆっくり休養してベストな状態で日本に戻ってきてほしい。(海外ドラマNAVI)


Photo:セレーナ・ゴメス
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

この週末、大阪と東京で計3日間、ハリウッド・コレクターズ・コンベンション(以下ハリコン)が催された。日本におけるハリウッド文化の更なる人気向上と洋画人気向上を目指して過去数回催されているハリコンだが、今回はこのイベントのために映画『処刑人』出演のショーン・パトリック・フラナリーとノーマン・リーダスが来日し、サイン会&2ショット撮影会などを行い、彼らの来日を待ち望んでいた多くのファンと交流を深めていた。

2ショット撮影会では、「My Sweet Honey!!」と呼びかけながらファンを抱きしめるノーマンの姿、サイン会では「RIKA!!」「YAYOI!!」など、ファンの名前を大きな声で読み上げながらサインをするショーンの姿(※パーテーションの向こう側に二人がいるので、正しくは「声」)に、列をなして待機中のファンからもたびたび歓声と笑い声がおきていた。また、撮影やサインの後も、上気した顔でファン同士が"その瞬間"を語り合ったり、自身の写真を見せ合ったりするなど、それぞれが幸せなひとときを過ごせていたようだ。

撮影会会場とは別の大広間では、ディーラー各社が自慢の映画グッズなどを持ち寄り即売会を実施。中にはシンガポールなどアジア各国のディーラーからの委託品を扱うブースもあり、巷のショップではなかなかお目にかかれないレアモノも多数出品されていた。(ディーラー同士がお互いの出品物を物々交換する場面も!)また、即売会会場には、映画『スター・ウォーズ エピソード2』で少年時代のボバ・フェットを演じたダニエル・ローガンが登場し、熱心にファンと交流をしていた。

「是非、またこういったイベントを実施したいので、招聘してほしい俳優をSNSなどで教えてほしい」という運営スタッフからのメッセージもあったハリコン。今後の展開にも期待したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ショーン・パトリック・フラナリー、ノーマン・リーダス。
後ほどフォトギャラリーや動画でもご紹介します!

名実ともにハリウッドを代表する女優、ジュリア・ロバーツが、"オファーがあれば、『Glee』に出演したい!"と語っていることがわかった。

【関連特集】やっぱり『glee』は面白い! 海外ドラマNAVI的『glee』大特集!!

ジュリアは、主演映画『食べて、祈って、恋をして』でメガホンを取り、『Glee』のクリエーターを務めるライアン・マーフィーと親しい間柄にある。米E!Onlineによると、ジュリアは、アメリカで今月27日(金)に公開予定の映画『August: Osage County』のプレミアに出席。その際、インタビュアーから聞かれた"『Glee』に出演する気はある?"との質問に、「ライアンが私にドラマを引っ掻き回してほしいなら!もし彼が、全シーズン最後の思い出になるような、あり得ない展開の昼メロ調エピソードを考え出してくれたら面白いかも!」とおちゃめに答え、チャンスさえあれば出演する気は満々のようだ。

ジュリアは、ライアンが製作するブロードウェイ・ミュージカル『The Normal Heart』のテレビ映画リメイク版にも出演することが決定しているだけに、『Glee』のファイナルシーズンで出演が実現することを期待したい。

今までに『Glee』は、グウィネス・パルトロー、ブリトニー・スピアース、ケイト・ハドソン、サラ・ジェシカ・パーカーら、大物セレブが大勢ゲスト出演している。(海外ドラマNAVI)


Photo:ジュリア・ロバーツとライアン・マーフィー
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

型破りなナースの活躍を描いた全米大絶賛のダークコメディ、『ナース・ジャッキー』。待望のシーズン5がWOWOWプライムにて2月27日(木)から放送される。

【関連記事】第65回エミー賞授賞式(2013)HBO After Party【潜入パパラッチ】

主人公ジャッキー(イーディー・ファルコ)はニューヨークのオールセインツ病院のERで働く優秀なベテランナースだが、日々のストレスをクスリと不倫で解消していた。しかしすべてが周囲にばれて夫ケヴィン(ドミニク・フムザ)と別居。クスリを断つためリハビリ施設に入り、再出発へ。
今シーズンでは、上司に逆らい病院をクビになっていたジャッキーが、ERマネージャーのアカライタス(アンナ・ディーヴァー・スミス)とともに復帰。人手が足りない病院に新しく加わった研修医ローマン(ベティ・ギルピン)はセクシーなだけで役に立たず、アカライタスは、来週から新しく加わる予定の元軍医のプレンティス(モリス・チェストナット)を急きょ呼ぶことに。そんな中、バスの事故で大勢の急患が運び込まれ、その中にアメフトの有名選手がいて...。

今シーズンは、離婚調停中のジャッキーに新たな恋の予感も!?  また、元軍医でトラウマ専門外科医のプレンティスと、役立たずなお色気研修医のローマンが新たにメンバーに加わり、面白さがパワーアップ!

ジャッキー役のファルコは、今シーズンでエミー賞のほか、ゴールデン・グローブ賞と全米映画俳優組合賞にもノミネート。また、頼もしい後輩ナース、ゾーイ役のメリット・ウィヴァーは第65回エミー賞コメディシリーズ助演女優賞を受賞。さらに、今シーズンの第2話は映画『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェルが監督を務めることにも注目だ。

『ナース・ジャッキー5』はWOWOWプライムにて、2月27日(木)23:00よりスタート。第1話は無料放送となっている。(海外ドラマNAVI)


Photo:『ナース・ジャッキー』
(c) Showtime Networks Inc. and Lions Gate Television Inc. All Rights Reserved. SHOWTIME is a registered trademark of Showtime Networks Inc.,a CBS Company.

2013年12月31日(火)23:55~2014年1月3日(金)24:00、年をまたいでDlifeにて放送される特別編成『Dlife 72時間 ノンストップTV』のナビゲーターを、タレントのSHELLYが務めることが決定した。

【関連特集】年末年始の海外ドラマ情報はこちらのページでまるごとチェック!

今回の番組について、SHELLYに話を伺ったところ、「Dlifeは、開局の時からずっと見ているので、ナビゲーターとして関われるのはすごくうれしい! 今回紹介させていただく作品は、普段から見ているものも多いので本当におすすめです」と、ナビゲーターに就任したときの率直な感想を述べた。

たくさんの人気海外ドラマが放送される中でも、一番のおすすめは「『コールドケース 迷宮事件簿』です。犯罪の要素が強すぎず見やすいっていうのと、ハートウォーミングなストーリーも多いのも見どころ。30年ほど前の事件も登場するので、その時代の背景や常識を知れたり、当時の音楽も流れるので、自分がスッとタイムスリップしていくように作品に入り込めますよ。現在と過去を行ったり来たりが激しいですけど、すごくうまく描いていておもしろい!」と太鼓判を押した。

また、番組について「なんとなく見ているとハマっちゃうんで、自然な感じで見ても楽しめると思います。お正月の三が日、家族だんらんの時を過ごしているときにお邪魔させてもらえたら」と語った。

なお、同特別編成は、日本初放送作品を先行放送する「初見せ!初モノ7」、一話完結の選りすぐりのドラマを一挙放送する「朝まで傑作選8」、『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 3』のマラソン放送、イケメン揃いの『ホワイトカラー 2』『SUITS/スーツ』の一挙放送などの構成で放送される。中でも、2014年の新作ドラマ「西海岸捜査ファイル ~グレイスランド~』『ねじれた疑惑』『リベンジ 3』など、日本初放送のドラマに注目したい。

特別編成『Dlife 72時間 ノンストップTV』は、Dlifeにて12月31日(火)23:55から~2014年1月3日(金)24:00まで放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Dlife 72時間 ノンストップTV』ナビゲーター SHELLY
衣装:2%tokyo / EVOL

(c)Dlife

今年10月、ミランダ・カーと3年間の結婚生活に終止符を打ったオーランド・ブルームが、新作映画や愛について語った。

【関連☆お先見】ヌード溢るる本格ドラマ『Masters of Sex』の性なる研究とキケンな関係は、にわかには信じがたい「本当にあった奇妙な話」

残念ながら離婚に至ってしまった二人だが、2歳の息子フリン君のためにも、ミランダと友好な関係を築いているオーランド。そのせいか、破局して間もないというのに、米版Elle誌のインタビューで、「"愛"という概念に完全に恋しているんだ。(舞台「Romeo and Juliet」で)ロミオを演じてるから、今はちょっと愛に悲観的なところもあるけど、本当の心のつながりを感じる愛を信じてるよ」と明かし、"一目惚れも信じる"と恋愛に前向きな様子を見せている。しかし、インタビュアーの"ミランダと初めて会った時のことを覚えてるか?"との質問には、一目惚れだったのかと聞かれる前に、「覚えているけど、それについては話さないほうがいいね」と、お茶を濁したとのこと。

現在、アメリカで大ヒット上映中の『ホビット 竜に奪われた王国』に出演した、オーランドの次なる公開作は『Zulu』。『Zulu』で全裸シーンを披露しているオーランドは、「この映画のために、今までで最高の体を創り上げたんだ。僕が全裸で歩き回ると、最初は撮影スタッフが目をそらすのが面白かったね。で、撮影したフィルムを再生する時は、それを見るのに人が集まってたんだけど、僕は全裸にすっかり慣れちゃって平気だったよ。裸といっても骨と肉なんだから、みんな一緒だからね」と、意外に大胆な面を見せている。

オーランドのレゴラス役が見られる『ホビット 竜に奪われた王国』は、日本では2014年2月28日に全国ロードショーが決定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:"今までで最高の体"が気になる! オーランド・ブルーム
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

日本におけるハリウッド文化と洋画の更なる人気向上を目指す映画ファン必見のイベント、「ハリウッド・コレクターズ・コンベンション」。第3弾となる今年は、今もなおカルト的人気を誇る、映画『処刑人』のマクマナス兄弟ことショーン・パトリック・フラナリーとノーマン・リーダスが初の同時来日を果たし、本作の上映会及び公開記者会見が開催された。

【関連コラム】「ダリルグッズは○○の部屋に置いてるんだよ」『ウォーキング・デッド』ダリル役:ノーマン・リーダスに突撃インタビュー!

