• トップページ
  • 特集
  • 早く観たい!新ドラマ33本!2012LAスクリーニング やっぱり勝手に海外ドラマNAVI式 大注目の新ドラマたち一挙ご紹介!

SPECIAL 特集

L.A.SCREENINGS 2012

早く観たい!新ドラマ33本 海外ドラマNAVI式 大注目の新ドラマたち一挙ご紹介!

もしも世界が…。果てしない想像力で描く大作ドラマ

■作品リスト
LAST RESORT』| 『ZERO HOUR』 | 『REVOLUTION

『LAST RESORT』

no image

製作スタジオ:SONY
放送:ABC
放送開始日:2012年9月27日(火)
製作:ショーン・ライアン(『ライ・トゥー・ミー』)、カール・ガイダシェク(『Dead Like Me』)、Martin Campbel(『ホミサイド』)
出演:アンドレ・ブラウアー(『Dr.HOUSE』)、スコット・スピードマン(『フェリシティの青春』)、デイジー・ベッツ(『ハリーズ・ロー』)、ディーチェン・ラックマン(『ビーイング・ヒューマン』)

◆『LAST RESORT』概要
アメリカの原子力潜水艦の乗組員たちに、政府から突然ミサイル発射命令が下る。しかし不審に思った艦長は命令を拒否。するとなぜか味方のはずの米海軍から攻撃を受けるはめに…。なぜ、彼らは本国の敵とされてしまったのか。政治的な陰謀が渦巻く大型アクション・スリラー。原子力潜水艦と国家的な陰謀というだけでもお腹いっぱいの設定だが、さらにこの原子力潜水艦をたてに、彼らは逃げ延びた島で新しい独立国家を宣言してしまう。これは「もしかして『地獄の黙示録』化していくのか」と思わず勘ぐってしまう展開。国家の狂気を暴くのか、それとも潜水艦の艦長を筆頭に狂気に走っていくのか、かなり気になるところだ。謎めいた布石があらゆるところに敷かれ、どこに向かうのか読むのは難しいが、潜水艦の艦長を演じるアンドレ・ブラウアー(『ソルト』『ミスト』)が異様な迫力で、「何かすごいことが起こりそうだ」という期待感は高まる。アンドレのすごみを中和するように、彼の補佐役としてソフトなイケメン、スコット・スピードマン(『君への誓い』『アンダーワールド』『フェリシティの青春』)を配しているキャスティングがにくい。

『ZERO HOUR』

ZERO HOUR

製作スタジオ:ABC
放送:―
放送開始日:―
製作:アンソニー・エドワーズ(『ER』)、カルメン・イジョゴ(『キッドナップ』)、スコット・マイケル・フォスター(『カリフォルニケーション』)、アディソン・ティムリン(『カリフォルニケーション』)、ミカエル・ニクヴィスト(『ミレニアム』)

(C)ABC Studios

◆『ZERO HOUR』概要
『プリズン・ブレイク』のクリエイターが手がける冒険ミステリー。第二次世界大戦下、ナチスに弾圧された教会は、ある秘密を時計に隠す。そして時が流れ現在、その時計を手にした夫婦が歴史的な陰謀に巻き込まれていく。歴史に隠されたミステリーと、その謎を解いていくアドベンチャー要素がふんだんに盛り込まれ、世界を舞台に繰り広げられるという大作風情満点のドラマ。非科学的な神話や超常現象を調査し、それを科学的に解明していく雑誌の出版者である主人公のハンク。二人の助手と美しい妻に囲まれ、平凡な日々を送っていた彼だったが、ある日、アンティーク時計店を営む妻が、何者かに誘拐されてしまう。妻の行方を追う唯一の手がかりは、事件当日に妻が蚤の市で買ったアンティーク時計だけ。しかもその時計には、暗号めいた文字で記された不思議な地図が隠されていた。妻を取り戻すべくハンクの決死の捜査が始まるが、それは人類の歴史を覆しかねない恐るべき真実の扉を開く旅でもあった。このドラマの安心なところは、1シーズンで一つの謎解きが終わること! 謎解き途中で中途半端に終わる心配がないというのは、安心だ。主演が『ER』のアンソニー・エドワーズだけにちょっと学者系…というわけで『インディー・ジョーンズ』のような派手なアクションは期待できないが(失礼)、『ダ・ヴィンチ・コード』のような謎解きではかなり楽しませてくれそうだ。

『REVOLUTION』

『Revolution』

製作スタジオ:ワーナー・ブラザーズ
放送:NBC
放送開始日:2012年9月17日(月)
製作:J・J・エイブラムス(『LOST』)、エリック・クリプキ(『スーパーナチュラル』)
出演:ビリー・バーク(『トワイライト・サーガ/ブレイイング・ドーンPart1』)ジャンカルロ・エスポジート(『ブレイキング・バッド』シーズン2,4)

◆『REVOLUTION』概要
J・J・エイブラムスが『スーパーナチュラル』のエリック・クリプキとタッグを組んで放つ今回の新作は、電気などすべてのエネルギーが消滅した世界で展開するサバイバル・ミステリー。「もしも現代社会で電気がなくなったら…」という発想のもと、全世界が停電するというJ・J・の十八番である派手な演出をぶちかまし、その後の世界を描く。あらゆるテクノロジーが停止し、西部開拓時代に逆戻りしたような世界。主人公の少女チャーリーは、ほとんど無法状態と化した世の中で、政府軍に父を殺され、弟を誘拐されてしまう。もちろんその裏側には、エネルギー消滅の謎が隠されているわけだが、チャーリーはそれを知る由もなく、元海軍の叔父マイケルズと弟を救出する旅に出る。テクノロジーが停止したら世の中はどうなるのか、“その後の世界”の再現に力を注いでいるドラマ。いろいろ現代の代物が“過去の遺産”のようにさりげなく背景を飾っているのも、このドラマをマニアックに楽しむための仕掛けだろう。すべてが意味深に思えるのはJ・J・式ミステリーのお決まりだが、ぜひエネルギー消滅の謎はしっかり解いてもらいたい。


PAGE UP