海外ドラマ NAVI

『SHERLOCK』『ダウントン・アビー』を生んだ英大手TV局2社が共同のオリジナル作品製作へ

drama

英国の大手TV局2社、BBCとITVが手を組んで「BritBox」という独自の動画配信サービスを英国内でリリースし、さらにオリジナルのコンテンツも製作することを正式に発表した。英Digital Spyが伝えている。

合わせて読みたい

『ダウントン・アビー』~世界をとりこにする英国のオタク魂

「BritBox」は、もともとはアメリカやカナダでBBCとITVの番組を配信するために展開されていたサービスだが、今年初めに英国内での展開を目指していることが報じられていた。すでに北米ではサービスを開始しているが、英国内では今年の10月から12月までの間に開設される予定で、月額5.99ポンド(約803円)で利用できるとのこと。BBCとITVは、同サービスにて過去の人気作や現在放送中の番組に加えて、オリジナルコンテンツを製作する意向であることを明かしており、そのオリジナルコンテンツは来年には配信される見込みだ。

アーカイヴ作品として配信されることが決まっているのは、BBCがHBOと共同製作して今年の4月に放送された新作ドラマ『ジェントルマン・ジャック 紳士と呼ばれたレディ』をはじめ、ITVで2016年から放送されている歴史ドラマ『女王ヴィクトリア 愛に生きる』、2013年から3シーズン続いたITVのミステリードラマ『ブロードチャーチ 〜殺意の町〜』、BBCで2014年に始まった犯罪ドラマ『ハッピー・バレー』、のちにアメリカでリメイクされたBBCのコメディドラマ『The Office』など。

ITVのCEOであるキャロリン・マッコールは「定額制動画配信サービス(SVOD)は、"好きな時に好きなものを見たい"という消費者を対象にますます普及しています。BritBoxは英国の放送局にとって新たな収入源となるのです。ITVとBBCはこれからも英国の文化を生かし、創造性をもって作品を作っていきます。英国最大であり数々の賞に輝いたコレクションを提供できることにワクワクしています」とコメント。BBC局長のトニー・ホールも「我々は過去10年にわたって英国TV界を牽引してきた。そして新たな一手がこのBritBoxだ。両社が手掛ける新コンテンツは、質の高い作品を愛する人々を満足させるだろう」と自信を覗かせている。

これまでにBBCは『ドクター・フー』『SHERLOCK/シャーロック』『空飛ぶモンティ・パイソン』『宇宙船レッド・ドワーフ号』『ライン・オブ・デューティ』『私立探偵ストライク』『Killing Eve/キリング・イヴ』『Fleabag フリーバッグ』『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』『ナイト・マネジャー』『ボディガード -守るべきもの-』といった、リミテッドシリーズも含む様々なジャンルの作品を生み出してきた。一方のITVは、『シャーロック・ホームズの冒険』『アガサ・クリスティー ミス・マープル』『名探偵ポワロ』『バーナビー警部』『刑事フォイル』『刑事モース』のように何シーズンも続く人気ミステリーを中心に、『ダウントン・アビー』『Mr.ビーン』『セルフリッジ 英国百貨店』といった別のジャンルでもヒットを飛ばしている。

英国を代表する2局が手を組んでどんなオリジナルコンテンツを生み出すのか、今から楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK/シャーロック』
© Hartswood Films 2016
『ダウントン・アビー』
© 2010 Carnival Film & Television Limited. All Rights Reserved.
『名探偵ポワロ』
© ITV PLC

海外ドラマNAVI編集部

海外ドラマNAVI編集部です。日本で放送&配信される海外ドラマはもちろん、日本未上陸の最新作からドラマスターの最新情報、製作中のドラマまで幅広い海ドラ情報をお伝えします!