SPECIAL 特集

お待たせしました!

次に上陸の新作はここでチェック!!

L.A.Screenings2014

LAスクリーニング2014

TOPページ戻る

ABC

HOW TO GET AWAY WITH MURDER

本ドラマは、全米で大人気の政治サスペンス『スキャンダル 託された秘密』と、『グレイズ・アナトミー』のクリエイターがチームを組んで製作した、リーガル・サスペンスである。

被疑者側弁護学を教える鬼教授であり、やり手弁護士の主人公アナリース・キーティング役に、映画『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』でアカデミー主演女優賞にノミネートされたヴィオラ・デイヴィスを迎え、エピソード初回からグイグイと観る者をひきつけていく。

ドラマは冒頭、森の中でじゅうたんにくるまれた死体らしきものを埋めるか否かで口論している4人の若者のシーンから始まる。物語がフラッシュバックしたとき、この4人は、キーティング教授の授業を選択している法学部生徒であることがわかってくる。優秀な生徒をアシスタントとして選抜するため、キーティングは自分が手がけているクライアントの事例を生徒たちに公表。近づく裁判の為に必要な証拠集めを生徒たちに課す。非倫理的なやり口も辞さずに決め手となる証拠を集める4人の生徒たち。その過程で彼らは、キーティングが一歩間違えれば危険な人物であることに気がつき始めるのだが…。

初回エピソードの最後に驚きの結末が待っており、その結末をもってこれからドラマの歯車が回り出すという、観る側の心理を心得たシリーズづくりとなっている。
製作スタジオ:
ABC
放送:
ABC
放送開始日:
2014年
製作スタッフ:
ビル・デリア(『グレイズ・アナトミー』)他
脚本:
ピーター・ノーウォーク(『グレイズ・アナトミー』)
出演:
ヴィオラ・デイヴィス(『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』)、チャーリー・ウェバー(『ウェアハウス13 』)他
Pagetop

MANHATTAN LOVE STORY

俗に“シットコム”と呼ばれる30分コメディー・ドラマは、日本で売るのが難しいと言われているが、ここでご紹介する新番組『マンハッタン・ラブストーリー(原題)』は非常に好感の持てるシットコムだ。

ドラマの第1話は、憧れの出版業界に就職が決まり、田舎町からニューヨークに引っ越して来たデイナが、出社初日から同僚たちがリストラされていく光景を目の当たりにして大ショックを受けるところから始まる。ボロボロの気分で下宿先の親友カップル宅へ戻ると、独身のデイナに親友カップルの計らいで、ブラインド・デートを承諾することになる。気分グッタリ状態で対面したデートの相手は、番組のもう一人の主人公ピーター。社交的でチャーミングだが反面プレーボーイで自惚れ型といったタイプ。ただでさえ最悪気分のデイナは、繊細さに欠けるピーターの言動から涙ながらにレストランを後にする。そんな状況に罪悪感を覚えるピーターは、自己分析を始めるのだが…。

このドラマの魅力は、独身男女の多くが共感できる本音が綴られているということ。女性は男性の心のうちが知りたいし、男性は女性の心のうちが知りたい、という万人の願いがこのコメディーを観ていると、ほんの少しだけ叶うのである。というのも、主人公デイナと、もう一人の主人公ピーターの“心の声”(=本音)が番組進行役となっているからなのだ。

また海外ドラマのヒロインには珍しく、素朴さとキュートさを持ち合わせたデイナ役を演じるアナリー・ティプトンは、好感度が高いビジュアルが、田舎町から出てきたちょっとダサ可愛い女性という役柄にピッタリ。

主人公二人の心の声に怒ったり笑ったり、でも最終的にはグッとくる本音コメディー・ドラマだ。

製作スタジオ:
ABC
放送:
ABC
放送開始日:
2014年
製作スタッフ:
マイケル・フレスコ(『シングルパパの育児奮闘記』)
脚本:
ジェフ・ローウェル(『ホテル・バディーズ ワンちゃん救出大作戦』)
出演:
アナリー・ティプトン(『LUCY/ルーシー』)、ジェイク・マクドーマン(『シェイムレス4 俺たちに恥はない』)他
Pagetop