第2作目の映画『処刑人Ⅱ』日本公開から3年経った今なお、その人気は衰えることなく、昨日、東京・新宿ミラノ1で行われた一夜限りの上映会の座席チケットは完売。立ち見を含め、約1,000人のファンが集まった会場に、自らのiPhoneで客席を撮影しながら登場した二人は、楽しげにファンの声援に応えていた。

来日を果たした感想を尋ねられたショーンは「とにかく東京が大好きなんだ!」と回答。その理由の一つとして、「最初のファンの一人が東京の人だった。20年くらい前に『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険』のPRで来日したとき、ファンレターをくれたんだ。どこにいるかな?」と呼びかけ、そのファンのもとに駆け寄り熱いハグを贈る一幕も。予想外のファンサービスに会場は一気に熱狂の渦に包まれた。

初めて本作を見る人に向け、見どころとして「僕らの役は、映画の中でいろんな国の言葉を話すんだ。警察署でロシア語か何かを話すシーンがあるんだけど、どうしても台詞が覚えられなくて見えない場所にキューカード(カンニング・ペーパー)を貼ってもらったんだ」とノーマンが裏話を披露。ショーンが面白がって「本当の話だよ。よく見てみると、目線が上のほうに向いて(貼ってある)台詞を読んでいるのがわかると思うよ」と付け加えると、ノーマンは「ショーンはカメラに映らないところで変な顔をしたりして、さらに困らせようとしていたんだよね」とコメント。二人そろって身振り手振りを加えながら臨場感たっぷりに撮影の様子を語った。

本作で兄弟役を演じている二人は実生活でも仲が良いようで、ノーマンからは「(映画『処刑人Ⅱ』公開以降も)いつも一緒に遊んでいるよ。実は僕のバイクを1台、ショーンのガレージに置かせてもらったりしているんだ」とその親しさを感じさせるエピソードが語られた。ショーンも「(PartⅠからPartⅡの公開まで)10年ぶりといっても、よく会っていたから、実際は2年ぶりという感じで簡単に作品に入ることができたよ。この作品は僕にとって一番演技をしていない作品で、二人のやり取りもそのまま。ドキュメンタリーみたいな感じ」と語り、作品の中だけではない二人の絆を感じさせた。

「ハリウッド・コレクターズ・コンベンションNo.3」は、12月21日(金)大阪・ホテル京阪 京橋 かがやきの間にて、そして12月22(土)、23日(日)と東京・九段下 ホテルグランドパレス 2階大宴会場・ダイヤモンドルームにて開催。なお、大阪・東京会場共に映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』でボバ役を演じたダニエル・ローガンも登場予定となっている。いずれも入場料は無料。
※俳優によるサイン会・撮影会は有料。(海外ドラマNAVI)

Photo:本当に仲良さげな二人!ショーン・パトリック・フラナリー&ノーマン・リーダス

ハワイの雄大な自然を舞台に、凶悪犯罪に立ち向かう特殊捜査部隊の活躍を描く『HAWAII FIVE-0』。熱く激しいアクションシーンが本シリーズの見どころのひとつだが、なんとこのアクションを封印したエピソードが放映されたという。

【関連特集】海外ドラマNAVI的『HAWAII FIVE-0』How to ガイド!

(以下、ややネタばれを含みますのでご注意ください)

米Inside TVによると、このエピソードは1941年12月7日の真珠湾攻撃と、その直後に強制収容された日系アメリカ人を題材にしたもの。真珠湾攻撃の生存者で、勇敢に戦った退役軍人を讃える祈念式典をじっと見つめ、参列者のひとりをピストルで狙いを定めていた日系人の男に気づいたスティーヴ(アレックス・オロックリン)。

ピストルを取り上げ事件は未然に防いだが、第二次世界大戦中の日系人強制収容所で、真珠湾の生存者に自分の父親を殺害されたと主張する男の話に興味を持ち、FIVE-0のメンバーとともに70年前の未解決事件を追う、というストーリだ。

男の記憶を頼りに、当時の資料や法医学を駆使して解決の手がかりを探すため、本作の舞台の大半は部屋の中。そのため、アクションシーンはほとんど見られないという。何か違うタッチのエピソードを製作したいと、かねてから考えていたという製作総指揮のピーター・レンコフは、「本シリーズからアクションシーンを排除するのはとても難しかったよ。いつもとまったく方向性が違うからね。でも、物語の書き手たちと、もっと自分たちが書いてみたいものを書きたいと思ったし、心情に訴えた物語だって書くこともできると思った。スティーヴが、マシンガンを持たずに部屋に入っていく状況を書いてみたかった」と、コメントしている。

パイロット版を製作した当初から、強制収容所を題材にするアイデアを温めてきたというレンコフ。満を持して製作した今回のエピソードは、歴史への敬意と教訓を込めた素晴らしい物語になっているという。(海外ドラマNAVI)


Photo:『HAWAII FIVE-0』
TM &(c)2012 CBS Studios Inc. CBS and related marks are trademarks of CBS Broadcasting inc.All Rights Reserved.
FOR POSITION TM (R)&(c) by Paramaunt Pictures. All Rights Reserved.

大ヒット青春ミュージカルドラマ『Glee』のサンタナ役で知られ、今年10月にラッパーのビッグ・ショーンと婚約したナヤ・リヴェラ。4月の交際発覚から半年でスピード婚約に至ったナヤが、結婚式のプランと子作りについて語っている。

【関連コラム】超密着! 『glee』撮影スタジオ潜入記<最終章>出演者インタビュー!!(前編)

米wetpaintによると、結婚式の準備で大忙しのナヤは、先月、家族と友人を伴ってウェディングドレス探しのショッピングに出かけている。ビッグ・ショーンは"彼女の望みは何でもか叶えるよ!"との姿勢だが、ナヤに全てを任せきりというわけではないとのこと。米People誌のインタビューで、ナヤは「ショーンも結婚式の準備に協力的よ。お互いの意見をきちんと伝えて話合ってるから、彼とはどんなことも理解し合えるの。だから結婚することになったんだと思うわ」と、ショーンは最高のパートナーだと語っている。また、子作りについて聞かれると、「それはまだ分からないわね。流れに任せるって感じかしら?今はお互いに夢中で、残りの人生を共に過ごすのがとにかく楽しみなの」と、今はショーンと結婚できることが嬉しくて仕方がないといった様子だ。

幸せいっぱいのナヤが出演する『Glee』のシーズン5は、米FOXにて毎週木曜21:00に放送中。(海外ドラマNAVI)


Photo:ナヤ・リヴェラとビッグ・ショーン
(c)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

2009年に他界したマイケル・ジャクソンの子どもたちがドキュメンタリーに出演し、マイケルとの関係や暮らしについて語ったと米ABC Newsが報じた。このドキュメンタリーのタイトルは『Remembering Michael』。マイケルの母であるキャサリンが製作総指揮を務め、3人の子どもたちが自らの視点でマイケルと過ごした日々を振り返っている。

【関連記事】故MJ愛娘、パリスちゃんは男子だらけの部活で一人頑張る こちらも奮闘、てか不安 レイチェル・ビルソンと巨大犬

「6歳くらいになるまで、父の名前がマイケル・ジャクソンだと知らなかった。彼はいつだって僕のパパだったから」と語ったのは、16歳になった長男のプリンス。娘のパリスは「私たちは同年代の子どもをあまり知らなかった。隔離されたような生活を送り、ネバーランドを離れることはほとんどなかったわ」と話し、幼少期にベールやマスクで顔を覆われたことを含めて、マイケルが幼い自分たちのプライベートを守ってくれたことに触れたという。

マイケルの個性的なライフスタイルや振る舞いが世間に誤解されていると考えている3人の子どもたち。今回初めて公に自分の考えを語った11歳の次男ブランケットは、「あんな風にプライバシーを侵害するのは間違っている」とマイケルを執拗に追ったマスコミを非難。そんなブランケットは将来の夢についても語り、「密猟なんかによって動物がたくさん殺されてる。だから絶滅の危機にある動物たちを守りたいんだ」と、アフリカなどで救援活動を行いたいと明かしている。

本作は夢をかなえるための資金集めを目的としたオンラインサイトFundanything.comにて、寄付金を払えば視聴可能。寄付金の額は10ドルからだが、高額になるほど魅力的なオプションが加わり、最高額の12500ドルを寄付した場合、キャサリンの家で一緒に本作を視聴できる権利が得られる。製作に当たってキャサリンは、マイケルの土地を担保にするなど、借金をして資金繰りをすることを避けたいと考え、同サイトを利用したという。(海外ドラマNAVI)


Photo:(左から)娘パリス、長男プリンス、姉のラトーヤ・ジャクソン
(c)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

2009年に日本上陸以降、過激さとゴージャスさで大人気となったドラマ『ゴシップガール』。音楽・映像ソフトのレンタル最大手チェーンのTSUTAYAによると、同社の「2013 年間レンタルDVDランキング(海外TVドラマ部門)」で本作のフォース・シーズンが1位を獲得したと発表された。

【関連特集】ずっと観たかった&見逃していたあの海ドラを今こそまるっと!年末年始は朝から晩まで海外ドラマ三昧

同社によると、1位の『ゴシップガール』以下、『ARROW / アロー』『SUPERNATURAL』『CHUCK / チャック』などがトップ10にランキング。日本での海外ドラマの人気の高さが見える結果となった。
以下海外ドラマのランキングを紹介する。

■TSUTAYA 2013年間レンタルDVDランキング(海外TVドラマ部門)
1位『ゴシップガール<フォース・シーズン>』
2位『ARROW / アロー<ファースト・シーズン>』
4位『ゴシップガール <フィフス・シーズン>』
5位『SUPERNATURAL VIII<エイト・シーズン>』
7位『CHUCK / チャック <フォース・シーズン>』
9位『THE MENTALIST/メンタリスト<サード・シーズン>』

なお、1位を獲得した『ゴシップガール』の販売元ワーナー・ホームビデオによると、来年は『ザ・フォロイング』を皮切りに人気作のファイナルシーズンなどを多数リリースする予定とのこと。ひとまずこの年末年始にまだ観てなかった海外ドラマをとことん楽しんでみてはいかが?(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゴシップガール <フォース・シーズン>』DVDレンタル&発売中/オンデマンド配信中
(c) 2013 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved.

今週日曜、アメリカでシーズン3がフィナーレを迎えたばかりのサスペンスドラマ『HOMELAND』。本作でレギュラー出演していた俳優二人が、今シーズンをもって降格することが決まった。

【関連記事】賞レース総ナメの超話題作、『HOMELAND/ホームランド』に迫る!

米TV Lineによると、シーズン3をもって降格が決まったのは、ダミアン・ルイス演じるニコラス・ブロディの妻、ジェシカ役のモリーナ・バッカリンと、娘のデイナを演じるモーガン・セイラー。今シーズンはブロディの登場シーンが少ないため、ジェシカとデイナの出番も以前より減ってしまったのだという。モリーナとモーガンは、来シーズンでゲストとして迎えられるとのこと。

なお、今シーズンでのシーンが減ってしまったダミアンは、レギュラー出演が打ち切られるのではないかと心配しているようだ。最近のインタビューで彼は、「ブロディは脚本家にとって謎の人物だ。彼らは自らが作り出したキャラクターに翻弄されているところがある」と脚本家がブロディの扱いに手を焼いていることを明かしている。

さらに、「キャリー(クレア・デインズ)とブロディの関係の展開に、視聴者が関心を寄せるとも思えない」とネガティブな発言。「ブロディは実に複雑で予測のできないキャラクターだ。シーズン7があるとしたら、それまで生き残れるかもしれないし...それは誰にも分からないね」と締めくくった。(海外ドラマNAVI)

Photo:レギュラーとしてカムバックする日は来るのだろうか... モリーナ・バッカリン
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

ニューヨークのセレブな若者たちの恋愛を描いた青春ドラマ『ゴシップガール』でチャック役を演じたエド・ウェストウィックが、映画『Romeo and Juliet』出演について語った。

【関連コラム】『ゴシップ・ガール』『ヴェロニカ・マーズ』『スーパーナチュラル』...あなたはどのオトコがお好み?

