SPECIAL 特集

お待たせしました!

次に上陸の新作はここでチェック!!

L.A.Screenings2014

LAスクリーニング2014

TOPページ戻る

WB

CONSTANTINE

CONSTANTINE

(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

今年のスクリーニングは、本当にアメコミ・ヒーローものが多い。こちらの『CONSTANTINE(原題)』もそのひとつで、DCコミックの人気ヒーローだ。といっても、これが実写初お目見えというわけではなく、以前にキアヌ・リーヴス主演の劇場映画版が作られている。

黒魔術と悪魔狩りの達人であるジョン・コンスタンティン(マット・ライアン)。だが、ある悪魔払いをきっかけに闇の世界から足を洗うことにしたジョン。一般市民の生活に中々馴染めない彼の周囲で、奇怪な現象が頻発しはじめる。友人の幼い娘が闇の世界に捕われていることを知ったコンスタンティンは、去ったはずの闇の世界が再び自分を引き戻そうとしていることを察知していた。そんな彼の前に、死んだ恩師の娘リヴが怪奇現象の相談に訪れる。やがて彼女の中で眠っていたコンスタンティンと同様の能力が目を覚ましだしたのをきっかけにふたりは悪魔との戦いに身を投じて行く。
海外ドラマ『GRIMM/ グリム』の悪魔バージョンといった感じの本作。主役を演じるマット・ライアンは、海外ドラマ『クリミナル・マインド / FBI特命捜査班レッドセル』で、捜査官ミック・ローソンを演じたイギリス人俳優。どことな~くアーロン・エッカートを彷彿とさせるアンチ・ヒーロー感漂うダークで渋めのアクター。特殊効果には、“結構な予算”が投じられていると伝えられているこの番組、魔物たちの気味の悪さは、映画『エクソシスト』のオンパレードといった感じで不気味度抜群!ホラー・ファンにはたまらないドラマだ。

製作スタジオ:
WB
放送:
NBC
放送開始日:
2014年10月2日 21:30
製作スタッフ:
デヴィッド・S・ゴイヤー(『ダークナイト ライジング、マン・オブ・スティール』)、ニール・マーシャル(『ゲーム・オブ・スローンズ』)他
出演:
マット・ライアン(『クリミナル・マインド / FBI特命捜査班レッドセル』)、アンヘリカ・セラヤ(『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』)他
Pagetop

FOREVER

FOREVER

(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

『FOREVER (原題)』は、映画『ファンタスティック・フォー』シリーズでお馴染みのヨアン・グリフィズが主演の、ファンタジー・サスペンス・ドラマ。

200年前に、はからずも永遠の命を授かってしまい苦悩する医師ヘンリー。彼にとって、永遠の命など“呪い”以外のなにものでもない。愛する人たちと共に老いることができないばかりか、その人たちが亡くなっていくのを無限に見送らなければならないのだ。不老不死の謎を解明すべく、ニューヨーク市の検視官をしながら、相棒エイブが営むアンティーク・ショップの一角で慎ましい生活をおくるヘンリー。ときに仕事への熱意が嵩じすぎ、犠牲者の死因捜査に深入りし過ぎてヘンリー自身も犠牲者になったりするのだが、死んでもすぐに息を吹き返し、生き返る場所は必ず最寄りの海の中といった具合。おまけに蘇ってくる時は、決まって素っ裸というのも頭痛のタネで、その度に着替えを持ったエイブに迎えにきてもらうという始末。

「蘇ってくるときは決まって素っ裸で、場所は必ず海の中で」というあたり、なかなかオツな伏線である。生命の源は海から、人間が生まれる時には身一つでこの世に誕生する、というあたりから来ているに違いない。また、ヘンリーの頼れる相棒エイブ役に、ベテラン男優ジャド・ハーシュを迎えているのもこのドラマの美味しいところ。第1話の後半で明かされる、ふたりの出会いの秘密にもご注目。

主人公を演じるヨアンの知名度はまだ日本で低いが、彼は演技派男優のひとりとして注目に値する。彼が主演したイギリス映画で『アメイジング・グレイス』という実話に基づく感動の歴史ドラマがあったのだが、ヨアンの役者としての才が非常に光を放っている作品で、彼を知る上にはおすすめの1本。

