今見るべき一押しドラマ!
『The Sinner』クリエイター、続編の可能性「ビル・プルマンとまた仕事をしたい」

米USA Networkの犯罪サスペンスドラマ『The Sinner -隠された理由-』(以下『The Sinner』)。シーズン4で幕を閉じる本作だが、クリエイターが、主演のビル・プルマンとの再タッグを望んでいることが明らかになった。Digitalspyが報じている。

『The Sinner』は、ハリー・アンブローズ刑事(ビル)が、各シーズンで異なる事件の解決に挑むアンソロジースタイルの犯罪サスペンスドラマ。先日本国で完結したばかりのシーズン4では、退職したアンブローズがパートナーと共にメイン州北部のハノーバー島に訪れ、そこで有名な漁師一家の娘であるパーシー・ムルドン(アリス・クレメルバーグ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』)の突然の悲劇を目の当たりにするところからスタートする。

アンブローズの物語の結末について、クリエイターのデレク・シモンズ(『君の名前で僕を呼んで』)は、以下のように語った。「罪悪感というテーマを中心にシーズンを作り上げることに非常に興味がありました。罪悪感にどう対処するか、もししないと人間がどのように膿んでしまうかということです。本シリーズは、全体的にトラウマをテーマにしており、それに対処しなければ、普通は人生の中でさまざまな形で現れてきます。ですから、アンブローズにかかる重荷と、最終的に何が彼をその重荷から解放し、彼を救い出すのかということについてたくさん話をしました。それが、アンブローズがパーシー事件に没頭する理由となるのです。パーシーは自分の罪の意識に苛まれている人間であり、それはアンブローズの葛藤を映し出す鏡でもあります。つまり、パーシーとアンブローズそれぞれの旅路は平行なもので、アンブローズは、パーシーの軌跡を数歩遅れて辿っているだけなのです」

シモンズはシーズン4のエンディングを、「アンブローズにとってハッピーで希望に満ちた結末」だと考えていると話したが、今後についても希望を持っていることを語った。

「間違いなくアンブローズはカムバックする可能性があります。ある程度時間が経ってから、そのキャラクターを再び甦らせるのは楽しいだろうと思います。今は、彼のことを他にどう言ったらいいのかわからないですが。この後さらにシーズンが連続すると、同じことを繰り返す危険性があるような気がするのです。でも、ビルとまた一緒にまた仕事をして、この5年間本当に大切にしてきたこの作品の世界を再び生み出すというアイデアは最高なので、いつでも復活は大歓迎です」

『The Sinner -隠された理由-』シーズン1~3はNetflixで配信中。シーズン4は1月26日(水)より配信スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:

Netflixオリジナルシリーズ『The Sinner -隠された理由-』シーズン4は1月26日(水)より独占配信