海外ドラマ NAVI

今年は最多の13作品!年々キャンセルされるシリーズが増えるNetflix、その理由とは?

news

マーベルの『デアデビル』『ルーク・ケイジ』『アイアン・フィスト』、トーク番組の『ジョエル・マクヘイル・ショー』と『ミシェル・ウルフとブレイクを』、コメディドラマの『レディー・ダイナマイト』『へイターはお断り!』『サイテー! ハイスクール』。これらはNetflixが今年打ち切りを決めた作品の一部だ。13作品の終了が決断された今年とは対照的に、Netflixがオリジナルコンテンツを配信し始めてから最初の6年間でキャンセルしたのは、わずか6作品。同サービスで打ち切り数が増えてきた理由は一体何なのか。米TV Insiderが伝えた。

海外ドラマNAVI編集部

海外ドラマNAVI編集部です。日本で放送&配信される海外ドラマはもちろん、日本未上陸の最新作からドラマスターの最新情報、製作中のドラマまで幅広い海ドラ情報をお伝えします!