ミスター・メルセデス スペシャルサイト | 映画・海外ドラマのスターチャンネル[BS10]

『ヴァン・ヘルシング』を女主人公でTVシリーズ化

ジャネット・モンゴメリー米ケーブルのSyfyがヒュー・ジャックマンの主演映画でも知られる不死身のモンスターハンター、ヴァン・ヘルシングを女性の主人公でTVシリーズ化することがわかった。英Digital Spyが報じている。

【関連コラム】世界一有名なヴァンパイア、《あの人》ゆかりの地に行ってみた!<前編>

Syfyのドラマ版『Van Helsing(原題)』は、ヴァン・ヘルシングの娘ヴァネッサ・ヘルシングを主人公に、ヴァンパイアとの闘いを13話構成で描いたモンスターアクション・シリーズ。長い眠りから目覚めたヴァネッサが、ヴァンパイアの支配下に落ちた世界を救うため、人類生存の希望を担ってヴァンパイアとの闘いに挑む、というストーリーだ。

本作の製作を手掛けるNomadic Picturesのチャド・オークスは作品について、ブラム・ストーカーの小説『ドラキュラ』を「大胆で複雑なヒロインを主人公に、思わずつり込まれてしまうような新しい解釈で再現します」と語っている。また、本作では従来の伝統的なイメージとは異なるヴァンパイア像が見られそうだ。「本シリーズは、ヴァンパイアに完全支配された世界を舞台としている点でユニークです。人間のキャラクターたちは、生きるために協力し合う大切さを学ばざるを得ないのです」とオークスは続けている。

ヴァン・ヘルシングは吸血鬼ハンターの老教授としてブラム・ストーカーの小説に初登場して以来、多くの映画やドラマ、舞台劇およびアニメーション作品で取り上げられ、モンスターハンターの代名詞的存在として描かれるようになった。映画版ではヒュー・ジャックマンのほか、ピーター・カッシング、ローレンス・オリヴィエ、アンソニー・ホプキンス、メル・ブルックス、クリストファー・プラマーら歴代の名優が同役を演じている。

また、ヴァネッサ・ヘルシングは新しいキャラクターではなく、1980年代のDCコミック『Night Force(原題)』の主要キャラクターとして有名だ。さらに女性版『ヴァン・ヘルシング』のドラマ化も、すでに米ABCが2013年にジャネット・モンゴメリー(『アントラージュ★オレたちのハリウッド』)主演で試みたが、残念ながら放送には至らなかったため、本作にファンの期待が集まりそうだ。今後のキャスティング情報に注目したい。

Syfyの女性版『ヴァン・ヘルシング』は年明けからカナダのバンクーバーで撮影を始め、2016年秋に放送される予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:お蔵入りした作品でヴァネッサを演じていたジャネット・モンゴメリー。新ヒロインは誰に?
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP