今見るべき一押しドラマ!
スターチャンネルEX独占『スモール・アックス』舞台裏動画&場面写真がついに解禁

本日3月29日(火)よりスターチャンネルEXにて独占配信がスタートとなるアカデミー賞作品賞を受賞した映画『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックイーン監督が、初めて挑んだTVシリーズ『スモール・アックス』(全5話)。その第一話「マングローブ」の場面写真と舞台裏映像が解禁となった。

かつてロンドンに実在した黒人住民憩いのレストラン「マングローブ」。1970年代当時、このレストランに不当な手入れを繰り返していた白人警官たちに対する裁判を起こした9人の黒人住民グループ "マングローブ9"の実話が描かれる記念すべき第一話。

解禁となった動画では、製作に10年の年月を要した事実に自ら驚きを見せる監督のスティーヴ・マックイーンやキャストがインタビューに答える姿が映し出されている。マックイーン監督は、「この作品のおかげで今の僕の存在意義がある」と、自身のルーツと現在が色濃く反映されている作品であると明かす。"マングローブ9"の中心的人物を演じるレティーシャ・ライト(『ブラックパンサー』)は「若者は人々が闘ってきたことを知らない」と、英国人にさえ知られていない史実であることを示している。

そして一足早く本作を観た各界の著名人から、絶賛コメントが続々と到着! 英国出身のブロードキャスター ピーター・バラカンは「多くの英国人にさえ知られていない現実で、制度的な差別を理解するためにも必見」と本作のテーマの重要性、社会的意義を強調する。

20220329smallax01.jpg

日本人の父とジャマイカ人の母を持ち、ロンドンに留学経験もあるアーティストのDaichi Yamamotoは、「マングローブは実話と思うと悔しくて涙を流さずにはいられなかった」と自身のルーツとも重ねて作品への共感を寄せる。レゲエアーティストのChozen LEEは「全5話、異なるそれぞれのストーリー全てに心に刻まれる言葉と、流れる至極の名曲の数々!」と劇中の楽曲と物語の融合に賛美を送る。

ロンドン市長殺人事件に巻き込まれた青年と黒人刑事を描いたクライムストーリー「ロスト・ラッド・ロンドン」を執筆した漫画家のシマ・シンヤは「完璧な構図の連続、匂いまでしそうな質感で語られる密度の高い群像劇」と映像の質感や密度の濃さに注目。またジャーナリストの大谷昭宏は、「世界がまたしても戦火に見舞われたいまだからこそ、いっそう心に染みてくる」と70~80年代のロンドンを舞台に描かれる本作が、まさに"今"に通じる瞬間を称えている。

映画アンソロジー・シリーズ『スモール・アックス』 (全5話)

<配信>「スターチャンネルEX」
【字幕版】第1話「マングローブ」3月29日(火)より配信開始
作品ページ:https://ex.star-ch.jp/special_drama/W7iMz

<放送>BS10 スターチャンネル
【STAR1 字幕版】4月19日(火)より 毎週火曜23:00ほか
※4月16日(土)21:00字幕版 第1話「マングローブ」全編を無料放送!
公式ページ:https://www.star-ch.jp/drama/smallaxe

(海外ドラマNAVI)

スターチャンネルEXで配信中の海外ドラマは特集ページよりご確認ください。

Photo:

『スモール・アックス』© McQueen Limited