海外ドラマ NAVI

結末がエグすぎる!スティーヴン・キングも絶賛した衝撃小説『瞳の奥に』をNetflixが完全ドラマ化

drama

『ザ・クラウン』のレフト・バンク・ピクチャーズ社と『ハンニバル』シリーズのスティーヴ・ライトフット(製作総指揮・脚本)が仕掛けるNetflixオリジナルドラマ『瞳の奥に』が、2月17日より配信開始した。スティーヴン・キングも絶賛した英国人作家サラ・ピンバラのベストセラー小説を実写化した本作は、ありきたりの結末では終わらない驚天動地の心理スリラー。「不倫がもつれて妻がサイコ化」なんていう定番の愛憎劇を想像している人は脳天チョップ食らいますよ!【ドラマ・レビュー】

坂田正樹

『スパイ大作戦』『刑事コロンボ』で海外ドラマに目覚め、『ツイン・ピークス』で脳を侵され、『シカゴ』シリーズ(特に『シカゴP.D.』)で病みつきに。座右の銘は、松岡修造の「(土壇場でも)心はいつも40-0」。オフは、横浜F・マリノスの試合に声を枯らし、愛犬チャコ(雑種)と戯れる。

こんな記事も読まれています