海外ドラマ NAVI

最前線の恐怖と人間の情念が交錯する戦争映画の新たな傑作が誕生、『アベンジャーズ』シリーズのルッソ兄弟入魂の最新作

movie

『アベンジャーズ』シリーズ(『インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』)のジョー&アンソニー・ルッソ兄弟が、アメリカの雑誌「ザ・ニューヨーカー」に掲載されたルポルタージュに衝撃を受け、プロデュースを買って出た最新作『モスル~あるSWAT部隊の戦い~』。最前線のリアルな臨場感と追い込まれた人間の狂気が観る者の胸をかきむしる本作は、『ハート・ロッカー』『ダンケルク』『1917 命をかけた伝令』に続く、新たな戦争映画の傑作と言えるだろう。【映画レビュー】

坂田正樹

『スパイ大作戦』『刑事コロンボ』で海外ドラマに目覚め、『ツイン・ピークス』で脳を侵され、『シカゴ』シリーズ(特に『シカゴP.D.』)で病みつきに。座右の銘は、松岡修造の「(土壇場でも)心はいつも40-0」。オフは、横浜F・マリノスの試合に声を枯らし、愛犬チャコ(雑種)と戯れる。

こんな記事も読まれています