海外ドラマ NAVI

ジョージ・R・R・マーティン、この機会に『ゲーム・オブ・スローンズ』原作を書き上げる

drama

大ヒット大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作者であるジョージ・R・R・マーティン。ドラマシリーズの放送はすでに終了しているが、実はまだ原作は完結してない。以前より、なかなか執筆が進まないと語っていたマーティンだが、世の中がこのような状態の今だからこそ、ついに完結させるかもしれないようだ。米TV Guideなどが報じている。

合わせて読みたい

『ゲーム・オブ・スローンズ』スタバ事件の犯人が判明!?エミリア・クラークが語る

新型コロナウイルスのニュースが世界中で不穏な空気をもたらしている現状を踏まえて、71歳のマーティンは自身のブログで現状を述べた。

「個人的に私を心配してくれているみなさんのために。私は年齢的にも健康状態から言っても、最もリスクの高い部類にいることを理解しています。ですが今は元気です。あらゆる予防をして注意しています。私は誰もいない場所におり、スタッフの一人が付き添ってくれています。町に行ったりしませんし、誰にも会っていません。

実は、私は現実世界よりもウェスタロスに多くの時間を費やし、毎日執筆しています。七王国はかなり大変な状況にあります。しかし今のこの世界よりも厳しくないかもしれません。今の世の中は、まるでSF小説の中に住んでいるように感じられます。

しかし、私が子ども頃住みたいと思っていた、月の都市、火星の植民地、三原則をプログラムされた家庭用ロボットや空飛ぶ車がでてくる夢のようなSF小説の世界ではありません。私はパンデミックストーリーの半分は好きではありませんでした。これほど長生きした私の過去を振り返っても、この数週間のような経験をした記憶はありません」

世の中の人々同様に今の世界を悲観しているように思える発言だが、マーティンは健康で集中して続きを執筆していることはファンにとって喜ばしいことだ。

原作は同ドラマの第6章の元になっている「冬の狂風(原題:The Winds of Winter)」以降が未完のまま。以前マーティンは、「ドラマシリーズが世界中で大ヒットして、原作も人気があって評価が高い。だから、いざ腰を下ろして執筆しようとする度に、"素晴らしい物語にしなければ"と意識して、かなり大きな負担になってしまう」と筆が進まない理由を話していた。

さらに「冬の狂風」が複数の登場人物が織り成す複雑な物語で、「新作は一冊の小説というよりも、12冊の本が一緒になったような作品だ。それぞれ異なる主要登場人物と彼らに関わる脇役、敵と味方に恋人といった複数の人物が絡み合い、非常に複雑なスタイルになっている。だから物凄く大変なんだよ」と大作になることも明かしている。

『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作は現在執筆中とのことだが、現在進められている同作のスピンオフドラマ『House of the Dragon(原題)』の原作はすでに書き上げたようだ。「Fire&Blood」というタイトルの書籍はアメリカ、カナダ、イギリスで5月5日に発売予定。

そんなマーティンは、自身が投資している米ニューメキシコ州サンタフェにあるアート施設Meow Wolfも、新型コロナウイルスの煽りを受けて3月いっぱい休館していることにも触れた。「社員には給与を払い続けます。施設がどこも閉鎖され、自分を他者から隔離しないといけないような今でこそ、本を読んで過ごすのが最善の策です」とファンに読書を勧めた。

果たしてマーティンの原作はもうじき完結するのか。ドラマシリーズと同じエンディグかどうかも気になる物語を楽しみに待ちたいところ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』(c)2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

海外ドラマNAVI編集部

海外ドラマNAVI編集部です。日本で放送&配信される海外ドラマはもちろん、日本未上陸の最新作からドラマスターの最新情報、製作中のドラマまで幅広い海ドラ情報をお伝えします!

こんな記事も読まれています