海外ドラマ NAVI

海ドラでお馴染み俳優が集結!『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

movie

「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ出版秘話に基づく本格ミステリー映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』がいよいよ1月24日(金)より公開となる。本作には海外ドラマで活躍中の本格派スター&若手注目株が出演しているのだ。

合わせて読みたい

【プレゼント】「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ出版秘話から生まれた本格ミステリー『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』オリジナルグッズ

映画化もされた『ダ・ヴィンチ・コード』をはじめ、一大現象を巻き起こした人気小説「ロバート・ラングドン」シリーズ。本作は、そのシリーズ4作目となる「インフェルノ」出版時に行われた、海賊行為と違法流出を恐れた出版元が著者ダン・ブラウンの同意のもと、各国の翻訳家たちを秘密の地下室に隔離して翻訳を行ったという前代未聞のエピソードを元にしている。

舞台は、フランスの人里離れた村にある洋館。全世界待望のミステリー小説「デダリュス」完結編の世界同時出版のため、その洋館の地下に隠された要塞ごときの密室に、9カ国の翻訳家が集められた。彼らは外出はおろか、SNSや電話などの通信も禁止され、毎日20ページずつだけ渡される原稿を翻訳していくことに―。ところがある夜、出版社社長の元に「冒頭10ページをネットに公開した。24時間以内に500万ユーロ(約6億円)を支払わなければ、次の100ページも公開する。要求を拒めば、全ページを流出させる」という脅迫メールが届く...。

この仕掛けが散りばめられたミステリー映画には、海外ドラマでお馴染み俳優が出演している。誰が犯人なのか―。

ミステリアスで情熱的で孤独を好むロシア語の翻訳者カテリーナ・アニシノバを演じるのはオルガ・キュリレンコ。『007/慰めの報酬』でボンドガールに大抜擢された彼女は、海外ドラマには『マジックシティ 黒い楽園』『Secrets ~過去を秘めた女たち~』に出演している。カテリーナは、人の心をかき乱す誘惑的な人物でもあり、「デダリュス」のヒロインであるレベッカに危険なほどに感情移入し、彼女と同じ白いドレスやヘアスタイルなど忠実に再現している。

20200122-00000011-dramanavi-1-00-view.jpg

エレガントかつ野心的、デンマーク語の翻訳者エレーヌ・トゥクセン役には、米HBOの『ウエストワールド』に出演し、デンマーク初の女性首相を描いた『コペンハーゲン』でビアギッテ・ニュボー役で主演したシセ・バベット・クヌッセンが務める。家族を養うために翻訳者になったエレーヌは、いつか自分自身も小説家になることを熱望している。

20200122-00000012-dramanavi-1-00-view.jpg

海賊版「デダリュス」の翻訳でファンの間で注目され、公式翻訳者に抜擢された英語翻訳者アレックス・グッドマン役にアレックス・ロウザー。彼は映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』でベネディクト・カンバーバッチが演じた主人公アラン・チューリングの少年時代を演じて注目を集め、Netflixオリジナルドラマ『ブラック・ミラー』への出演他、『このサイテーな世界の終わり』で主演を務めている。いま注目の若手俳優だ。25才のアレックスは、永遠の子どものような雰囲気を持ち、ずば抜けて聡明。だが慣れない環境で緊張する翻訳者の中で豪快に居眠り続けている人物でもある。

20200122-00000013-dramanavi-1-00-view.jpg

出版社社長エリックの個人秘書ローズマリー・ウエクス役で、フランス出身のサラ・ジロドーがキャスティング。フランス版の『美女と野獣』やNetflixオリジナルドラマで異彩を放つ刑事ドラマ『クリミナル:フランス編』に姿を見せている。典型的な優等生ローズマリー。エリックからひどい扱いを受けているが、文学への愛だけを糧に仕事に取り組む。いつか自身で出版を手がけたいと思っている。

20200122-00000014-dramanavi-1-00-view.jpg

その他、知識人風だが本質的な考え方は陳腐でシニカルなギリシャ語翻訳者コンスタンティノス・ケドリノス役でマノリス・マヴロマタキス(『我が内なる敵』)、少々傲慢でSNSのおかげで少しばかりの名声を持つイタリア語翻訳者ダリオ・ファレッリ役のリッカルド・スカマルチョ(『ジョン・ウィック:チャプター2』)、意志が弱く簡単に人に流されやすいスペイン語翻訳者ハビエル・カサル役のエドゥアルド・ノリエガ(『ラストスタンド』)、ドイツ語翻訳者イングリット・コルベル役のアンナ・マリア・シュトルム(『Best Chance(原題)』)、中国語翻訳者チェン・ヤオ役のフレデリック・チョー(『LUCY ルーシー』)、ポルトガル語翻訳者テルマ・アルヴェス役のマリア・レイチ(『ディアマンティーノ 未知との遭遇』)、そして「デダリュス」の作者の正体を知るただ一人の人物で、出版社社長エリック・アングストローム役にはランベール・ウィルソン(『神々と男たち』)が顔を揃えている。

20200122-00000015-dramanavi-1-00-view.jpg

ラストまで刻々と変わっていくまさかの展開―。『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』は、1月24日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント、新宿ピカデリー他全国順次ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』(c) (2019) TRÉSOR FILMS – FRANCE 2 CINÉMA - MARS FILMS- WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRÉSOR - ARTÉMIS PRODUCTIONS

海外ドラマNAVI編集部

海外ドラマNAVI編集部です。日本で放送&配信される海外ドラマはもちろん、日本未上陸の最新作からドラマスターの最新情報、製作中のドラマまで幅広い海ドラ情報をお伝えします!

こんな記事も読まれています