• トップページ
  • 特集
  • 早く観たい!新ドラマ33本!2012LAスクリーニング やっぱり勝手に海外ドラマNAVI式 大注目の新ドラマたち一挙ご紹介!

SPECIAL 特集

L.A.SCREENINGS 2012

早く観たい!新ドラマ33本 海外ドラマNAVI式 大注目の新ドラマたち一挙ご紹介!

ゾクゾク、そわそわ、続きが気になるミステリー

■作品リスト
THE FOLLOWING』| 『666 PARK AVENUE』 | 『CULT』 | 『INFAMOUS

『THE FOLLOWING』

『THE FOLLOWING』

製作スタジオ:ワーナー・ブラザーズ
放送:―
放送開始日:―
製作:ケヴィン・ウィリアムソン(『スクリーム』)、マルコス・シーガ(『デクスター~警察官は殺人鬼』)
出演:ケヴィン・ベーコン(『ミスティック・リバー』)、ジェームズ・ピュアフォイ(『ROME』[ローマ])

◆『THE FOLLOWING』概要
女子学生14人を殺害した連続殺人鬼とその怪物を追うFBI捜査官。互いに相手の出方を読む、二人の攻防戦は捜査官に軍配があがり、悪夢は終わったはずだった。しかしそれから9年後、最高の知能犯であり、最悪の殺人鬼であったその男、ジョー・キャロルが死刑執行日直前に脱走。かつて彼を捕まえた捜査官ライアンは、心に傷を負い、引退していたが、また再び現場に呼び戻されることになる。そして、過去の悪夢にさいなまれるライアンに、殺人鬼キャロルはさらにおぞましい殺人計画を突きつける。まだ勝負は終わったわけじゃないと言わんばかりに…。事件の後遺症でアルコールなしではいられない状態になってしまった捜査官ライアン。それが現場に復帰し、次第に怪物を追う鋭い目に変わっていく。そんな主人公ライアンを演じるのはケヴィン・ベーコン。彼はどこか屈折し、落ちぶれた役をやらせたら、誰もまねできない一種独特の色気を発揮する俳優だ。対する殺人鬼キャロルには、『ROME[ローマ]』のジェームズ・ピュアフォイが扮する。このドラマがすごいのは、ただの殺人鬼を追うミステリーで終わらないところだ。キャロルは、服役中にインターネットを通じて、多くの人間を洗脳。何人もの連続殺人鬼予備軍を育て、カルト集団を作っていたのだ。誰がキャロルの手下かはわからない。普通の隣人が殺人鬼かもしれない恐怖を演出している。誰も彼もが怪しく思え、ハラハラ、ドキドキ指数は半端じゃない!

『666 PARK AVENUE』

『666 PARK AVENUE』

製作スタジオ:ワーナー・ブラザース
放送:abc
放送開始日:2012年9月30日(日)
製作:David Wilcox(『フリンジ』)
出演:デイヴ・アナブル(『ブラザーズ・シスターズ』)テリー・オクウェン(『LOST』)、ヴァネッサ・ウィリアムズ(『アグリー・ベティ』)

◆『666 PARK AVENUE』概要
ニューヨークのアッパー・イースト・サイドにある歴史ある高級マンション“ドレイク”。誰もが憧れるこのマンションには、ある恐ろしい秘密があった…。管理人として、このマンションに住むことになった新婚夫婦のジェーンとヘンリー。しかし、“ザ・ドレイク”の住人たちは、望みをすべて叶える成功者のように思えたが、実は、それはすべて悪魔との取引で手に入れたものだった。しかし何も知らない二人は、管理人として住む部屋は普通の給料では住めないような広い部屋だと大喜び。ヘンリーが仕事に行く間、管理人の仕事に張りきるジェーンだったが、次第に不可思議な現象に胸騒ぎを覚えるようになっていく。
ジェーン役は新人女優レイチェル・テイラー。きつね顔の女優さんは、恐怖顔、不安顔がとにかく似合う。というわけで、レイチェルも緊張感を高めるすてきな恐怖顔を披露してくれる。そしてさらに重要なのは、彼女を怖がらせる怪しい空気…それを演出するのが、オーナー夫婦を演じる『LOST』のテリー・オクウェンと『アグリー・ベティ』のヴァネッサ・ウィリアムズだ。この二人が見るからに怪しい。そこいるだけで悪魔的! 特殊効果は施されていないが、どこかこの二人の背後に深紫のオーラが漂っているような…そんな雰囲気すらある。ブラックホール的な存在感でドラマを盛り上げる。