製作スタジオ:
WB
放送:
ABC
放送開始日:
2014年9月23日 22:00
製作スタッフ:
マット・ミラー(『CHUCK/チャック』)、ダン・リン(『シャーロック・ホームズ』、『LEGORムービー』)、ジェニファー・グワルツ(『ヴェロニカ・マーズ』)
出演:
ヨアン・グリフィズ(『ファンタスティック・フォー』シリーズ)、ロレイン・トゥーサント(『ボディ・オブ・プルーフ』)他
Pagetop

iZOMBIE

iZOMBIE

(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

このところ、アメコミのヒーロー主役の新番組が目白押しだが、このホラー・コメディ(とでもいおうか…)『iZOMBIE(原題)』もDCコミック原作の番組。『iZOMBIE』の場合、主人公リヴは、ヒーローではなくヒロインとなるのだが、彼女の“スーパー・パワー”は、ゾンビであること(笑)。

ドラマの舞台となるのは、噛みつかれると即ゾンビになってしまうというゾンビ病が流行っているイヤ〜な世の中。リヴもパーティー先で噛みつかれてゾンビになってしまった可哀想な女の子。可愛い顔をしているのに、メチャクチャ青白い顔になっちゃったばかりか人間の脳みそを食べないと生きていけないというとんでもないことに。優等生だったのに、いきなりゴス・ファン(=顔が青白くてもOK!)に変貌して、ママを始め婚約者や親友もびっくり。検死官のオフィスで仕事を得たリヴ。とりあえず“食べ物”には困らないけど、食べた脳みその持ち主の生前のビジョンが頭の中にちらつくという“副作用”にさいなまれるのだが、実はその副作用が殺人事件の解明に超役立ち始める…。
ただのゾンビ・ドラマじゃなくて、ユーモアあふれたお膳立てに殺人の謎解きというサスペンスつき。リヴ役のローズ・マクアイヴァーも可愛いし、これはヒットの兆しあり!?

製作スタジオ:
WB
放送:
CW
放送開始日:
2015年 放送予定
製作:
ロブ・トーマス(『ヴェロニカ・マーズ』)
出演:
ローズ・マクアイヴァー(『CSI:科学捜査班』)、デヴィッド・アンダース(『ワンス・アポン・ア・タイム』)他
Pagetop

ONE BIG HAPPY

エリシャ・カスバートが、レズビアンのヒロインを演じる新コメディー・ドラマ『ONE BIG HAPPY(原題)』が始まると聞いたとき、長年の『24』ファンである私はブッたまげてしまった。そう、エリシャは、あの人気海外ドラマ・シリーズ『24』でジャック・バウアーの娘キムを演じていた金髪美人である。過去のイメージから180度転換したこの新番組のキャラを演じることは、エリシャのような“カワイ子ちゃん”タイプの女優にとってはかなり勇気ある選択だったにちがいない。おまけにエリシャにかなりのコメディ・センスがあることに驚いた。髪を短くカットし、ハツラツとしたコメディアンヌという印象をはなっていた主演女優が、あのエリシャだとはしばらくのあいだ気が付かなかったほど。

本作は、アカデミー賞授賞式でホストをつとめたエレン・デジェネレスが製作総指揮を担当。主役には、彼女のOKがなければなれないはずだからエリシャは、エレンのお墨付きということになる。これは、“ジャック・バウアーの娘”にとっては大変なことである。

1997年、エレンは自分が主人公だった人気シットコム『Ellen(原題)』のエピソード内で、実際にカミングアウトするという技をやってのけ、全米お茶の間を騒然とさせた。しかしその後は、番組視聴率が徐々に低下し、番組は打ち切りになってしまったという過去がある。それから17年たった現在のアメリカでは、同性同士の結婚が次々と合法化され、ゲイの人々に対する人権運動が最高潮に達している。大手ネットワーク局のシットコムでゲイ女性が主人公となるのは、今回の『ONE BIG HAPPY』が初めてではなかろうか?そうなるとこの番組は、テレビ界のみならずゲイの立場向上においてもかなり大ニュースである。果たして、この革新的なシットコムは全米でどう受け取られるのか、興味津々である。

製作スタジオ:
WB
放送:
NBC
放送開始日:
2015年放送予定
製作:
エレン・デジェネレス、リズ・フェルドマン(『NYボンビー・ガール』)他
出演:
エリシャ・カスバート(『24-TWENTY FOUR-』)、ケリー・ブルック(『ヤング・スーパーマン』)他
Pagetop