『Romeo and Juliet』でエドが演じるのはティボルト役で、ロミオ役のダグラス・ブースと、ちょっと変わった方法で打ち解けたという。英InStyle誌のインタビューで、エドは「撮影でイタリアにいたんだけど、ディナーによく行ってた静かな広場にあるレストランが、撮影で使う建物と似ていたんだ。ダグラスと一緒にタクシー乗っていた時に、その場所で車から飛び降りて、彼に一騎打ちを申し込んで決闘シーンのリハーサルを始めたのさ。彼はちょっと驚いてたけど提案に乗ってくれて、打ち解ける取っ掛かりになったよ」と、語っている。

このほか新作映画3本が待機中で、映画『Bone In The Throat』への出演も決定し、仕事は絶好調のエドだが私生活では独身。エドの母親は、恋人もおらず腰を落ち着ける気配のない息子にがっかりしているとのこと。超グルメで料理が好きというエドは、"料理を作ってあげる恋人が欲しいね"とロマンティックな一面をうかがわせている。エドに手料理をふるまってもらえるラッキーな女性は誰になるのだろうか。
エドが出演する『ゴシップガール』はスーパー!ドラマTVにて、1月29日(水)よりシーズン1からアンコール放送される予定だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:エド・ウェストウィック
(c)Thomas Lau/www.HollywoodNewsWire.net

『クローザー』のキーラ・セジウィックが、女性を主人公にした新作ドラマのパイロットを製作することになった。

【関連記事】オススメドラマ『THE CLOSER』

米Deadlineによると、ドラマのタイトルは『Proof』で、超常現象を扱った医療ドラマになる。パイロットの脚本を『リップスティック・ジャングル』の製作総指揮者ロブ・ブラギンが担当する。主人公は、懐疑主義で科学的なことしか信じない外科医の女性。彼女は、家族の死を引きずり、輪廻転生や、幽体離脱、心霊などの超常現象を捜査し、生命の最大の疑問「死は本当の終わりなのか、それとも死の先があるのか?」を証明しようとするという。

このドラマにキーラは出演する予定はなく、ブラギンと製作総指揮を務める。また映画『レディ・キラーズ』の製作者トム・ジェイコブソンも参加する。キーラは新しいTVドラマを製作しようと企画を探しており、ようやく『Proof』に巡りあい、ブラギンと手を組むことを決めたという。キーラが出演しないのは残念だが、彼女が手がける新しいドラマに注目したい。(海外ドラマNAVI)


Photo:キーラ・セジウィック
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

1962年に公開された『アラビアのロレンス』で主役を務め、アカデミー賞に合計8回ノミネートされた俳優ピーター・オトゥールが、現地時間12月14日(土)ロンドン市内の病院で亡くなった。享年81歳。

英国で生まれたピーターは、最初ジャーナリズムの道を志し、王立演劇学校の奨学金を得るまで英国海軍に服している。俳優の道を本格的に歩み始めたのは、1950年代に英国で『ハムレット』をはじめとした舞台に立ってから。

米TV Guideによると、プライベートでは問題を起こす厄介者という評判もあったが、現役時代は『アラビアのロレンス』『冬のライオン』『チップス先生さようなら』、比較的新しい作品では『ヴィーナス』などに出演し、アカデミー賞に8回ノミネートされた。これは最多ノミネート記録となっているが、実はアカデミー賞を受賞することは1度もなかったピーター。2003年にアカデミー名誉賞を受賞されることになったときは、当初、現役の役者としてアカデミー賞を受賞する可能性を信じているから、と表彰式への出席を断っている(後に受諾し、出席した)。

2012年に俳優業引退を発表した際、3巻目の回顧録の執筆に集中すると話したピーター。その後は長く闘病生活を続けていたという。(海外ドラマNAVI)


Photo:ピーター・オトゥール
(c)Kazumi Nakamoto/www.HollywoodNewsWire.net

伝説の連続殺人鬼が、遂にその姿を現す!! デンマーク生まれの超人気作を米AMCがリメイク、その後アメリカでも人気を博しエミー賞では主要6部門にノミネートされた犯罪ミステリー『THE KILLING』。本作のシーズン3がいよいよ来年2月14日(金)日本で放送されることとなった。

17歳の美少女『ロージー殺害事件』の解決から一年...。シアトル市警殺人課のサラ・リンデンは刑事の職を引退し、平穏な生活を送っていた。元パートナーのスティーブン・ホールダーは現職刑事を続けていたが、ある日、少女の遺体が発見されると、その事件が過去にサラが担当していた殺人事件に関連していると感じたスティーブンは、彼女に捜査協力を依頼する。サラは、その独特な嗅覚と第六感をもって単独で捜査を開始。そして辿り着いた先には想像を絶する惨劇が...。

出演は、ミレイユ・イーノス(『Big Love』)、ジョエル・キナマン(『ロボコップ』)、イライアス・コティーズ(『コンバット・ホスピタル 戦場救命』)ほか。

『THE KILLING』シーズン3は、2014年2月14日(金)20:55からFOX CRIME PLATINUMにて放送される。(海外ドラマNAVI)


Photo:『The Killing~闇に眠る美少女』
(c) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

今年、9月に行われた第65回エミー賞にてミニシリーズ/テレビムービー部門の作品賞・主演男優賞・監督賞などを含め本年度最多となる11部門で受賞を果たした『恋するリベラーチェ』。本作は11月から劇場公開されていたが、来春のDVD発売に先駆け、スターチャンネルにて"日本最速"で放送されることが決定した。

【関連☆お先見】マイケル・ダグラスとマット・デイモンの衝撃的なラブ・シーンも! 伝説のピアニスト、リベラーチェの私生活を描いた『Behind the Candelabra』

本作は、スティーヴン・ソダーバーグ監督が、映画『サイド・エフェクト』で映画界を引退し、テレビ界に活躍の場を移した記念すべき作品でもあり、コンペティション部門でプレミア上映されたカンヌ国際映画祭でも高い評価を受けていた。また、昨夜、発表された第71回ゴールデン・グローブ賞でも、ミニシリーズ/テレビムービー部門の作品賞や主演男優賞など4部門にノミネートされている。

リベラーチェは、1950~70年代に煌びやかなステージ衣装とパフォーマンスで一世を風靡した名ピアニスト。当時、"世界が恋したピアニスト"と呼ばれる一方で、同性愛者であることを隠し続けた実在のスターをマイケル・ダグラス、その恋人をマット・デイモンがまさに体当たりの演技で熱演。赤裸々に描かれる2人の愛の軌跡と、豪華絢爛なエンターテイナーの裏にひた隠しにされていた苦悩や葛藤が見事に描かれている。

『恋するリベラーチェ』はスターチャンネル、STAR1にて2014年2月1日(土)・7日(金)・15日(土)・26日(水)に放送予定。
また、関連特集「スポットライトの影で」では『ロック・オブ・エイジズ』『ケイティ・ペリー パート・オブ・ミー』『ホイットニー・ヒューストン スパークル』『ジョイフル♪ノイズ』の全4作品が、STAR2にて2014年2月1日(土)一挙放送、2月4日(火)~7日(金)4日連続放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『恋するリベラーチェ』
(c)2013 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved

世界中で大ヒット中の青春ミュージカルドラマ『Glee』で、水泳コーチ、ロズ・ワシントンを演じたネネ・リークスが、再びシーズン5に戻ってくることが明らかとなった。

【関連記事】やっぱり『glee』は面白い! 海外ドラマNAVI的『glee』大特集!!

米wetpaintによると、ネネは今月10日(火)、ツイッターで「今日はLAで目覚めたわ。そうなの!ロズコーチが戻ってくるのよ!」と投稿し、『Glee』へのカムバックを報告。ネネが出演する第10話は2014年年3月4日(火)にオンエア予定で、同サイトは、現在マッキンリー高校の校長に就任しているスー先生(ジェーン・リンチ)と再び火花を散らすのでは?と予想している。

ネネは、アトランタに住むリッチな主婦の日常を赤裸々に描いたリアリティ番組『The Real Housewives of Atlanta』で注目された。『アプレンティス4/セレブたちのビジネス・バトル』とリアリティ番組への出演が続いた後に、『Glee』でついに女優デビュー。『New Normal おにゅ~な家族のカタチ』にも出演し、インパクトのあるキャラで順調に女優のキャリアを積んでいる。

『Glee』のシーズン5は、米FOXにて毎週木曜21:00に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ネネ・リークス
(c)Hanako Sato/www.HollywoodNewsWire.net

ケメン敏腕弁護士と天才青年のコンビが活躍するリーガルドラマ『SUITS/スーツ』で、マイク役を演じるパトリック・J・アダムスが、米BBC Americaの『Orphan Black』のシーズン2に出演することがわかった。

【関連★お先見!】自分がクローンのひとりだったら? 絵空事ではすまされない現代サスペンス『Orphan Black』

『Orphan Black』は、自分と瓜二つの女性エリザベスと遭遇しサラ(タチアナ・マズラニー)が、エリザベスの自殺後に自分が彼女のクローンであることを知ってしまうというストーリー。クローン技術に対する道徳と倫理の問題を投げかける話題作だ。

米TV LINEによると、パトリックが演じるのは、サラのクローンと出会ったことで数々のトラブルに巻き込まれる勇敢だが普通の男ジェシー。本作の大ファンというパトリックは、"ゲスト出演できるなんて夢が叶った!"と大喜びとのことで、「『Orphan Black』はテレビでも最高クラスのドラマだ。タチアナ・マズラニーの演技を見ると触発される」とツイートし、本作を絶賛している。

このほかシーズン2に、ミヒル・ホイスマン(『Nashville』)、ピーター・アウターブリッジ(『NIKITA/ニキータ』)らのゲスト出演が決定している。
『Orphan Black』のシーズン2は、米BBC Americaにて4月19日(土)より放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:パトリック・J・アダムス(写真左)
(c)2012 Universal Studios.All Rights Reserved.

愛すべきダメ男、ハンク・ムーディーの波乱に満ちた恋愛劇をユーモラスに描く、米Showtime局の人気シリーズ『カリフォルニケーション』が来春オンエア予定のシーズン7をもって放送終了することがわかった。Showtimeが声明で明らかにした。

【関連記事】あの頃、ボクらはイケメンだった ~テレビで活躍する80年代映画スターたち

番組クリエイターのトム・カピノスは打ち切りを承知した上でシーズン7の製作に臨み、すでにすべての撮影を今年7月30日に済ませているという。

Showtime社長のデヴィッド・ネヴィンズ氏は、声明の中で「『カリフォルニケーション』は我が局を代表するパイオニア的作品でした」と同作を賞賛。さらに「シリーズの陣頭指揮を取り、忘れがたいコメディ作品を作り上げたトム・カピノス、そしてハンク・ムーディーという愛すべき快楽主義者を見事に演じきったデヴィッド・ドゥカヴニーに深い感謝の意を表します」と謝辞を述べた。また、シーズン7について「トムは綿密にファイナルシーズンを計画し、ハンクの旅路に美しい締めくくりを用意してくれました。番組の新旧ファンだれしもが納得できるエンディングです」と述べ、太鼓判を押してみせた。

シーズン7に新たな顔ぶれが登場することは、すでに今年4月に発表されたとおりだ。ハンクにまとわりつく過去の女として、映画『ブギーナイツ』のヘザー・グラハムが久々のTV復帰を果たすほか、『LAW & ORDER』『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』のマイケル・インペリオリがTVプロデューサー役で出演。また、『24 -TWENTY FOUR』のクロエこと、メアリー・リン・ライスカブがノイローゼ気味の女性ライター役で登場するなど、個性派の俳優陣が人気シリーズの大団円を盛り上げることになりそうだ。

『カリフォルニケーション』ファイナルシーズンとなるシーズン7は、アメリカShowtimeにて来年4月から12話編成で放送予定。(海外ドラマNAVI)


Photo:『カリフォルニケーション』
(c)Showtime

映画『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクターを主人公にし、全米を震え上がらせた話題の海外ドラマ『ハンニバル』が日本上陸を果たす。

【関連記事】連続猟奇殺人犯ハンニバル・レクター博士の正体はいつFBI捜査官に見破られるのか!? 背筋が凍るサイコ・スリラー『Hannibal』

世界を震撼させたサスペンスの金字塔、トマス・ハリス原作「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクター。本作では天才精神科医として連続殺人事件の捜査に協力する若き日のハンニバルが衝撃のサイコ・サスペンスとして描かれている。

映画でのアンソニー・ホプキンスに代わり、本作でハンニバルを演じるのは、デンマーク出身"北欧の至宝"とも称される実力派俳優マッツ・ミケルセン(『007 カジノ・ロワイヤル』『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』)。異常なほど潔癖で凶悪な犯罪者であることすら感じさせない彼を見事に演じている。

捜査が進むにつれ見え隠れするハンニバルの真の姿とは!? 史上最も残酷な殺人鬼ハンニンバル・レクターのこれまで語られなかった衝撃のストーリーが完結を迎える。

『ハンニバル』はスターチャンネルにて2014年2月1日(土)二ヵ国語版と字幕版で先行放送し、2月8日(土)よりレギュラー放送が開始される。


■ 製作総指揮
ブライアン・フラー(『HEROES/ヒーローズ』、『プッシング・デイジー ~恋するパイメーカー~』)

■ 製作総指揮
ジェシー・アレクサンダー(『LOST』、『HEROES/ヒーローズ』)他

■ 監督
デヴィッド・スレイド(『エクリプス/トワイライト・サーガ』) 他

■ 出演
マッツ・ミケルセン(ハンニバル・レクター役:井上和彦)
ヒュー・ダンシー(ウィル・グレアム役:浪川大輔)
ローレンス・フィッシュバーン(ジャック・クロフォード役:玄田哲章)
カロリン・ダヴァーナス(アラナ・ブルーム役:佐古真弓)
ヘティエンヌ・パーク(ビバリー・キャッツ役:長尾明希) 他

(海外ドラマNAVI)

Photo:『ハンニバル』
(c)2013 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

大人気ガールズミステリー『プリティ・リトル・ライアーズ』(以下『PLL』)のアシュリー・ベンソン(ハンナ役)とイアン・ハーディング(エズラ役)が、オフ・ブロードウェイの舞台に出演中のキーガン・アレン(トビー役)の応援に駆けつけていたことがわかった。

【関連特集】BSの新チャンネル、「Dlife」の魅力を大解剖!『プリティ・リトル・ライアーズ』

舞台「Small Engine Repair」でキーガンが演じるのは、高校の元人気スポーツ選手チャド役。元同級生たちとの溜まり場だった片田舎の車の修理店に突然現れ、波乱を巻き起こす役どころだ。

米wetpaintによると、先週末、アシュリーとイアンは一緒にニューヨークを訪れ、舞台を観賞しキーガンをサポート。アシュリーは画像共有サイトInstagramに、「イアンと一緒にキーガンの舞台を観に来てるの!」とコメントを添え、イアンとのツーショットを投稿している。またシェイ・ミッチェル(エミリー役)も先月舞台を観賞し、「舞台に感激したわ!演技も素晴らしくてキーガンのことを誇りに思ってる。絶対観なきゃダメよ!」と同画像共有サイトでコメントしている。

オフ・ブロードウェイ初出演のキーガンは、共演者たちの暖かいサポートできっと心強かったに違いない。キーガンをはじめアシュリーらが出演する『PLL』のシーズン4は、米ABC Familyにて翌年1月7日(火)20:00から放送予定。日本ではDlifeにてシーズン3が毎週土曜23:00より放送中。(海外ドラマNAVI)


Photo:アシュリー・ベンソンと舞台に出演中のキーガン・アレン
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net
(c)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

大ヒット青春ドラマ『ゴシップガール』のブレア役で知られるレイトン・ミースターが、舞台「二十日鼠と人間」でブロードウェイデビューを飾ることがわかった。

【関連動画】『ゴシップガール』試写会で、AKB48小嶋陽菜がトークショー!

本作は、1937年に出版されたノーベル賞作家ジョン・スタインベックの同名小説が原作。大恐慌時代のカリフォルニア州を舞台に、出稼ぎ労働者のジョージとレニーが、農場主になることを夢見ながらも、厳しい現実に打ちのめされていく悲劇の物語だ。

米AP通信によると、今回レイトンが演じるのは農場の持ち主であるボスの息子、カーリーの妻役。この若く美しい妻にレニーは魅了され、やがてそれがジョージとレニーの運命を危険にさらすことになるという。

なお、聡明なジョージ役をジェームズ・フランコが、知的障害者の大男レニーをクリス・オダウド(『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』)が演じるほか、トニー賞受賞経験を持つアンナ・D・シャピロが演出を手がける。

先日、『The OC』のアダム・ブロディとの婚約が伝えられたばかりのレイトン。私生活のみならず、仕事も順調のようだ!

舞台版「二十日鼠と人間」は、ロングエーカー劇場にて2014年3月より公演スタート予定。(海外ドラマNAVI)


Photo:レイトン・ミースター
(c)Manae Nishiyama/www.HollywoodNewsWire.net

製作発表当初から注目されていた生放送版『サウンド・オブ・ミュージック』。今月5日、米NBCで3時間にわたってライブ放送されたこの特番は、平日木曜にも関わらず、視聴者1850万人を獲得、18~49歳の成人層で視聴率4.6%を達成した。そんな大満足の結果を収めたNBCが、来年もミュージカルの生番組に挑戦する計画を明らかにした。

【関連コラム】リアル『SMASH/スマッシュ』特別企画! ブロードウェイ・オーディションの現場に潜入!

NBCエンターテイメントのグリーンブラット会長は、ブロードウェイで上演された家族向けの名作を再び生放送すべく、いくつかの候補作を検討中だと米ニューヨーク・タイムズに打ち明けた。放送時期は来年もクリスマスシーズンを予定し、映画版『シカゴ』や『ヘアスプレー』を生み出した名コンビ、クレイグ・ゼイダンとニール・メロンが引き続き製作総指揮を務めるそうだ。

グリーンブラット会長によると、今回の放送後にミュージカル作品の著作権所有者たちから「うちの作品をぜひ使ってほしい」とラブコールが寄せられたという。一般視聴者のみならず、業界関係者からも高く評価されたことで、NBCは次回作にますます意欲を燃やしている様子。しかも来年も好評だった場合、毎年恒例の特番として続けていきたいとの意向を示しており、NBCの思惑が当たれば、ミュージカルの生番組がクリスマスシーズンの風物詩となる可能性もありそうだ。

なお、今回の『サウンド・オブ・ミュージック』は、1959年に初演されたブロードウェイ版をベースに生み出されたもの。主なキャストは、『アメリカン・アイドル』シーズン4の優勝者のキャリー・アンダーウッド(マリア役)、『トゥルー・ブラッド』のスティーヴン・モイヤー(トラップ大佐役)、『プライベート・プラクティス』のオードラ・マクドナルド(修道院長役)、『SMASH』のクリスチャン・ボール(マックス役)ら。生放送は終わってしまったが、TVでもお馴染みの俳優たちが披露した緊張感あふれるパフォーマンスを日本でもぜひ放送してもらいたい!(海外ドラマNAVI)


Photo:キャリー・アンダーウッド
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

大ヒットドラマ『LOST』のケイト役で知られ、映画『ホビット 竜に奪われた王国』がアメリカで公開間近のエヴァンジェリン・リリーが、自分が表紙を飾った雑誌の仕上がりに不満を示していることがわかった。

【関連動画】映画『ホビット 思いがけない冒険』来日記者会見 その1

米wetpaintによると、エヴァンジェリンが表紙を飾ったのは米Women Health誌で、背中を向けて後ろを振り返るポーズを取っている彼女が身に着けているのは、短いトップスとショーツのみ。彼女のお尻に向けられた矢印の先には"BEST BUTT EVER(最高のお尻)"とデカデカと書かれているのだ。

この表紙デザインについてエヴァンジェリンは、Entertainment Canadaのインタビューで、「写真撮影の時は、どんな仕上がりにしたいかある程度ルールを提示するの。女性誌の表紙で、自分のお尻を見せびらかしたい女性は普通いないでしょ?女性読者はそんなもの望んでいないわ。男性誌なら分かるけど」と語り、もっと上品で女性受けする表紙写真を期待していたようだ。

本人は表紙を気に入らなかったようだが、美容健康雑誌だけに、彼女の抜群のスタイルを見た読者はエクササイズの意欲が湧くかもしれない!?(海外ドラマNAVI)


Photo:エヴァンジェリン・リリー
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

現代のロンドンを舞台に、シャーロック・ホームズの活躍を描く大人気ミステリー『SHERLOCK シャーロック』。本作で、聖バーソロミュー病院の法医学者を勤め、シャーロックに片想いをしているモリー・フーパーがもたらす影響について、番組クリエイターたちが語った。

【関連コラム】『SHERLOCK』シーズン2放送スタート記念! スペシャルコメント<1>マーク・ゲイティス

スティーヴン・モファットは英Digital Spyで次のように言っている。「モリーは本当に面白いキャラクターだよ。パイロットでは一場面限りの登場だったんだけど、演じるルイーズ・ブリーリーがあまりにもよかった。そのため、"ドイルの原作に出てこないレギュラーキャラは設定しない"という最初に決めたルールを、僕らは真っ先に破ってしまった」

