今見るべき一押しドラマ!
リッチなディナーに気分はブルース・ウェイン!?「DC展 スーパーヒーローの誕生」コラボメニュー・実食レポート

6月25日(金)から東京シティビュー(東京・六本木)にて開催されているDCの特別総合展「DC展 スーパーヒーローの誕生」。その開催を記念してDCキャラクターをイメージしたコラボレーションメニューが7月10日(土)から登場とのことなので、さっそく行ってきました!

20210717_DCreport_02.JPG

コラボレーションメニューを提供してくれるのは、DC展の会場に隣接したレストラン「THE SUN & THE MOON」。六本木ヒルズ森タワー52階からの都心を一望できる絶景を満喫できる"月の森"をイメージしたレストランで、DCコラボしたドリンク、アフタヌーンティー、ディナーが堪能できます。

なお、18:00以降、土日祝は別途サービス料10%がかかり、ディナーは要予約となっています。予約時には苦手な食材も伝えられるので、ご安心を。その他の提供時間などの注意事項もありますので、詳細は店舗の公式サイトをご確認ください。

■ポップでカラフル!ハーレイ・クイン&ジョーカー アフタヌーンティー

20210717_DCreport_03.JPG

最初にオーダーしたのは、DCのヴィランの中でもトップクラスの人気を誇るハーレイ・クイン&ジョーカーをイメージしたコラボメニュー「ハーレイ・クイン&ジョーカー アフタヌーンティー」。ちなみに、私は行く時間を決めていたので、アフタヌーンティーも予約して行きました。

20210717_DCreport_04.JPG

席に着いたら、アフタヌーンティーにセットとなっているフリー・ドリンクをメニューから注文。お茶やコーヒー以外にもノンアルコール・カクテルも選べます。ちなみに、別料金でDCキャラクターをイメージしたコラボドリンクも注文できるのですが、すっかりテンションが上がってしまい忘れてました(笑)

20210717_DCreport_05.JPG

ドリンクを飲みながら、お目当てのティースタンド(※写真は1人用で注文したものになります)がいよいよ到着! 鮮やかで、ポップでカラフルな原色マシマシの軽食やお菓子がハーレイ・クイン&ジョーカーらしさがあってイイ感じ。絶景なシティビューを背景に、ティースタンドとの写真は映えりそうです。

20210717_DCreport_06.JPG

写真撮影に夢中になりすぎると食べる時間がなくなるので、さっそくレポート。まずは六段目の軽食メニュー、グリル野菜のカナッペ・エッグサンドで軽くおなかを満たします。エッグサンドはチーズのコクもあって意外とボリュームあり。そういや『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』でハーレイ・クインがエッグサンドにゾッコン・ラブしてましたけど、そこからのチョイスかな。

20210717_DCreport_07.JPG

五段目は、季節のフルーツのハーレイ・クインパフェ・ベリーのパブロバ。パフェの季節のフルーツはメロンで、ライムが添えてありました。ライトグリーンのメロンとピンクのムースが、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』で登場するハーレイ・クインの色違いツインテールのイメージっぽくてカワイイし、あっさりとした甘さのパフェで食べやすい。ベリーのパブロバはメレンゲのサックリ感とベリーの甘酸っぱさが美味。

20210717_DCreport_08.JPG

四段目は、季節のフルーツあめ ・スコーン(シュガーグレーズ)。季節のフルーツはリンゴでした。リンゴあめはサッパリしていて口直しになります。スコーンも紅茶やコーヒーにピッタリな上品な甘さでした。

20210717_DCreport_09.JPG

三段目は、リップのストロベリーケーキ ・ストロベリーマカロン。リップは『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』のハーレイ・クインが口をすぼめているポスターにあった感じで、実にスイーティー。どちらもストロベリーの香りと甘みがしっかりしていて美味しかったです。

20210717_DCreport_10.JPG

二段目には、いよいよジョーカー登場! ジョーカーのピーナッツバターカップケーキ ・レモンガナッシュのタルト。『ジョーカー』や『スーサイド・スクワッド』のジョーカーの髪色のような緑色のピーナッツバターと、ガナッシュのクリームが濃厚で実にアメリカンな感じだけど、しつこい甘さではないので食べやすかったです。

20210717_DCreport_11.JPG

せっかくなので、ハーレイ・クインと「愛しのプリンちゃん」ことジョーカーで記念撮影。「愛しのプリンちゃん」だから、ジョーカーのコラボメニューはプリンでくるかなと思いきや、さすがにド直球ではなかったですね(笑) 惜しむべきは、ジョーカーに合わせてハーレイ・クインのイラストがパフェに無かったことかな~ そこがちょっと残念。

