今見るべき一押しドラマ!
木村拓哉出演、海洋SFサスペンス『THE SWARM』メインビジュアル解禁!

大ヒットドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のプロデューサーが贈る、新作海洋SFサスペンスドラマ『THE SWARM』。木村拓哉ら世界各国の俳優陣が一堂に会すメインビジュアルが初公開となった。

『ゲーム・オブ・スローンズ』の主要プロデューサーの一人、フランク・ドルジャーが同作以降初めて手掛ける全8話となるドラマシリーズ『THE SWARM』。

『THE SWARM』あらすじ

世界各地を舞台に、深海に生息する未確認知的生物の群れは、海が乱暴に扱われることで生息環境を脅かされたとし、人類に対する反撃を開始。全人類の生命が危険にさらされ、運命は世界各国から集まった科学者たちの手に託される―。

世界各国の豪華俳優陣が一堂に会す、メインビジュアルを本邦初公開

今回、初解禁となったメインビジュアルでは、世界各国から選りすぐられた俳優陣が集結。

海底開拓を調査している高名なシグル・ヨハンソン博士役のアレクサンダー・カリム(中央/『ゼロ・ダーク・サーティ』)をはじめ、フランスでバクテリアによる海洋汚染と闘う分子生物学者役のセシル・ドゥ・フランス(左から3番目/『スパニッシュ・アパートメント』)、海流を観測する海洋生物学の博士課程の学生を演じるレオニー・ベネシュ(右から3番目/『ザ・クラウン』)、クジラの狂暴化の謎を究明しようとする若きカナダ人のクジラ学者を演じるジョシュア・オジック(左から2番目/『Unsettled(原題)』)、日本人の慈善家で海洋問題に取り組むミフネ財団の創始者アイト・ミフネを演じる木村拓哉(右から2番目)、指導教官役のバルバラ・スコヴァ(左から1番目/『12モンキーズ』)、天体物理学者のサマンサ・クロウ役のシャロン・ダンカン=ブルースター(右から1番目/『DUNE 砂の惑星』)ら。

深海を思わせる背景にたたずむ彼らは、未確認知的生物の群れと一体どのような闘いを繰り広げるのか…。ヨーロッパ最大級の水中スタジオ(LITES WATER STAGE & FILM STUDIOS)で撮影され、壮大なスケールで“人類の闘い”が繰り広げられる。

『THE SWARM』は、2023年春にHuluで独占配信予定。

(海外ドラマNAVI)

Photo:Hulu『THE SWARM』

Hulu-affiliate_600×400