今見るべき一押しドラマ!
クロエ・グレース・モレッツ主演『ペリフェラル~接続(コネクト)された未来~』、アマゾンプライムにて配信

ウィリアム・ギブソン著の同名ベストセラー小説を映像化した『ペリフェラル~接続(コネクト)された未来~』がAmazon Prime Video(アマゾンプライム)にて10月21日(金)より240を超える国と地域で独占配信開始となる。

『ペリフェラル~接続(コネクト)された未来~』あらすじ

本作はサイバーパンクの代表的な作家として知られるウィリアム・ギブソン(「ニューロマンサー」)が人類の運命とその先にある未来を幻覚のように描いたSFスリラー。

近未来のアメリカ、忘れられたような田舎町の片隅で何とか家族の絆をつなぎとめようとしているフリン・フィッシャーを中心に物語は始まる。フリンは賢く野心的ですが、先が見えない毎日に希望を失っていた。そんな彼女にある日、未来からの接触が…。果たしてその先に待ち受けているものとは? そして人類の運命は?

『ペリフェラル~接続(コネクト)された未来~』キャスト&スタッフ

主人公のフリンを演じるのは、『キック・アス』や『サスペリア』『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』で知られるクロエ・グレース・モレッツ。脇を固めるのはジャック・レイナー(『ミッドサマー』)、ゲイリー・カー(『モダン・ラブ』)、イーライ・ゴリー(『あの夜、マイアミで』)、ルイス・ハーサム(『ウエストワールド』)ら。

クリエイター・ショーランナーにはスコット・スミス(『シンプル・プラン』)、製作総指揮にはスミスのほかにヴィンチェンゾ・ナタリ(『ウエストワールド』)、グレッグ・プレイグマン(『パーソン・オブ・インタレスト』)、ジョナサン・ノーラン&リサ・ジョイ(『ウエストワールド』)、アシーナ・ウィッカム(『レミニセンス』)、スティーブ・ホーバン(『イン・ザ・トール・グラス』)ら。

製作のKilter Filmsは、『ダークナイト』『インターステラー』『メメント』などで知られるアカデミー賞&エミー賞ノミネートの脚本家/監督/プロデューサーであるジョナサン・ノーランとエミー賞ノミネートの脚本家・監督・プロデューサーであるリサ・ジョイが立ち上げた製作会社。『ウエストワールド』では54を超えるエミー賞ノミネートを受けている。

『ペリフェラル~接続(コネクト)された未来~』は10月21日(金)よりPrime Videoにて独占配信。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ペリフェラル~接続(コネクト)された未来~』©Amazon Studios