『CULT』

『CULT』

製作スタジオ:ワーナー・ブラザース
放送:―
放送開始日:―
製作:ジョシュ・シュワルツ(『ゴシップガール』)
出演:マット・デイヴィス(『ヴァンパイア・ダイアリーズ』)、ロバート・ネッパー(『プリズン・ブレイク』)

◆『CULT』概要
『ゴシップガール』のジョシュ・シュワルツ製作のサスペンス・スリラー。人気ホラー番組「CULT」の内容をなぞらえるかのように奇怪な疾走事件が次々と発生。番組の熱狂的なファンだった弟の疾走をきっかけに、レポーターのジェフが一連の事件を調べ始めるが…。いろいろ新しい仕掛けを考えなくてはならない最近のドラマ界にて、目をつけたのがテレビと現実世界のリンク。確かにリアリティ番組が世の中に出回り、テレビと現実世界が近くなっているが、そんなテレビとの距離感を意識したのか、テレビの世界をサスペンスの“小道具”として用意したのがこちらのドラマ。一見、ホラー要素を絡めた犯罪サスペンスかと思いきや、テレビ番組「CULT」を絡めて、事態はどんどん複雑に…。この人気ホラー番組のカリスマ的リーダーを演じるのが『プリズン・ブレイク』のロバート・ネッパー。彼の言葉がメッセージとなって、事件と関係していくようなのだが…。事件を調べるほどに、テレビ番組の世界と現実世界の境界線がなくなり、二つの世界がシンクロしていく。スピ—ディーな展開に凝りに凝ったスト—リー構成、さらに節々にちりばめられた謎で思考回路も高速回転! 事実と事実が何層にも重なり、まさに謎解きパズルのように展開していく通好みのドラマだ。

『INFAMOUS』

『Pan Am』

製作スタジオ:NBC
放送:―
放送開始日:2013年
製作:―
出演:キャサリン・ラ・ナサ(『ライ・トゥー・ミー』)、ミーガン・グッド(『ストンプ・ザ・ヤード』)、ヴィクター・ガーバー(『エイリアス』)

◆『INFAMOUS』概要
資産家の娘の不審死をきっかけに、華麗なる一家の裏側を暴いていくサスペンス。ドロドロ劇が期待できそうな作品だ。パーティー・ガールとして有名だった資産家の娘ヴィヴィア・バワーズが死亡した。死因は薬物の過剰摂取とされ、事故死扱いとされそうだったが、FBIは殺人事件ではないかと密かに捜査を開始する。その捜査にあたるのが、被害者の幼なじみで親友であったFBI捜査官主人公ジョアンナだ。かつて母親がバワーズ家に住み込みの家政婦として働いており、ジョアンナも一族の家で育ったのも同然だった。そのため、ジョアンナにバワーズ家の秘密を探るよう指令がくだされる。最後にヴィヴィアンとケンカ別れをして以来、一家とは疎遠になっていたジョアンナだが、親友の死の真相を暴くため、魔城のようなバワーズ家に潜入していく。事件を捜査する若き捜査官を演じるのは『カリフォルニケーション』などのドラマに出演しているミーガン・グッド。そして華やかな一族の裏側に隠された血なまぐさい真実を追う物語と言えば、やはり気になるのが毎回、少しずつ明かされていく秘密…。この秘密がどれだけ衝撃的なものになるのかに期待がかかるが、同時に財界にも影響力がある一族が舞台なだけに、政治などさらに大きな問題へとつながっていく可能性もある。若く美しいヴィヴィアンの死は、どんなドラマを生んでいくのか。嘘と秘密にまみれたサスペンスなだけに、暴かれた真実にゾワゾワっとしたいところだ。

PAGE UP