海外ドラマ NAVI

アメリカ版"家政婦は見た!"『デビアスなメイドたち』のエンディング曲を歌うMAX、メイド服姿で魅力を語る!

drama

『デスパレートな妻たち』のエヴァ・ロンゴリアがエグゼクティブ・プロデューサーを務める『デビアスなメイドたち』が、1月17日(土)21:00よりDlifeにて放送スタートします。アメリカ版『家政婦は見た!』とも呼ばれる本作は、ビバリーヒルズの豪邸で働く好奇心旺盛なラテン系メイドたちが、雇用主の秘密を覗き見しつつも、夢や野望を実現しようと生活する姿を描いて全米で話題となりました。そんな本作のエンディング曲を担当するのは、2015年に活動20周年を迎えるMAX。ドラマの世界観を映し出したエンディング曲『Heartbreaker』について、またドラマの魅力について語ってもらいました!

海外ドラマNAVI編集部

海外ドラマNAVI編集部です。日本で放送&配信される海外ドラマはもちろん、日本未上陸の最新作からドラマスターの最新情報、製作中のドラマまで幅広い海ドラ情報をお伝えします!

こんな記事も読まれています