12月配信開始の注目韓国ドラマ5選!パク・ソジュン、ソン・ガン、チ・チャンウク、ソ・イングク…人気俳優新作が続々

12月から日本国内の動画配信サービス(Netflix、Disney+、Amazon Prime Video)で配信が開始となる注目の韓国ドラマをご紹介!

【Netflix】韓国ドラマ『Sweet Home -俺と世界の絶望-』シーズン2
ソン・ガン主演の人気ドラマがカムバック

Netflixで12月1日(金)配信開始

ある日突然、残忍な怪物に姿を変え暴走する人間たちに、“グリーンホーム”というアパートに暮らす住人が立ち向かっていく姿を描く。前シーズンで多くのファンを獲得した本作だが、シーズン2では、舞台がグリーンホームから外の世界へと広がり、アクション、スケール、怪物の強さ、すべてがパワーアップしてカムバック。

11月24日(金)に同じくNetflxで配信となった『マイ・デーモン』でも主演を務めるソン・ガンが、全く異なる表情を見せる。また、彼の他にイ・ジヌク(『結婚白書』)、イ・シヨン(『グリッド』)、コ・ミンシ(『智異山<チリサン> ~君へのシグナル~』)、パク・ギュヨン(『ワンダフルデイズ』)ら扮するグリーンホームの住たちが再び登場する。

【Netflix】韓国ドラマ『サムダルリへようこそ』
チ・チャンウクのヒーリングロマンス

Netflixで12月3日(日)配信開始

スキャンダルにより名声を失った後、故郷へと舞い戻ったフォトグラファー。そこで幼なじみと再会したことで、止まっていた恋の時計が動き出す…。海辺の田舎町を舞台に繰り広げられるヒーリングロマンス。

『ヒーラー~最高の恋人~』や『あなたが願いを言えば』などでお馴染みのチ・チャンウクと、『生まれ変わってもよろしく』『哲仁王后(チョルインワンフ) ~俺がクイーン!?~』のシン・ヘソンが共演。

【Disney+】韓国ドラマ『サウンドトラック #2』
新感覚ミュージック・ラブストーリー

Disney+で12月6日(水)配信開始

『ヴィンチェンツォ』などの人気ドラマを手掛けているキム・ヒウォンが監督を手掛け、切なくも甘い物語、映像美、OSTの親和性の高さで話題となった新感覚ミュージック・ラブストーリーの第2弾。

『サウンドトラック #1』に引き続き、『ヴィンチェンツォ』『愛の不時着』などの人気ドラマを手掛けるキム・ヒウォンが監督を務める。キャストは、『熱血司祭』で2019年SBS演技大賞にて新人賞を受賞したクム・セロク、モデルとしても活躍するノ・サンヒョン、本作で俳優デビューを果たしたソン・ジョンヒョクなど、フレッシュな顔ぶれが揃う。

【Amazon】韓国ドラマ『もうすぐ死にます』
人生の乗り換えドラマ!?

Amazon Prime Videoで12月15日(金)配信開始

人生のあらゆる面で運に見放され、自ら命を絶って"死をコントロールする"ことを決意した主人公のチェ・イジェを罰するために“死”がイジェに課した、12回生まれ変わり12通りの人生での死を食い止めるという試練の物語。

『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』‟滅亡”役のミステリアスな雰囲気がぴったりだったソ・イングクが主演。後編は2024年1月5日(金)から配信スタートとなる。

【Netflix】韓国ドラマ『京城クリーチャー』
パク・ソジュン×ハン・ソヒ豪華共演

Netflixで12月22日(金)配信開始

1945年、京城。陰鬱な時代を迎えていた日本統治下のソウルで、生き残りをかけて戦う実業家と人探しの専門家は人間の貪欲さが生み出した怪物に立ち向かうことになる。

出演は『梨泰院クラス』のパク・ソジュン、『わかっていても』ハン・ソヒなど。『浪漫ドクター キム・サブ』のカン・ウンギョンが脚本を担当。監督は『ストーブリーグ』のチョン・ドンユン務める。二部構成で後編は2024年1月5日(金)に解禁予定。

こんな記事も読まれています

Photo:Netflix シリーズ『京城クリーチャー』2023 年独占配信開始/Netflixシリーズ『Sweet Home -俺と世界の絶望-』シーズン2 12月1日(金)配信開始/『もうすぐ死にます』©️ 2023 TVING