The Whispers

もしも映画『第三種接近遭遇』の宇宙人たちがフレンドリーじゃなかったら? もしも映画『E. T. 』のE. T. が、子どもにしかわからない言葉で語りかけて自分の親を死においやるような「ゲーム」をしかけたら…!?
スティーヴン・スピルバーグ率いるアンブリン・エンターテインメントが放つSFサスペンス・ドラマである本作には、そんな予想だにしない展開が待っている。

舞台になるのはアメリカのとある田舎町。6才の少女ハーパーが母親殺人事件の張本人として保護された。その調査に起用されたのは、小児心理学専門のFBI女捜査官クレア。飛行機事故で行方不明となった夫との間には、耳の聴こえない幼い息子がいる。調査の過程で、ハーパーの件と類似した親殺しが他でも起きていたことを突き止め、不吉な気分に…。一方、地球の裏側にあるサハラ砂漠のど真ん中では正体不明の隕石と、そのそばに存在するはずもない米軍機の一部が発見されていた。軍機の破片が北極圏で行方不明になっているクレアの夫が操縦していた軍用機の一部であることが判明した時、町の病院に収容されていた記憶喪失の男がクレアの夫にソックリであるという情報が入ってくる。不可解な事件が次々と起こるなか、クレアの息子も、ドリルとの“ゲーム”に興じ始めていた。

このドラマには、『第三種接近遭遇』、『E.T.』、そして『ポルターガイスト』などの映画へのオマージュとも取れるシーンを見つけられるはずだ。往年のスピルバーグ・ファンはもちろんのこと、そうでない人が観ても、「この先どうなるの!?」と、次のエピソードが待ちきれない新たな人気ドラマになること請け合いである。

製作スタジオ:
ABC
放送:
ABC
放送開始日:
2014年
製作スタッフ:
マーク・ロマネク(『わたしを離さないで』)
脚本:
スー・ヒュー(『アンダー・ザ・ドーム』)
出演:
リリー・レーブ (『アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団』)、バリー・スローン(『リベンジ』)他
Pagetop

American Crime

ドラマの舞台となるのは、カリフォルニア州中西部の町。多くの白人に混じってメキシコから流れて来た多くの移民家族が住む地域で繰り広げられる、犯罪と人種偏見を扱ったシリアス・ドラマだ。アカデミー賞助演男優賞受賞経験もあるティモシー・ハットンをはじめ、人気海外ドラマ『デスパレートな妻たち』でお馴染みのフェリシティ・ハフマン、『ザ・シールド ~ルール無用の警察バッジ~』のベニート・マルティネスなど、演技派俳優たちが勢ぞろいする。

幸せな結婚生活を送っていたはずの息子が殺人に巻き込まれたとの知らせを受けて、現地に駆けつける父親とその元妻。白人である二人は、メキシコ人が犯罪に関わっていると聞き、「やはり」という表情を隠さない。自分の息子が麻薬犯罪に関わっていた可能性があるという捜査報告を聞いてもなお、メキシコ移民という“よそ者”に対する激しい嫌悪感を募らせる。

一方、男手一つで厳格に育てたはずのティーンエイジャーの息子が殺人事件に関わっているという知らせを受け、愕然とするメキシコ系移民の父親。いくら努力しても、周囲の偏見と貧困から抜け出せず、結局はそんな状況の“餌食”となってしまう状況に対して怒りを覚える。

本作は、現代アメリカで大きな社会問題となっているアメリカ市民たちとメキシコ系移民たちの確執にメスを入れるという、海外ドラマにしてはかなり重く暗いテーマを主軸にしたネットワーク・ドラマだが、本作の製作総指揮が、映画『それでも夜は明ける』でアカデミー賞脚色賞に輝いたジョン・リドリーと聞けば納得がいくだろう。とはいうものの、いまだに打開策が見出されていない現存の社会問題を、これほどヘビーに扱ったストーリーが、アメリカのお茶の間でどれだけ受け入れられるか。結果はどうあれ、このドラマが話題を呼ぶことは必至と見られる。

製作スタジオ:
ABC
放送:
ABC
放送開始日:
2015年
脚本:
ジョン・リドリー(『それでも夜は明ける』)
出演:
ティモシー・ハットン(『レバレッジ ~詐欺師たちの流儀』)、フェリシティ・ハフマン(『デスパレートな妻たち』)、ベニート・マルティネス(『ザ・シールド ~ルール無用の警察バッジ~』)他
Pagetop