20210717_DCreport_12.JPG

そして、一段目にはフロマージュブランのクリーム、エキゾチックソース ・チェリーとアーモンドのタルト。フロマージュブランにかかった爽やかな南国系フルーツソースと、タルトのチェリーの酸味で爽やかに締めることができます。

全体的に、ポップでカラフルな見た目ですけど、味わいは本格的なアフタヌーンティーとなっています。それと、別料金にはなりますが、ジョーカーの「The Clown Prince of Crime」と、ハーレイ・クインの「Harley Quinn Sucker Punch」、両イメージドリンクを注文すれば完璧なコラボメニューになるのでオススメです。

 

■バットマン ディナーで気分は億万長者ブルース・ウェイン!?

続いて、ディナーメニューとなるバットマンをイメージしたコラボメニュー「バットマン ディナー」。限定1日5組10食(※1人でも注文できます)なだけに、高級食材を取り入れた本格的なフランス料理のコースになっています。

20210717_DCreport_13.JPG

ディナーを予約したのが最も早い17:30回だったので、店内も外もまだ明るい感じでしたが、19:00から東京タワーもライトアップされるので、その頃には店内もいいムードになります。当日は良い天気で夜景も綺麗でしたが、突然の天候の変化で稲光が雲間から走るなどすると気分は一気にゴッサムシティという感じでした。

20210717_DCreport_14.JPG

まずは食前酒としてDCドリンクを1杯注文できます。ドリンクはどれもノンアルコールなのでお酒が苦手な人でも大丈夫。こちらもアフタヌーンティーと同様に、別料金で追加のDCドリンクを注文することも可能。ここは「バットマン ディナー」ということで、バットマンをイメージしたイメージドリンク「Batman The Dark Knight Drink」にしました。

20210717_DCreport_15.JPG

「Batman The Dark Knight Drink」はバットマンらしく黒色で、コールドブリューコーヒーやルイボスティーがベースとなっており、少し苦みもあって食事にも合う1杯。シックな感じがブルース・ウェインっぽさがありつつも、トップの金箔が億万長者感出てます。

20210717_DCreport_16.JPG

続いて、スターターはカクテルグラスに入っているのがトリュフと温度玉子(温泉玉子)のカクテル、手前がグリンピースのシフォン・帆立のクリーム、奥が竹炭シュー・ファルシ。カクテルはマッシュポテトと温かいトロリとした有精卵にトリフュの香りが効いていてリッチな味わい。シフォンと竹炭シューはどちらもバットマンの漆黒をイメージした1品。竹炭シュー・ファルシは中に豚肉のリエットが詰められており濃厚で、バットマンのDCドリンクの苦みとマッチする美味しさ。甘くないシフォンは初めて食べたので、なんだか新鮮で不思議な感覚でした。

20210717_DCreport_17.JPG

お次は、前菜となる手長海老のカダイフ巻き アメリケーヌソースとイエローズッキーニのムース。手長海老の上には漆黒のタピオカ・チップス、その下に鮮やかな黄色のイエローズッキーニのムースと、西洋野菜ルタバガが添えられていました。その周りにはバットマンがマントを広げたように左右にアメリケーヌソースがかけられていて、お皿の奥には、ガーリックとジンジャーなどのスパイスで作られた、バットマンのシンボルである胸元のコウモリ型エンブレムのデコレーションが施されています。カラメルで黒色を出しているというアメリケーヌソースはコク深く美味。バットマンシンボルのスパイスで味を変えて楽しめるのも嬉しい一皿でした。

20210717_DCreport_18.JPG

魚料理は、鮮魚のロースト トリュフのクルストとブイヤベースのソース ルイユ添え。衣のような黒いクルストをまとった鮮魚はブランド魚の関イサキ。肉厚でコッテリした身が味わいたっぷりで食べ応えバツグン。周りのバットマークはパンを揚げたものでカリッとクリスピーで、その下の黄色いソースはブイヤベースにかかせないルイユソース。ブイヤベースソースにすごくマッチします。個人的には、トリュフのクルストが絶品! 関イサキの香ばしい皮とトリフュの香りがたっぷりのクルストがベストマッチで、ずっと食べていたいほどでした(笑)

