2012年9月アーカイブ

『ゴシップガール』でダン・ハンフリー役を演じているペン・バッジリーがニューヨークマガジンのインタビューで、これまでのドラマ撮影の日々を振り返り、本音をセキララに語った。

ペンは、「15歳でデビューしたけど、本当にこの『ゴシップガール』というドラマに出ていなければ、今の僕はないと思うよ。本当に関係者の皆さんに感謝しています。」と、本作への出演をきっかけに大きく飛躍できたことに触れ、あふれんばかりの感謝の想いを冒頭に述べている。

「でも、これまで色々あってイライラしてしまったりして、モチベーションが下がって投げ出したくなる事もあったんだ。そんな時、マネージャーや両親が支えてくれた。ドラマの脚本家である、ステファニー・サバジもぼくを励ましてくれたんだ」と撮影中の苦労も明かした。

また、このインタビューで、「ぼく、実はチャック・バスの役がやりたかったんですよね!」と密かに抱いていた想いも告白したペン。ダンの役柄は、もちろん嫌いではなかったが、本当の自分とかなりギャップがありダンと自身を比べられる事に違和感を感じていたそうだ。

『ゴシップガール』の撮影中、様々な葛藤や喜びを感じていたようだが、このドラマへの出演を通じてペンが俳優として大きく成長した事は間違いないだろう。

出演映画『Greeting from Tim Buckley』も近日公開予定であり、『ゴシップガール』以外でのペンの演技や活躍にますます目が離せない。(海外ドラマNAVI)


Photo:ペン・バッジリー
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

2000年といえば、BSデジタル放送がスタートし、今や当たり前に存在するHDDレコ-ダーが生まれた年である。海外ドラマ界においても2000年代といえば、今も伝説となっている名作が多数誕生し、日本に続々と上陸した年代。そんな"00年代"の海外ドラマを存分に語りつくそう!という番組が今夜放送される。

Ustreamとニコニコ生放送(以下ニコ生)で本日放送されるこの番組は、『「語ろう!00年代の海外ドラマ」~「24 -TWENTY FOUR-」からTOUC/タッチへ~』と、題し、『SATC』『24-TWENTY FOUR-』『CSI:』などを軸に00年代を代表する作品を次々とピックアップ、そして最新作の『TOUCH/タッチ』まで、メジャーな話から裏話(!)をもたっぷり紹介していく。

海外ドラマファンにはたまらない"濃すぎる"トークを繰り広げるのは、池田敏(映画ライター)、平口雅世(放送作家)、幕田千宏(海外ドラマライター)、清水裕一(TVグルーヴ・ドット・コム代表)、そしてさがゆりこ(タレント)という、いずれも海外ドラマに精通した"賢人"たちだ。顔ぶれだけでも放送時間中に話が終わるのか全く想像がつかないくらいのディープなトークになること間違いなし!

是非今夜は早めに帰宅して、Ustreamかニコ生を楽しんでみては? 『「語ろう!00年代の海外ドラマ」~「24 -TWENTY FOUR-」からTOUCH/タッチへ~』は、本日9月28日(金)21時からUstreamとニコ生で生放送。(海外ドラマNAVI)


Photo:『TOUCH』
(c) 2012 Fox and its related entities. All rights reserved.

スティーヴン・スピルバーグが手掛けたSF大作ドラマ『Terra Nova(テラノバ)~未来創世記』。第1話だけでも2000万ドル(約15億円)の製作費をかけと話題になったが、視聴率の低下により、シーズン1で放送は打ち切りとなってしまった。しかし、このドラマの製作総指揮者ブラノン・ブラーガが、製作される予定だったシーズン2の構想について、米メディアに打ち明けていた。

ブラーガによると「打ち切りが決まる前に脚本家チームは、すでにシーズン2のストーリーを完成させていた」ということ。さらに「白亜紀の世界にも軍隊が存在する。しかし軍隊は、進化した恐竜に抹殺されてしまうんだ。人間たちは、高度な知性を持った恐竜に遭遇する」とアウトラインを明かした。

さらに登場人物については「テイラー司令官(スティーヴン・ラング)が正気を失っていき、ジム(ジェイソン・オマラ)と対立する。人類居住区"テラノバ"を管理する実権を巡って、またどうやって新たな恐竜と戦うかで、テイラーとジムが争う姿が描かれるんだ」と構想を述べたブラーガ。今となっては、シーズン2が製作されなかったのが残念だ。(海外ドラマNAVI)


(c)2011-2012 Fox and its related entities. All rights reserved.

現在アメリカで放送中の『BONES ボーンズ-骨は語る-』シーズン8に、ダンス・オーディション番組『アメリカン・ダンスアイドル』(以下、『アメダン』)の出演者たちが登場することが明らかになった。

米TVLineによると、このエピソードではブレナン(エミリー・デシャネル)とブース(デビッド・ボレアナズ)が、おとり捜査の一環として社交ダンスコンテストに出場するらしい。そのコンテストに登場するのが、『アメダン』の審査員としてお馴染みのメアリー・マーフィーとタイス・ディオリオ。本人役で出演する二人は、番組内でも審査員を務める。また、『アメダン』の過去のコンテスタントであり、その後も振付師としてたびたび同番組に出演しているディミトリ・チャプリンも、ブレナンとブースが参加するコンテストにプロダンサー役で姿を見せるそうだ。

いつもテンションの高いメアリーと、一見優しげだが辛口な面もあるタイス。二人がブレナンとブースのダンスを審査する場面があるのか気になるところ。『BONES』が『アメダン』とコラボ(?)するエピソードは、アメリカで11月終わりか2013年始めに放送予定だという。(海外ドラマNAVI)

Photo:(左から)メアリー・マーフィー、ディミトリ・チャプリン
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net


『BONES-骨は語る-』シーズン2
Dlife
毎週木曜 22:00~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。

クリステン・リッター(『ブレイキング・バッド』『ヴェロニカ・マーズ』)主演の新作コメディ『23号室の小悪魔』。本作に、『ドーソンズ・クリーク』でジェームズ・ヴァン・ダー・ビークと共演したビジー・フィリップスがゲスト出演することは先日お伝えしたとおりだが、実はビジーの出演には、ジェームズが一役買っていたようだ。

米Vultureのインタビューで、『ドーソンズ』再集結について聞かれたジェームズは「脚本家チームのみんなが彼女の大ファンで、僕にアイディアを売り込んできた」と、ビジー出演の話を持ちかけられたことを明かした。そして、これを聞いたジェームズは、何と自分からビジーに連絡したそうで、その経緯を次のように説明している。「まずは友だちの僕からビジーに電話をして、"君はこのオファーを受けると思うけど、念のために言っておくよ。もし嫌なら、それで全然構わない。でも、君に出演してほしい"と伝えたんだ。それで、本当にゲスト出演が実現するなんて、笑いが止まらなかったよ」

『ドーソンズ』での経験があまりにも強烈で、今でも忘れられないとも話しているジェームズ。9年ぶりにレギュラーキャストに返り咲いた本作でのビジーとの共演も、忘れられないものになりそうだ。(海外ドラマNAVI)


(左から)
Photo:
ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net
ビジー・フィリップス
(c)Manae Nishiyama/www.HollywoodNewsWire.net

『デスパレートな妻たち』や『コールドケース』など、数々の人気作品に出演するジェイソン・ゲドリックが、『GRIMM/グリム』シーズン2にゲスト出演することが明らかになった。

グリム童話をモチーフにしたクライムサスペンス『GRIMM』は、グリム兄弟の末えいである刑事ニックが不可思議な事件を捜査していく超常現象系ドラマ。米TV Lineによると、ジェイソンが演じるのは、ニックの相棒ハンク刑事(ラッセル・ホーンズビー)によって逮捕され、死刑を言い渡された殺人犯クレイグ・ウェンデル役とのこと。だがクレイグは、自分が罪を犯したのは2匹の"モンスター"から身を守るためだった、と、正当防衛を主張し始めるのだという。

ジェイソンは、今年1月にスタートしたダスティン・ホフマン主演の競馬ドラマ『LUCK』にレギュラー出演していたものの、撮影中のトラブルにより残念ながら早々と製作がキャンセルに。しかし、その後も『デクスター』シーズン7にゲスト出演するなど、相変わらずの活躍を見せていた。

『デス妻』ではリネットをメロメロにするピザ屋の副店長リック役を演じるなど、甘いマスクが印象的なジェイソン。だが、今回は死刑囚という役どころだけに、また新たな顔が見られそうだ!(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェイソン・ゲドリック
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net


『デスパレートな妻たち』シーズン2
Dlife
毎週月曜 21:00~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。

『コールドケース 迷宮事件簿』シーズン2
Dlife
毎週水曜 22:00~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。

さる24日、スター・チャンネルは、BS3チャンネル開局一周年を記念して、記者会見を行った。

会見では、代表取締役社長の木田由紀夫氏、編成戦略本部本部長の三上義之が登壇し、同局の知名度が上昇してきていること、その中でも吹替映画専門チャンネルのスター・チャンネル3にたいする視聴者の反応に手ごたえを強く感じていると説明。10月以降のラインナップについては、スター・チャンネル1で『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『マネーボール』など新作ヒット映画を放送、スター・チャンネル2では「1か月まるごと!SF映画大特集」と題し、SF作家フィリップ・K・ディック原作の『トータル・リコール』を含めた全31作品を放送、そして、スター・チャンネル3では、海外ドラマ『ダウントン・アビー』シーズン1の一挙無料放送を行った上で、『ダウントン・アビー』のシーズン2を日本初放送すると発表した。また、先日、一足先にお伝えしたとおり、来年1月には待望の『GAME OF THRONES』も放送予定となっている。

会見当日は、2013年の新プロジェクト"あの名作が蘇る!新録・完全吹替え版"の第1弾として制作される『荒野の七人』で、声の出演をする東地宏樹、平田広明、小山力也が登場。ガンマン姿で登場した3人は「こういう衣装を着ると小学生のようにテンションがあがる」と平田が笑いを取りつつも、「諸先輩方と一緒に同じ作品の仕事ができることが本当に嬉しい」と緊張しつつ今の想いを語った。東地は「自分が小学生のときに見た作品の声をまさか自分がやることになるとは...。チャールズ・ブロンソンなんて"男"の代名詞ですよ!?」といえば、小山も「あの頃、この作品は前編・後編とわかれていて。子ども心に前編と後編のどっちが好きかと語り合っていたんですよ」と、当時を懐かしく思い出していた。※3人のトークについては、後日動画にてお届けします!

