ミスター・メルセデス スペシャルサイト | 映画・海外ドラマのスターチャンネル[BS10]

あの名コンビによる、天才集団の活躍を描くドラマパイロットが製作

アレックス・カーツマンとロベルト・オーチーリブート後の『スター・トレック』シリーズで脚本を手がけ、ヒットドラマ『スリーピー・ホロウ』の製作総指揮者を務めているアレックス・カーツマンとロベルト・オーチー。この名コンビが、新たなドラマを世に送り出すかもしれない。米CBSは、『Scorpion』のドラマパイロットの製作にゴーサインを出した。

【関連記事】ロベルト・オーチーとアレックス・カーツマンはこの作品にも関わってます。彼らをもっと知りたい方はチェック! 『HAWAII FIVE-0』インタビュー

『Scorpion』は、15億人に一人存在するといわれる高いIQの持ち主で、グローバル・シンクタンク「スコルピオン・コンピュータ・サービス」のCEOを務める実在の人物、ウォルター・オブライエンに着想を得た作品。風変わりな天才と、同じく天才的頭脳をもつ人々による国際的ネットワークが、現代の複雑な脅威に立ち向かう話になる。

パイロットの脚本を手がけるのは、『プリズン・ブレイク』のニック・サントラで、彼はカーツマンやオーチーとともに製作総指揮も担う。また、パイロットの監督は、『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リン。主人公のモデルとなるオブライエンも製作総指揮に名を連ねている。

ちなみに、現実世界のプロフェッサーX(『X-MEN』の登場人物)と呼ばれるオブライエンは、世界中から天才的な頭脳をもつ人々を集めて、カジノのセキュリティやドローン戦争にいたる、さまざまな問題を解決しているとのこと。ドラマがシリーズ製作されるかどうかはまだわからないが、どんな物語が生まれるのか興味をそそられるところだ。(海外ドラマNAVI)


Photo:アレックス・カーツマンとロベルト・オーチー
(c)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP