• トップページ
  • 特集
  • 早く観たい!新ドラマ33本!2012LAスクリーニング やっぱり勝手に海外ドラマNAVI式 大注目の新ドラマたち一挙ご紹介!

SPECIAL 特集

L.A.SCREENINGS 2012

早く観たい!新ドラマ33本 海外ドラマNAVI式 大注目の新ドラマたち一挙ご紹介!

男の意地、見せます

■作品リスト
CHICAGO FIRE』| 『THE NEWSROOM』 | 『GOLDEN BOY』 | 『LONGMIRE』| 『Vegas

『CHICAGO FIRE』

no image

製作スタジオ:NBC
放送:NBC
放送開始日:2012年10月10日(水)
製作:Michael Brandt
出演:モニカ・レイマンド(『グッド・ワイフ』)、チャーリー・バーネット(『LAW&ORDER』) Eamonn Walker(『ER』)

◆『CHICAGO FIRE』概要
『LAW & ORDER』のディック・ウルフがエグゼクティブ・プロデューサーを努め、他にも『L & O』を担当したメンバーがスタッフとして参加している本作は、シカゴ51消防署の消防士や救急隊員を題材にしたドラマ。“人の命を救う”という大きな責任と重圧の中、チームワークで任務をこなしていく彼らの姿や人間模様が力強く描かれている。
主演は、医療ドラマ『Dr.HOUSE』でロバート・チェイス医師を演じたジェシー・スペンサー。ジェシーが演じるマシュー・ケイシーは、過去に部下を火災現場で亡くたことが心の傷となり、今も悩み続けているという。
マシュー同様、部下の事故死で心に傷を負うもう一人の消防士、シカゴ51消防署の副隊長ケリーは、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のテイラー・キニーが演じる。心に傷を負いつつも、鋼のような肉体と精神力を持ち合わせるケリーは、死と隣り合わせの現場でもひるまず突き進んでゆく男だ。
救急隊のガブリエラ役を演じるのは、エキゾチックな美人のモニカ・レイマンド(『ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る』)。どんなに悲惨な状況に直面しても、大胆不敵な救命処置を行うガブリエラは、時に医師と衝突することも。ガブリエラはどうやらケリーといい仲のようで、二人の署内恋愛の行方も気になるところ。

『THE NEWSROOM』

no image

製作スタジオ:HBO
放送:HBO
放送開始日:2012年6月24日(日)
製作:アーロン・ソーキン(『ザ・ホワイトハウス』『マネーボール』)
出演:ジェフ・ダニエルズ(『スピード』)、オリヴィア・マン(『ゾンビ・ホスピタル』)アディナ・ポーター(『トゥルーブラッド』)

◆『THE NEWSROOM』概要
こだわる男ほど、性格に癖がある。闘う姿勢を崩さないからこそ、人とぶつかり、時には高慢にさえ見える。夜のニュース番組のアンカーマンを務めるウィル・マカヴォイは、そんなちょっと難ありの人物。ある日、オフィスに行くと誰もいない。共同アンカーマンが看板番組を持つことになったため、その性格がたたって今までのスタッフはほとんど彼にとられてしまったのだ。ウィルのもとには、かなり心もとないスタッフと、自身の番組を打ち切られて流れついてきた新しい女性のエグゼクティブ・プロデューサーだけ…。一日して負け犬の立場に追いやられたウィルと、番組制作の裏側で一筋縄ではいかない人間模様が繰り広げられる。主人公ウィルを演じるのは、ドラマ初主演のジェフ・ダニエルズ。『愛と追憶の日々』や『めぐりあう時間たち』などに出演するベテラン俳優だ。脚本は、『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞に輝いた脚本家アーロン・ソーキン。今、最も旬な脚本家が、ニュース番組の制作現場を舞台に白熱した人間模様を描く。舞台となるケーブルテレビ局やニュース番組は架空のものだが、実際に起きた事故や事件のニュースを取り込み、制作現場を臨場感たっぷりに演出しているのも魅力だ。現場の会話はアクションさながらの激しさで、闘争心を揺さぶり、刺激してくれる。誇り高きニュースマンの闘いっぷりに、男の美学をしかと見た!

『GOLDEN BOY』

no image

製作スタジオ:ワーナー・ブラザース
放送:―
放送開始日:―
製作:ニコラス・ウートン(『プリズン・ブレイク』)リチャード・シェパード(『Ringer』)
出演:テオ・ジェームズ(『ダウントン・アビー』)ケヴィン・アレハンドロ(『トゥルーブラッド』)