なお、同作では、会見に出席した3名のほか、大塚芳忠、山寺宏一、浪川大輔、銀河万丈を含めた7名でメインキャストを演じることとなる。

2013年に向け、さらに独自の取り組みで視聴者に多くのコンテンツを届けようとするスター・チャンネル。今後の展開に注目したい。(海外ドラマNAVI)

映画『フェリスはある朝突然に』などで知られるマシュー・ブロデリックが、まもなく新シーズンが始まる大人気コメディ『モダン・ファミリー』にゲスト出演することがわかった。

マシューが出演するエピソードの放映日など、詳細はまだ明らかになっていないが、英Digital Spyによると、マシューはタイ・バーレル扮するフィルの友人役として登場するようだ。マシューといえば、トニー賞に2度も輝いた、演技力では定評のある役者。最近では舞台や映画だけでなく、『30 Rock/サーティ・ロック』や『Louie』といったTVドラマにも出演し、その活躍の場を広げているようだ。

ちなみに、この新シーズンにはマシュー以外にも、ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ(『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』)のゲスト出演や、ジェイの元妻でクレアとミッチェルの母、ディード役のシェリー・ロングの再出演も決定
している。

一時は主要キャストのギャラ交渉が決裂して、シーズンの更新が危ぶまれた『モダン・ファミリー』。しかし、無事に豪華ゲストとともに新シーズンのスタートを切れることが、ファンにとってはなによりの朗報だろう。(海外ドラマNAVI)


Photo:マシュー・ブロデリック
(c)Thomas Lau/www.HollywoodNewsWire.net


『モダン・ファミリー』シーズン2
FOX HD
毎週日曜 23:30~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。
http://www.myjcom.jp/tv/channel-list/foxjapan.html

映画『パンズ・ラビリンス』や『ヘル・ボーイ』シリーズを手がけ、2013年には巨大怪獣と巨大ロボットの戦いを描く『パシフィック・リム』が公開予定となっているギレルモ・デル・トロ監督。その彼が共同執筆したヴァンパイア小説が、米FX局でTVドラマ化されることになった。

原作小説のタイトルは『The Strain』。小説『強盗こそ、われらが宿命』の作家チャック・ホーガンとともに、デル・トロが執筆した小説三部作の第一巻で、2009年に刊行された。(2010年には第二巻『The Fall』、2011年には最終巻『The Night Eternal』が刊行されている)

一般に、ヴァンパイアものというと『トワイライト・サーガ』や『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のようにロマンチックな作風を思い浮かべがちだが、本作はそれらとはうって変わって、ニューヨーク市を襲うヴァンパイア・ウィルスの恐怖を描くホラー・スリラー。JFK空港に降り立った旅客機の機内で乗客全員が死亡していることが確認され、疾病管理センターの医師が調査に乗り出す。

製作総指揮とパイロットエピソードの監督はデル・トロ本人が務めるほか、脚本も原作小説と同じくホーガンと共同執筆。さらに、『LOST』の製作総指揮者だったカールトン・キューズが、製作総指揮とショーランナーを務める(なお、キューズは本作のほか、スリラー映画『サイコ』の"前章"となる『Bates Motel』を米A&E局向けに立ち上げている)。

米Deadline.comの報道によると、もともと本作のアイデアはデル・トロがTVシリーズ向けに温めていたものだったそうだ。しかしTV局への売り込みが当初はうまくいかず、かわりに三部作の小説に仕上げることに。第一巻が刊行されたとたん、ドラマ・映画化のオファーがどっと舞い込んだが、「完結するまでは映像化の影響を受けることは避けたい」と、今度はデル・トロが首をたてに振らなかったという。

今回はパイロットエピソードの発注だが、シリーズ化にゴーサインがかかったあかつきには、3~5シーズンで完結させる構想を立てているとか。また、スケジュールが許す限り、できるだけ多くのエピソードを本人が監督したいというから本気度がうかがえる。今年の年末から脚本の執筆にとりかかり、来年9月から撮影をスタートするということだ。

ちなみに、メキシコ出身のデル・トロにとって、本作はアメリカにおける初のシリーズ・プロジェクトとなる。このほか、TVドラマ『超人ハルク』を米ABCでリメイクするプロジェクト、さらに米HBOでは、1950年代を舞台に、犯罪の解決に主婦がとりくむヒッチコック風の犯罪ドラマ『Nutshell Studies』を立ち上げるなど大忙し。これからの要注目人物といえるだろう。(海外ドラマNAVI)


Photo:ギレルモ・デル・トロ
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net


『ヴァンパイア・ダイアリーズ』シーズン2
スーパー!ドラマTV
毎週木曜
[吹替] 22:00~
[字幕] 深夜 0:00~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。
http://www.myjcom.jp/tv/channel-list/superdramatv.html

ファンタジー作家ジョージ・R・R・マーティンの長編小説シリーズ「氷と炎の歌」をTVドラマ化し、米国の初回放送時には視聴者数220万人という記録を叩き出した、『GAME OF THRONES』がいよいよ2013年1月、日本で初めて放送されることとなった。

本作は、国の覇権を巡り、七つの王家が繰り広げる生々しい王位争奪戦を描いた壮大な物語である。人気の高さを裏付ける数値として、最終回がシーズン最高となる視聴者数304万人となり、再放送、オンデマンド、録画などを含めた1話ごとの平均視聴者数はなんと930万人! すでにシーズン3の放送が決定しているくらいの大ヒットドラマとなっている。出演はショーン・ビーン、レナ・ヘディ、ピーター・ディンクレイジほか。

放送局はスター・チャンネル3。これまで『フォーリングスカイズ』『スパルタカスⅡ』『ダウントン・アビー』など、良質の話題作を多数放送してきた同局は、本作の日本放送を待ち望んでいた海外ドラマファンに対し、映画級のスケールで描かれた本作を心ゆくまで楽しんでほしい、と視聴者にメッセージを送っている。来年1月を楽しみに待ちたい。(海外ドラマNAVI)


Photo:『GAME OF THRONES』
(c)2012 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

本日、米国にて行われている第64回エミー賞授賞式。さきほどより受賞者・受賞作品が次々と発表されている。

今年の目玉はなんといっても『MAD MEN/マッドメン』の連覇を阻止した『HOMELAND』だろう。以下、主要部門の受賞内容を確認いただきたい。

◆ドラマシリーズ部門
作品賞 『HOMELAND』
主演男優賞 ダミアン・ルイス『HOMELAND』
主演女優賞 クレア・デインズ『HOMELAND』
助演男優賞 アーロン・ポール『ブレイキング・バッド』
助演女優賞 マギー・スミス『ダウントン・アビー』
監督賞 ティモシー・ヴァン・パタン『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』
脚本賞は アレックス・ガンサほか『HOMELAND』

◆コメディシリーズ部門
作品賞 『モダン・ファミリー』
主演男優賞 ジョン・クライヤー『ハーパー★ボーイズ』
主演女優賞 ジュリア・ルイス=ドレイファス『Veep』
助演男優賞 エリック・ストーンストリート『モダン・ファミリー』
助演女優賞 ジュリー・ボーウェン『モダン・ファミリー』
監督賞 スティーヴン・レヴィタン『モダン・ファミリー』
脚本賞 ルイス・C・K『Louie』


◆ミニシリーズ/テレビムービー部門
作品賞『ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女』
主演男優賞 ケヴィン・コスナー『Hatfields & McCoys』
主演女優賞 ジュリアン・ムーア『ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女』
助演男優賞 トム・ベレンジャー『Hatfields & McCoys』
助演女優賞 ジェシカ・ラング『アメリカン・ホラー・ストーリー』
監督賞 ジェイ・ローチ『ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女』
脚本賞 ダニー・ストロング『ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女』

(海外ドラマNAVI)
Photo:『HOMELAND』
(c)2011 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.


『MAD MEN マッドメン』シーズン4
AXN HD
9/4(火)から毎週月曜 22:00~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。
http://www.myjcom.jp/tv/channel-list/axn.html

『モダン・ファミリー』シーズン2
FOX HD
9/9(日)から毎週日曜 23:30~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。
http://www.myjcom.jp/tv/channel-list/foxjapan.html

『LOST』『FRINGE/フリンジ』など数々のヒット作を生み出してきたJ・J・エイブラムスが、映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の監督アルフォンソ・キュアロンとタッグを組み、米NBCの新作ドラマのパイロットを製作することが分かった。

米Deadlineによると、キュアロンは本作で監督を務め、マーク・フリードマン(『勇者たちの戦場』)と共同で脚本も担当するとのことだ。エイブラムスは製作総指揮として名を連ねている。タイトルは未定だが、特殊能力を持つ少女と、彼女を周囲から守ろうとする脱獄囚を中心にストーリーが展開するようだ。

キュアロンは、『ハリー・ポッター』の他にも、『リトル・プリンセス』『大いなる遺産』など数々の映画を手がけ、『トゥモロー・ワールド』ではアカデミー賞にノミネートされるなど、輝かしい経歴を持つ。TVシリーズの監督を務めるのは、今回が初めてだ。

一方のエイブラムスは、TV界ではお馴染みのヒットメーカー。人気シリーズを数多く手がけ、新作ドラマ『Revolution』は9月17日からアメリカで放送が始まり、好調な滑り出しを見せている。

映画界で活躍してきたキュアロンと、人気クリエイターのエイブラムス。この二人が製作に参加するパイロットとは、一体どんな作品になるのだろうか? キャスティングなど、続報にも期待したい。(海外ドラマNAVI)


(左から)
Photo:J・J・エイブラムス
(c)Manae Nishiyama/www.HollywoodNewsWire.net
Photo:アルフォンソ・キュアロン
(c)Jun Matsuda/www.HollywoodNewsWire.net


『LOST』シーズン2
Dlife
毎週日曜 21:00~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。

『FRINGE/フリンジ』シーズン1
J:COMオンデマンド「WARNER TV/ワーナーTV」
http://www.myjcom.jp/tv/vod.html

「コカインとジャックダニエルが大事なものだった」――そんな思い切った告白をしたのは、『ヴェロニカ・マーズ』などで知られる女優クリスティン・ベルの婚約者ダックス・シェパード。彼は米プレイボーイ誌のインタビューで、クリスティンとの関係を軸に過去のすさんだ生活を告白した。

