海外ドラマ NAVI

【映画レビュー】豪腕、哀愁、そして色気...Netflix『ポーラー 狙われた暗殺者』はマッツ・ミケルセンの魅力"全盛り"ムービーだ!

news

米NBCのサスペンスドラマ『ハンニバル』で、猟奇的殺人鬼の顔を持つ天才精神科医レクター博士をゾクッとするほど妖艶に演じたデンマークの名優マッツ・ミケルセン。同作で海外ドラマファンのハートも鷲掴みにした北欧の至宝が、今度は最新主演映画『ポーラー 狙われた暗殺者』(Netflixにて絶賛配信中)で、賞金稼ぎの標的となる孤高の暗殺者に扮している。実践で鍛えた巧みな戦術とガンさばき、拷問にも屈しない強靭な肉体と精神力、そして、許されぬ過去を背負いながら大切な女性を守り抜く一途な男気...とにかくこの作品は、マッツの魅力を全て凝縮したファン悶絶の逸品なのだ。

坂田正樹

『スパイ大作戦』『刑事コロンボ』で海外ドラマに目覚め、『ツイン・ピークス』で脳を侵され、『シカゴ』シリーズで病みつきに。直近は『ジ・アメリカンズ』『DEUCE/ポルノストリート』に大興奮。座右の銘は、松岡修造の土壇場でも「心はいつも40-0」。オフは、横浜F・マリノスの試合に声を枯らし、愛犬チャコ(雑種)と戯れる。