今見るべき一押しドラマ!
テロ事件の真相へと迫る『サバイバー:宿命の大統領』シーズン2が日本初放送

『24-TWENTY FOUR-』のジャック・バウアー役でお馴染みのキーファー・サザーランド主演で贈るポリティカル・サスペンスドラマ『サバイバー:宿命の大統領』。そのシーズン2がスーパー!ドラマTVにて日本初放送となる。

トム・カークマンというランクの低い閣僚が、議事堂を襲った凄惨な爆破テロにより、一夜にして新・合衆国大統領に。本作はアメリカ合衆国の緊急事態対策の一つ、指定生存者(Designated Survivor)をテーマにテロ組織との攻防と複雑な人間模様に浮かび上がる政界の陰謀を、先の読めないストーリーで展開する。実力派俳優陣が織り成すサスペンスはシーズン2も健在だ。

トム・カークマンが、新大統領に就任してから1年が経った。壊滅した国会議事堂の再建を決め、国民のための政治に奮闘するも支持率は思わしくない。そんな中、やり手弁護士や個性的なスタッフを新しく迎え、政治と司法両面から起こる予期せぬ事態に挑むトムとその側近たち。一方、ウェルズ捜査官は英国人スパイと手を組み、議事堂を爆破した黒幕を追う...。

シーズン2について主演のキーファーは、「権力が腐敗していく問題についてどう扱うのかとても楽しみ。大統領として価値観の中核を維持することができるのか。視聴者が予想していない大きな衝撃の展開が待ち受けている。また、トムが大統領になったことによる家族に与える影響についても触れていくだろう」とコメントしている。

20200420-00000019-dramanavi-1-00-view.jpg

大統領トム・カークマン役のキーファーをはじめ、彼を支える首席補佐官アーロン・ショア役のエイダン・カント(『X-MEN:フューチャー&パスト』)、特別顧問エミリー・ローズ役のイタリア・リッチ(『SUPERGIRL/スーパーガール』)、報道官セス・ライト役のカル・ペン(『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』)、トムの妻アレックス役のナターシャ・マケルホーン(『カリフォルニケーション』)、FBI捜査官ハンナ役のマギー・Q(『NIKITA/ニキータ』)らが引き続き出演。

また、シーズン2から『NCIS: ニューオーリンズ』でメレディス・ブロディを演じたゾー・マクラーレンがトムを支える優秀で駆け引きが得意な弁護士ケンドラ・デインズ役でレギュラー出演。『救命医ハンク セレブ診療ファイル』に出演したパウロ・コスタンゾも政務官リオ・ブーン役で姿を見せる。

ゲスト出演として、『バック・トゥーザ・フューチャー』シリーズのマイケル・J・フォックスや『24-TWENTY FOUR-』でキーファーの恋人役として出演したキム・レイヴァーが登場し、テロ事件の真相へと迫る。

『サバイバー:宿命の大統領』シーズン2 放送情報

スーパー!ドラマTVにて(全22話)
5月14日(木)日本初放送
【二カ国語版】毎週木曜 22:00~
【字幕版】毎週木曜 24:00~

(海外ドラマNAVI)

Photo:『サバイバー:宿命の大統領』シーズン2 (c)2017 Designated | Financing, LLC and ABC Studios. All Rights Reserved. /(c)2018 The Mark Gordon Company and ABC Studios.