クリスティンとダックスは2010年に婚約したが、二人の関係は最初から順調だったわけではなく、交際当初1年半ほどは毎週のようにケンカしていたそうだ。その原因はダックスの私生活。「酒やコカイン、アヘンやマリファナ、ダイエット用錠剤、鎮痛剤など、あらゆる物でブッ飛ぶのが大好きだった」と打ち明けたダックス。怪しげな連中とつるんでばかりいたらしく、「刑務所送りにならなかったのが幸いだった」と自ら認めるほどアブナイ生活を送っていたという。

クリスティンは、ダックスの荒れた生活にショックを受け、彼をなかなか信用できなかったそう。「クリスティンはいい子だ。クリスチャンとして育ち、ストレートで大学へ進学し成績もよく、すぐに仕事を始めた。チャリティーや慈善事業に力を入れているし、犬を保護したりもしている。だから出会った頃、僕らのバックグラウンドは正反対だったんだ」とダックスは振り返った。

ヤンチャをしてきたダックスも、今では俳優として安定してきている。今年シーズン4を迎えたコメディドラマ『Parenthood』で主要キャラクターを演じており、今夏アメリカで公開されたアクション・コメディ映画『Hit and Run』ではクリスティンと共に主演を務めた。うしろ暗い過去を告白したのも、自信が出てきた証拠だろう。今後もクリスティンを大切にしながら、さらに多くの作品で活躍を重ねてほしいものだ。(海外ドラマNAVI)


Photo:ダックス・シェパードとクリスティン・ベル
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net


『ヴェロニカ・マーズ』シーズン2
J:COMオンデマンド「WARNER TV/ワーナーTV」
http://www.myjcom.jp/tv/vod.html

『新ビバリーヒルズ青春白書』でアニー役を演じているシェネイ・グライムスとファッションモデルとして活躍中のジョシュ・ビーチの熱愛が報じられた。

9月に入り、Fashion Night Outをはじめ、多くのファッションイベントが世界中で開催されている。ファッションアイコンとしても注目されているシェネイも、お相手のジョシュもゲストとして多くのイベントに登場しているのだが、先日開催されたファッションブランドTOPSHOPのファッションショーにシェネイはジョシュと共に登場。二人は、ショーを見ながらずっと手を繋ぎキスをしていたため、会場ではショーの内容よりも注目を浴びていたと、英graziadaily.co.ukは報じている。

ジョシュはモデル業以外にミュージシャンとしても活動しており、イギリス出身の新星として音楽業界からも注目されており、シェネイも引き続き、大人気ドラマ『新ビバリーヒルズ青春白書』で主役を務める。

今年7月頃から少しずつ漏れきこえてきた熱愛報道。仕事もプライベートも絶好調な二人の愛の行方に今後も注目していきたい。(海外ドラマNAVI)


Photo:シェネイ・グライムス
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

ロンドン五輪で女子体操初の黒人金メダリストに輝き、一躍全米のアイドルとなった「空飛ぶリス」ことギャビー・ダグラス選手がティーン恋愛ホラー『ヴァンパイア・ダイアリーズ』にゲスト出演することがわかった。

米TVGuideによると、初の五輪で2冠を制したギャビーは、かねてより『ヴァンパイア・ダイアリーズ』の大ファン。同シリーズのクリエイター、ジュリー・ブレックがツイッターで祝福メッセージを贈ったことがきっかけとなり、憧れの番組への出演が決まったという。ギャビーはシーズン4の第7話に登場する予定で、先日、撮影現場を訪れると「出演オファーにすごく興奮した」とコメント。セットではギャビーのイチ押しキャラクター、デイモン・サルバトーレを演じるイアン・サマーハルダーとの初対面を果たした。イアンはその時の様子をすぐにツイッターで報告。「ギャビーの金メダルをかじったよ。最高!」と画像つきでつぶやいたそうだ。

『ヴァンパイア・ダイアリーズ』の制作陣は、ギャビーのメダル獲得後すぐにイアンやニーナ・ドブレフ、ポール・ウェズレイによる祝福ビデオレターを流すなど、ギャビーに猛チャージを仕掛けてきた。なんといってもギャビーはフェルプス、ボルトに次ぐフォロワー数を持つ人気スター。弱冠16歳ながら絶大な影響力を持つ存在なのだ。なお、ギャビーが演じる役柄はまだ明らかにされていないが、ヴァンパイア兄弟と女子高生が繰り広げるダークな恋愛ホラーに愛くるしい体操金メダリストをどう絡ませるのか、ティーンズでなくても興味をそそられるにちがいない。

『ヴァンパイア・ダイアリーズ』シーズン4はアメリカで10月11日に放送を開始する。(海外ドラマNAVI)


Photo:『ヴァンパイア・ダイアリーズ』


『ヴァンパイア・ダイアリーズ』シーズン2
スーパー!ドラマTV
9/20(木)から 毎週木曜
[吹替] 22:00~
[字幕] 深夜 0:00~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。
http://www.myjcom.jp/tv/channel-list/superdramatv.html

アメリカで話題沸騰中のミュージカルドラマ『SMASH』に、次々と注目の俳優がキャスティングされている。

ミュージカル版『ドリームガールズ』の主演を務め、トニー賞にもノミネートされたベテラン舞台女優のシェリル・リー・ラルフが、同作に出演するのは先にもお伝えしたとおり。https://dramanavi.net/news/2012/09/smash-47.php

このたび明らかになったのは、大ヒットミュージカル『ヘアスプレー』の映画版で、主演を務めたニッキー・ブロンスキー。どんな役で何話登場するかはわかっていないが、シーズン2で見られることになりそうだ。シーズン1から出演しているウェスリー・テイラーが、ツイッターでニッキーと写っている写真を投稿し、反響を呼んだという。

シーズン2はその他にも、『ウィル&グレイス』のショーン・ヘイズ、『アメリカン・アイドル』出身のアカデミー女優ジェニファー・ハドソン、『LAW & ORDER』のジェシー・L・マーティン、『レスキュー・ミー ~NYの英雄たち』のダニエル・サンジャタなど、豪華俳優陣の出演が決まっている。

日本上陸が決まった『SMASH』は、11月からDlifeで放送スタート!(海外ドラマNAVI)


Photo:ニッキー・ブロンスキー
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

『スターゲイト』のサマンサ・カーター役や、『サンクチュアリ』のヘレン・マグヌス役で知られ、日本にもファンが多い女優アマンダ・タッピング。その彼女が、アメリカで10月3日(水)からスタートする『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』シーズン8において、主要な役で準レギュラー出演することになった。

アマンダが演じるキャラクターの名前はNaomi(ネイオーミ、ナオミ)。本シーズンからショーランナーを務めるジェレミー・カーヴァーが米TV Lineに語ったところによると、「クールかつ神秘的なベールに包まれた人物で、これまでに登場したことのない新たな天使のグループのひとり」とのこと。また、映画『グッド・シェパード』でマット・デイモンが演じたような"まじめ一本槍の官僚主義者"で、ビジネススーツを着こなし髪もきっちりまとめてはいる。だが見かけほど落ち着いた人物ではなく、感情に動かされやすい、という設定になっている。

登場回はシーズン8の第7話から。『サンクチュアリ』がシーズン4で打ち切られたことに落胆していたアマンダのファンには、新たな楽しみとなりそうだ。(海外ドラマNAVI)


Photo:アマンダ・タッピング
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

イマジカBSで放送されていたドラマ『PAN AM/パンナム』の記事広告が、第55回「日本雑誌広告賞」で【第2部(タイアップ広告)】F部門(サービス・金融・情報通信。・その他)で、金賞を受賞した。

この広告は2012年2月1日発売の雑誌「BRUTUS」に掲載したもの。「RETURN OF THE JET AGE」というタイトルがつけられた綴じ込み特別冊子は、「もし、いまもこの空を、パンナムが飛んでいたら?」をテーマに作られ、かつて実在した世界最大の広告会社、パンアメリカン航空を舞台とした本作の世界観を知ってもらうために、同社の歴史、先進的なデザイン、企業哲学などを20ページに渡り紹介。さらに水原希子をはじめ、日本のトップモデルたちによるパンナム客室乗務員のグラビア(撮影:レスリー・キー)が華を添えた内容となっている。単なる一番組のPR記事というだけでなく、読み物としてもおもしろく、資料としても歴史的価値の高い冊子になっていることなどが受賞の理由になったと思われる。

9月28日(金)からDVD-BOXが発売される『パンナム』。DVD発売を記念して10月5日(金)12:00から同局で再放送が始まるが、今回の受賞により、さらに注目されることとなろう。(海外ドラマNAVI)


(C)「BRUTUS」 マガジンハウス

昨年10月1日に「WOWOWプライム」「WOWOWライブ」「WOWOWシネマ」のハイビジョン3チャンネルを開局したWOWOW。あれから1年が経った今年11月3日、新しい形のイベント「TOUCH!WOWOW 2012 いいね♪3チャンネルの日」を開催し、3チャンネルそれぞれで数々のスペシャル番組を無料放送することとなった。

先日行われた会見では、WOWOW代表取締役社長の和崎信哉氏が「目指すのは『TOUCH(タッチ)』。コーポレートメッセージである『見るほどに、新しい出会い。』の先を行く、触れて、そして感動するという体験がイベントのテーマ」と語り、本来マスメディアとは対極にあるツイッターやフェイスブックを始めとするSNSと連動し、同局の魅力をもっと広めていきたいと説明した。

イベントの総合司会は、高島彩と中野美奈子。昨年の「WOWOW大開局祭」に引き続き司会を務める高島と、フジテレビ退社後、初めて他局での仕事に挑む中野。プライベートでも仲がよい二人がイベントを盛り上げる。このほか「WOWOWシネマ いいね♪ナビゲーター」を務めるいとうせいこうも出演する。

11月3日に無料放送される番組のうち、注目したいのは、来年1月に放送スタートする『クリミナル・マインド7 FBI行動分析課』、そして今年12月に放送スタートする『ゾウズ・フー・キル3 殺意の深層』の先行放送だ。海外ドラマファンはチェックしておきたいところ。

「TOUCH!WOWOW 2012 いいね♪3チャンネルの日」は11月3日(土・祝)10時~22時まで開催。SNS連動企画は10月1日から投票スタートとなる。(海外ドラマNAVI)


