海外ドラマ NAVI

『ワンダーウーマン』最強の美女戦士をガル・ガドットでなければ演じられなかった3つの理由

drama

全米興行収入で『アナと雪の女王』や『ハリー・ポッター』全シリーズを超え、ワーナー・ブラザース作品としても『ダ―クナイト』『ダークナイト ライジング』に次ぐ歴代3位を記録、さらに女性監督(パティ・ジェンキンス)作としては歴代ナンバー1の興行収入を獲得と、日本での公開を前にすでに数々の記録を樹立している『ワンダーウーマン』。ジェンキンス監督は、自分がプロジェクトに参加する以前にワンダーウーマン役がガル・ガドットに決まっていたことに最初は不安を覚えたが、撮影を進めていくうちに彼女にしかこの役は演じられなかったと確信していったそう。彼女がその3つの理由を明かしている。

海外ドラマNAVI編集部

海外ドラマNAVI編集部です。日本で放送&配信される海外ドラマはもちろん、日本未上陸の最新作からドラマスターの最新情報、製作中のドラマまで幅広い海ドラ情報をお伝えします!

こんな記事も読まれています