今見るべき一押しドラマ!
あのデクスターが帰ってきた!続編『デクスター:ニュー・ブラッド』を楽しむ8つのポイント!

2006年から2013年にかけて、米SHOWTIMEで放送された大人気サイコ・サスペンスドラマ『デクスター』。マイケル・C・ホール演じる主人公デクスターは、マイアミメトロ警察殺人課の優秀な血痕分析官でありながら、その仮面の下に隠れた素顔は凶悪犯罪者を処罰するシリアルキラーである。全世界の犯罪ドラマファンが、そのセンセーショナルな内容に魅了された。しかし、シリーズフィナーレはファンの間でも賛否両論で、モヤモヤした気持ちをずっと抱えていた人も少なくないのでは!? お待たせしました! いよいよその"10年後"が描かれた続編『デクスター:ニュー・ブラッド』がHuluにて独占配信される。

"シリアルキラー"という肩書きを10年近く封印して、新しい町でジム・リンジーという別名で住民とも打ち解けて暮らすデクスター。正体を隠して、大胆にも地元警察署長のアンジェラ(ジュリア・ジョーンズ)と恋愛関係だ。

20220301-dexter-01.jpg

ここ数年、キャンピングやハンティングなどアウトドア用品を扱う店で働いているが、ライフルやサバイバルナイフを手にしたり、肉切り包丁を研いだり、斧で薪を割る彼の姿は今なお不気味で怪しい。血を見てザワザワする心を落ち着かせるのは、彼にとって至難のワザ! 果たして彼の"禁欲生活"はいかに!?

では前作と続編は何が異なるのか? 続編ならではの注目すべき点は? より楽しめる8つのポイントをご紹介しよう!

①舞台は太陽が降り注ぐ都会から厳冬の田舎町ヘ!

20220301-dexter-02.jpg

前作は、年間通して温暖気候のフロリダ州マイアミが舞台。薄手のピンク色シャツ姿のデクスターを思い出す人もいるのでは? 一方、続編の舞台は、雪深い冬のニューヨーク州北部の架空の田舎町アイアン・レイク。防寒着とニット帽は必需品だ。オレンジカラーを彷彿させる前作と対照的に、続編は白銀カラーのイメージでかなり描写が異なる。

②デクスターに語りかける幻想上の存在が養父から義妹へ!

20220301-dexter-03.jpg

前作では、亡き養父ハリー(ジェームズ・レマー)が、"ハリーの掟"をもとにデクスターを教え導き"諭す"ように語りかけていた。続編では、前作フィナーレで亡くなった義妹デボラ(ジェニファー・カーペンター)がハリーの立場になる。兄を慕いつつも「クソ兄貴!」「自己チューのサイコ野郎!」など、辛辣な言葉を浴びせて悪態をつくデボラに「いいぞ~デボラその調子!」と思ってしまうほど、"語り相手"の交代はとても新鮮だ。

③ティーンエイジャーになった息子ハリソンが登場!

20220301-dexter-04.jpg

前作では、当時デクスターの恋人だったハンナ(イヴォンヌ・ストラホフスキー)と幼いハリソンは、アルゼンチンヘ国外逃亡した。今回いきなりデクスターの眼の前に出現したハリソン(ジャック・アルコット)は、高校生に成長! はるばる父を捜し尋ねてきた息子をデクスターは快く迎えるのか? 長年父に見捨てられてきたと思う息子と、その息子を顧みてこなかった父それぞれが心の葛藤と闘う。父子ともに、母親が殺害された"血の海"で発見されたというトラウマに苦しむ日々。果たして息子も父のような"気質"があるのか?

④トリニティ・キラーがフラッシュバックシーンで出現!

デクスターの妻であり、ハリソンの母リタ(ジュリー・ベンツ)を殺害したトリニティ・キラーことアーサー・ミッチェル(ジョン・リスゴー)が回想シーンで蘇る。

⑤犯罪事件を配信する人気ポッドキャスター、モリー!

刑事や探偵と異なり、自己流に犯罪を追跡して配信する現代ならではのキャラクター。モリー(ジェイミー・チャン)が配信したトリニティ・キラーについてのポッドキャストを聴いたハリソンの心境はいかに!? 積極的に行動し過ぎる彼女の背後に忍び寄る黒い影とは...!

20220301-dexter-07.jpg

⑥ストーリーの重要なカギを握る白い牡鹿!

ハンティングが盛んなアイアン・レイクの町では、先住民セネカ族も共存している。彼らの居留地である奥深い森に生きる白い牡鹿が雪景色に佇む姿は崇高で美しい。デクスターの精神的な支柱になっていた牡鹿だが...!

⑦デクスター以外のシリアルキラーの存在!

1970~80年代にかけて実在したシリアルキラー、ロバート・ハンセンをモデルにした人物が登場。長年アンジェラは、忽然と消えて行方不明になった若い女性たちを捜索し続けている。デクスターは、その犯人とどんな関わりを持つのか?

⑧デクスターの元同僚刑事エンジェルが登場!

前作でレギュラーだったエンジェル・バティスタ刑事(デヴィッド・ザヤス)が重要な場面で再登場! お馴染みのパナマ帽とヒゲ面姿がファンを喜ばせる。

20220301-dexter-05.jpg

続編の製作総指揮者は前作シーズン1~4を手掛けたクライド・フィリップス。既に全10話を放送済みの米国では、週平均800万人以上の視聴者を獲得し、Showtime史上最も視聴されたシリーズに! ピリピリした緊張感が漂うストーリー後半の息もつかせぬ展開には、グイグイ惹き込まれて背筋が凍ってしまうほどだ。

デクスターの正体が見破られる日はいつ!? その導火線とは? 彼は殺人願望をコントロールできるのか? ある大事件を起こしたハリソンに対してデクスターが取った行動は? お楽しみに!

20220301-dexter-06.jpg

Huluプレミア『デクスター:ニュー・ブラッド』(全10話|字・吹)は、3月7日(月)からHuluにて独占配信スタート。以降、毎週月曜日に1話ずつ追加配信予定。『デクスター』シーズン1~8(字・吹)もHuluで配信中。
(文/サーシャLK)

Photo:

『デクスター:ニュー・ブラッド』©2022 Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.