海外ドラマ NAVI

『ダウントン・アビー』はいかにして生まれたのか?そして英TV界にどんな影響を与えたのか?製作者が裏話を語る

movie

英ITVと米PBSで最後に放送されてから4年、マギー・スミスミシェル・ドッカリーヒュー・ボネヴィル、そしてその他のクローリー家の人々と彼らのために働いた使用人たちが、TVシリーズの生みの親である脚本家ジュリアン・フェロウズとフォーカス・フィーチャーズ、カーニバル・フィルムスが手掛ける映画のために戻って来た。イギリスでは2019年9月13日(金)、アメリカでは翌週9月20日(金)に公開スタートした映画版『ダウントン・アビー』がいよいよ日本でも今年1月10日(金)より全国公開となる。米Deadlineがカーニバル・フィルムスの重役ギャレス・ニームに、ドラマ版、映画版をどのように作っていったのか、そしていかにイギリスのTV界が変化して『ザ・クラウン』の製作へとつながったのかを尋ねたインタビューをご紹介しよう。

Nami

元ロサンゼルス在住の翻訳ライター。「三度の飯より海外ドラマが好き!」というほどの海外ドラマ好き

こんな記事も読まれています