• トップページ
  • 特集
  • 映画を超える海外ドラマが日本上陸! マーティン・スコセッシ製作『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』NAVI的大解剖!

SPECIAL 特集

映画を超える海外ドラマが日本上陸! マーティン・スコセッシ製作『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』NAVI的大解剖!

10月9日(日)夜11:00 WOWOWにてスタート!! ※10/1(土)午前11:00~ 第1話先行無料放送

PICK UP!!知る男 デーブスぺクターが語る『ボードウォーク・エンパイア』

  • 『ボードウォーク・エンパイア』特集 TOP
  • NAVI的作品紹介
  • ファッション&トレンド
  • スペシャル対談
  • デーブが語る
  • 尾崎が斬る
  • 年代別作品紹介
  • プレゼント

デーブ・スペクターが語り、尾崎英二郎が斬る『ボードウォーク・エンパイア』

  • 知る男デーブ・スペクターが語る!!海外ドラマを愛し、海外ドラマを知る男が語る『ボードウォーク・エンパイア』
  • 俳優尾崎英二郎が斬る!!ハリウッドを拠点に活動する実力派日本人俳優が斬る『ボードウォーク・エンパイア』

NAVI的『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』作品紹介

アメリカ映画界が誇る巨匠マーティン・スコセッシが初めて手がけるTVシリーズとして話題を集める『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』が早くも日本に上陸する。アメリカで放送されるなりたちまち絶賛され、ゴールデン・グローブ賞では作品賞を受賞。9月18日に行われるエミー賞でも作品賞を筆頭に15部門にノミネートされている本作。1920年代の禁酒法時代を舞台に、実在した政治家、イーノック・ジョンソンをモデルに、当時全米屈指の歓楽街だったアトランティック・シティで欲望に突き動かされる男たちと、彼らを取り巻く女たちの生き様を描いたドラマは、一度見始めたら間違いなくのめり込んでしまう強烈な“魔力”を持っている。

主人公イーノック・“ナッキー”・トンプソンを演じるのはその個性とインパクトのある風貌で、多くの名監督とタッグを組んできた怪優スティーヴ・ブシェミ。スコセッシ直々の指名でキャストされた本作でも、誠実な街の有力者としての顔を見せる裏側で、暗黒街に通じる残酷でしたたかな男を絶妙な人間味を加えて好演している。そんな彼の部下であり、やがてその野心に突き動かされていく青年ジミーを演じるのは映画『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のマイケル・ピット。その野心の影に隠されたジミーのダークな闇と傷つきやすさを繊細に演じている。彼らを筆頭にケリー・マクドナルドら実力派キャストが集結し、濃密な人間ドラマを作り上げていく。

20年代のアメリカ風俗史がじっくりと描かれている点も見逃せない。現代では考えられないような文化・風俗に驚かされると同時に、この時代に花開いたジャズやアールデコといった芸術にも目を奪われる。また後に一大勢力を築き上げていくアル・カポネやラッキー・ルチアーノ、アーノルド・ロススタインといった実在のギャングたちの若き日も描かれ、“大河ロマン”という言葉がふさわしい多重奏的なドラマが展開されるのも大きな見どころだ。

スタッフ、キャスト、脚本、そのどれもがTVドラマの枠を超える破格のスケールを持つ本作。ニューヨークのブルックリンに全長約90メートルのボードウォークを建設し、忠実に20年代のアトランティック・シティを再現したセットは圧巻の一言。その第一話は脚本に惚れ込んだ巨匠が自ら直訴して監督。ドラマの随所にスコセッシの映画哲学が盛り込まれ、物語の導入部にも関わらず、1本の上質な映画を見るような贅沢な仕上がりとなっている。スケール感のあるドラマをよく“映画並みの作品”などと評すが、『ボードウォーク・エンパイア』はもはや“映画を超えたTVドラマ”。海外ドラマファンのみならず、映画ファンも必見の注目作なのだ。


映画ライターよしひろまさみちがCHECK! 『ボードウォーク・エンパイア』ファッション&トレンド

1920年代のアメリカといえば、映画『シカゴ』や『華麗なるギャツビー』などでみられるとおり、きらびやかさと陰鬱さが同居する時代。第一次世界大戦が終わり、戦争が終わった高揚感と好景気、そして戦争が落とした影が同居している社会情勢だった。そんな時代の後期に起きたのが、世界大恐慌。映画『シンデレラマン』でも描かれているが、当時の恐慌は日本で長く続く現代の不況なんかとは比べものにならないもので、庶民総失職のどん底状態。そして『ボードウォーク・エンパイア』の舞台背景にもなっている禁酒法が施行されていたのもこのころ。禁酒法によってブラックマーケットは栄え、終戦後の社会の好景気と相まって祭のような時代を迎えたものの、その後大恐慌…人々は天国と地獄をみたのである。

>> 続きを読む


NAVI的『ボードウォーク・エンパイア』スペシャル対談

  • 声優対談 吹替からみる作品の魅力 多田野曜平×てらそままさき
  • ライター対談 女子的魅力ポイントを語る 平口雅世×田嶋真理

年代別作品紹介 ドラマで見る!アメリカ近代史

  • 1920年代 『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』
  • 1930年代 『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』
  • 1950年代 『CIA ザ・カンパニー』
  • 1960年代 『MAD MEN マッドメン』
  • 1970年代 『ニューヨーク1973/Life on Mars』
  • 1980年代 『エンジェルス・イン・アメリカ』


Photo credit:
  • (c)2011 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R)and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.
PAGE UP