Photo:(左から)いとうせいこう、高島彩、中野美奈子
撮影:中川 容邦

世界的に有名なミュージカル『レ・ミゼラブル』が映画化され、この12月28日に日米ほぼ同時公開されることとなった。

主人公ジャン・バルジャンを演じるのは、ヒュー・ジャックマン(『X-MEN』シリーズ)。母国オーストラリアやNYブロードウェイの舞台でミュージカルに多数出演し、さらにはアカデミー賞やトニー賞での司会ぶりで、ヒューが歌って踊れる俳優であることは広く知られている話。

ヒューは、本作について「映画製作している段階で"この作品は自分にとって礎石となる代表作になるだろうな"と感じることは滅多にないが、今回はその手応えを感じた。この映画に出演できたことは自分の今までの作品の中でも最も価値のある経験だった」とEW誌のインタビューで感慨深げに語っている。

また、ファンティーヌ役のために、ロング・ヘアーをバッサリ切ったことで話題になったアン・ハサウェイも、昨年アカデミー賞の司会の際に歌とダンスを披露して実力は保証済み。コゼット役のアマンダ・セイフライドも以前ミュージカル映画『マンマ・ミーア』に出演している。そしてジャベール役のラッセル・クロウに至っては俳優業の他に、自らロック・バンドでボーカル&ギターを担当してコンサートも行っている。メインキャストが皆、歌声に定評のある顔ぶれなので、どのような作品になっているか楽しみである。

ミュージカルといえば、近年『glee/グリー』『SMASH』とミュージカル・ドラマがヒットしている米国で、前評判の高い新ドラマ『Nashville』もいよいよ来月放送スタートとなる。

誰もが認めるスーパー・スターだが、かげりが見えつつある大御所(コニー・ブリットン)が、飛ぶ鳥を落とす勢いの新人(ヘイデン・パネッティーア)に、トップの座を奪われる!? そんなカントリー・ミュージックの舞台裏を描くミュージカル・ドラマ『Nashville』、こちらも放送後の反響に期待したい。(海外ドラマNAVI)


Photo:ヒュー・ジャックマン
(c)Manae Nishiyama/www.HollywoodNewsWire.net

アルフレッド・ヒッチコック監督が手がけた名作スリラー『サイコ』の前章ドラマ(プリクエル)としてTVシリーズ化される『Bates Motel』。その主人公で、のちに凶悪な殺人鬼と化すノーマン・ベイツ役に、英国人俳優フレディ・ハイモアが抜擢された。

フレディといえば、ファンタジー映画の天才子役というイメージが強い。もっとも有名なのは、ジョニー・デップと共演した『チャーリーとチョコレート工場』のチャーリー役。『アーサーとミニモイの不思議な国』を始めとするリュック・ベッソン監督の『アーサー』シリーズにも主演している。最近では青春ラブストーリー『最低で最高のサリー』でエマ・ロバーツと共演したのが印象的。

フレディの主演が決まった『Bates Motel』は、連続殺人犯としてその名を知られることになるノーマンが、10代の頃に母親とどんな関係を築いていたのか、どのように人格が形成されていったのかを描く作品だ。威圧的な母親役には、『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞にノミネートされた経歴を持つヴェラ・ファーミガがキャスティングされている。

リメイク版『サイコ』でアンソニー・ホプキンスが演じたことでも有名なノーマン役。素朴で純粋なイメージのフレディが新境地を開く作品としても期待される。

『Bates Motel』は10話で構成され、2013年にアメリカで放送予定。(海外ドラマNAVI)


Photo:フレディ・ハイモア
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

映画『スノーホワイト』の監督ルパート・サンダースとの不倫騒動が原因で、恋人ロバート・パティンソンと破局したクリステン・スチュワート。二人が同棲していた豪邸も売却され、関係修復はもはや不可能と見られていたが、ここにきて映画『トワイライト』シリーズの共演カップルに復縁のうわさが急浮上している。

二人と親しい友人が英タブロイド紙The Sunに語ったところによれば、「クリステンはロバートに思いをすべて打ち明け、サンダースとの過ちを心から詫びた。その結果、二人は互いに一心同体だと悟ったんだ」という。

すでにクリステンはサンダースとの浮気を認めた上で、監督との「一時的で軽率な過ち」を公的に謝罪しているが、その文中でもロバートへの愛をアピール。最近ではトロント国際映画祭に参加する際も、ロバート愛用のTシャツやキャップを身につけて現れ、二人の仲について「私たちは大丈夫」と答えるなどロバートへのラブコールを繰り返していた。

捨て身の謝罪が実ったのか、「ロバートもクリステンの浮気を一瞬の過ちと受け止めている。二人は涙ながらの話し合いを重ねた結果、今回のスキャンダルを乗り越えたようだ」と知人はコメント。さらに「ロバートはもうクリステンを許しているし、二人は元の鞘に収まったも同然だ。今は関係修復に力を注いでいるところだろう」と述べている。

シリーズ第5作にして完結編となる『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart 2』は11月12日に全米公開、12月28日に日本全国ロードショーの予定だ。共演カップルを巡る恋愛騒動が先行しただけに、話題性たっぷりの本作は間違いなく注目作となりそうだ。(海外ドラマNAVI)


Photo:ロバート・パティンソンとクリステン・スチュワート
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

『The O.C.』で、ザック役を務めたマイケル・キャシディがレギュラー出演しているコメディ『Men at Work』。本作のシーズン2に、同じく『The O.C.』に出演していたベンジャミン・マッケンジー(ライアン役)がゲスト出演することになった。 

マイケル演じるタイラーは、雑誌出版会社で働く若者たちの日常を描いた本作の主人公4人のうちの1人。そのタイラーが付き合っているシングル・ママの元・夫役で、ベンジャミンが登場する。元の夫が戻って来たことにより、タイラーの恋愛関係がハチャメチャになる展開となりそうだ。

『サウスランド』ではL.A.P.D.に勤務する警察官ベン役でシリアスな演技を見せ、昨年は来日も果たしたベンジャミンが、『Men at Work』では、どんなコメディ演技に挑戦するか楽しみだ。

『Men at Work』シーズン2は米国では来年放送予定。(海外ドラマNAVI)


Photo:ベンジャミン・マッケンジー
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

ファンに惜しまれながらもシリーズ終了した『CSI:マイアミ』のエリック・デルコ役のアダム・ロドリゲスが、新しく開始されるコメディ『The Goodwin Games』に数回に渡りゲスト出演することが決定した。

アダムが演じるのは、ベッキー・ニュートン(『アグリー・ベティ』)が主役の本作で、ベッキー扮するクロエと恋愛関係に落ちるかもしれない小学校以来の友人イヴァン役。 『CSI:マイアミ』では精悍でタフな捜査官を演じていたアダムだが、今回は番組プロデューサーによると「痩せていてアレルギー持ちで自分に自信のない意気地なしの大学教授」という全く違う役柄を演じるということだ。

兄妹弟が亡き父親の遺言により遺産相続ゲームに挑む待望の新コメディ『The Goodwin Games』は米国では来年早々開始予定だ。(海外ドラマNAVI)


Photo:アダム・ロドリゲス
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

DCコミックのスーパーヒロイン「ワンダーウーマン」のオリジンを描く新ドラマを、米CW局にて立ち上げる動きがあることが、アメリカで先週報じられた。『Amazon(仮題)』と名付けられているこの作品は、スーパーマンの青春期を題材にした『ヤング・スーパーマン』のように、主人公のワンダーウーマンことダイアナ・プリンスの若い頃を描く内容。まだ製作の初期段階だが、『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』のアラン・ハインバーグが脚本を手がけるという。

この『Amazon』と、同じCWで放送される新ドラマ『Arrow』とのクロスオーバーの可能性が、早くも取り沙汰されている。

『Arrow』は、やはりDCコミックのヒーローである「グリーン・アロー」が主人公となるアクションドラマ。『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のスティーヴン・アメルの主演で、アメリカでは10月10日(水)から放送がスタートする。

ワンダーウーマンもグリーン・アローも、DCコミックのスーパーヒーローが集結する「ジャスティス・リーグ」のメンバー。両番組が肩を並べてクロスオーバーまで成し遂げたら、DCコミックがワーナー・ブラザーズと共に進めている、ジャスティス・リーグの実写映画版の布石としても盛り上がりそう。

だがそもそも、ひとつの放送局でふたつのヒーロー物は両立するのだろうか? 『Arrow』の製作総指揮者グレッグ・バーランティは、米The Hollywood Reporterのインタビューでこの問いに答えている。「もちろん! リアリティ番組をたくさん放送する余裕があるなら、こういう番組をたくさん放送する余裕だってあるはず。一緒に放送できたら素晴らしいだろうね」

さらに、脚本家のマーク・グッゲンハイムも「『600万ドルの男』と『ワンダーウーマン』が放送されていた子ども時代を思い出すよ。あの頃は、チャンネルを回すだけでスーパーヒーロー番組がすべて見られた」と好意的。「ふたつの番組が肩を並べる余裕はあると思う。同じ曜日に放送したら楽しいよね。2時間続けてCWで放送したらすごい夜になる」

では、クロスオーバーの可能性についてはどうだろう? この場合、『Arrow』がリアリティ重視の作風であることがネックになるかもしれない。

例えば、製作総指揮者のアンドリュー・クライスバーグはこう釘をさしている――「僕たちの番組はずっとリアルな世界を舞台にしている。超能力もスーパーヒーローもエイリアンも登場しない。ワンダーウーマンには超能力があるのでクロスオーバーは想定できないけれど、スーパーヒーロー物の素晴らしいところは、バットマンの例を見てもわかるように、つねに再創造されていること。リンダ・カーターが70年代に主演した番組は素晴らしかったし、今度もきっと『Arrow』とうまく補い合うような作品が出来上がることだろうね」。また、『Arrow』主演のスティーブン・アメルも、「超能力を彼女がもたない限り、うまくやっていけるはずだ」と言っている。

つまり、『Arrow』とのクロスオーバーを実現するために、ワンダーウーマンは超人的な能力を放棄しなければならないかもしれない。『Amazon』がどんな作品になるのかはっきりわからない現時点では、クロスオーバーの可能性はまだ不透明と見たほうがよさそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Arrow』主演のスティーブン・アメル
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

電撃結婚をした『ゴシップガール』のブレイク・ライブリーと人気俳優のライアン・レイノルズ。その結婚式をコーディネートしたのは、"カリスマ主婦"として有名なマーサ・スチュワートだったという。

ライフコーディネーターのスチュワートは、「マーサ・スチュワート・ショー」などの冠番組も持ち、料理、園芸、手芸、室内装飾などの分野で活躍。その他にも、生活用品はじめとする様々なブランド商品を手掛ける。

