キム・ハヌル×チョン・ジフン!韓国ドラマ『レッド・スワン』はどこでいつ配信?|あらすじ・キャスト

韓国ドラマ『レッド・スワン』について、あらすじ・キャストほか気になる情報をまとめてご紹介。

韓国ドラマ『レッド・スワン』配信日・動画配信サービス

韓国ドラマ『レッド・スワン』は、「Disney+(ディズニープラス)」のコンテンツブランド「スター」にて、7月3日(水)より独占配信スタート(全10話/毎週水曜日2話ずつ配信)。

>> 詳細

韓ドラ好きにディズニープラスがおすすめな理由

>> ディズニープラス配信予定の韓国ドラマ【一覧】
>> ディズニープラスで配信中のおすすめ韓国ドラマ【一覧】

韓国ドラマ『レッド・スワン』作品情報

韓国ドラマ『レッド・スワン』は長い間、夫に不倫され気づかないふりを続けていた元プロゴルファーの主人公が、ある日巻き込まれた銃撃戦で自分を救ってくれた男性と恋に落ちたことで、夫婦関係を見つめなおし、不倫夫への復讐を決意するロマンス復讐劇。

作品名『レッド・スワン』
原題더 리치(英題:The Rich)
動画配信サービスディズニープラス(STARオリジナル)
配信日未定
エピソード数全10話
監督パク・ホンギュン『花遊記<ファユギ>』『善徳女王』『幸せのレシピ~愛言葉はメンドロントット』
脚本チェ・ユンジョン『最後から二番目の恋 ~beautifuldays』『三姉妹』
キャストキム・ハヌル『Happy Together』『紳士の品格』『オンエアー』
チョン・ジフン『フルハウス』
チョン・ギョウン『あなたはひどいです』
ソ・イスク『ホットシンガー』
ユン・ジェムン『上流階級』
キ・ウンセ『ラケット少年団』
ほか

脚本は、『最後から二番目の恋 ~beautifuldays』『三姉妹』などロマンスドラマを数多く手掛けているチェ・ユンジョンが担当し、監督は『花遊記<ファユギ>』や『善徳女王』などの韓国ドラマヒットメーカー、パク・ホンギュンが務める。

韓国ドラマ『レッド・スワン』あらすじ

貧しい家庭に生まれた主人公のオ・ワンス(キム・ハヌル)は、自身の恵まれない生い立ちから這い上がるように世界的なゴルファーとして活躍し、後に夫となる大手企業「ファイングループ」の後継者であるキム・ヨングク(チョン・ギョウン)をはじめ、多くの人々に注目されるように。

母の借金を返済するため大富豪のヨングクと結婚したワンスだったが、すぐにヨングクの浮気癖に気が付き不幸の道へ…。その後10年以上も夫との関係を続けていたある日、転機が訪れる。

現在はゴルフ親善大使を務めるワンスは、マニラに到着した直後、銃撃戦に巻き込まれてしまう。間一髪で会社のボディーガード、ソ・ドユン(チョン・ジフン)の活躍により銃撃から逃れることができた彼女は、この事件をきっかけに今までの人生を見つめ直しながら、ドユンへの想いを募らせていく。

しかし、ドユンがボディーガードとしてファイングループで働く理由には秘密があった。彼がファイングループで働く本当の動機とは果たして――。

韓国ドラマ『レッド・スワン』予告編

韓国ドラマ『レッド・スワン』キャスト

韓国ドラマ『レッド・スワン(原題)』

オ・ワンス(キャスト:キム・ハヌル)

主人公のオ・ワンスを演じるのは、『空港に行く道』で、イ・サンユンとKBS演技大賞・ベストカップル賞を受賞しロマンスに定評のあるキム・ハヌル。本作では泥沼の愛憎劇に挑み、迫真の演技をみせる。

ソ・ドユン(キャスト:チョン・ジフン)

ボディーガードのソ・ドユン役は、Rain(ピ)として日本でも人気の、歌手で俳優のチョン・ジフンが演じる。180㎝超えの高身長とルックスを生かしてワンスを恋に落とす。

キム・ヨングク(演:チョン・ギョウン)

ファイングループの後継者でワンスの夫キム・ヨングク役には、チョン・ギョウンが抜擢。何度も不倫を繰り返す最低な男っぷりを披露する。

パク・ミラン(演:ソ・イスク)

ファイングループの会長。傲慢な性格ででワンスに強く当たる。

ハン・サンイル(演:ユン・ジェムン)

ファイングループの代表弁護士。何やら怪しげ。

チャン・テラ(演:キ・ウンセ)

キム・ヨングクの愛人。

>> 詳細

韓ドラ好きにディズニープラスがおすすめな理由

>> ディズニープラス配信予定の韓国ドラマ【一覧】
>> ディズニープラスで配信中のおすすめ韓国ドラマ【一覧】

新作・韓国ドラマ情報