SELFIE

SELFIE

(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

映画『マイ・フェア・レディ』がヒント!現代社会を反映するスマホ(!?)コメディー。ソーシャルメディアの女王気取りで、出社する時にも派手な洋服を身に着け、ヒマさえあればスマホを打ちまくり、実際の友人よりもネット友達のほうの多さを自慢するエリザ。ある日、飛行機の中での醜態が乗客たちの撮った動画でネットに大流出。情けない気分で自分の生活を振り返るイライザは、ネットばかりにかまけて本当の友人すらいない自分に気がつく。そんなとき、同じ会社で自社ブランドを窮地から救い出してヒーロー扱いされているマーケティング部のヘンリーと出会う。自分のイメージを改善するためになんとかヘンリーに助けを求めるのだが、当のヘンリーは軽薄なスマホ社会の典型人であるイライザにウンザリして、すぐサジを投げてしまう。落ち込むイライザ。だが実は、ヘンリーもイライザをヘルプしたことから、仕事中毒でクソ真面目過ぎる自分に改善の余地ありという事実に気が付きはじめていた。
というのが、パイロットと呼ばれる新番組1話目のあらすじ。試写を見ながら、「オードリー・ヘップバーン主演の映画でこういうのあったなぁ」と思い、あとで資料を読んでみたら、名作ミュージカル映画『マイ・フェア・レディ』にヒントを得て製作されたドラマだという。主演イライザ(この名前もオードリーが演じたヒロインと同じ名前!)には、海外ドラマ「ドクター・フー」のカレン・ギラン、そして映画のヒギンズ先生にあたるヘンリー役を映画『スタートレック』シリーズなどでお馴染みのジョン・チョーが演じている。ウィットに富んだ番組の面白さはもちろんのこと、アジア系男優がネットワーク番組の主役級キャラに抜擢されることはそうそうあることではないので、それも嬉しい注目ポイントのひとつといえる。

製作スタジオ:
WB
放送:
ABC
放送開始日:
2014年9月30日 20:00
製作スタッフ:
ジュリー・アン・ロビンソン(『NYボンビー・ガール』)他
出演:
カレン・ギラン(『ドクター・フー』)、ジョン・チョー(『スリーピー・ホロウ』)他
Pagetop

The Flash

THE FLASH

(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

DCコミックのヒーローのなかでも話題を集めているのが『THE FLASH(原題)』。すでにヒット中の『ARROW/アロー』のコア製作チームが全面的に参加している期待作だ。

主人公バリーは、幼い時に不思議な閃光に母親が殺されるのを目撃してしまう。無実の父親に罪がかぶせられた拘留されたあと、幼いバリーはウエスト刑事の家に引き取られて暮らすことになる。そんな境遇が影響してか、バリーは大人になっても究極のオク手。幼なじみのアイリスに自分の気持ちを告白したいのに全然上手くいかずにヘコんでいる。ある日、原子研究所が大爆発を起こし、特殊な稲妻にうたれたバリーは気を失い昏睡状態に。数ヶ月後に意識を取り戻すと超人的な治癒力を持ち、閃光(=フラッシュ)がごとく超高速で走れるという身体になっていた。困惑しつつも、そんなパワーを利用して悪に立ち向かうと共に、母親を殺した真犯人を見つけるためのバリーの戦いが始まる…というのがあらすじだ。

この番組で注目なのが、フラッシュ / バリーを演じるグラント・ガスティン。『Glee』にチラリとゲスト出演していたこともあるが、今回の主演はグラントにとって大ブレーク。ハンサムさとフレンドリーさが同居する端正な顔立ちと、それに加えた演技のうまさ!彼が、刑務所にいる父親を訪ねるシーンがあるのだが、はっきり言って泣ける。グラントの演技にはハートが感じられて、思わず引き込まれてしまうのだ。また、本作でカリスマ科学者のウェルズ博士を演じるトム・キャヴァナーも要チェック!なんとなくトム・ヒドルストンを彷彿とさせる雰囲気で、ヒドルストン好きなこの筆者にとっては気になる存在…。ルックスと内容が揃ったスーパー・ヒーローもので、ヒットの兆し大アリである。

製作スタジオ:
WB
放送:
CW
放送開始日:
2014年10月7日 20:00
製作スタッフ:
デヴィッド・ナッター(『ARROW/アロー』)他
出演:
グラント・ガスティン(『Glee』)、キャンディス・パットン(『リゾーリ&アイルズ』)、ウェントワース・ミラー(『プリズン・ブレイク』)他
Pagetop