二人の結婚式を手掛けたスチュワートのチームは、サウスカロライナ州のウエディングプランナーと協力。田舎の納屋で家族や近親者が集まるような、「親近感があって、他にはないパーティー」を目指したという。

スチュワートが発行するブライダル情報誌Martha Stewart Weddings Magazineによると、「心温まる挙式に始まり、楽しみいっぱいに盛り上がったひととき、優雅な披露宴にいたるまで、本当に魅惑的なウエディングでした」とのこと。

会場は、大ヒット映画『きみに読む物語』のロケ地として知られる農園。昔からチャールストンの街がお気に入りだったというライアンが、郊外にあるこの場所を選んだのだとか。

ブレイクと花嫁の付添い人のブライズメイドは、マルケッサのドレス姿。靴は、ブレイクのお気に入りブランドのクリスチャン・ルブタンで揃えたそう。

一方、ライアンと花婿の付添人のグルームズマンは、バーバリーのスーツ姿。レザーのサスペンダーは、有名デザイナーで、ライアンの友人でもあるクリストファー・ベイリーが特別にデザインしたという。

素朴な田舎風景で行われたお洒落でにぎやかな結婚式は素敵なものだったに違いない。スチュワートのブライダル誌は、12月号で詳細を伝えるとしている。

なお『マーサ・スチュワート・ショー』はDlifeにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:マーサ・スチュワート
(c)Thomas Lau/www.HollywoodNewsWire.net

2001年9月11日に発生した、アメリカ同時多発テロ事件。今年の9月11日に、11回目の「9.11」を迎えた。

この日、『プリティ・リトル・ライアーズ』のルーシー・ヘイルやアシュレイ・ベンソンをはじめ、多くの人気スターがツイッターで「9.11」への想いをツイートした。米HollywoodLife.comで、そのツイートが紹介された。

アシュレイは、「決して忘れてはいけない」とシンプルに力強くツイートした。
ルーシーは、「今日は9月11日。"9/11day"の活動を支援しよう。」と、ツイートし、"9/11day"と言う9.11の犠牲者の支援や追悼など、9.11からアメリカが立ち直っていくために様々な活動を実施しているNPO団体を紹介した。

他にも、ファッションモデルとしても活躍中の女優、マンディ・ムーアは、「想い、光り、そして愛を9.11で亡くなった方々に」と追悼の想いをつづった。

2003年まで放映された大ヒットドラマ『サブリナ』で主演を務め、過去にティーン・チョイス・アワードなども受賞した経験を持つベテラン女優、メリッサ・ジョーン・ハートは、「9.11をまるで昨日の事の様に覚えているわ。あの出来事は、私達の世界を大きく変えた。私はずっと絶対に忘れないし、犠牲者の方々を想いながらを今日と言う日を大切に生きていきたい!」と9.11について忘れてはいけないというメッセージを140文字の中に込めている。

11年という時が経っても、記憶の薄れる事のない「9.11」。
今年、スターたちと同様、世界中の多くの人々もあの日の出来事を思い返しながら、11年目の「9.11」を過ごしていたのだろうか。(海外ドラマNAVI)


Photo:ルーシー・ヘイル
(c)Warner Bros. Entertainment Inc.


『プリティ・リトル・ライアーズ』シーズン2
Dlife
毎週日曜 22:00~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。

『グレイズ・アナトミー』シーズン2
Dlife
毎週金曜 21:00~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。

イギリスで1963年からスタートした長寿人気シリーズ『ドクター・フー』。本作で長年、男性が演じ続けてきた主人公ドクターを、歴史上初めて、女性が演じるのではないかというウワサが絶えない。このウワサに、製作総指揮者のスティーヴン・モファットと、主演のマット・スミスが答えた。

まず、製作総指揮者のモファットは、大衆紙The Sunの記事で先月末、次のように発言。「(女性版ドクターは)タイムロード伝説の一環であり、ありえることだ。話題になればなるほど、いつか実現する可能性は高まるだろうね」――現在11代目ドクターを演じるマットが降板すれば、次に女性がドクターの役につく可能性を否定しなかった。

ところが一方、マットのほうはというと、「正直いって、そういうことが近いうちに起きるとは全然思わないよ。そもそも本当に起きるとも思わない」と、かなり否定的。女性向けギークサイトのThe Mary Sueが、「それはあなたが辞めないからですか?」と問いかけたところ、「そう。僕は女性にならないしね」とも言っている。

そうはいっても、"女性版ドクター"というアイデアが想像を刺激するのも確かなこと。「ドクター役にぴったりな女優は?」という質問に対しては「うーん、誰かなあ...」と真剣に考え込んだあげく、「シャーリーズ・セロンはかなりイケてるんじゃない?」と回答している。

このほかマットは、女性になったらドクターの役どころは若干変化するとも考えているようだ。「男だらけの部屋に同性の人物を投じるのとは違ったことが起きるだろうからね。キャラクターの本質は変わるかと聞かれたら答えはノーだけど、面白いアイデアに違いない。ドクターに赤ちゃんはできるのか、なんてことも気になるしね」。

たしかに、ドクターの性別が変わったら、それだけで役の設定をめぐって再考しなければならないことが数多く出てくるはず。本当にそんな大きな変化が訪れるのか、ファンは大いに気になるところだろう。(海外ドラマNAVI)

大人気ヴァンパイアドラマ『トゥルーブラッド』に出演しているアンナ・パキン(スーキー役)と、共演者で夫のスティーヴン・モイヤー(ビル役)との間に、双子の赤ちゃんが誕生したことがわかった。

二人の代理人は「アンナ・パキンとスティーヴン・モイヤーに双子が誕生したことを、ここに発表いたします」と声明を発表。「双子は予定より数週間早く生まれましたが、健康状態は良好で、アンナもスティーヴンも大喜びしています」とコメントした。

『トゥルーブラッド』での共演がきっかけで交際をスタートしたアンナとスティーヴンは、2010年8月に結婚。今年4月にアンナが第一子を妊娠したことを発表し、7月には妊娠中の赤ちゃんが双子であることが明らかになっていた。

スティーヴンには、以前交際していた女性との間に12歳の息子ビリーくんと10歳の娘ライラックちゃんがいるが、夫妻にとっては初めての子どもとなる。

一気に二人も家族が増えて、にぎやかさも幸せも(大変さも?)2倍!? 私生活も充実している二人に今後も期待したい!(海外ドラマNAVI)


Photo:アンナ・パキン、スティーヴン・モイヤー
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

マイアミ市警の血液分析官が、実は連続殺人犯だったという異色のドラマ『デクスター ~警察官は殺人鬼』。2011年に『アイアンマン』『スパイダーマン』などのコミックを出版しているマーベル社が、『デクスター』のコミックを今年の10月に出版すると一旦発表したのだが、その出版が来年の1月まで延期されたとBleeding Coolが報じている。

『デクスター』はジェフ・リンジーが書いた小説「デクスター 幼き者への挽歌」が原作。2004年に発表された小説は、続編が5冊出版される人気シリーズとなった。2006年にアメリカでドラマ『デクスター』がスタートし、現在シーズン7まで製作が決まっている。コミックの原作もリンジーが手掛ける予定だ。ドラマは小説とは異なる内容になっているが、コミックは小説とつながる物語になるという。

小説からドラマ化された『デクスター』が、どのようなコミックになるのか楽しみだ。

なお日本では、9月14日(金)から、『デクスター』シーズン6のリリース&レンタルがスタートする。(海外ドラマNAVI)


DEXTER(R)(C) 2012 Showtime Networks Inc. All rights reserved. SHOWTIME and related marks are registered trademarks of Showtime Networks Inc., A CBS Company. (C) 2012 CBS Studios Inc. CBS and related marks are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved. TM, (R) & (C) by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

スティーヴン・スピルバーグが手掛ける米NBCの新作ドラマ『SMASH』。今年の2月にシーズン1がオンエアされると、初回放送で1100万人以上もの視聴者数をたたき出し、翌3月にはシーズン2の製作が決まった。

ブロードウェイ・ミュージカルの制作舞台裏を描いた本作。主要キャラクターの一人カレンを演じるキャサリン・マクフィー(『CSI:ニューヨーク』『アメリカン・アイドル』)によると、カレンはあまり鋭いタイプではないが、才能にあふれた人物らしい。そして、シーズン1ではマリリン・モンロー役を得ようと奮闘するうちに、いつの間にかブロードウェイ・ミュージカルという大きな渦に巻き込まれていく。

米美容雑誌Allureのインタビューに答えたキャサリンは、カレンというキャラクターに自分との共通点を見出したことを明かし、次のようにコメントした。「その後のエピソードで、カレンは自分に自信を持つようになるわ。今までは控えめだったけど、積極的に周囲の人と関わるようになるの。これには、すごく共感した。私自身も、成長して自分の考えや意見に自信が持てるようになったの」

これまで、数々のオーディションに落ちたり、出演したパイロットがシリーズ化されなかったりと、苦労の連続だったことも明かしたキャサリン。今回の抜擢とドラマのヒットで女優として大躍進を見せているが、ドラマの中で成長していくカレンは、まさに今の彼女にぴったりの役柄だったようだ。(海外ドラマNAVI)


Photo:キャサリン・マクフィー
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

ベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマンが21世紀のシャーロック&ワトソンとなり、ロンドンの街を疾走するドラマ『SHERLOCK/シャーロック』。大人気の本作が、連載マンガとなってファンの前に登場することとなった。

「ヤングエース」に掲載されるこのマンガ、タイトルは「SHARLOCK ピンク色の研究」。ドラマと同様、スティーブン・モファットとマーク・ゲイティスの脚本を元に第1話からJay.が描きおろす。TV放送を見ていた人はもちろんのこと、見ていなかった人がマンガをきっかけにドラマに興味を持つきっかけになれば、さらにシャーロック熱が高まっていくことだろう。

本作が掲載される「ヤングエース」11月号は、角川書店から2012年10月4日に発売される。また、ドラマ『SHERLOCK/シャーロック シーズン2』は、10月5日(金)にDVD&Blu-rayでリリースされる。(海外ドラマNAVI)


「SHERLOCK ピンク色の研究」(脚本:スティーブン・モファット、マーク・ゲイティス 漫画:Jay.)
(c) 2010 Hartswood Films All Rights Reserved.
Japanese manga adaptation published by arrangement with Hartswood Films through The English Agency (Japan) Ltd.
Colin Hutton (c) Hartswood Films 2012


