SPECIAL 特集

お待たせしました!

次に上陸の新作はここでチェック!!

L.A.Screenings2014

LAスクリーニング2014

TOPページ戻る

NBC

12MONKEYS

12MONKEYS

Amanda Schull as Cassandra Railly,
Aaron Stanford as James Cole
(c) Alicia Gbur/Syfy

1995年に公開された鬼才テリー・ギリアム監督の同名映画をTVシリーズとしてリメイクした作品がこれ!映画での主演は、当時ブレイクしたブルース・ウィリス。主人公が出会う、狂気走った青年をコワいほどの迫真演技でブラッド・ピットが演じていたのが印象強い。(ちなみにブラッドは、この役でアカデミー賞にノミネートされた)

TVシリーズのストーリーも基本的に映画のそれと同じで、謎の病原菌蔓延のため人類壊滅状態となった西暦2043年から始まる。冒頭では、刑務所で死を待つばかりの青年コールが、突如上層部より抜擢されてタイムトラベルを命じられる。恩赦と引き換えに、過去へ戻り人類を絶滅寸前に追い込んだ病原菌の出どころを突き止め、事態を未然に防げ、との使命を与えられ…。というもの。映画版では過去と未来の交差と、陰謀の複雑さが入り組みすぎていてしまいにはウンザリしてしまった記憶がある。さいわいテレビ版の初回エピソードを見た分には、そういった印象は受けず、結構スンナリと入っていけたのでよかった。

全米でリメイク版『12MONKEYS』放映を予定しているのは、B級映画ファンにこよなく愛されているSyfyチャンネル。去年、凶暴なサメが竜巻にのって地上に降ってくるという、オリジナルTV映画『シャークネード』が異常(!?)な盛り上がりを見せて一気に株が上がった。『12MONKEYS』に見られるように、最近は放映される作品もかなり上質になりつつあるようで、これからも楽しみ。
製作スタジオ:
NBC
放送:
Syfy
放送開始日:
2015年1月
製作:
ジェフリー・ライナー(『アウェイク~引き裂かれた現実』『HOMELAND 3』)他
出演:
アマンダ・シュル(『SUITS』『プリティ・リトル・ライアーズ』)、ジェリコ・イヴァネク(『アルゴ』『ボーン・レガシー』)、アーロン・スタンフォード(『NIKITA』)他
Pagetop

ALLEGIANCE

ALLEGIANCE

(c) NBC

アメリカに潜むロシア・スパイを扱ったドラマシリーズなどと言うと時代遅れな印象を受けるが、実のところ、スパイの存在は冷戦後のアメリカにおいても今なお息づいているれっきとした問題なのだ。だが現在のスパイは、007のようにスーツを着こなしスポーツカーを乗り回しはしない。一番信頼を置けるはずの一般家庭に潜んでいる…。これがサスペンス新番組『ALLEGIANCE(原題)』のテーマだ。

“スリーパー・スパイ”とは、一時活動休止中のスパイ。だが、お国の一声でスイッチの入ったロボットのように“眠り”からさめ、スパイ活動を再開するのである。本作のメイン・キャラとなるのは、ロシア生まれの母とアメリカ人の父を持つごく普通の青年アレックス。冷戦後の平和なアメリカで生まれ育ったアレックスは、両親がロシアのスリーパー・スパイであることなど知る由もなかった。だが、アレックスのCIAへの就職が決まった瞬間、幸せなファミリーに魔の手が忍び寄る。それまで沈黙を保っていたモスクワが「息子をスパイにせよ」との命令を下したのである。このファミリーを待ち受ける運命とは果たして…!?

