• トップページ
  • 特集
  • グリム童話をベースにした、新感覚ダーク・サスペンス!「GRIMM/グリム」の魅力に迫る!

SPECIAL 特集

NAVI的作品紹介

グリム兄弟の末裔が一族の宿命に挑む、犯罪捜査×ダーク/ファンタジードラマ。

殺人課の刑事であるニックは、ある日突然、人間が凶悪なモンスターに変貌する不思議なヴィジョンを見るようになる。時同じくして音信不通だったおばから衝撃的な出生の秘密を聞く。
「私たちはグリムの末裔よ」と。

広く親しまれるグリム童話が、元は残酷な物語であったことはよく知られている。この作品でフォーカスされるのもその暗黒面。グリム童話はグリム兄弟と魔物との闘いの記録であり、人間と魔物の世界のバランスを保つために闘うことが一族の宿命という着想の元、主人公が刑事として、グリムとして、街で多発する怪奇事件の解決に挑む姿が描かれている。

グリム一族としての知識もなければ、超人的な戦闘能力ももたない"ほぼ"普通の人ニックは、捜査対象にヴィジョンを見ては、一族に伝わる知識本をめくって事件解決の糸口を探り、生身の体で応戦する。運命を受け入れ、健気に力を磨く彼を思わず応援したくなるに違いない。その気持ちは狼男のモンローも同じようで。本来持つ凶暴な性分を食事療法とピラティス(なんて健康的!)で克服したモンローは、本来は敵であるニックに助けを求められては魔物界の知識を授け、事件の解決に協力。正義漢溢れる美男のニックと対照的な自由人風の風貌と言動がおもしろく、毎回登場を待ち望んでしまうキャラクターだ。

グロテスクな描写が苦手で人気のホラーやダーク・ファンタジーを敬遠している方に『GRIMM/グリム』はおススメ。魔物のCG映像にはゾクっとさせられるが、霧がかかった森や照明が灯る家などメルヘン調の描写も多く、鑑賞しやすい。犯罪捜査に童話や伝説といったダーク・ファンタジー要素が組み込まれた独特の世界観が楽しめるはずだ。

▲TOPへ

人物相関図

ニック・ブルクハルト(デヴィッド・ジュントーリ)
殺人課の刑事。ある日を境に、街中の人の顔が突然凶悪なモンスターに見える不思議なヴィジョンを見るようになる。その原因が「グリム童話」を書いたグリム兄弟の末裔であることを知り、宿命ともいえる闘いに巻き込まれていく。
ジュリエット・シルバートン(ビッツィー・トゥロック)
ニックのガールフレンド。ニックの巻き添えをくって危険な目に遭うことも。
ハンク・グリフィン(ラッセル・ホーンズビー)
ニックの同僚。ニックの不思議な言動に疑念を抱きつつもニックを支えるよき相棒。
マリー・ケスラー(ケイト・バートン)
ニックのおば。闘病中の身だが、ニックの様子に気づき、彼がグリム兄弟の末裔であることを伝える。
モンロー(サイラス・ウェイア・ミッチェル)
普段は普通の生活をしているが、実は改心した善良なブルッドバッド(狼男)。ニックと知り合ったことで、ニックの裏・相棒的役割を担い、ともに闘っていく。
レナード警部(サッシャ・ロイズ)
ニックやハンクの上司。ニックたちのサポートをするよき上司だが、何か秘密を抱えている。
アダリンド・シェイド(クレア・コフィー)
グリム兄弟の末裔と知ったうえで、ニックに近づく。レナード警部と顔見知り!?

▲TOPへ

コラム

何故今、童話ルーツのドラマが熱いのか!

アメリカエンタメ界はファンタジー全盛期を迎えている。 もともとファンタジーはアニメのお家芸だが、現在は、実在の俳優による演技とCGを組み合わせた《ライブアクション・アニメ》が中心。『ハリー・ポッター』『ロード・オブ・リング』など、2000年代のファンタジー映画は軒並みシリーズ化…

→続きはこちら

放送情報

GRIMM/グリム
海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて2013年5月28日(火)独占日本初放送スタート!
[二カ国語版]毎週火曜22:00~
[字幕版]毎週火曜24:00~ ほか
<キャスト>
ニック・ブルクハルト … デヴィッド・ジュントーリ
モンロー … サイラス・ウェイア・ミッチェル
ハンク・グリフィン … ラッセル・ホーンズビー
ジュリエット・シルバートン … ビッツィー・トゥロック
レナード警部 … サッシャ・ロイズ
マリー・ケスラー … ケイト・バートン
アダリンド・シェイド … クレア・コフィー
ウー巡査部長 … レジー・リー

→公式サイトはこちらから

©2012 Open 4 Business Production LLC All rights reserved.

▲TOPへ

PAGE UP