『SHERLOCK シャーロック』第1~3話一挙放送!
AXNミステリー
9/8(土)から毎週土曜 14:00~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。
http://www.myjcom.jp/tv/channel-list/axn.html

NPO団体Do Something主催のチャリティパーティー、CAN.PARTY!に『glee』のリー・ミッシェル、そして『新ビバリーヒルズ青春白書』のジェシカ・ストループやアナリン・マッコードが参加した。

Do Somethingは、若者の社会貢献活動への意欲高める活動をしているNPO団体で、様々なキャンペーンをセレブに協力を促しながら実施している。

今回のパーティーにも、リーやジェシカだけでなく、俳優のベン・アフレックなど豪華スターが出席した。その様子は米GUEST of a GUESTなど、多数メディアにて報じられており、多くの注目を集め、キャンペーンとしては大成功となった。このパーティーでは、参加したスターがそれぞれ関心のある社会問題解決に募金する事になっている。今回、ジェシカは白血病の患者支援の枠に募金し、その様子を自身のブログでも発信した。

また、多くのチャリティイベントに出席し、自身のツイッターから様々なNGOの情報を発信するなど、普段から社会貢献活動に熱心に取り組んでいるアナリンは、"Do Something賞"を受賞したそうだ。

大人気ドラマの女優達がこのパーティーで社会貢献活動に取り組む姿を見て、多くの若者達の社会貢献活動への関心や意欲も高まっていくのではないだろうか。(海外ドラマNAVI)


Photo:(左から)リー・ミッシェル、アナリン・マッコード
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

女子系ドラマ『ゴシップガール』セリーナ役で火が付き、今や全米大人気女優のブレイク・ライブリーが、結婚間近と噂されていた俳優ライアン・レイノルズと極秘で結婚式をあげたことが明らかになった。

米Us誌によると、二人は現地時間9月9日に映画『きみに読む物語』の撮影場所で有名な米サウスカロライナ州チャールストン近郊にある大農園"ブーン・ホール・プランテーション"で挙式した。ファッションリーダーでもあるブレイクの注目すべきウエディングドレスは「マルケッサ」のオーダーメイドドレス。同じく付添人たちも「マルケッサ」のドレスでそろえていたという。

ブレイクとライアンは2011年の3Dアクション映画『グリーン・ランタン』での共演がきっかけで交際スタート。いつかいつかと噂されてきた2人の結婚だが、10月よりスタートする『ゴシップガール』ファイナルシーズンの放送を目前に控えたこのタイミングとなった。セリーナのイメージが強かったブレイク、ドラマもようやく卒業ということで、2人の赤ちゃんを見る日も近いのかも?

Photo:(左から)ブレイク・ライブリー、ライアン・レイノルズ
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net


『ゴシップガール』
スーパー!ドラマTV
<シーズン3>
9/5(水)から 毎週月曜~金曜 18:00~
<シーズン4>
毎週木曜
[吹替] 22:00~
[字幕] 深夜 0:00~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。
http://www.myjcom.jp/tv/channel-list/superdramatv.html

『ゴシップガール』シーズン1・2・3
J:COMオンデマンド「WARNER TV/ワーナーTV」
http://www.myjcom.jp/tv/vod.html

『ゴシップガール』にて、ブレア(レイトン・ミースター)の父親役で知られるジョン・シェアが『グッド・ワイフ』シーズン4にて、野心あふれる弁護士ケイリー・アゴス(マット・ズークリー)の父親役で登場することが決定した。

ジョン・シェア演じるケイリーの父親は、自らも父親からされたように「誰からも助けを借りず、世間の厳しさを学んで欲しい」と、息子ケイリーが18歳の時に彼を家から追い出した厳格な性格ということ。

待望の『グッド・ワイフ』シーズン4は米国では9月30日開始である。ケイリーとどんな再会シーンになるか楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

(c)パラマウント ジャパン


『ゴシップガール』
スーパー!ドラマTV
<シーズン3>
9/5(水)から 毎週月曜~金曜 18:00~
<シーズン4>
毎週木曜
[吹替] 22:00~
[字幕] 深夜 0:00~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。
http://www.myjcom.jp/tv/channel-list/superdramatv.html

『ゴシップガール』シーズン1・2・3
J:COMオンデマンド「WARNER TV/ワーナーTV」
http://www.myjcom.jp/tv/vod.html

先日、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントより今後のDVDリリース予定が発表された。

その豪華ラインナップをご紹介すると、アメリカでロングラン・ヒットを記録した犯罪捜査ドラマの金字塔『ロー・アンド・オーダー<ニューシリーズ>』は2012年10月より順次リリース。その『ロー・アンド・オーダー』のスピンオフ・シリーズ『LAW & ORDER:LA』は、続いて2013年新春にリリース予定となっている。

その他、2013年リリース予定となっている作品は、天才医師ハンクの活躍を描く、全米大ヒットの新感覚メディカルドラマ『ロイヤル・ペインズ ~救命医ハンク~』シーズン3、偏屈で無愛想の天才診断医ハウスに注目。全世界不動の人気を誇る傑作医療ミステリー『Dr.HOUSE』シーズン7。

さらに『ボーン・アイデンティティー』の製作チームが放つ超一級のサスペンス・ドラマ『コバート・アフェア』シーズン3や、今シーズンでファイナルとなる、『ユーリカ ~地図にない街~』などどれも待ち遠しい作品ばかり。(海外ドラマNAVI)

(c)2006/2007 Universal Studios. All Rights Reserved.


『LAW & ORDER』シーズン6
スーパー!ドラマTV
9/11(火)から毎週月曜~金曜 21:00~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。
http://www.myjcom.jp/tv/channel-list/superdramatv.html

『Dr.HOUSE』シーズン2
Dlife
毎週木曜 21:00~
※お住まいの地域によっては番組が見られない場合がございます。

イケメン競泳金メダリストのライアン・ロクテが、またしても人気ドラマにカメオ出演することがわかった。ロクテが『新ビバリーヒルズ青春白書』にカメオ出演することは、以前お伝えしたとおり。この撮影が終わったばかりなのだが、今度は人気コメディ『30 ROCK/サーティー・ロック』に出演するようだ。

撮影の当日、脚本家兼クリエーターのジャック・バーディットは現場の様子をツイート。ロクテが、主演・脚本・製作総指揮を務めるティナ・フェイ(リズ役)と笑顔で一緒に写っている写真がアップロードされ、写真には「こんなことが今日、『30 ROCK』の現場で起きてるんだ」というコメントが添えられている。

E!Onlineのインタビューに対して、撮影は長くかかったけれど満喫したとロクテは「現場でアレック・ボールドウィンと一緒だったんだけど、すごいんだ。すごい役者さ。とても楽しかったよ。詳しくは言えないけれど、ものすごいことになるよ」と興奮を語ったとか。

ニューヨーク出身のロクテは、馴染みの街マンハッタンが舞台の同作で、どんな愉快な役どころを演じるのか。ロクテが出演するエピソードは、10月からアメリカでスタートするシーズン7にて放送される予定。(海外ドラマNAVI)

歌手でありオスカー女優のジェニファー・ハドソンが、無名のデザイナーたちが熱いバトルを繰り広げるリアリティ番組『プロジェクト・ランウェイ』で審査員を務めることがわかった。ジェニファーが出演するのは、現在アメリカでOA中のシーズン10フィナーレ。同番組は先日の放送中にジェニファーの出演を発表した。

米InStyleのインタビューで「ファッションは自分自身を表現し、服を通して自分の個性を輝かせる方法だわ」と語ったジェニファー。実は9月10日から彼女がデザインしたクロージングラインがアメリカのTVショッピングチャンネルQVCで販売される。彼女のコレクションは、着やすさを重視した手頃な価格帯のものだそう。デザイナーを経験したばかりのジェニファーが、『プロジェクト・ランウェイ』で他のデザイナーたちをどう審査するのか気になるところ。

また、ジェニファーは現在、ブロードウェイ・ミュージカルの制作舞台裏を描いた人気シリーズ『SMASH』の撮影に取り組んでいる。本作は日本でもDlifeで放送されることが最近発表されたばかり。シーズン2に複数話にわたって出演するジェニファーは、成功をつかんだ舞台女優として、主要キャラクターのカレン(キャサリン・マクフィー)とアイビー(ミーガン・ヒルティ)に影響を与える人物を演じるという。

『プロジェクト・ランウェイ』ではデザイナーの片鱗をのぞかせてくれそうだし、『SMASH』では実力を実証済みの歌と演技が見ものとなること間違いなし。どちらのジェニファーも見逃せない!(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェニファー・ハドソン
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

WOWOWプライムにて月~金曜生放送のエンタメショー『ザ・プライムショー』が、番組開始1周年を迎え、10月1日より"世界を飲み込む!未来型ニュース&トークショー"『渋谷LIVE!ザ・プライムショー』として、リニューアルされることが決定した。

今まで通り「WOWOW渋谷ステーション」を拠点に、文化とエンタメの発信地である"渋谷エリア"をこれまで以上にフィーチャーしながら、番組内で渋谷のさまざまなエンタメスポットで中継し、人々が今注目している国内外の最新トレンドをお届けしていくという。

また、新設されるトークコーナー"プライム・コア・トーク(仮)"では映画監督、脚本家、劇作家、音楽家、文筆家、アニメーター、デザイナー、カメラマン、スタイリストなど、多様なクリエイター系ゲストを招きインタビューを展開する。

さらに、放送と同時進行で別番組をネット配信。その日のゲストに関するディープ・トークを展開し、ゲストへの質問なども募集する予定。このトークコーナーのタイミングで放送と配信を融合させ、前代未聞のリアルタイム・コラボが連日繰り広げられることとなっている。

番組ホストはジョン・カビラが引き続き担当。曜日ごとのデイリーキャスターは、月曜日・内田恭子、水曜日・土屋アンナ、金曜日・冨永愛に加え、番組に新風を吹かせる渡辺直美が火曜日に登場。木曜日は週代わりのスペシャルゲストデーに模様替えされる。

今回の渡辺直美の起用に関して、番組プロデューサーの内野は「今回のリニューアルコンセプトとして、"渋谷から独自目線で世界のエンタメ情報を発信していく"ことを掲げました。そこで、思い浮かんだのが、女性からの支持率急上昇中の渡辺直美さんでした。また、彼女は、音楽では邦楽はもちろん、特に洋楽が好きで、海外ドラマも大好きだというので、WOWOW指数の高い渡辺さんに期待しています。彼女が本来持つパーソナリティにかけ、地上波とは違う渡辺直美を"体験"できます!」とコメントした。

世界中から集められた最新エンタメニュースもますます充実した、新生『渋谷LIVE!ザ・プライムショー』は10月1日(月)よりスタート!(海外ドラマNAVI)

映画『アベンジャーズ』でキャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンスと『新チャーリーズ・エンジェル』で主演を務めたミンカ・ケリーが復縁したと、複数のメディアが報じた。

2007年に交際していたものの、1年ほどで破局してしまったクリスとミンカ(ミンカがMLBニューヨーク・ヤンキースの主将デレク・ジーターと恋に落ちたため、クリスを振ったらしい)。しかし先日、二人がデートを楽しむ姿が目撃され、復縁したのではないかとの噂が飛び交っている。

米Boston Herald.comによると、先月18日(現地時間)、クリスの地元にあるレストランを訪れた二人は、キスをしたり手をつないだりと、誰が見ても恋人同士のようだったとか。さらにその6日後には、ニューヨークでブロードウェイミュージカル『The Book of Mormon』を楽しんでいたという。

ミンカの関係者は、「彼女は確かに以前クリスを傷つけましたが、今回彼とやり直すことにしたんです」とコメント。一方、クリスの友人は「クリスはまだ不安に思っていて、慎重になっています」と語っており、クリスがまた傷つけられないかと心配しているようだ。

「最もセクシーな女性」にも選ばれたことのある美人女優と人気俳優のカップル! 今後も注目したい!(海外ドラマNAVI)

(左から)
Photo:クリス・エヴァンス
(c)Manae Nishiyama/www.HollywoodNewsWire.net
Photo:ミンカ・ケリー
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

日本でも人気を博したドラマ『特攻野郎Aチーム』。同作の映画版『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』で色男キャラのフェイスを演じたブラッドリー・クーパーは、映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』でブレイクし、昨年は米ピープル誌が選出する「最もセクシーな男」の栄冠を獲得。30代後半にして人気ハンサム俳優の名をほしいままにしている。しかし、少し前の20代までは『ハングオーバー!』さながらに酒癖が悪く、ドラッグも常用していたようだ。

ブラッドリーは、米The Hollywood Reporterのインタビューでこの過去の悪癖を暴露。「パーティーに出て、自分の頭をわざとコンクリートに打ちつけた。見ろよ、俺ってタフだろ?って感じでね」。しかも、血まみれになってもやめようとしなかったといい、当然の結果として、何針も縫う大けがを負ったという...。そりゃそうだ...。

「今は一切飲まないし、ドラッグにも無縁」というブラッドリーは、29歳でそうした生活からきっぱり足を洗ったそう。遅咲きのイケメン俳優は、完全にシラフになったことで得られたことは計り知れないと語っている。

「最もセクシーな男」に選ばれた時も、自信をのぞかせるというより遠慮がちだったのも、こうした過去があるからかもしれない。「みんなが自分のことをどう思うか、とても心配だった。こんな経歴があるんだからね。本当に、自分の人生をぶち壊しにしてしまうところだった。心底危なかった」と胸中を明かした。

クリーンになったことでキャリアも一転したブラッドリーは、今後も次々と話題作に出演する。熱愛が報じられたゾーイ・サルダナ(『アバター』他)と共演した映画『The Words』はアメリカで間もなく公開。『ハングオーバー』シリーズ第3弾も撮影中だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブラッドリー・クーパー
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

1984年に製作されたエディ・マーフィ主演の映画『ビバリーヒルズ・コップ』。計3本製作された人気映画シリーズがTVドラマとして復活することになった、と先日お伝えしたばかり。そして、このたび、ドラマ版のパイロットがCBSで放送されることが決まった。

映画『ビバリーヒルズ・コップ』はデトロイトの刑事アクセル・フォーリー(エディ・マーフィ)がロサンゼルスのビバリーヒルズで悪を追うというアクション・コメディだ。ドラマは映画の続編となっており、アクセルの息子で警官のアーロンが主人公となる。パイロットではエディはアクセル役で登場するが、もしドラマのシリーズ化が決まれば、複数のエピソードに出演する予定だという。またエディは出演だけでなく、ショーン・ライアン(『ザ・シールド ~ルール無用の警察バッジ~』)とともに製作総指揮を務めている。

当初、エディは『ビバリーヒルズ・コップ』の4作目を製作しようとしていたが実現せず、代わりにTVドラマとして動きはじめた。かつてマーフィが主演した映画が、どのようなドラマに生まれ変わるのか楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:エディ・マーフィ
(c)Thomas Lau/www.HollywoodNewsWire.net

アイアンマンやハルク、キャプテン・アメリカなどのマーベル・コミックのヒーローたちが集合し、大ヒットを記録した映画『アベンジャーズ』。本作の監督を務めたジョス・ウェドンが製作に参加するTVドラマ版『アベンジャーズ』の話は先日もお伝えしたとおり(テキストリンクはってねhttps://dramanavi.net/news/2012/08/post-1589.php)だが、そのウェドン自身がスピンオフについて思うところを語った。

米Vultureによると、スピンオフはヒーローたちを率いる国際諜報組織S.H.I.E.L.Dをメインにした物語になる。脚本をウェドンと彼の弟ジェド・ウェドン、ジェドの妻マウリッサ・タンチャローエンが担当する。ジェドとタンチャローエンは『ドールハウス』でも脚本を執筆しているので、ウェドンと共に製作するパートナーとして適任といえるだろう。

ウェドンは「重要なのは『アベンジャーズ』を理解している僕たちが、このドラマに何が必要なのか熟知している点だ。このドラマの世界を愛しているから、どうすれば面白くなるかわかっているんだ。そして、マーベル・コミックが好きな人だけではなく、コミックを読んだことがない視聴者にも楽しめる物語になるよ」と話し、クリエイターとしての自信をうかがわせた。

また、スピンオフのパイロットの監督としてメガホンを握るウェドンは、このドラマが映画版とは独立した作品となると話している。ヒット映画から生まれたドラマがどんな内容になるか楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョス・ウェドン
(c)Manae Nishiyama/www.HollywoodNewsWire.net

巨匠スティーヴン・スピルバーグの元に、各分野の一流クリエイターたちが集結して作り上げたショービズ・サバイバルドラマ『SMASH』が、そしてグリム童話をベースにしたダーク・サスペンスドラマ『GRIMM』が、ついに日本に上陸することが決定した。

『SMASH』は、マリリン・モンローを主役にしたブロードウェイ・ミュージカルの制作舞台裏をドラマ化した物語。ショービズ界の住人たちが見せる貪欲なまでのこだわりと葛藤、そして現場に渦巻く人間関係が、迫力の音楽と圧巻のパフォーマンスで描かれている。とりわけ「主役のマリリン役を誰が射止めるか」というバトルを演じるキャサリン・マクフィー(『アメリカン・アイドル』出身)と、ブロードウェイで活躍中のメーガン・ヒルティの熱演は心奪われること間違いなし。二人の圧倒的な歌唱力を是非体感してほしい。本作は2013年春にDVDリリースされ、それに先駆けて11月3日からDlifeにて放送されるとのこと。

そしてもう一作の『GRIMM』。ある猟奇的な連続殺人事件を担当して以来、奇妙な現象に悩まされるようになる刑事ニック(デヴイッド・ジュントーリ)は、やがて自分がグリム兄弟の末裔であることを知り、『グリム童話』が真実の話であることを知る。誰もが知っているグリム童話と特殊効果を駆使した映像世界とが見事に融合した本作は、本国放送時でも話題となり、同時間帯ドラマでNo.1の視聴率を叩き出している。本作は2013年にDVDがリリースされることになり、こちらも来年TV放送が予定されているそうだ。

DVD発売元のジェネオン・ユニバーサルからは、上記2作とともに『ALPHAS/アルファズ』『SUITS/スーツ』の2013年DVD発売も発表されている。海外ドラマファンには待ち遠しい日々が続きそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SMASH』
(c)2012 Universal Studios. All Rights Reserved.

去る9月3日、54歳という若さでこの世を去ったマイケル・クラーク・ダンカン(映画『グリーンマイル』)。この突然の訃報に対して、人気シリーズ『BONES -骨は語る-』のスピンオフである『ザ・ファインダー 千里眼を持つ男』でマイケルと共演したメルセデス・マソーンが、米TV Lineを通じて追悼のメッセージを発表した。

「ファンの皆さんもご存じのとおり、マイケルの笑顔でスクリーンは輝いていました」と、生前のマイケルを振り返るメルセデス。さらに、「あの大きな体と、特に素晴らしい上腕二頭筋のおかげで(今頃どこかで誇らしげに腕を曲げているでしょう)、彼には威厳がありました」と、親しみをこめて語った。

このメッセージにもあるように、マイケルと言えば、あの巨体と優しい笑顔。この組み合わせからメルセデスは彼を"ある物"に例えて、次のように続けた。「あらゆる大きさの動物を心から大切に思い、愛してくれた"大きなクマさん"を失い、悲しい気持ちで一杯です。彼と一緒に仕事ができたことを、光栄に思います。私の思いが彼の家族、友人、彼を恋しく思うすべての人に届きますように。そして、マイケル・クラーク・ダンカンが安らかな眠りにつきますように」

映画界でキャリアを積んだマイケルがドラマのレギュラーキャストに抜擢され、さらなる活躍が期待されていた矢先だっただけに、今回の訃報は残念でならない。謹んでご冥福をお祈りします。(海外ドラマNAVI)

(左から)
Photo:故 マイケル・クラーク・ダンカン
(c)Kazumi Nakamoto /www.HollywoodNewsWire.net
Photo:メルセデス・マソーン
(c)Manae Nishiyama /www.HollywoodNewsWire.net

大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』で外科医ジャクソン・エイヴリーを演じるジェシー・ウィリアムズが不動産ブローカーの恋人と9月1日夜、ロサンゼルスで結婚したことがわかった。挙式に招かれた親族や親しい友人が新カップルの門出を祝福したという。

式の出席者によると、セレモニーはロマンチックでエレガントなムードで執り行われ、新郎のジェシーは見るからに幸せそうな様子だったとか。「みんな笑顔で、実に感動的な式だったよ。愛し合う二人の気持ちが伝わってくるような心あたたまる夜だった」と出席者は語っている。

米Poepleによれば、『グレアナ』きってのイケメン医師を射止めたのは一般女性のアリン・ドレイク・リーさんだ。二人はジェシーが中学と高校の教員をしていたニューヨークで出会い、交際すること約5年。その間、ジェシーは映画『旅するジーンズと19歳の旅立ち』でブレイクし、人気シリーズ『グレアナ』にレギュラー入りする売れっ子となる。しかしジェシーは"長すぎた春"のジンクスをものともせず、華やかなハリウッドの世界に惑わされることもなく熱愛を貫いたわけだ。彼は2010年のインタビューで米USA Todayに「アリンとはデビュー前からの長い付き合いで、良い時も悪い時も僕を支えてくれた人。お互いのことを知り尽くしたパートナーなんだ」と語っている。結婚おめでとう、ジェシー!

