海外ドラマ NAVI

『コード・ブラック 生と死の間で』佐藤拓也が語る世界一過酷なERとは?本編映像も到着

news

数々の賞を獲得した同名のドキュメンタリー映画を制作したスタッフによる、全米で最も多忙なER(救急救命室)を舞台にしたドラマ『コード・ブラック 生と死の間で』。本格派医療ドラマとして見ごたえたっぷりの本作シーズン1のDVDがリリース中だが、この世界一過酷なERに配属された4人の新人研修医の一人、マリオ・サヴェッティ役の日本語版ボイスキャストを務めた佐藤拓也からコメントが到着。本作とマリオという役柄の魅力や、吹替えで苦労したことなどを熱く語った。