◆『GOLDEN BOY』概要
野心家の若き警察官が、異例のスピードでニューヨーク市警局長に登りつめていく姿を描いた犯罪ドラマ。主演は『ダウントン・アビー~貴族とメイドと相続人~』の英国若手俳テオ・ジェームズ。まっすぐすぎる正義感と強すぎる野心ゆえに、超えてはならないモラルと法の一線を超えていく主人公を演じる。物語は、ニューヨーク市警のトップに登りつめたウォルターが、過去を振り返るところから始まる。最初は街を巡回する一介の警官だったウォルターだが、ある強盗事件での活躍をきっかけに一躍時の人となり、ニューヨーク市警の殺人課の刑事に大出世。使命感にあふれる彼は、手柄を立てようと必死になるが、同僚の刑事たちに相手にされない。2年後に退職を控えたベテラン刑事が教育係として相棒につくが、野心に燃えるウォルターの関心は、やり手の刑事たちにいかに追いつくかばかり…。生意気で、野心家で、押しが強く、人の話に聞く耳を持たないウォルター。正直なところ決して好感が持てるタイプとは言えない。しかし、ムカつく若造が成長して、なかなかの人物になっていくというのはドラマの定番。野望と希望を秘めた“青年”はいかにして“男”になっていくのか。彼の変化をどう描くのか、製作のニコラス・ウートン(『CHUCK/チャック』『プリズン・ブレイク』)の手腕に期待しよう。

『LONGMIRE』

no image

製作スタジオ:ワーナー・ブラザース
放送:CBS
放送開始日:2011年9月19日(月)
製作:マイケル・パトリック・キング(EP、W-Pilot)、ウィットニー・カミングス(Co EP N/W)、ジェームズ・バロウズ(D-Pilot)
出演:カット・デニングス(マイティー・ソー)、ベス・ベアーズ(アメリカン・パイin ハレンチ教科書)、マシュー・モイ、ジョナサン・カイト、ギャレット・モリス
TM &(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

◆『LONGMIRE』概要
今年のスクリーニングで最も渋いドラマ! アメリカ西部ワイオミングの田舎町を舞台に、物語は静かにじっくり進む。スピード感のあるドラマが多い中で、これほどまでに静かなドラマが製作されるのかと、改めてアメリカ・ドラマ界の懐の深さを感じる一作だ。日本ではほとんど知られていないが、本国では第8作まで出版されているベストセラーシリーズが原作。アメリカ西部ワイオミングの広大な自然をバックに、保安官ロングマイアーが事件を解決していくのだが、あえてヒューマン・ドラマとは呼ばず、“犯罪人情劇”という言葉を使いたい。ロングマイアーは古き良き時代の保安官だ。しかも妻を亡くし、いまだその傷が癒えない男なのだ。だからこそ、人の痛みも感じるというもの。田舎町なので事件も地味。だがありふれた日常に少し異変が起きただけでも、当事者にとっては大事件なのだ。猟奇殺人だけが事件ではない。このドラマはそういう誰に起きてもおかしくない小さな事件を扱いながら、その背景にある人種や格差など社会問の暗部をさりげなく描き出していく。静かに熱い西部の保安官ロングマイアーに扮するのは、80年代からテレビドラマを中心に活躍し、『マトリックス』などの映画にも出演するロバート・テイラー。哀しみを胸にしまい、粛々と己の仕事に没頭していく男の意地を哀愁たっぷりに演じている。

『Vegas』

『Vegas』

製作スタジオ:CBS
放送:A&E
放送開始日:―
製作:ニコラス・ピレッジ(『アメリカン・ギャングスター』)、グレッグ・ウォーカー(『ディフェンダーズ』)
出演:デニス・クエイド(『ソウル・サ-ファー』)、マイケル・チクリス(『ザ・シールド』)、キャリー=アン・モス(『マトリックス』)、テイラー・ハンドリー(『The OC』)、ジェイソン・オマラ(『テラノバ』)
(C)CPT Holdings、Inc. All Rights Reserved.

◆『Vegas』概要
60年代のラスベガスを舞台にした男たちの闘いの実話をドラマ化。カウボーイから保安官になり、ギャングたちに真っ向から立ち向かったラルフ・ラムの活躍を描く。ギャンブルと娯楽のメッカ、ラスベガスを合法的に統制するため立ち上がったラムを演じるのは、『エデンより彼方に』『デイ・アフター・トゥモロー』など映画界で活躍するデニス・クエイド。そしてラムの宿敵で、ラスベガスを牛耳ろうと企むギャング、ヴィンセント・サヴィノにはマイケル・チクリス(『ザ・シールド』『ファンタスティック・フォー』)が扮する。牧場主として平和な暮らしをしていたラムだったが、第二次世界大戦で軍警察として指揮していた経歴から、市長にカジノで起きた従業員殺人事件の捜査を依頼される。これは無法状態と化していくラスベガスに法の秩序を取り戻すための闘いでもあった。というわけで、“カウボーイVSギャング”の激しい攻防戦が繰り広げられるこのドラマ。「俺が法律だ」と吠えるカウボーイに、にらみをきかせて太くうなるギャングのガチ勝負を時代感たっぷりに描く。どちらかが負けるまで終わらせることができない、男の意地とプライドをかけた熱い闘いは、まさに男ドラマの専売特許! どこまでも男くさい世界が展開する。

PAGE UP