『グレイズ・アナトミー』はアメリカで今月末よりシーズン9がスタートする。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェシー・ウィリアムズ
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

日本でも大旋風を巻き起こしたドラマ『24 -TWENTY FOUR-』。同作でキーファー・サザーランド扮する主人公ジャックの娘キムを演じたエリシャ・カスバートが、NHL(北米のプロアイスホッケー・リーグ)の人気選手ディオン・ファヌーフと婚約したことが明らかになった。

お相手のファヌーフは、メイプル・リーフスの主将でディフェンスマンという、見るからに頼り甲斐のあるタフガイだ。カナダ人のエリシャにとって、強豪揃いのお国のプロアイスホッケー選手は、多くの人が憧れるアスリート。これまでにもNHL選手との熱愛が報じられたが、2008年から4年間の交際を続けてきたファヌーフとは、ついに婚約! 現地では各メディアがこぞってこの朗報を伝えた。

二人が婚約を発表したのは、カナダのプリンス・エドワード島にあるレストラン「New Glasgow Lobster」。今月2日の日曜夜、ここに40人ほどの家族や友人を招待し、サプライズの形式で婚約を明かしたという。同レストランはフェイスブックでこのことを報告、二人を祝福した。「とても幸せそうだった」というエリシャ。家族からレストランのスタッフに至るまで、大きなダイヤモンドの婚約指輪を見せびらかし、店の女性スタッフも大騒ぎだったようだ。

『24』シーズン1では高校生を演じていたエリシャも、今では29歳。現在は人気コメディドラマの『Happy Endings』で主人公を演じている。これからも仕事にプライベートに、"Happy"な活躍を期待したい。婚約おめでとう!(海外ドラマNAVI)

Photo:エリシャ・カスバート
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

『グッド・ワイフ』の撮影中に頭部にケガを負ったクリスティン・チェノウェスが番組を降板すると発表したのは8月半ばのこと。ところが、それから数週間しかたっていない先週金曜日、クリスティンがめでたく番組に復帰していたことがわかった。

クリスティンのカムバックは、降板発表と同様、本人自らの報告により判明。しかし今回はツイッターで「『グッド・ワイフ』でアラン・カミング(イーライ役)と一緒に短いシーンを撮影して復帰を果たしたわ」と、降板を宣言したとは思えないほどアッサリとコメントした。

この日、クリスティンが撮影に臨んだのは、ウィル役のジョシュ・チャールズが監督を務めるエピソードだったそう。ジョシュもクリスティンとの撮影についてツイートしており、「(監督を務めた)1日の中で一番印象に残っている」と発言するともに、「彼女の才能や魅力、熱意にやる気をもらったよ」と絶賛。

クリスティンが本作で演じるのは、ピーター(クリス・ノース)を不利な立場に追い込む情け容赦ないジャーナリストだという。実はクリスティンが降板した直後、急きょ『ダメージ』でエレン(ローズ・バーン)の姉キャリーを演じたミリアム・ショアが似たようなジャーナリスト役でキャスティングされた。だが、かねてからクリスティン以外にも報道記者を登場させる構想があったらしく、二人の出演には何の問題もないようだ。

クリスティンは、アメリカで9月30日からスタートする『グッド・ワイフ』シーズン4の第1話に初登場する。(海外ドラマNAVI)

Photo:クリスティン・チェノウェス
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』のショーランナーを務めたジョシュ・フリードマンが、『HOMELAND』『24 -TWENTY FOUR-』の製作総指揮者ハワード・ゴードンとともに、米NBCで放送される新たなSFドラマ・プロジェクトに取り組むことになった。

タイトル未決定の本作の舞台は、人間にそっくりなロボットがありふれた存在となっている社会。そこで、ロボットが初めて人間を殺害する事件が発生したため、主人公の捜査官が事件を調査することに。その途上で、活発化するロボットの反乱が浮き彫りになるという、アイザック・アシモフ原作の映画『アイ,ロボット』を思わせる筋立てになっている。また、破綻した自らの家族の問題にも主人公は向き合うことになる。

『ターミネーター~』を手がけたフリードマンにとって、ロボットという題材はすでにお手の物のはず。新作でもたしかな手腕を発揮してくれそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョシュ・フリードマン
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

『New Girl ~ ダサかわ女子と三銃士』のズーイー・デシャネルが現在、新作映画『Big Trouble』の撮影に奮闘している事が米theinsider.comで報じられた。

ズーイーと言えば、トレードマークは長く美しい黒髪。先日も、パンテーンのイメージキャラクターに起用されたばかりだ。しかし、今回の映画の役作りのため、ばっさりとその長い髪を切り、ブロンドのボブスタイルにイメージチェンジしたという。

大幅に変更されたのは、髪型だけではない様で、ズーイーは今回の役柄について「『New Girl』の雰囲気とは全然違う役柄よ。今回は、真面目で知的な女の子の役なの」とコメントしている。『(500)日のサマー』をはじめ多くの映画に出演し、大人気ドラマ『New Girl』で主役を務めるズーイーは、経験を積み、年々女優として深みが出てきている。ズーイーの女優としての本気度が、この役作りのための大幅なイメージチェンジからも感じられるのではないだろうか。『New Girl』以外でのズーイーの活躍にも注目していきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ズーイー・デシャネル
(c)Yoko Maegawa/www.HollywoodNewsWire.net

『ゴシップガール』の撮影現場に、ドラマのファンの女性が入りこみ、いつのまにかドラマにエキストラとして出演したというアクシデントが起きた。

今回、出演を果たしたのは、ケイト・ロバートソンという26歳のオーストラリア人女性。夏休み休暇を利用してニューヨークに遊びにきていた観光客だ。

もともと『ゴシップガール』の大ファンだった彼女は、レイトン・ミースターやブレイク・ライブリーの姿を一目見ようと、撮影現場であるウォルドルフ・アストリアホテルを訪れた。その後、撮影陣が彼女をエキストラ出演する人だと勘違いし、メイクアップなどをし、出演させてしまったそうだ。

ニューヨークの街中で、連日撮影をしている『ゴシップガール』。ニューヨークを訪れた際、撮影現場に足を運ぶ観光客のファンも少なくはないのではないだろうか。しかし、ファンがいつのまにか出演したというアクシデントは恐らく前代未聞である。ケイトにとって、今回のアクシデントが宝物の様な夏の思い出になった事は間違いないだろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゴシップガール』
(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

『デスパレートな妻たち』でブリー(マーシア・クロス)の夫レックスを演じたスティーヴン・カルプが、アメリカで9月27日から放送される『グレイズ・アナトミー』シーズン9に出演することが明らかになった。

米Deadlineによると、スティーヴンが演じるのはパーカーという名の一流外科医。シアトル・グレース病院の一員となるのかなど詳細は発表されていないが、複数話にわたり登場するようだ。

これまで、数々のドラマに出演した経験を持つスティーヴン。最近は、エリック・マコーマック主演の新作ドラマ『Perception』でジョン・F・ケネディを演じたほか、『私はラブ・リーガル』『ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言』などの人気シリーズでも活躍している。

ベテラン俳優のスティーヴンが、どんな外科医を演じてくれるのか期待が高まる。(海外ドラマNAVI)

Photo:(c) ABC Studios

今月末からアメリカでシーズン9の放送が始まる医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』。いまだ人気の衰えない同作は、ミュージカルエピソードを製作するなど視聴者を飽きさせない工夫を凝らし続けているが、またしても注目必至のエピソードが放送されることがわかった。

クリエイターのションダ・ライムズが米TV Lineに明かしたところによると、そのエピソードでは、主人公メレディス(エレン・ポンピオ)と親友クリスティーナ(サンドラ・オー)だけをフィーチャーするという。「オリジナル色豊かになる。今までにはない方法でストーリーが語られることになるわ」とライムズ。詳しいことは明かさないながらも、とにかくは一風変わったエピソードになるのは確からしく、「撮影するまでどんな"仕掛け"が施されるかは答えられない。でも独特なものになる」と語ったという。

他にはない友情関係を育んできたメレディスとクリスティーナならでは!? 唯一無二の親友同士の二人の特別エピソード。どんな手法で語られるのか今から気になって仕方がない。

二人による特別エピソードは、『グレイズ・アナトミー』シーズン9で放送されるという。なお、日本ではシーズン8がWOWOWにて絶賛放送中!(海外ドラマNAVI)

Photo:(左から)エレン・ポンピオ
(c)Fuminori Kaneko/www.HollywoodNewsWire.net
サンドラ・オー
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

9月2日午後、成田空港にあの男が到着した!

『24-TWENTY FOUR-』のジャック・バウワーこと、キーファー・サザーランドである。今回は日本で"24時間"ではなく48時間(くらい?)限定の活動をする、ということだが...!

10月5日からスタートする新作ドラマ『TOUCH/タッチ』のPRのため、主演のキーファーが、久しぶりに日本の地に降り立った。成田空港では、SPに囲まれ到着ロビーに現れたキーファー。集まった取材陣にコメントを残すなどのことはしなかったが、来日を歓迎する日本のファンに対しては笑顔で手を振り、応対していた。

本作では9・11事件で妻を失い、11歳の息子を育てている父親を演じているキーファー。本国で今年3月から放送が始まったが、その人気の高さにあっという間にシーズン2の制作が決定したというドラマである。キーファーは本日と明日で、記者会見そしてプレミア試写会の場に登場し、本作の見どころなどを紹介する予定。当サイトでも随時その状況はお伝えしていきたい。

『TOUCH/タッチ」は、10月5日(金)23:00よりWOWOWプライムにてオンエア。(海外ドラマNAVI)

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年8月です。

次のアーカイブは2012年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。