A to Z

A to Z

(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

英語表現で、アルファベットの最初の「AからZまで」という表現を使って、最初から最後まで全てという意味を表す。主人公のアンドリューとゼルダのラブストーリーを出会いから全て描く。もちろん最初のエピソードは出会いということで、Acquaintanceという題名。エピソード2はBから始まるタイトルが付く。ちなみに主人公アンドリューの頭文字もAで、ゼルダはZ。アンドリューはよくいるタイプの男性である。インターネット恋人紹介の会社で働く。ゼルダはたまたまアンドリューの会社が見える距離に自分のデスクがある法律事務所で働く弁護士である。一目惚れしたアンドリューはゼルダをデートに誘う。そこでこれこそ運命の出会いだと熱弁するアンドリューを冷たくあしらうゼルダ。しかし段々とアンドリューに惹かれていく。このエピソードでは触れないが、二人はたまたま色違いのプリウス・アクアに乗っている。視聴者には分かるこの運命の出会い。どうZまで持って行くのかが見どころ。

製作スタジオ:
WB
放送:
NBC
放送開始日:
2014年10月2日 21:30
製作スタッフ:
マイケル・パトリック・ジャン(『マイケル・J・フォックス・ショウ』)他
出演:
ベン・フェルドマン(『私はラブ・リーガル』)、クリスティン・ミリオティ(『ママと恋におちるまで』)他
Pagetop

Gotham

Gotham

(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

DCコミック『バットマン』の舞台であるゴッサムで、如何にしてバットマンが生まれたかを、後にバットマンと共闘関係を築くゴッサム市警の署長、ジェームズ・ゴードン(ベン・マッケンジー)の目を通して描く。若かりしジェームズ・ゴードンは新人としてゴッサム市警に配属される。ベテランの警部ハーヴェイ・ブロックと組み、最初の仕事はウェイン夫妻の強盗殺害の捜査だ。富豪であるウェイン夫妻は通りで突然強盗に遭い殺害される。目の前で両親を殺害された息子のブルースは、少年時代のバットマンだ。ブルースはジェームズ・ゴードンに犯人を捕まえてくれるように強く依頼する。捜査を続けていくうちに、この事件は単純な強盗殺人では無いと勘づいていき、次第にこのゴッサムという街自体の奥深い異様さを覗き込んでいくことになる。

製作スタジオ:
WB
放送:
FOX
放送開始日:
2014年9月22日 20:00
製作スタッフ:
ブルーノ・ヘラー(『メンタリスト』他
出演:
ベン・マッケンジー(『The OC』)、ジェイダ・ピンケット=スミス(『しあわせの処方箋』)他
Pagetop

Stalker

Stalker

(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

『NIKITA/ニキータ』のマギー・Qと『HOSTAGES』のディラン・マグダーモットという2大TVスターが主演するストーカーを題材にしたサイコ・スリラー。ロサンゼルス市警に新たに創設されたストーカー専門部署でチーフを務めるベス(マギー・Q)。そこに反対側の東海岸であるニューヨーク市警から配属されたキレ者のジャック(ディラン・マグダーモット)。噂ではNY市警を厄介払いされたためにLA市警に配属されたということだが、実際は自分の別れた妻と子供が暮らすロサンゼルスに来るためであった。自身はLA市警のストーカー部署に勤務しながら、自分の時間では別れた家族をストーカーする倒錯したジャック。チーフであるベスも過去にストーカー被害にあったような描写が挟まれる。この癖のある二人が協力して日々の怖いストーカー犯罪の解決に挑む。

製作スタジオ:
WB
放送:
CBS
放送開始日:
2014年10月1日 22:00
製作スタッフ:
ブロンウェン・ヒューズ(『ブレイキング・バッド』)他
出演:
マギー・Q(『NIKITA/ニキータ』)、ディラン・マグダーモット(『HOSTAGES』)他
Pagetop

THE MYSTERIES OF LAURA

The Mysteries of Laura

(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

やり手の女性殺人課刑事であるローラ・ダイアモンド(デブラ・メッシング)は、腕白でいたずら好きな双子の息子に手を焼いている。どんなに凶悪な犯罪者と対峙しようとも負けないローラも、その双子の息子と、同じくニューヨーク市警に勤務する離婚調停中の夫ジェイクにはなかなか勝てない。ローラの公私にわたる奮闘を描くコメディ。
双子の息子はいたずらが度を過ぎて学校を追い出されてしまう。子どもを学校に入れないと、自分が出勤することすらできない今やシングルマザーのローラ。渋々、ジェイクに助けを求めるが、まともに取り合ってくれない。復縁を迫られてしまう始末だ。何とか学校問題が片付いた矢先に、ジェイクが自分のボスになる正式な訓示が出る。

製作スタジオ:
WB
放送:
NBC
放送開始日:
2014年9月24日 20:00
製作スタッフ:
マックG(『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』)他
出演:
デブラ・メッシング(『SMASH』)、ジョシュ・ルーカス(『ザ・ファーム 法律事務所』)他
PAGE UP