「話数を重ねるにつれて、とくにシーズン2に入る頃になると、彼女はシャーロックと一緒のシーンで毎度勝利をおさめるようになる。それも、シャーロックに対して正直で、誠心誠意向き合うことによってね。シャーロックは今や劣勢に立たされているわけで、そこが面白い。シャーロックに対して決して優位に立てないジョンとは対照的なんだ」

ドイルの原作では、ホームズのことを女性がどう思うかはあまり描かれていないため、現代の若い女性が"無防備な怪物"をどういう風にとらえているのかを描くのを製作者たちは楽しんでいるとのこと。また、マーク・ゲイティスによれば、モリーは、ベネディクト・カンバーバッチのファンである女性たちにも好かれているという。

そんなモリーを含め、お馴染みのキャラクターたちが帰ってくる『SHERLOCK シャーロック』シーズン3は、イギリスで2014年1月1日(水)にスタート。日本での放映が待ち遠しい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK シャーロック』
(c)Colin Hutton(c)Hartswood Films 2010 John Rogers

女優であり歌手のセレーナ・ゴメスが、クリスマスのイベントコンサートで口パクをした上に、ステージ上で放送禁止用語のFワードを発していたことが明らかとなった。

【関連フォト】 ヴァネッサ・ハジェンズ、セレーナ・ゴメスらが水着姿で体当たり演技! 『スプリング・ブレイカーズ』

セレーナは今月6日(金)、ラジオ局KIIS FMがロサンゼルスで開催したクリスマスイベントJingle Ballに出演。米Hollywood Lifeによると、セレーナの歌が終わりに近づいた頃に音声トラブルが発生したものの、セレーナはイヤーモニターを取り外しパフォーマンスを続行。しかし、イラついていたセレーナは、マイクがオフになっているものと思い「What the fxxk?(何なのよ!?)」と思わず洩らしてしまった。サウンドトラブルで、たまたまオンになっていたマイクにFワードが拾われ、かつ口パクもバレるハプニングとなってしまったのだ。

その後、ステージに戻って来たセレーナは、ファンに「サウンドの調子が悪いの」と謝罪し、もう2曲演奏すると告げたものの音声は回復せず、早めにステージを切り上げる事態に至った。

同サイトでは、複雑で激しいダンスに合わせてうまく歌うことは困難なため、多くのアーティストは口パクをしているものだとセレーナを擁護しているが、その一方で清純なイメージの彼女がFワードを発したとなると、やはりイメージダウンは否めないかも!?(海外ドラマNAVI)

Photo:セレーナ・ゴメス
(c)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

現在アメリカで放送中の人気政治サスペンス『スキャンダル 託された秘密』シーズン3が、当初予定されていた22話から4話少ない18話編成となって放送されることがわかった。

【関連記事】斎藤工が声優初挑戦! 『スキャンダル 託された秘密』独占インタビュー

これは米TVGuideが報じたもので、放送局のABCは編成変更の理由を明らかにしていないが、おそらく主人公オリヴィア・ポープを演じているケリー・ワシントンが妊娠していることを考慮した措置かと思われる。

今年6月、サンフランシスコ・49ersに所属するアメフト選手、ナムディ・アソムハと結婚したケリーは現在妊娠5か月。来春にも出産の予定だが、番組側はケリーの妊娠・出産をストーリーに反映させず、エピソード数を調整して乗り切る方針を固めたようだ。アメリカでは今月12日に第10話を放送したのち、2月27日から残りの8話を放送する予定となっている。

同シリーズは、政都ワシントンを舞台に著名人をスキャンダルから守るため、奔走する女性敏腕"フィクサー"を描いた作品。主人公オリヴィアを演じるケリーのパフォーマンスは批評家から高く評価され、第65回エミー賞では主演女優賞にノミネートされたている。またファッショニスタとして知られるケリーが披露する上品でフェミニンな着こなしも見所のひとつで、SNSで最も話題になる番組といわれている。

『スキャンダル 託された秘密』は、WOWOWプライムにて毎週月曜23:00から二か国語版が、毎週火曜深夜0:00から字幕版が放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ケリー・ワシントン
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

米CW局の新作スピンオフドラマ『The Originals』で美しき魔女ケイティーを演じるアレクサンドラ・メッツが、人気ファンタジードラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』に出演することがわかった。

【関連記事】「10年に一度の大彗星ドラマがキタ―!」『ワンス・アポン・ア・タイム』中川翔子インタビュー

米EWによると、アレクサンドラはグリム童話のラプンツェル役として、現在アメリカで放送している第3シーズン14話に登場するという。現時点では1エピソード限りのゲスト出演だが、複数回登場する可能性も十分あるという。

『ワンス・アポン・ア・タイム』は、大ヒットSFシリーズ『LOST』の脚本家が手掛ける、大人のためのファンタジードラマ。童話のキャラクターたちが呪いによって記憶を失い、別人となって現代社会に暮らしているという奇想天外な物語だ。白雪姫が学校教師に、赤ずきんはバーのウェイトレスに身をやつし、呪いを解くことができるのは、白雪姫と王子の間に生まれた娘エマただ一人。ジェニファー・モリソン演じるタフな保安官代理エマが、おとぎの世界を取り戻すために奮闘する。

ラプンツェルが現代の町でどんな人物となっているのかは不明だが、異なる世界で二つのキャラクターを演じるアレクサンドラのパフォーマンスが楽しみだ。同シリーズには、ほかにイギリスの名優ロバート・カーライル、大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』『レボリューション』のジャンカルロ・エスポジート、話題作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の主役を射止めたジェイミー・ドーナン、『コバート・アフェア』のクリストファー・ゴーラム、『LOST』のホルヘ・ガルシアなど、多彩な顔ぶれが出演している。

『ワンス・アポン・ア・タイム』はNHKBSプレミアムにて毎週木曜23:15から放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ワンス・アポン・ア・タイム』
(c)ABC Studios

世界中で大反響を受け、シーズン3の公開が心待ちにされている『SHERLOCK シャーロック』だが、本国イギリスではその人気のあまり"シャーロック"という名前の赤ちゃんが増えているという。

【関連記事】『SHERLOCK』スペシャルコメント<5>ベネディクト・カンバーバッチ

英Radio Timesによれば、2012年にイギリスで届けが出された新生児の中で、"シャーロック"と名づけられた赤ちゃんは5人。決して多い人数ではないが、イギリスの国家統計局が毎年公開している人気の名前ランキングのための調査では、1996年以降、男の子の名前に"シャーロック"は登場していなかったという。

しかし、2012年に5人の"シャーロック君"が登場したことで、新たに生まれた男の子の名前3,416位(全4,805位中)に躍り出た。これには、『シャーロック』が2010年7月に英BBCでスタートし、2012年にはシーズン2が放送されたことから見て、本作の人気によるものと見られている。もちろん、ロバート・ダウニー・Jr.が主演を務めた映画『シャーロック・ホームズ』シリーズも、この名前の認知度を高める役割を担ったといえるだろう。

一方、本作でマーティン・フリーマン演じるジョン・ワトソンについては、昨年は618人の"ジョン君"が誕生している。人気の名前としては104位にランクインしているが、2009年の762人に比べると減少気味。しかしながら、"ジョン"は"シャーロック"に比べると、かなり一般的な名前なので比較するのは難しい。

シャーロック・ホームズ役を演じているベネディクト・カンバーバッチについても、本作の人気もあり、"ベネディクト"という名前は2009年には83人だったが2012年には114人に増えており、本作が本国イギリスで社会現象を巻き起こしているのは間違いなさそうだ。

『SHERLOCK シャーロック』は2年の時を経て、英BBCのレッドボタン・インタラクティブ・サービスにて、クリスマスの12月25日(水)~元旦にかけてシーズン3の前章となるミニエピソードが公開される。期待のシーズン3については、英BBC Oneにて2014年1月1日(水)から放送予定。日本では、AXNミステリーにて、1月11日(土)シーズン1・2を一挙放送予定となっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK』ベネディクト・カンバーバッチ
Colin Hutton(c)Hartswood Films 2010 John Rogers©Hartswood Films 2010

今年9月より米国で放送が開始され、先月日本にも上陸を果たした米NBCのサスペンスドラマ『ブラックリスト』。米NBCは、早くもシーズン2への更新を発表し、フルシーズンとなる全22話をオーダーした。

【関連特集】『ブラックリスト』敵か、味方か?その男の真の狙いとは?

『ブラックリスト』は、自らも国際的な最重要指名手配犯である男、レイモンド・レディントン(通称レッド)のみが所持する凶悪犯の情報リストを元に、新人FBIプロファイラーのエリザベス・キーンとタッグを組み、リスト上の凶悪犯の逮捕に挑むというサスペンスドラマ。主人公のレッドを『ボストン・リーガル』の実力派俳優ジェームズ・スペイダーが演じ、エリザベス役は『LAW & ORDER: LA』のメーガン・ブーンが扮している。

米TV Lineによると、『ブラックリスト』はNBCで過去に放映された新ドラマの最高視聴率を19年ぶりに塗り替えるなど、初回より順調に伸ばし続けている。11月4日に放映されたエピソードでは、前週よりなんと650万人多い16,900万人もの視聴者数を獲得し、番組史上最高の視聴者数となった。シーズン1では、たった2話放送しただけで、22話のフルシーズンの製作が決定。それに続き今回は、シーズン2の更新をいちはやく決め、各局の新ドラマを押さえ圧倒的な人気を見せつけた。

本作の大成功の要因について、ウォールストリート・ジャーナル紙の芸能記者、ジョン・ジャーゲンセンは、「『ブラックリスト』のクリエイターたちは、主要登場人物のキャスティングから週ごとのアクションの幅の広さまで、自分たちがコントロールできる限りの事について綿密な戦略を練ったから」と分析している。また、キャスティングについて、すべてのメディアが口を揃えて絶賛しているのはレッド・レディントン役のジェイムズ・スペイダーその人である。本作のクリエイター、ジョン・ボーケンキャンプは、ジェイムズが脚本に書かれている台詞に素晴らしいユーモアのセンスを加えてくれることを明かした。例えば、パイロット・エピソードに出てくる台詞で「I call it the Blacklist.(私はそれをブラックリストと呼んでいる)」というレッドの台詞があったが、撮影時にスペイダーはこの台詞を「Let's call it the Blacklist. That sounds exciting! (それをブラックリストと呼ぼうじゃないか。ワクワクするような響きだろう!)」と変えたとか。ボーケンキャンプは、「無造作な台詞にすることで、視聴者をぐっと惹き込むことができたと思う」とスペイダーの才能を賞賛しているという。

『ブラックリスト』は、スーパー!ドラマTVにて、来年1月28日(火)22:00より日本初放送となる。(海外ドラマNAVI)