初回エピソードはこんな感じで始まる。平和な日本で育った私たちには、信頼する自分の両親が実の子を利用してスパイ活動をするなど考えもつかない。しかし、驚くなかれ!ここアメリカでは、『ALLEGIANCE』を地でいくような話がウォールストリート・ジャーナルに掲載されたりするのである。日本では現実味がないテーマとはいえ、個人的には続きが見てみたいサスペンス・ドラマである。
製作スタジオ:
NBC
放送:
NBC
放送開始日:
2015年
製作:
出演:
アニー・イロンゼ(『ARROW』)、マルガリータ・レヴィエヴァ(『リベンジ』)他
Pagetop

STATE OF AFFAIRS

STATE OF AFFAIRS

(c) NBC

『STATE OF AFFAIRS』は、人気海外ドラマ『ブラックリスト』の製作総指揮ジョー・カーナハンがおくる政治サスペンス・ドラマ。CIA情報分析官ならびに大統領日例報告の責任者でもあるチャーリーを演じるのは、『グレイズ・アナトミー』でおなじみのキャサリン・ハイグル。番組は、チャーリーがフィアンセのアーロンとともにテロリストとの銃撃戦に巻き込まれ、チャーリーがフィアンセを目の前で失ってしまうシーンから始まる。いきなり視聴者の胸ぐらを掴まんばかりの、息もつかせぬオープニングにハマって番組に釘付けになる。

やがてドラマが本題に入った時点で、死亡したアーロンは、現役女性大統領の息子だという事実が視聴者に明かされる。ということはチャーリーにとって大統領は、義理の母親になる女性でもあったわけだ。このことから大統領とチャーリーには特別な絆があるのだが、大統領日例報告責任者という高い地位にあり、大統領とも親しい関係にあるチャーリーを疎ましく思っている人間も多い。そんな状況の中で、絶え間ないクライシスをうまくかわしつつ国家の安全を守りながら、愛する婚約者を奪った真犯人を探るべく、チャーリーの戦いが始まる。なんでも、この真犯人探しが意外な方向に展開していくらしく、楽しみ。

製作スタジオ:
NBC
放送:
NBC
放送開始日:
2014年11月17日22:00
製作:
ジョー・カーナハン(『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』、『ブラックリスト』)他
出演:
キャサリン・ハイグル(『グレイズ・アナトミー』)他
Pagetop

ODYSSEY

ODYSSEY

(c) NBC

映画『トラフィック』を彷彿とさせるサスペンス・ドラマ。しかしながら、このドラマの筋書きは試写したドラマの中で最も複雑だった気がする。とにかく非常に入り組んでいるストーリーなので、注意して見てほしい。

主人公オデルが紅一点、兵士として配属されている米軍の一団がテロ組織アルカイダの重要人物を殺害。その所持品から米国企業が組織に金銭的支援をしているという証拠が発見される。間もなく、オデルの一団に奇襲攻撃が仕掛けられ、彼女を残した全兵士が抹殺される。やがて敵地で囚われの身となるオデル。攻撃を仕掛けてきたのが、祖国アメリカの特殊部隊であることを知るのは、 もはや彼女しかいない。いっぽうアメリカ本土では連邦検事がテロ組織と手引きしている軍事企業との契約を進めようと画策するさなか、若い政治活動家が偶然にもその陰謀を発見してしまう。このままでは祖国の安全は風前のともしびだが、真実を知る者たちの前に立ちはばかる存在は余りにも巨大。果たして悪を食い止めることが出来るのは誰なのか!?

筋金入りのサスペンス・ドラマの中で、少々息抜き(?)だったのが連邦検事を演じているピーター・ファシネリ。彼は、映画『トワイライト』シリーズでヴァンパイア一家の父親的存在カーライルを演じて人気の出た俳優だ。初回エピソードを見ただけで確実なことは言えないが、どうやらこのイケメン氏は、本作では悪役の気配。甘いマスクの悪者…。この筆者としてはこれだけで番組を見たくなる。

製作スタジオ:
NBC
放送:
NBC
放送開始日:
2015年
製作:
ピーター・ホートン(『CSI:ニューヨーク9 ザ・ファイナル』)他
出演:
アンナ・フリエル、ピーター・ファシネリ(『Glee』『トワイライト』)、アドウェール・アキノエ=アグバエ(『ポンペイ』『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』)他
Pagetop
PAGE UP