Agent Carter

映画『キャプテン・アメリカ』シリーズの主人公スティーブ・ロジャースの恋人であるペギー・カーター(ヘイリー・アトウェル)にスポットを当てたストーリー。当然『キャプテン・アメリカ』のスピンオフだが、それ以外にも映画『アベンジャーズ』や、そのスピンオフ『S.H.I.E.L.D.』シリーズとも肩を並べる。ペギーはスティーブを亡くした後も、祖国のためにSSRで秘密捜査官として働く。女性に対する差別を感じながら、いつか現場で仕事をしたいという気持ちを持ち続けていた。しかしペギーの仕事はデスクワークであり、実際に現場で仕事をするのは男の仕事であった。ある夜、ひょんなことでペギー自身が現場に出向くことになる。ここで結果を出さなければ永遠に自分の仕事はデスクワークのままどころか、サポートが無いために命の危険さえある現場を、見事ペギー自身の能力でやり通す。そのことで男達から信頼を得て、更にアイアンマンの父親であり、スターク・インダストリーの創設者であるハワード・スタークから密命を抱くことになる。

製作スタジオ:
ABC
放送開始日:
2015年
製作スタッフ:
タラ・バターズ(『よみがえり ~レザレクション~』)他
脚本:
クリストファー・マルクス (『キャプテン・アメリカ』)他
出演:
ヘイリー・アトウェル(『キャプテン・アメリカ』)他
Pagetop

Red Band Society

重度な症状によって、長期の入院生活を強いられている子ども達にとっては、病院はひとつの社会である。共通の悩みを持つからこそ、彼らは普通の子ども達同士よりも結束が強い。その結束を手術時に自分の手に巻かれる赤いバンドに準えて付けられたタイトル。直訳して『赤いバンドの社会』。スティーブン・スピルバーグが総指揮で、映画『The Help』でアカデミー助演女優賞を獲得したオクタビア・スペンサーが、その子ども達を温かく見守る看護士ジャッキーを演じるところが見所。チャーリーは長く昏睡状態に陥っている。そのチャーリーがナレーターとして物語の進行を担う。チャーリーは昏睡状態のため、外の世界に付いては一切分からないはずなのだが、ただ身体の反応が無いだけで意識はしっかり持っている。そしてチャーリーは、自分以外の患者が手術なので昏睡状態に陥った時だけ、意識にアクセスできる特異な能力を持っていた。

製作スタジオ:
ABC
放送:
Fox Network
放送開始日:
2014年
製作スタッフ:
ジェイソン・エンズラー(『HOSTAGES ホステージ』)他
脚本:
マーガレット・ネイグル(『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』)
出演:
オクタヴィア・スペンサー(『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』)、デイヴ・アナブル(『Ben&Kate』)他
Pagetop

Galavant

製作にディズニー・アニメ映画『塔の上のラプンツェル』ダン・フォゲルマン、作曲に「美女と野獣」のアラン・メンケンという豪華チームを迎えた、童話チックなコメディ・ミュージカルが『Galavant(原題)』。
貧乏だけどハンサムで勇気あるギャラヴァント。村の人気者で恋人マデレーナともラブラブのはずだったのに、彼女はリチャード王(=金持ち)に見初められた途端にギャラヴァントとはあっさりサヨウナラ。5年経っても傷心を抱えたギャラヴァントは、“英雄”を廃業して飲んだくれになっていた。だがある日、自国がリチャード王の侵略を受けているというイザベラ姫が“英雄ギャラヴァント”を探して訪ねてきたことから、再び英雄として立ち上がるのだが、5年のギャップで身体はなまってるわ剣の勘は鈍っているわでボロボロ。ダメ・ヒーローになってしまったギャラヴァントは、リチャード王を倒してイザベラ姫の国を守り、愛するマデレーナを振り向かせることができるのだろうか?

製作スタジオ:
ABC
放送開始日:
2014年
製作スタッフ:
ダン・フォゲルマン(『塔の上のラプンツェル』)他
出演:
ジョシュア・ザッセ、カレン・デヴィッド他
Pagetop
PAGE UP