ベネチア国際映画祭や、トロント国際映画祭などで世界各国から集まったメディアと批評家たちから大絶賛され、全米では早くも今年のアカデミー賞最有力と大注目の、スペース・サスペンス・エンターテイメント『ゼロ・グラビティ』。その主演を務めるサンドラ・ブロックが、昨日、日本公開に先駆け開催された本作のジャパン・プレミアに監督のアルフォンソ・キュアロン、製作のデイビッド・ヘイマンと共に登場した。

【関連フォト】映画『47RONIN』キアヌ・リーブス、真田広之、浅野忠信、菊地凛子、柴咲コウ、赤西仁がレッドカーペットに! 映画『47RONIN』ジャパンプレミア

昨日、12月5日(木)に東京・六本木ヒルズアリーナで行われたレッドカーペットには、師走の寒空の中、約1,300人のファンが駆けつけた。本作のPRツアーは日本が最終地となるサンドラたちは、ファンたちの歓声に応え、笑顔で握手やサインなどのファンサービスを行っていた。

サンドラは、前日の記者会見では真っ赤なドレスで登場したのに対して、この日は肩の出たベアトップ型の青いドレスで登壇。「コンバンワ。サンドラ・ブロック、デス。『ゼロ・グラビティ』ミテクダサイ」と流暢な日本語で挨拶をすると、会場からは大きな歓声が上がった。

この日、用意されたマイクには宇宙飛行士のフィギュアが付いており、キュアロン監督は挨拶の中で、それを無重力状態の中でさまよう主人公に見立てて、ゆらゆらと動かしながら「この作品は、こういう感じの映画」とコメントをし、会場を沸かせた。3人ともこのフィギュアには興味津々の様子で、その後も宇宙空間でさまよわせるように、一緒になってフィギュアを動かして遊ぶちゃめっ気たっぷりの姿を見せ観客を魅了していた。

前日の記者会見に続き、昔からの友人でもあるジョージ・クルーニーとの初共演の感想を尋ねられたサンドラは、「最悪よ。ジョージは私にすごく意地悪だったの」と再びジョークをとばしながらも、「嘘よ! 残念なことに、彼はみんなが望んでいる通りの人よ。魅力的で、頭がよくて、優しくて、我慢強い...。私がこれまでに出会ったどんな俳優よりも一生懸命仕事をするし、この仕事を心から愛しているの」と大絶賛。

さらには、特別ゲストとして2010年にスペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗した宇宙飛行士の山崎直子が登場。サンドラとジョージについて「本物の宇宙飛行士より、宇宙飛行士らしい」と太鼓判を押すと、サンドラは「フーッ」とため息と共に、額の汗をぬぐうようにして安心した様子を見せ、「じゃぁ、私も宇宙飛行士になるわ」と冗談交じりのコメントをし会場を盛り上げた。

映画『ゼロ・グラビティ』は、12月13日(金)より、丸の内ルーブル他にて3D/2D同時公開。(海外ドラマNAVI)

(c)2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

アイドル歌手兼女優で、現在『Glee』のシーズン5にダニ役で出演中のデミ・ロヴァートが、ベストセラー著者の仲間入りを果たしたことが明らかとなった。

【関連記事】『glee』ディアナ・アグロンからのコメント到着! 映画『マラヴィータ』で魅せる新たな顔とは!?

米Tiger Beatによると、デミの著書『Staying Strong: 365 Days a Year』が、12月8日付けニューヨークタイムズ紙"ハウツー&その他"部門の1位にランクインしたとのこと。まだ21歳という若さながら、デミは今までに摂食障害に自傷症、ドラッグ依存の問題を抱え、リハビリ施設に入院した経験がある。

本著は、同じような問題に苦しむファンが障害を乗り越えられるように、デミによる365個のポジティブな励ましのメッセージを集めたものだ。デミはインタビューで「私にとって"Staying Strong(強くい続ける)"ことはすごく大事なことなの。多くの人が信仰や希望をもっているけど、常に強くい続けるのは簡単じゃないわ。日々、自分を良い状態に保つことが鍵で、何が私を救ってくれたのかファンに知らせたかったの」と、自分の経験を人々のために役立てたいと切に思っているようだ。

次なるデミの著作は、過去の問題をさらに深く掘り下げた自叙伝になるという。赤裸々に全てを明かす次作に対してナーバスになっていると言うが、大きな注目を集めることは間違いないだろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:デミ・ロヴァート
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

現代のロンドンを舞台に、シャーロック・ホームズの活躍を描く大人気ミステリー『SHERLOCK/シャーロック』。このたび、2014年1月1日放送スタート予定のシーズン3に先駆け、クリスマスにミニエピソードが放送されることがわかった。


【関連記事】『SHERLOCK』シーズン2(字幕版)放送スタート記念! スペシャルコメント<5>ベネディクト・カンバーバッチ

米Digital Spyによると、「Many Happy Returns」というクリスマスらしいタイトルのつけられたこのミニエピソードは、シーズン3の前章にあたるもので、BBCのレッドボタン・インタラクティブTVサービスにて放映されるとのこと。また、「シャーロックが去って2年。だが、彼の死を信じていない者が...」と、ワトソンの心の内を匂わすような梗概も明かされている。ただし、このミニエピソードに出演するキャストについては、まだ明らかになっていない。

『SHERLOCK』シーズン3は、シャーロック役のベネディクト・カンバーバッチが映画『スター・トレック』に出演するなど、出演者の多忙なスケジュールにより放送が延期されていた。そのため、およそ2年という長い間、首を長くして待っていたファンたちにとって、今回のミニエピソードは最高にうれしいクリスマスプレゼントになるに違いない。というより、2年空いても、しっかりファンが楽しみに待っているというのが、このシリーズのすごいところだ。なかなかテレビドラマで2年の待ち時間というのはない。

『SHERLOCK』ミニエピソードは12月25日~元旦まで放送予定で、シーズン3は元旦より米BBC Oneにて放送スタート予定。ぜひ、はやく日本にも上陸してほしい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK』
(c)Colin HuttoncHartswood Films 2012

世界43か国で興行ランキングNo.1を獲得し、アカデミー賞最有力候補と呼び声の高いスペース・サスペンス・エンターテイメント超大作『ゼロ・グラビティ』。その日本公開に先駆け、主演のサンドラ・ブロック、アルフォンソ・キュアロン監督、制作を務めたデイビット・ヘイマンプロデューサーが来日した。宇宙空間をリアルに表現するために駆使した驚くべきCG技術やコメディ映画とは違う本作の難しさ、またサンドラとダブル主演のジョージ・クルーニーのマル秘裏話までたっぷり語ってくれた。

【関連記事】サンドラ・ブロックが受賞―第17回ハリウッド・フィルム・アワードに潜入!【潜入パパラッチ】

『ゼロ・グラビティ』とは「無重力空間」という意味で、本作は任務中に突如無重力空間に放り出された宇宙飛行士(ジョージ・クルーニー)とメディカル・エンジニア(サンドラ・ブロック)が、NASAとの通信は途絶え酸素は残りわずかという絶体絶命な危機的状況から、地球への生還を必死に試みるスリリングストーリー。

地表60万メートル上空を飛ぶスペース・シャトルが大破し、突然宇宙の無重力空間に放り出されたメディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士を演じているサンドラ。ライアン博士の置かれた危機的状況をよりリアルに表現するために、撮影中はずっと自身を孤独で耐えられない状況に置いたという。「私が孤立し、孤独な状態にあるかどうかを2人のクレイジーな男たちはずっと確かめていたのよ!」とサンドラに公開告げ愚痴をされたキュアロン監督とヘイマンプロデューサーは思わず苦笑い。

サンドラは続けて、撮影中ほぼずっと身にまとっていた宇宙服を着ての演技について「宇宙服を着ていると画面に出る部分が目だけだから、目でどこまで演技できるかが勝負なの。目だけで演じるにはどこまで彼女を感じられるかが勝負。私は目薬で涙を流すようなことはしたくないから」と語った。

また、今回初共演となった長年の友人ジョージ・クルーニーについて聞かれるとサンドラは、「彼はいじわるで、遅刻魔で、本当に最低でね・・・」と話し始め、一瞬、会場がざわついたが、すぐに「なーんてうそ!彼は本当にすばらしい人間よ。真面目だし、常にみんなのことを気遣っている。そして誰よりも映画のことを考えていて、いい映画になるためなら、たとえ自分の役が減っても彼は全くかまわないの。本当は彼のこと、あんまりほめたくないけどね。うふふ」と訂正。サンドラのおてんばなジョークにかなり驚かされたが、最後はジョージへの最高の褒め言葉を残すかたちとなった。

ハリーポッターシリーズ以来の再結成となるキュアロン監督とヘイマンプロデューサーの二人。キュアロン監督は、「何年も前から、『ゼロ・グラビティ』の構想はあったけどCG技術が追い付いてなかったんだ。サンドラたちが最高の演技をしてくれるのに、それに見合う映像技術がなければ、申し訳ないからね。無重力空間を実際に再現し体験し、それをPCに落とし込むシミュレーションをするなど、最高の宇宙空間を作り出すことに妥協はしなかったよ」と語った。この二人がタッグを組むといえば、最高にすばらしいCG技術を期待してしまうが、本作はその期待を全く裏切らない出来のようだ。

『ゼロ・グラビティ』はワーナー・ブラザーズ映画配給で12月13日(金)より丸の内ルーブル他で3D/2D同時公開となる。(海外ドラマNAVI)


Photo:デイビット・ヘイマン、サンドラ・ブロック、アルフォンソ・キュアロン監督

シーズン4も快進撃を続ける『ウォーキング・デッド』。アメリカで12月1日(日)に放送された第8話「最期の決戦(Too Far Gone)」は、年内最後の放送となるミッドシーズン・ファイナルの記録を更新した。

【関連フォトギャラリー】あの元モー娘。がゾンビに!? 『ウォーキング・デッド』シーズン4放送記念ハロウィーンイベント

米AMC局の発表によると、同エピソードの視聴者数は1,210万人(18-49歳層では770万人)。シーズン4プレミアの1,610万人よりは落ちるが、前シーズンのミッドシーズン・ファイナルから15%アップした。また、シーズン4前半部の平均視聴者数は1,300万人(18-49歳層の視聴率は6.1レーティング)で、シーズン3の前半部から29%もアップ。番組終了後に放送されるライブトーク番組「Talking Dead」も600万人の視聴者数を得ている。

第8話の内容は、シーズン半ばの節目にふさわしい衝撃的なもので、放送直後から興奮醒めやらないファンたちの声が飛び交っている。シーズン4からショーランナーの任についたスコット・ギンプルは、度重なるショーランナーの交代による不安を払拭することに成功したようだ。話題のミッドシーズン・ファイナルは、日本でもFOXチャンネルで12月8日(日)に放送される。(海外ドラマNAVI)


Photo:『ウォーキング・デッド』
(c)TWD productions LLC Courtesy of AMC

今年のヒット映画となった『スター・トレック イントゥ・ダークネス』。その公開前は、ベネディクト・カンバーバッチが演じる悪役の正体が誰なのかが大きな話題となっていた。J・J・エイブラムス監督は役の正体を決して明かそうとはしなかったが、そのことは間違いだったかもしれないという発言を、先日公開されたインタビューで口にした。

【関連フォトギャラリー】映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』J・J・エイブライムス監督、ザッカリー・クイントらが、東京の宇宙空間をジャック!?