20210717_DCreport_19.JPG

メインとなる肉料理は、南仏シストロン産仔羊のブリオッシュ包み焼 香り豊かなハーブのソース。お皿がサーブされてきた時はブリオッシュは閉じたままで、テーブルに置かれてから開かれると、中から米ナスの皮で作られたコウモリ型エンブレムが出現! 仔羊肉は、羊肉界のキングと呼ばれるシストロン産で、部位はセルと呼ばれる腰のあたり。風味も豊だけどクドくなく、柔らかくて旨みがしっかりしたお肉でした。また、ブリオッシュの卵とバターの香りも香ばしく、少し甘めのディアブロソースも仔羊肉の旨みを引き立ててくれて、贅沢な1品でした。

20210717_DCreport_20.JPG

そして、デザートは苺のムースとミックスベリーのマリネにチョコレートのソルベ添え。サーブの際にオシャレな演出がありまして、テーブルで、オリーブオイルとハーブのパウダーに液体窒素をまぜ、お皿にちりばめると、霧が立ちこめる夜空に浮かぶバットシグナルとなるんです!

20210717_DCreport_21.JPG

最期に、メニューにはありませんでしたが、お口直しのダークチョコレートが出てきました。食後のドリンクにピッタリの締めでした。

都心の絶景な夜景と共に、高級食材をふんだんに使用した本格的なフランス料理のコースということで、リッチなディナーに気分はブルース・ウェイン!? という感じで大満足なコラボメニューでした!

「ハーレイ・クイン&ジョーカー アフタヌーンティー」と「バットマン ディナー」の両方とも、少しお値段は張りますが、その価値は十二分にあるコラボメニューでした。DC展を訪れる前にワクワクした気分と共に、もしくはDC展の帰りに余韻に浸りながら、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか?

■「THE SUN & THE MOON」DCコラボレーションメニュー
展開期間:7月10日(土)~9月5日(日)合計58日間予定
会  場:THE SUN & THE MOON(Restaurant)
URL:http://thesun-themoon.com/
営業時間:11:00~20:00(7月17日時点※酒類提供はありません)
※営業時間や提供時間は、変更になる場合があります。最新情報は、店舗のWEBサイトをご確認ください。
※18:00以降、土日祝は別途サービス料10%がかかります。
※提供メニューは数に限りがございます。品切れの際は何卒ご容赦ください。
※天災や災害、トラブルなどにより内容を変更、または中止する場合がございます。
※情勢により、やむを得ず、営業時間に変更が生じる場合や休業となる可能性もございます。
※実際の商品は写真と異なる場合がございます。デザイン・仕様は変更になる場合がございます。
※THE MOON & THE SUN Restaurantのみご利用のお客様は別途VIEWチャージ500円が必要です。
※本展コラボレーションメニュー以外に通常のムーンライトハイティー、ドリンクメニューもございます。

■「DC展 スーパーヒーローの誕生」概要
会期:6月25日(金)~9月5日(日)
場所:東京シティビュー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)
開館時間:10:00~22:00(最終入館21:00)
※情勢によりやむを得ず、営業時間に変更が生じる場合や、休業となる可能性もございます。
入館料:一般 [平日]2,300円(2,100円) [土・日・祝日]2,500円(2,300円)ほか
※()内料金は前売料金
※本展は、事前予約制(日時指定券)を導入しています。
各回の販売状況はローソンチケット(https://l-tike.com/event/taod-ex/)
およびブーウーチケット(https://l-tike.com/bw-ticket/event/dc-ten2021/)にてご確認ください。
なお、オンラインでのチケット販売は18:00~19:00の回が最終となります。19:00以降のチケットは、当日窓口にてお買い求めください。
※チケットの販売については2期にわかれておりますのでご注意ください。
■第一期:6月25日(金)~8月1日(日)/5月21日(金)12:00販売開始
■第二期:8月2日(月)~9月5日(日)/6月25日(金)12:00販売開始
※当日日時指定枠に空きがある場合は、事前予約なしでご入館いただけます。
※チケットのご購入に関する最新情報は東京展公式サイトにてご確認ください。
※通常チケット以外の割引チケット等、購入の仕方が異なるものもありますのでご注意ください。

■東京展公式サイト:https://tcv-taod.roppongihills.com
■DC展ポータルサイト:https://artofdc.jp
■DC展公式Twitter:https://twitter.com/artofdc_japan
■DC公式サイト:https://warnerbros.co.jp/franchise/dccomics/
■問い合わせ:03-6406-6652(東京シティビュー)

(取材・文/豹坂@櫻井宏充)

Photo:DC展 スーパーヒーローの誕生」DC SUPER HEROES and all related characters and elements © & ™DC Comics. WB SHIELD: © & ™WBEI (s21)