海外ドラマ NAVI

『ジュピターズ・レガシー』スーパーヒーロードラマの新境地!"世代間ギャップ"をリアルに描き問題提起

drama

「シビル・ウォー」「キック・アス」のマーク・ミラーによる同名コミックを実写化したNetflixオリジナルドラマ『ジュピターズ・レガシー』がついにベールを脱いだ。"史上最大のスーパーヒーロー叙事詩"を目指して心血を注いだというマークの思いは、果たして映像作品として成就したのか? これはあくまでも主観だが、"史上最大"という部分以外は概ねイエス! 『ザ・ボーイズ』(Amazon Prime Video)と双璧を成すその完成度は、マーベル、DCに続く新たなスーパーヒーロードラマとして期待に違わぬものだった。【ドラマ・レビュー】

坂田正樹

『スパイ大作戦』『刑事コロンボ』で海外ドラマに目覚め、『ツイン・ピークス』で脳を侵され、『シカゴ』シリーズ(特に『シカゴP.D.』)で病みつきに。座右の銘は、松岡修造の「(土壇場でも)心はいつも40-0」。オフは、横浜F・マリノスの試合に声を枯らし、愛犬チャコ(雑種)と戯れる。

こんな記事も読まれています