(以下は『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の重要なネタばれを含むので注意!映画を観てからお読みください)

映画の宣伝にあたり、ベネディクトの演じる役の名前は「ジョン・ハリソン」であること以外、情報はほとんど明かされなかった。エイブラムスをはじめ、脚本家のデイモン・リンデロフ、ロベルト・オーチー、アレックス・カーツマン、そして、演じるベネディクト自身も一様に口をつぐんでいたが、この秘密作戦は今でもアメリカのメディアから批判を浴びている。

そんななか、米MTVのインタビューでエイブラムスは次のように話した。「映画を観に行く人の楽しみを損なわないようにするのが目的だったんだけど、結果として、秘密主義に凝り固まっているとか、あたかも自分たちが切れ者であるかのように振る舞っているように見えてしまった」

「本音を言うと、"ベネディクトが演じるのはこの人です"というように、最初から明かすほうが賢いやり方だったかもしれない。楽しさを損ないたくないという純粋な気持ちで秘密にしたけれど、事実に慣れて受け入れてもらう時間をつくれたかもしれないからね」

ところが、秘密作戦はパラマウント・スタジオの指示によるものだったという。「スタジオにとっては、既存のファン向けの映画にしないことが重要だった。ベネディクトがカーンを演じると発表したら、映画の鑑賞にあたっては〈スタートレック〉の予備知識が必要だという先入観を植え付けてしまうのではないか、そうすると観客を限定してしまうことになるから、黙っておこう――そういうスタジオ側の主張は理解できるよ。でも、最初から明かしておけば、みんなをだまそうとしているような印象は少しでもなくなっていたんじゃないかと思うんだよね」

というわけで、エイブラムスはベネディクトの役について秘密主義を通していたことをちょっと後悔している模様。もし彼の言うように正体を明かしていたら、客の入りにはどんな影響があっただろうか。(海外ドラマNAVI)


Photo:J・J・エイブラムス監督
(c)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

数々の映画出演や、父子の絆を描いた感動のドラマ『TOUCH/タッチ』のルーシー役でも知られるマリア・ベロが、同性愛をカミングアウトしたことがわかった。

【関連記事】【締切12/15】キーファー・サザーランド主演『TOUCH』DVD発売記念! あの『24』ジャック・バウアーの大好きなセリフ大募集!! 抽選でDVDプレゼント!!

米E!Onlineによると、マリアは、米New York Times誌に掲載されたエッセイ「Coming Out as a Modern Family」にて同性愛を告白。マリアには、映画プロデューサーのダン・マクダーモットとの間にもうけた12歳の息子ジャクソンがいるのだが、息子に"ママは誰か付き合っている人がいるの?"と聞かれ、女性と付き合っていることを打ち明けた、とエッセイに綴っている。

マリアの恋のお相手は、昔からの友人クレアさん。クレアさんとすでに面識のあった息子に、彼女との交際を告げることを悩んだそうだが、母の告白に対して息子は「ママ、愛は愛だよ」と理解ある反応を示してくれたという。マリアとクレアさん、ダンと息子の4人で仲良く週末を過ごすことが多く、まさにモダンファミリーを絵に描いたような関係のようだ。

マリアは同性愛をカミングアウトすることで、女優業への影響も心配していたようだが、2014年に映画3作品が待機中と引っ張りだこのマリアだけに、その心配はなさそうだ。(海外ドラマNAVI)


Photo:マリア・ベロ
(c)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

年の暮れが近づくと "今年の○○ベスト10"などと称して、毎年発表される数々のランキング。米男性ファッション誌GQが、ちょっと趣向が変わった"2013年の最も影響力のない人物トップ25"を発表し、マイリー・サイラスやジャスティン・ビーバーらが選出された。

【関連記事】Star誌総力特集 18歳以下はダメよ、エッチの上手いセレブ&下手なセレブ丸秘大公開

今年、マイリーはニューアルバム「バンガーズ」をリリースし、ビデオ・ミュージック・アワードの過激で淫らなパフォーマンスで大きな話題を呼んだにも関わらず6位にランクイン。その理由として、「マドンナやブリトニー・スピアーズが、過去にやったことをなぞっているだけで珍しくもなんともない」と手厳しい意見が上がっている。

いっぽうジャスティンは、今年はやりたい放題で散々メディアに叩かれた年だった。ジャスティンが中国を訪れた際、万里の長城で疲れを理由にボディーガートに担いでもらったり、ペットの猿を書類不備でドイツ当局に没収されたうえ、ブラジルでは売春宿で目撃されてしまった。GQ誌には、「ジャスティンのファッションは盲目のマジシャンみたい」と称され、4位にランクインしてしまった。

このほか、政治家やスポーツ選手、犯罪者まで名を連ねたランキング結果となったが、芸能人でランクインしたのは以下のとおり。

1位:デニス・ロッドマン
理由:北朝鮮を訪れた初のアメリカ人セレブとなったデニスだが、独裁者の金正恩とバスケ観戦や晩餐会を楽しんだだけで、何の平和貢献もしていない。

10位:ウィル・スミスとジェイデン・スミス
理由:『アフター・アース』がオリジナリティに欠ける駄作だっただけでなく、「世界中の人が学校を辞めたら、もっと知的な社会になるよ」とバカなツイートをした息子ジェイデンに、ウィルが跡を継がせようとしているから。

11位:レディー・ガガ
理由:人々がガガに注目するのはファッションだけで、音楽は面白くもなんともない。

18位:ライアン・レイノルズ
理由:『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』は2013年の最低作品のうえ、同じような超大作ばかりに出演するから。(海外ドラマNAVI)


Photo:(左から)ジャスティン・ビーバー、マイリー・サイラス
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

10月末にバンド解散を発表したジョナス・ブラザーズ。その三兄弟の次男であるジョーが、兄弟と共に歩んできた日々を赤裸々に告白したエッセイを米ニューヨーク・マガジンに寄稿した。「Joe Jonas: My Life As a Jonas Brother」と題したこのエッセイは、音楽に興味を持った幼い頃から解散に至るまでをつづったもの。しかもジョーは、自身の童貞喪失や過去の恋愛、マリファナを初体験した時のことにも触れ、プライベートまでさらけ出している。

【関連記事】『SMASH』第4話にニック・ジョナスがゲスト出演!

「童貞を失ったのは20歳の時だった」と告白し、その経験を「ふさわしい相手に巡り合うのを待ってよかったと思う」と書き記しているジョー。お相手は2010年10月から1年ほど交際していた女優のアシュリー・グリーンと推測される。ジョーはアシュリーについて、「20歳の時にアシュリー・グリーンと交際を始めた。彼女は僕が初めて真剣に付き合った相手だった」と説明。そして、アシュリーとの恋愛を告白した雑誌がニューススタンドに並んだ翌日に、奇しくも破局を発表することになったと振り返った。

さらに、マリファナに手を出した時のことも堂々と告白。「マリファナを初めて吸ったのはデミ(・ロバート)とマイリー(・サイラス)と一緒の時だ。17歳か18歳だったと思う。"ほら、やってみなよ!"って二人に言われて試してみたんだ」と打ち明け、元恋人デミと友人マイリーに勧められたことをあっけらかんと暴露してしまっている。アルコールについては、21歳の誕生日に酔っぱらって階段から落ちて気を失ったそうで、それ以来、一日の終わりにワインかウォッカをたしなむだけになったのだとか。

これ以外にも、ディズニーアイドルとしてのプレッシャーや葛藤、クリーンなイメージを保つために様々な制限を受けていたこと、バンド解散に至るまで経緯などをかなり率直に打ち明けているジョー。最後は、ようやく自分で人生をコントロールできるようになったことが、うれしくてたまらないといった様子で締めくくられている。

なお、このエッセイはニューヨーク・マガジン12月9日号に掲載され、現在は同誌のエンタメサイトvulture.comにて閲覧可能。(海外ドラマNAVI)


Photo:ジョー・ジョナス
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

現在、米FOXでシーズン5を放送中の大ヒットミュージカルドラマ『glee』。2014年3月18日(木)には、記念すべき第100話が放送される予定だが、この特別なエピソードで使用する楽曲を、ファンの投票によって決定することになった。


【関連特集】やっぱり『glee』は面白い! 海外ドラマNAVI的『glee』大特集!!

本作は、これまでに通算して第95話まで放送されているが、これまで長年愛されている名曲から最新ヒット曲まで、幅広い楽曲を披露しファンたちを魅了してきた。そんな、本作の見所とも言える、ミュージカル・シーンに"Gleek(グリーク)"と呼ばれる、本作のファンたちが直接意見を言える機会がやってきた。

米FOXは"Gleek Choice(グリーク・チョイス)"という、オンラインの投票ページを設け、本作の記念碑的なエピソードとなる、第100話でフューチャーする楽曲のリクエストを受け付けている。対象となっている楽曲は、これまでに取り上げられてきた中から選ばれた30曲。1回の投票につき、10曲を選択できるようになっており、何度でも投票可能とのこと。

そのラインナップには、本作の代表曲とも言える「Don't Stop Believin'」(ジャーニー)や、レイチェルとカートがデュエットした「Defying Gravity」(ミュージカル『ウィキッド』)、サンタナの「Valerie」(ザ・ズートンズ)、アーティーの「Safety Dance」(メン・ウィズアウト・ハッツ)など、『glee』の名シーンを彩ってきた楽曲が勢ぞろいしている。

投票は、日本からでも可能で、締め切りは現地時間で12月3日(火)23時59分(日本時間では明日、12月4日(水)16時59分)となっている。

投票方法は、2通り用意されている。
米FOX公式サイト"Gleek Choice"
『glee』Official Facebook

『glee』は、米FOXにてシーズン5を放送中。日本ではNHK総合にてシーズン3を、毎週火曜24:40~放送中。FOXでは、シーズン2を毎週土曜9:00~・23:00~放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:みんなでgleeに参加しよう! 『glee』
(c)2012-2014 Fox and its related entities. All rights reserved.

大人気ガールズミステリー『プリティ・リトル・ライアーズ』でトビー役を演じるキーガン・アレンが、いじめに遭ったファンのために立ち上がっていたことが明らかとなった。

【関連コラム】『プリティ・リトル・ライアーズ』からみる"ガールズスタイル"!

