エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY

©2013 CBS Studios Inc.

放送情報

『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』

【放送】
WOWOWプライム10月より放送スタート!

ホームズはNY在住の英国人! ワトソンは米国人女性! 異色コンビ探偵ミステリーにクギづけ!

過去から現在に至るまで何度も映像化されて大人気の探偵シリーズ“シャーロック・ホームズ”。2012年秋に放送開始となった米国新ドラマの中で絶大な人気を誇り、視聴率的にも成功を収めている『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』。 

“今までとはココが違う!”その最大のポイントは…ホームズは英国人だが、深いワケがあってニューヨーク在住でNY市警察のコンサルタントとして活躍。そして助手ワトソンはジョン・ワトソンではなくジョーン・ワトソン、そう女性なのだ! この男女の異色コンビが時にはケンカしながら、時にはチクリと嫌味を言い合いながら、でも同時にお互いを気にかけ、しかし恋愛には走らず、まるで“同志”のように一緒に事件を解決していく。 

凡人には想像もつかない鋭い洞察力と推理力で犯人を分析し、“ウ~ンさすが!”と警察関係者を唸らせるホームズだが、他人とのコミュニケーションは苦手で、人が傷つくことを平気でズバズバ言ったりする。今は克服しているが以前はドラッグ中毒でリハビリ施設に入ったこともあり、背中や腕には目立つタトゥーもあり、落ち着きなく興奮しやすい性格…少し変わっているかも!? そんなホームズをジョニー・リー・ミラーが熱演している。

元外科医、そして現在は「Sober Companion」(ドラッグやアルコール依存症を克服するために協力する仲間)として働くワトソンは、ホームズの父に雇われて24時間同居しながらホームズの状態を見守っている。時にはホームズと一緒に捜査現場に足を運び、医療知識を生かし事件解決のヒントになることを助言して、次第に探偵業に興味を持っていくワトソンを演じるのはルーシー・リュー。“女性”ということを売り物にせず、動作や態度もキビキビはっきりしていて好感が持てる。

現代風に大幅にアレンジされているが、違和感なく楽しめる米国版“ホームズ”。この秋おすすめのミステリーだ。