現在、オフ・ブロードウェイで舞台「Small Engine Repair」に出演中のキーガン。米JustJaredJr.によると、舞台を公演しているルシル・ローテル劇場の外で、キーガンはファンの女の子から、友達からいじめに遭っていると告白されたという。キーガンがツイッターでフォローしている彼女の友達から、「キーガンがあなたをフォローしないのは、あなたがデブでブサイクだからよ」と言われ、傷付けられていると言うのだ。彼女の話にショックを受けた彼は、自分がフォローしている人をほとんどアンフォローしてしまったとのこと。「僕のせいで誰にも劣等感を感じてほしくないし、いじめに加担するようで嫌だったんだ。彼女に"君のためだよ"って伝えたよ。「Small Engine Repair」にも通じるメッセージだけど、思いやりの欠如やソーシャルメディアのせいで、ひとつの事が全てに影響を与えたり変えたりすることに気づけなくなってしまうんだ」と語ったキーガン。

現在、直接の友人や関係者しかツイッターでフォローしていないというキーガンは、正義感にあふれる優しい性格のようだ。

そんなキーガンが出演中の『プリティ・リトル・ライアーズ』のシーズン4は、米ABC Familyにて翌年1月7日(火)20:00から放送予定。日本ではDlifeにてシーズン3が毎週土曜23:00より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:キーガン・アレン
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

今年、5本もの新作映画に出演し、まさに今が旬の俳優ベネディクト・カンバーバッチが、映画『August:Osage County(以下:August)』で大女優メリル・ストリープと共演したことについて、想像以上に大変だったと語っている。

【関連フォトギャラリー】ベネディクト・カンバーバッチ初主演作! 『僕が星になるまえに』10月26日公開!

『August』は、謎の自殺を遂げた父親の葬儀のため、生まれ育った家に集まった三姉妹と、癌を患う母親、そして参列者たちの間で巻き起こされるさまざまな諍いを描いたブラック・コメディ。長女バーバラ役を演じるジュリア・ロバーツと、母ヴァイオレット役を演じるメリル・ストリープという、二人のオスカー女優が共演する話題作で、トレイシー・レッツが手がけたピューリッツァー賞とトニー賞を受賞した同名の戯曲が原作となっている。

ベネディクトは、本作でヴァイオレットの甥チャールズ役を演じているが、メリルとの共演について、「メリルは並外れているよね。彼女と共演していて一番大変なのは、実は自分の演技をすることなんだ。ただ座って、彼女の演技を見ていたくなってしまうんだよ。観客になりたくなる」と、"よい意味で"苦労したと振り返っている。

さらには、「メリルの想像力は底なしで、10時間に及ぶ撮影の後でも新しい何かを見つけてみせるんだ。すでに完璧に見えるのに、(そのシーンについて)まったく違う解釈や、表情、表現をするんだ。見ていて本当に素晴らしかったよ。メリルはとても自由で...、それが彼女の秘密なんじゃないかと思うよ」と語っており、大女優でありながら、型にとらわれないメリルに圧倒され通しだったようだ。

本作には、他にも次女アイヴィー役としてジュリアンヌ・ニコルソン(『LAW & ORDER クリミナル・インテント』)、三女カレン役としてジュリエット・ルイス(『ザ・ファーム 法律事務所』)、バーバラの夫ビル役としてユアン・マクレガー(映画『スター・ウォーズ』シリーズ)など、豪華キャストが勢ぞろいしている。監督はジョン・ウェルズ(『シェイムレス 俺たちに恥はない』)、製作にはジョージ・クルーニー(映画『ゼロ・グラビティ』)が名を連ねている。

『August:Osage County』は全米にて、12月25日(水)より公開予定。日本での公開は今のところ未定。(海外ドラマNAVI)


Photo:ベネディクト・カンバーバッチ

海外ドラマ大国アメリカにとって、11月の第4木曜日に祝われる感謝祭(サンクスギビングデー)は、とても大切な祝日。親族や友人同士で集まり、七面鳥を焼いて、皆で食べるのが習わしだ。多くの人が家の中で過ごすため、視聴者に見てもらおうと感謝祭をテーマにしたエピソードを放送するドラマも少なくない。

クリスマスに向けたホリデーシーズンの始まりをも意味する感謝祭。米Hollywood Reporterは、過去に放送された名エピソードを特集している。日本でも人気を博したドラマなど厳選して紹介しよう。

■『フレンズ』シーズン5、第8話
NYの舞台で6人の男女が繰り広げるシットコムの同作では、感謝祭のエピソードは毎シーズン作られ、実に10話を数える。なかでも、ジョーイ(マット・ルブラン)がモニカ(コートニー・コックス)の七面鳥を頭に被ったエピソードは、忘れられない名(迷?)シーンとなった。

■『グレイズ・アナトミー』シーズン2、第9話
イジー(キャサリン・ハイグル)が、完璧な感謝祭のディナーを用意しようと張り切るも、キッチンはカオスに。そこで心臓外科医のバーク(イザイア・ワシントン)がまるでオペをするかのように七面鳥を料理し始める――。

■『ギルモア・ガールズ』シーズン3、第9話
主人公の母娘は4つもの感謝祭ディナーを何とかこなすも、母ローレライ(ローレン・グレアム)は、娘ローリー(アレクシス・ブレデル)がハーバード大学以外にもいくつか大学を受けようとしていると知り、楽しいひと時が一転する。

■『モダン・ファミリー』シーズン3、第9話
感謝祭を祝うため、ダンフィーの家に家族が集まるも、「カボチャ投げ選手権」での武勇伝を否定されたキャメロン(エリック・ストーンストリート)が、それを証明すると皆をフットボール場に連れ出す......。

■『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』シーズン1、第6話
感謝祭の日、主人公ジェス(ズーイー・デシャネル)は、独身男3人とルームシェアをしているアパートへ、同僚の音楽教師ポール(ジャスティン・ロング)を招待するのだが、ポールの"変人"ぶりが露呈し、予想外の展開に......。

■『フルハウス』シーズン1、第9話
ダニーの妻パメラを亡くして初めての感謝祭は結局、冷凍の七面鳥のお世話になることに。男手ひとつとなったダニー(ボブ・サゲット)は娘たちに、その気まずい場面を「感謝祭の主役は七面鳥ではなく家族。今ある家族に感謝することが大切」と説明するのだった。

■『ママと恋に落ちるまで』シーズン3、第9話
マーシャル(ジェイソン・シーゲル)とバーニー(ニール・パトリック・ハリス)は、勝った方が思いっきり相手を平手打ちできるという「平手打ちバトル」を続けて大盛り上がり。その前夜、テッド(ジョシュ・ラドナー)とロビン(コビー・スマルダーズ)は一夜を共にしていた。

■『マッドメン』シーズン1、第13話
感謝祭前、ペギー(エリザベス・モス)はオフィスでチャンスを与えられた。主人公ドン(ジョン・ハム)の妻ベティ(ジャニュアリー・ジョーンズ)は結婚生活について考え、ドンはベティの家族と祝日を過ごさないことを選ぶ――。

感謝祭で盛り上がるドラマと浮き彫りになるキャラクターたち。お気に入りのドラマをもう一度見てみてはいかが?(海外ドラマNAVI)


Photo:(左から)『フレンズ』
(c)2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
『ギルモア・ガールズ』
(c) Dorothy Parker Drank Here Productions, Hofflund/Polone in association with Warner Bros. Television
『グレイズ・アナトミー』
(c) ABC Studios

大ヒット カーアクション映画『ワイルドスピード』シリーズのブライアン・オコナー役で知られるポール・ウォーカーが、現地時間11月30日(土)午後、カリフォルニア州サンタクラリータ市で巻き込まれた衝突事故により急逝した。享年40歳。

米E!Onlineによると、ポールは彼の友人ロジャー・ロダスが運転する車の助手席に同乗し、自身の慈善団体「Reach Out Worldwide」のチャリティーイベントからの帰路途中だった。スピードの出し過ぎでコントロールを失った車が、街路樹に激突し爆発炎上。消防隊による消火後、車内からポールとロジャーが遺体で見つかり、二人とも即死だったという。

ポールは幼少から芸能界入りし、数々のテレビコマーシャルに出演。その後『モンスター・イン・ザ・クローゼット/暗闇の悪魔』で映画デビューし、『バーシティ・ブルース』や『シーズ・オール・ザット』などの青春映画で注目され始める。そして2001年に出演した『ワイルドスピード』で大ブレイクし、スターの仲間入りを果たした。

若過ぎる彼の突然の死を悼み、若手スターたちが続々と追悼ツイートを発表している。

ケビン・マクヘイル(『Glee』)
「ポール・ウォーカーの死は悲し過ぎる...。あんなに若くして亡くなってしまうなんて信じられない」

ロビー・アメル(『The Tomorrow People』)
「何て悲しいニュースなんだ...。今まで素晴らしいエンターテイメント作品をありがとう」

ケイティ・キャシディ(『ARROW/アロー』)
「悲し過ぎるわ。彼が人々の心から消えることはないでしょう」

このほかにも多くのセレブや関係者が、ポールの業績と慈善事業に心血を注ぐ優しい人柄を称えるツイートやコメントを発表している。アクション映画界の重鎮とも言える存在になりつつあったポールの急逝に、ハリウッドは大きな悲しみに沈んでいる。ポール、今まで数々の素晴らしい作品をありがとう。安らかに眠ってほしい。(海外ドラマNAVI)


Photo:ポール・ウォーカー
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

『SEX AND THE CITY』の前章ドラマ『The Carrie Diaries』で主人公キャリーを演じるアナソフィア・ロブが、映画『Conspiracy on Jekyll Island』に出演することが明らかとなった。

【関連コラム】熾烈な視聴率競争を生き残ったドラマは? 生き残ったドラマから今年のドラマを占う!

米DEADLINEによると、政治スリラー映画『Conspiracy on Jekyll Island』で、アナソフィアが演じるのは、ミニー・ドライヴァー(『ザ・リッチズ』)とフランク・グリロ(『ゼロ・ダーク・サーティ』)扮する夫婦の娘で、癌と闘病中という設定だとのこと。このほか、ディアナ・アグロン(『Glee』クイン役)、エド・ウェストウィック(『ゴシップガール』チャック役)、マギー・Q(『ニキータ』ニキータ役)らがキャスティングされており、今のところ詳しい役柄の説明はないが、人気ドラマでお馴染みの俳優の豪華共演作となりそうだ。

俳優としても活躍するアラム・ラパポート(『Whore』)が本作でメガホンを取り、ヒラリー・ショー(『ペーパーボーイ 真夏の引力』)が脚本を担当する。

アナソフィアは『The Carrie Diaries』に出演前は、主に映画界で活躍。『ソウル・サーファー』、『チャーリーとチョコレート工場』などの作品に数多く出演している。

アナソフィアが出演中の『The Carrie Diaries』は、米CWにて毎金曜20:00より好評放送中。(海外ドラマNAVI)


Photo:アナソフィア・ロブ
(c)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。